箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース2017年6月5日(月)

早くも6月を迎え、春の花はもう終わり何に出会えるのか楽しみです。国道沿いでは満開のマユミやニシキウツギ、ツルウメモドキなど樹木の花が次々に見られました。シダの仲間はしっかり葉を広げ堂々とした姿です。イネ科やカヤツリグサ科もたくさん見られました。

ツタウルシ(ウルシ科ツタウルシ属)
しっかり葉を広げたツタウルシが目につきました。この時期一番かぶれやすいので用心したいものです。地面を這っていることもあり間違って触れてしまうこともあります。
ツタウルシ湯坂路170605

マユミ(ニシキギ科ニシキギ属)
大きな木にびっしりと花をつけていました。かわるがわるに写真に収めました。果実の時期が楽しみです。
マユミ湯坂路1706056

ニシキウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)
箱根ではこのウツギが多く見られます。はじめは白い色の花ですがピンク色から赤色に変わります。今回はツクバネウツギの落花も見られました。このほかにも数種類のウツギと名の付くものが見られました。
ニシキウツギ湯坂路170605

フタリシズカ(センリョウ科チャラン属)
湯坂路ではヒトリシズカは見られませんがフタリシズカは尾根筋のあちこちで見られ、今回こんなにもあるのかと認識をあらたにいたしました。
フタリシズカ湯坂路170605

イヌシダ(コバノイシカグマ科コバノイシカグマ属)
湯坂路の数か所で見られ、柔らかな毛が全体に生えています。触ってみるとなんだか癒されますから不思議です。
イヌシダ湯坂路170605


ニガナ(キク科ニガナ属)
尾根道では黄色の花が輝いていました。ニガナよりも花弁の多いハナニガナも見られます。この花の盛りに出会えたのは久しぶりです。
ニガナ湯坂路170605

ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科)
ニシキウツギの花に群がっているのを今回、驚きながらも堪能しました。草原では羽根を広げて休んでいる姿にも出会えました。 
ジャコウアゲハ湯坂路170605

ムラサキマムシグサ(サトイモ科テンナンショウ属)
堂々としたこの植物がにょっきりと目立っていました。渋いこの植物はしっかり観察したい。葉の形や仏炎苞が濃紫色をしており白い条が見られ陽に透けて幻想的です。肉穂花序の先は太く見えました。
ムラサキマムシグサ湯坂路170605


ホソバテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)
ホソバテンナンショウとムラサキマムシグサを比べて観察できました。今回、観察したことを次回出会うまでしっかり忘れないようにしたいものです。
ホソバテンアンショウ湯坂路170605

ヒメシロコブゾウムシ
成虫はタラノキやシシウドの葉を食べています。シシウドの葉の上で見られました。
ヒメシロコブゾウムシ湯坂路170605

ツチアケビ (ラン科ツチアケビ属)
4本の出始めたばかりのツチアケビを確認し次回の花時期が楽しみになりました。写真には3本しか写っていませんでした。その他、出会ったランはクモキリソウ、トンボソウ、オオバノトンボソウなどの葉も見られました。これからが楽しみです。
ツチアケビ湯坂路170605

今月のトップ10
1、 オオバウマノスズクサ
2、 ムラサキマムシグサ
3、 ホソバテンナンショウ
4、 ニシキウツギ
5、 ニガナ
6、 ヤマハタザオ
7、 ツリバナ
8、 ハナイカダ
9、 ジャコウアゲハ
10、ダイミョウセセリ

箱根PV:山本絢子




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad