FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復) 2017年7月15日(土) 

気温は26度〜27度でしたが、梅雨明け前の箱根は青空が広がり、日差しは暑く水分補給が欠かせない一日でした。初夏の花々は咲き始め、夏本番に咲く花はその準備をし、春に花を咲かせた植物は実をつけ、夫々の夏の一日を見ることができました。

ホドイモ(マメ科)が花芽をつけました。もうすぐピンク色の花が咲きます。塊茎(イモの部分)は食用になります。
ホドイモ大涌谷

ニワトコ(レンプクソウ科)の実が赤くなっています。学名(Sambucus sieboldiana L. var. pinnatisecta) に日本各地で数多くの植物を採集したシーボルト(ドイツ人医師・博物学者 1796-1866)の名前が付いています。
ニワトコ大涌谷

オニシバリ(ジンチョウゲ科)の実が赤くなっています。美味しそうですが、かなり辛く、毒でもあるようです。
オニシバリ大涌谷

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)の先端にせみの抜け殻が付いてます。周辺は多くのヒグラシが鳴いていました。
ヤマホタルブクロ大涌谷

フジアカショウマ(ユキノシタ科)です。フォッサマグナ要素の植物で、日本固有種です。学名(Astilbe thumbergii var . fujisanensis)にスウェーデンの植物学者で箱根で多くの植物を採集したツンベルク(1743-1828)の名前があります。
フジアカショウマ大涌谷

ツチアケビ(ラン科)の花が咲いています。日本固有種です。
ツチアケビ大涌谷

船見岩前の広場にノハナショウブ(アヤメ科)が僅かに咲いていました。
ノハナショウブ大涌谷

ウツボグサ(シソ科)は、夏枯草(カコソウ)ともいい、花穂を乾燥させたものを生薬とします。
ウツボグサ大涌谷

ハコネハナヒリノキ(ツツジ科)の花が咲き始めました。嘔吐や下痢の原因となる成分を含んでいます。
ハコネハナヒリノき大涌谷

イワガラミ(アジサイ科)の装飾花は一枚です。似ているツルアジサイの装飾花は、通常4枚あります。
イワガラミ大涌谷

暑い中の自然観察でした。
暑い一日大涌谷

本日のトップ10
1  ノリウツギ (花)
2  ノハナショウブ (花)
3  ツチアケビ (花)
4  ハコネハナヒリノキ (花)
5  イワガラミ (花)
6  オオバジャノヒゲ (花)
7  オニシバリ (実)
8  ニガイチゴ (実)
9  スノキ (実)
10 シシガシラ (胞子葉)

PV青山
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する