FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年5月26日

あいにくの雨の観察会となりました。ビジターさん2名、PV8名、合計10名です。本日のテーマはこの季節ならではの「初夏の昆虫たちのマジック:虫えい(虫こぶ)・揺籃」です。少人数でじっくりと虫こぶの形成マジックを観察しました。

まずはビジターセンター周辺の初夏を代表する花、ヤブデマリとサンショウバラです。この二つを見ると、毎年箱根が春から初夏に変わっていくのを感じます。

ヤブデマリの咲き誇る姿には毎年感動します!飾り花は蝶が羽を広げたように見えませんか。
ヤブデマリ VC170526

サンショウバラは蕾です。来週には咲きそうです。楽しみです!
サンショウバラ VC170526

エゴノキにはたくさんの虫こぶが付いていました。これはその一つ「エゴノキハイボフシ」です。エゴノキハイボフシ VC170526

エゴノキには虫たちがオトシブミを作ります。オトシブミは幼虫にとって、棲み家であり、食料源です。
見えるでしょうか?これからエゴノキツルクビオトシブミという虫がオトシブミを作ります。
エゴツルクビオトシブミ VC170526

オスとメスが見えます。メスがオトシブミを作り、その間オスは休んでいます。メスが葉に傷をつけたら、その匂いでオスが来て交尾します。
作ったオトシブミはこのような形です。
エゴノキツルクビオトシブミ VC170526

ヤマグワはもう実をつけていました。
ヤマグワの実 VC170526

ホオノキはまだ蕾です。もうすぐです!
ホオノキ VC170526

キジの鳴き声がよく聞こえていました。花の広場に雄のキジが出てきていました。私たちにポーズをとって、そして写真を写し終えたらゆっくりと去っていきました。キジ VC170526

カジカエデにオトシブミがありました。イタヤハマチョッキリと言います。
イタヤハマキチョッキリ カジカエデ VC170526 

エンコウカエデにもオトシブミがありました。イタヤハマチョッキリ エンコウカエデ VC170526

ヤマボウシは蕾です。もうすぐ白い飾り花が一斉に咲き始めます。
ヤマボウシ VC170526

本日のトップ10
☆虫えい:エゴノキの虫こぶたち、ケヤキハフクロフシ、クリメコブズイフシ
☆揺 籃:イタヤハマキチョッキリの揺籃、エゴツルクビオトシブミの揺籃
☆植 物:ヤブデマリ(花)サラサドウダン(花)、ウマノアシガタ(花)
☆野 鳥:キジ、ホトトギス

箱根PV 高橋




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する