FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2016年12月8日

木や葉や実も落ち、枝を通して青空が見える状況でした。その中でカマツカ、ノイバラの実はわずかに残り、マルバウツギの葉は紅葉し、夏に葉を落とすオニシバリの葉は青々としていました。頂上からの眺望は素晴らしく、富士山の右側の裾野の上に南アルプスが見えました。富士山、北岳、間ノ岳と日本で標高の高いNO3までの山を眺望できました。年間を通じて金時山頂上から360度の眺望に出会える機会はほとんどなく、今日の山行はラッキーでした。今年最後の金時山の自然情報につき、頂上から早々に引き返し、参加者5人で忘年昼食会を行いました。

金時山頂上からの眺望
富士山、右の裾野に南アルプスが見えました。
富士山金時161208

ヤドリギ
沢山ありました。今年はレンジャクが食べに来るかな。
ヤドリギ金時161208

マルバウツギ
殆どの木々が紅葉して落葉している中で紅葉していました。
マルバウツギ金時161208

キッコウハグマ
葉の形が5角形で亀の甲羅に似ています。
キッコウハグマ金時161208

カマツカ
わずかに実が残っていました。鳥が食べますが、この冬を越せるかな。
カマツカ金時161208

オニシバリ
冬は葉を落とさず、夏に葉を落とす変わり者。別名ナツボウズ。
オニシバリ金時161208

本日のトップ10
1.頂上からの眺望(富士山)
2.イヌシデ
3.オニシバリ
4.オヤマボクチ
5.カマツカ
6.キッコウハグマ
7.マルバウツギ
8.ムラサキシキブ
9.ヤドリギ
10.ウソ

箱根PV 原田
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する