FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年2月24日

前回は一面冬景色でしたが、今日は寒い中にもあちらこちらに春の兆しが感じられる箱根です。ビジターさん9名、パークボランティア10名、合計19名のミニ観察会です。本日のテーマは前回に引き続き「箱根のシカ(ニホンジカ)その2」です。

箱根にシカはどれくらいいるのでしょうか?
平成27年度の糞塊密度調査ではおよそ100頭~500頭ぐらいと推定されています。箱根町による平成28年4月から平成29年1月までのシカ捕獲は22頭でした。捕獲するだけではなくシカの増加を抑える対策も実施が望まれます。

ビジターセンター近くのヤマボウシの枝にヒメシロモンドクガの卵塊がぶら下がっていました。繭に産み付けた卵が、春一番、春二番、春三番の強風の中でも落ちずにしっかり残っていました。
ヒメシロモンドクガの卵塊 (3)

花の広場のモグラ塚ですが、上に白い毛が見えます。これは何でしょうか?いろいろ想像できますが、キツネがサインスポットとして付けた糞ではないでしょうか。キツネが何らかの動物を食べて、その糞は流れ、毛だけが残っていると考えられます。
モグラ塚 VC170224

イノシシの掘り返し痕があちらこちらにあります。浅く掘っているのでミミズやコガネムシを食べた痕でしょう。イノシシの足跡が残っていました。
イノシシ足跡 VC170224

ニシキウツギの枝にキクラゲが生えています。今、自然学習路のいろいろなところで見られます。
キクラゲ VC170224

アオキのシカの食痕です。シカの首の高さのところでアオキの枝先が食べられています。
アオキ シカの食痕 VC170224

同じ場所にあったシカが角を研いだ痕です。オスは毎年角が生えます。角を研いでメスにアピールします。
シカの角とぎ痕 VC170224

野鳥小屋の池ではヤマアカガエルのオスの鳴き声が聞こえています。子孫を残すための雌へのアピールです。メスは寒いうちに冬眠から起きて卵を産みます。春一番に卵を産んだ後また冬眠に戻ります。今朝は22個の卵塊がありました。一つの卵塊におよそ300個から800個の卵があります。
ヤマアカゲル卵塊 VC170224

箱根の春を告げるオニシバリの雌花も咲いていました。
オニシバリ雌花 VC170224

野鳥の群れもたくさん見られました。エナガ、アトリ、カシラダカが木に群がって実を食べているのが観察できました。
動物の痕跡と野鳥、そしてもうすぐやってくる春を探す観察会でした。

本日のトップ10
1.  ヤマアカガエルの卵塊
2.  シカの食痕・角研ぎ痕
3.  ヒメシロモンドクガの卵塊
4.  オニシバリ  花
5.  キクラゲ
6.  カケス  野鳥
7.  アオゲラ  野鳥
8.  エナガ  野鳥
9.  アトリ  野鳥
10. テンニンソウクキコブフシ 虫こぶ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad