FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年1月27日

1月の雪が残り、風も強く寒い日の観察会です。ビジターさん12名、パークボランティア9名、合計21名のミニ観察会です。本日のテーマは「樹木の成長」です。樹木の成長の仕組みの一部を観察します。

樹木の背が高くなるパターンには単軸成長と仮軸成長があります。単軸成長とは茎の主軸が伸び続ける成長様式です。
これはヒノキの幼木です。主軸が伸びやがて大きな木になります。
ヒノキ幼木 VC170127

仮軸成長とは主軸の成長が止まるか、先端が枯れて、すぐ下の腋芽が成長を引き継ぐ成長様式です。ケヤキは仮軸成長です。扇を開いたような形に枝が伸び美しい樹形になります。
ケヤキの樹皮には横に筋状の模様が見られます。最初は酸素を吸い込む点だったものが幹が太くなるにつれてやがて横筋になります。
ケヤキ VC170127

ミズキは単軸成長と仮軸成長の両方が組み合わさって成長します。ミズキの枝は1年の間に何回も分枝し、トナカイの角のような形の枝になります。
ミズキ VC170127

ヒノキの切り株です。樹皮の内側に水が通る導管があり水が通ります。そこがやがて目詰まりして心材になります。心材になるまでケヤキで1年、桜で5年、ネープルシロップを作るカナダのカトウカエデは100年たっても心材ができないといわれています。
ヒノキ切株 VC170127

ヒメシャラはコルク層があまりできなく樹皮がはがれてしまいます。樹皮から導管が近いので、夏に木の表面にさわるとひんやりと冷たいです。
ヒメシャラ VC170127

寒い風が吹く中、いろいろな樹木の成長パターンを学びました。

本日のトップ10
1.  アオハダ
2.  ミズキ
3.  オオバノキハダ
4.  ヒメシャラ
5.  ケヤキ
6.  ヒノキの切り株
7.  ヤマザクラ
8.  ホオノキ
9.  アトリ  野鳥
10.  ツグミ  野鳥

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する