FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年3月24日

春はどこで足踏みをしているのでしょうか、とても寒い箱根です。そんな冬のような天気でしたが、ビジターさん16名に参加いただき、パークボランティア11名、合計27名のミニ観察会です。本日のテーマは「一年間を振り返りながら歩いてみましょう」です。四季のいろいろな季節に観察した植物のもうすぐ春を迎える姿を見ながら近づく春の息吹を探します。

箱根は今アセビがいたるところで満開です。
アセビ VC170324

ニワトコも芽鱗を押し開いて葉芽がダイナミックに躍り出てきています。春はそこまで来ています!
ニワトコ VC170324

バッコヤナギは2週間前とあまり変わりません。
バッコヤナギ VC170324

毎年3月第4金曜日の観察会の時に観察できるフサザクラも残念ながら今年はまだ蕾でした。
フサザクラ VC170324

野鳥小屋のヤマアカガエルの卵塊はもうオタマジャクシになっていました。
ヤマアカガエルのオタマジャクシ VC170324

白百合台園地のヤドリギは黄色い雄花が咲いています。これまで黄色い実は見たことがありましたが、花を観察するのは初めてです。嬉しいです。
ヤドリギ雄花 VC170324

ヒメシャラは古い皮が落ちて新しい木肌になりつつあります。こんなところにも春を感じます。
ヒメシャラ VC170324

春のシソ科三姉妹のひとつカキドオシも花を出しています。春はもうすぐ!しかしまだまだ寒く、途中で雪が舞い落ちてきた箱根でした。
カキドオシ VC170324

本日のトップ10
1.  ヤドリギ
2.  ニワトコ
3.  ミツマタ
4.  ツルマサキ
5.  ヒイラギナンテン
6.  ケヤマハンノキ
7.  アトリの群れ (野鳥)
8.  カケス (野鳥)
9.  ウグイス (野鳥)
10. ヤマアカガエルのオタマジャクシ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad