箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報 2017年4月22日(土)

芦ノ湖東岸ブログデビューは春爛漫の芦ノ湖東岸からです。

今日の湖は穏やかで駒ヶ岳山頂も風もなく暖か。何とも幸先のよい今年度初回の自然情報となりました。
サクラ類、スミレの仲間10種、ネコノメソウの仲間5種、コンロンソウの仲間2種、ハルトラノオ、コチャルメルソウ、キクザキイチゲなど。早春の花々の競演にすっかり魅了された一日でした。


テンナンショウの仲間のウラシマソウです。長い付属体を浦島太郎の釣り糸に見立てたといいます。
そう見えますか?
ウラシマソウ

早春の出会いが楽しみな花のひとつトウゴクサバノオです。今年もやさしい花に出会えました。
トウゴクサバノオ

目を疑うほどに、斜面一面がまるでエイザンスミレのカーペットのようでした。写真はひと際目をひいた大株です。
エイザンスミレ

ハルトラノオです。早春に白い穂状の花が咲きます。花穂が虎の尾に似ていることからの命名です。
ハルトラノオ2

小さな小さな花が可愛いいハナネコノメです。ネコノメソウの仲間です。
ハナネコノメ

マルバスミレとタチツボスミレの競演です。斜面一面に咲き誇る姿は圧巻の一言です。
マルバスミレとタチツボスミレ

早春の妖精のひとつキクザキイチゲです。思いがけず谷あいでの出会いです。透き通るような白さでした。コキクザキイチゲ


トップ11 
 エイザンスミレ(群落)
 タチツボスミレ(群落)
 ナガバノスミレサイシン
 キクザキイチゲ
 コチャルメルソウ
 ハルトラノオ(群落)
 トウゴクサバノオ
 ヨゴレネコノメ(群落)
 ハナネコノメ
 ウラシマソウ
 マルバスミレ(群落)

 (担当PV藤城)
       
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad