箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年12月23日

三連休の初日、曇り空の中、8名のビジターさんに参加いただき、パークボランティア10名、ビジターセンター職員1名、合計19名のミニ観察会でした。本日のテーマは「ドライフラワーと冬芽の観察」です。
静かな冬の季節、薄く透き通ったドライフラワーになった装飾花がまだ落ちないで残っています。

花の広場には何本かのノリウツギがあります。飾り花に囲まれた円錐状の花序はそれだけでノリウツギとわかります。
ノリウツギ VC161223

イワガラミは茎から無数の付着根を出して他の木によじ登ります。果実とともにラケットのような形の飾り花が冬でも残っています。
イワガラミ VC161223

一緒に参加していたビジターセンターの方が、ケヤキにぶら下がっているウスタビガの繭を見つけました。繭の中にはもう幼虫はいませんでしたが、皆さん大喜びで観察していました。
ウスタビガの繭 VC161223

この季節、葉が落ちるとツルウメモドキが大変目立ちます。黄色い果皮が裂けて反り返り、鮮やかな朱赤の仮種皮との対比が美しいです。
ツルウメモドキ VC161223

サラサドウダンは枝の先から、果柄が何本も出て果実をぶら下げています。果実はよく見ると柄に対して上向きについています。
花は鐘状で下につり下がりますが、果実になると上下反転して上向きになります。冬芽も一緒についています。
サラサドウダン VC161223

オニシバリの雄花が開花していました!例年よりも2か月近く早い開花です。
オニシバリ VC161223

アセビももう白い花が咲いています。こちらも例年より1週間ほど早い開花です。
アセビ VC161223

静かな冬の箱根も、この季節ならではの見どころが一杯です。

本日のトップ10
1.  ノリウツギ  ドライフラワー
2.  イワガラミ  ドライフラワー
3.  オニシバリ  雄花の開花
4.  タマアジサイ ドライフラワー
5.  コアジサイ  ドライフラワー
6.  ノハナショウブ  果実(種子)
7.  ツルリンドウ  果実
8.  ウスタビガの繭
9.  ツグミ  野鳥
10.  ウソ  野鳥

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad