箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2017年1月12日

2017年初めの自然情報は絶好の晴天に恵まれた。公時神社に今年初めの参拝で今年の無事をお願いし出発した。数日前の積雪により暫く歩いて安全のためアイゼンを装着した。雪の積もった尾根筋を登とノスリが風を上手にとらえ羽ばたきせずに静止していた。好物のモグラ、ネズミの居る環境ではないのでただ単なる省エネ飛行であろうか。頂上では雪をかぶった富士山は美しい。雪は醜いところを隠すためかもしれない。ブナ、ミズナラ、ヒメシャラ、ヤマボウシなど葉を落とした後の枝の様子は冬季しか見られない。縦横無尽に光を求め成長しているその様はまことに美しい。群青の虚空に映える姿形は繊細、幾何学的かつ芸術的でこの時期にしか見られない。光る芦ノ湖を左、右北西に県境の三国山稜、雪面にクマシデ、イヌシデの果苞が無数に散乱する尾根を経て下山した。

稜線の雪
30cm以上は積もっていました。
稜線金時170112

稜線からの大涌谷
今日の噴煙は少ないです。風向きにもよりますが。
大涌谷金時170112

カイガラタケ
カイガラの様に見えることからこの名がついた。
カイガラタケ金時170112

ヤマツツジ
寒い冬を葉でしのぐ(越冬葉)
ヤマツツジ金時170112

ツノハシバミ
雌雄同株、葉に先立ってひも状の雄花序の垂れ下がりが目立ちます。
ツノハシバミ金時170112

本日のトップ10
1.雪を抱いた富士山
2.イヌシデ(植物)      果穂
3.クマシデ(植物)      果穂
4.サルトリイバラ(植物)  果実
5.ツノハシバミ(植物)   花穂
6.ヒメシャラ(植物)     果実、冬芽
7.ヤドリギ(植物)      果実
8.ヤマツツジ(植物)    越冬葉
9.カイガラタケ(きのこ)
10.ノスリ(野鳥)      ホバリング

箱根PV 原田


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad