箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子駅往復) 2017年6月17日(土)

梅雨の季節とは思えない青空が広がり、日陰で吹く風は涼しく、6月の自然情報でこれまで状態の良い日は珍しいのではないでしょうか。木々に咲く花々と早めに結実した果実で満たされた箱根の森を散策しました。

所謂「木苺」の仲間のモミジイチゴ(バラ科)は、数多くのオレンジ色の実をつけていました。枝や幹には棘があります。
モミジイチゴ大涌谷

散房花序に白く小さな花を咲かせるガマズミ(スイカズラ科)です。この季節よく目立ちます。
ガマズミ大涌谷

花が終わりに近づいているニシキウツギ(スイカズラ科)に蝶が蜜を吸いに来ました。
ニシキウツギ大涌谷

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)を数株見ました。更に増えればと願います。本来の「オダマキ」見たことありますか?
ヤマオダマキ大涌谷

この季節最も見たいのがサンショウバラ(バラ科)です。ピンク色の大きな花が目立ちます。
サンショウバラ大涌谷

ツルアジサイ(アジサイ科)が開花し始めました。通常は木に絡んで咲いていますが、この花は観察に丁度良い高さにありました。香りが楽しめます。
ツルアジサイ大涌谷

アサギマダラが舞う季節です。長旅で疲れたのかしばしの休憩です。
アサギマダラ大涌谷

マメザクラ(バラ科)が数多く結実しています。鳥たちの良いデザートになるでしょう。
マメザクラ大涌谷

スイカズラ(スイカズラ科)の花が咲き始めました。甘い香りに癒されます。
スイカズラ大涌谷

ヤマボウシ(ミズキ科)の花が咲き始めています。周辺の白い4枚は総苞片(蕾を包む葉)で、中心に淡黄色の花が咲きます。
ヤマボウシ大涌谷

ホオノキ(モクレン科)の花は芳香を放ちますが、高い木の上なので確かめるのが困難です。
ホオノキ大涌谷

ヘビノネゴザ(メシダ科)です。ある種の重金属を含む土壌に生えます。
ヘビノネゴザ大涌谷


本日のトップ10
1  モミジイチゴ   実
2  ガマズミ     花
3  ニシキウツギ  花
4  ヤマオダマキ  花
5  サンショウバラ 花
6  ツルアジサイ  花
7  ヤマグワ     実
8  アサギマダラ
9  マメザクラ    実
10 スイカズラ    花

PV青山
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad