箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年6月24日

六月も終盤、草花も少々お休みと言ったところでしょうか。
とは言え、端境期でも箱根の自然は私達を十分に楽しませてくれます。

九頭龍の森では、砂浜に寝転んだり釣り糸を垂らしたり・・・と、
思い思いに初夏の箱根を楽しんでいる人達に出会いました。
スイカズラの香りでしょうか?
それとも、アワブキやコアジサイの香りでしょうか?
そこはかとなく漂ってくる甘い香りに包まれて・・・
梅雨の晴れ間の素敵な休日ですね。




ヤマボウシ(ミズキ科ミズキ属)です。
白い花びらのように見えるのは総苞片です。
ヤマボウシで白く染まると箱根の山々にもいよいよ夏到来です。   
箱根は日本有数のヤマボウシの名所とも言われ「かながわの花の
名所100選」に選ばれています。
ヤマボウシ


ヤマキツネノボタン(キンポウゲ科キンポウゲ属)です。
キツネノボタンとくらべ花茎が細く花もやや小ぶりです。
ボンボンのような果実が可愛いですね。
ヤマキツネノボタン


ミヤマハハソ(アワブキ科アワブキ属)です。
枝先に円錐花序が垂れ下がり淡黄緑色の小花が多数つきます。
花序の枝がジグザグに曲がっているのは特徴のひとつです。
ハハソとはコナラのことで葉がコナラに似ているのが名の由来です。
ミヤマハハソ


サワギク(キク科サワギク属)です。
やや湿り気のある山地に生えます。
葉は羽状に全裂します。
大きいものでは高さが一メートルにもなり、小花ながら華やかな
黄花は目を引きます。
サワギク


コアジサイ(アジサイ科アジサイ属)です。
装飾花のないのが特徴で他のアジサイとの見分けは容易です。
優しいブルーの花は優しい香りがし,コアジサイの小径を行く時
は幸せな気分です。
コアジサイ


サルナシ(マタタビ科マタタビ属)です。
落葉つる性高木で雌雄別株です。
果実は味もキウイフルーツによく似ています。
サルナシ


アワブキ(アワブキ科アワブキ属)です。
本年枝の先に長さ15~25㎝の大きな円錐花序をだし淡黄白色の
小花をたくさんつけます。
花の頃はあたり一面が甘い香りに包まれます。
名前の由来は生木を燃やすと切り口から泡がでるからとか遠方から
見ると満開の花がまるで泡のように見えるからとか言われます。
アワブキ

今月のトップ10
1  コアジサイ(花)
2  アズマイバラ(花)
3  アワブキ(花)
4  シラキ(花)
5  サルナシ(花)
6  モミジイチゴ(果実)
7  アサギマダラ(蝶 飛来)
8  ヤマボウシ(花)
9  サワギク(花)
10 ツチアケビ(蕾)

(箱根PV藤城)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad