FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年5月27日

5月も残すところ数日です。
今日の箱根は初夏のような陽ざしの一日でした。
ヤブデマリやミズキは満開。
ヤマボウシももうじき花が開くでしょう。

箱根の夏はもうすぐそこまでやってきています。

今日はPVのみん参日。
お二人のPVも御参加下さり楽しい自然情報日となりました。



ミズキです。
樹液が多く、早春に枝を切ると水が滴りおちるのが名の由来です。
枝は水平に広がり階段状に枝を展開するので遠方からでも樹形で判断
できます。枝一面に咲く白い花は見応えがあります。
ミズキ

ヒメレンゲです。
山地谷沿いの岩上などに生え花は黄色で小さな多年草です。
別名はコマンネンソウ。
今年は極端に株が少なく心配です。
ヒメレンゲ

トチバニンジンです。
葉の形がトチノキの葉に似ているのでこの名があります。
果実は赤く熟します。果実の先端が黒いものはソウシシヨウニンジンです。
トチバニンジン

ヤマツツジの高木です。
頭上を覆うように咲くヤマツツジを毎年楽しみにしています。
カメラの画面に入りきらず下手な写真になってしまいました。
ヤマツツジ

マルバウツギが満開です。
ウツギに似ていますが葉に円みがあるのが名の由来です。
マルバウツギ

ミツバウツギの花も見頃を迎えています。
ウツギの名はついていますがウツギの仲間ではありません。
独自のミツバウツギ科ミツバウツギ属を構えています。
特徴のある三葉と果実で見分けがつきます。
ミツバウツギ

ツクバネソウ(上)とクルマバツクバネソウ(下)です。
輪生葉を「羽根つき」の羽根に例えました。
葉が6~8枚あるとクルマバツクバネソウと呼びます。
ツクバネソウ

クルマバツクバネソウ

ジシバリとハルジオン咲く初夏の草原です。
草原

何と羽蟻の一団です。
孵化したばかりでしょうか?
少しづつ元氣に飛び出して行きました。
羽蟻

シカの食痕が残るアオキです。
付近には複数のけものみちができていました。
シカの食痕

カヤランです!
葉がカヤの葉に似ているためこの名があります。
総状の黄色い花をつけてびっしりと生えていました。
大事にしたい花のひとつです。
カヤラン

ウマノアシガタと同じキンポウゲ科のハイキンポウゲでしょうか。
どちらも同じ外来種です。
陽光を受け光り輝く花弁は美しく見とれてしまいます。
ウマノアシガタ

湖尻港と釣り人です。
芦ノ湖

ジュウニヒトエ(セイヨウジュウニヒトエ)が咲いていました。
園芸種かもしれません。
ジュウニヒトエ

桃源台からの芦ノ湖眺望です。
すっかり初夏の風情です。
芦ノ湖

サンカクヅルはまだ蕾です。
別名ギョウジャノミズです。
サンカクヅル蕾

ヤブデマリが満開です。
花びらのような装飾花が大小合わせて5枚あるのが特徴です。
まるで蝶々のようですね。
ヤブデマリ


今月のトップ10
カヤラン、ヒメレンゲ、マルバウツギ、ミツバウツギ、トチバニンジン、
ヤブデマリ、ウマノアシガタ、ミズキ、コゴメウツギ、ハンショウヅル(蕾)

(報告者 PV藤城節子)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する