FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路コース  2017年3月31日(金)

予定していた27日(月)の朝は道路が凍結しているとのことで急遽3月中にとのことで31日(金)に変更しました。この日も午後には雨との予報で心配でした。今回歩くコースを変更し阿字が池からスタートし道路脇の植物を観察しながら湯の花別荘入口まで行きました。予定していたランヨウアオイの花の確認は雪の下で無理と判断し千条の滝近くのネコノメソウ達を確認に変更しました。

オニシバリ(ナツボウズ)(ジンチョウゲ科)
花をつけていない小さな木を数本見つけ歩を進めると花の咲いている木を見つけました。今回、花を観察すると雄花かと思いきや子房があり雌株のような?それもおかしいので良く調べようと話し合いました。
オニシバリ湯坂路170330

カキドウシ(シソ科キランソウ属)
咲き始めたばかりの花が足元に小さな株で見られました。まだランナーを伸ばさず花だけが見立っていました。
カキドウシ湯坂路170330

イワボタン(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
千条の滝周辺に見られますが今年は非常に少なくなっていました。まだ葯が見え始めたばかりで初々しい。今年は花時期が遅いのを確認しました。
イワボタン湯坂路170330

ムカゴネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
走出枝に珠芽(ムカゴ)を付けて夏以降には地上部が消えて地中に残った珠芽から発芽し栄養繁殖をする。日本固有の絶滅危惧種。分布が限られているが箱根には多く見られます。
ムカゴネコノメ湯坂路170330

ヨゴレネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属
イワボタンに良く似ていますが葯が赤色です。まだ葯が見え始めたばかりでよく観察しないと迷います。ヨゴレネコノメもとても少なくなりました。地面を覆うように見られた日を思い出します。いつか以前のように見られることを願っています。
ヨゴレネコノメ湯坂路170330

ミヤマカンスゲ(カヤツリグサ科スゲ属)
春早い時期に咲く花にえ会えました。ケヤキ根元の2株がとても美しく心奪われました。その後、カンスゲの花にも出会えました。
ミヤマカンスゲ湯坂路170330

フサザクラ (フサザクラ科フサザクラ属)
思いがけなく見事な花に出会えました。近かずかないとこの花の繊細な美しさには気づけません。
フサザクラ湯坂路170330


 今月のトップ10
1、 ムカゴネコノメ(ユキノシタ科)
2、 イワボタン(ユキノシタ科)
3、 ヨゴレネコノメ(ユキノシタ科)
4、 カキドウシ(シソ科)
5、 ミチタネツケバナ(アブラナ科)
6、 フサザクラ(フサザクラ科)
7、 カンスゲ(カヤツルグサ科)
8、 ミヤマカンスゲ(カヤツリグサ科)
9、 オニシバリ(チンチョウゲ科)
10、 ヤブツバキ(ツバキ科) 
 
 箱根 VP:山本
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad