FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2021年7月9日

梅雨の季節が続き、まだ空ける様子はありません。本日は小雨が降る中、パークボランティア5名が参加して、毎年この季節にビジターセンター周辺に咲く夏の花を観察しました。

オカトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属
オカトラノオ VC20210709
花の広場ではオカトラノオの群生が見られます。毎年、この季節に咲くのを楽しみにしています。花穂は一方にかたよって白色の花を多数つけます。星形の花は大きく隙間なくつきます。一度垂れた穂先の先端が少し上を向く形状が虎の尻尾に見えます。

ヌマトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属
ヌマトラノオ VC20210709
オカトラノオの群生の側で、同じサクラソウ科のヌマトラノオも群生しています。オカトラノオとよく似ていますが果穂を垂らさず直立しています。花序はやや細かく、花はまばらにつきます。

クサレダマ サクラソウ科 オカトラノオ属
クサレダマ VC20210709
クサレダマもこの季節に見られる夏の花です。ヌマトラノオの近くで群生していました。こちらもサクラソウ科です。江戸時代にヨーロッパから渡来したマメ科のレダマ(連玉)常緑低木に似た草ということで草レダマと名付けられたといいます。

チダケサシ ユキノシタ科 チダケサシ属
チダケサシ1 VC20210709
チダケサシも咲き始めました。花茎の先に、淡紅色の小さな円錐花序の花をたくさん付けています。チダケサシも夏の花で、これから園地のいろいろな所で見ることができます。

ノハナショウブ アヤメ科 アヤメ属
ノハナショウブ VC20210709
ノハナショウブは、毎年この季節、花の広場やこどもの広場で見ることができます。花は清楚で気品があり美しいです。今日は、強めの雨に打たれて倒れかけていました。

スズサイコ キョウチクトウ科 カモメヅル属
スズサイコ1 VC20210709
スズサイコが開花していました。スズサイコも夏の花です。夕方に開き、翌日の午前中に閉じるのですが、雨で日差しがないせいか、花が開いているのを観察できました。花(花冠)は黄褐色で、裂片は外側に反りかえります。花冠の内側には卵形の副花冠が5個あります。

リョウブ リョウブ科 リョウブ属
リョウブ VC20210709
花の広場のリョウブが満開です。雨に濡れて美しいです。花の香りで、コガネムシ類や小型のカミキリムシ類、ハチ類など、多くの昆虫を引き寄せます。今日は雨のため、昆虫は見られませんでした。

ムラサキシキブ シソ科 ムラサキシキブ属
ムラサキシキブ VC20210709
野鳥小屋の近くにあるムラサキシキブは、雨の中で、薄紫色の繊細な花が群がるように咲いていました。今がちょうど見頃です。秋には、輝くような紫色の果実になります。

ツチアケビ ラン科 ツチアケビ属
ツチアケビ2 VC20210709
野鳥の森の林間でツチアケビの花が咲き始めていました。花序に黄褐色の花を多数つけます。手前に突き出ている唇弁は、黄色く肉質で、萼片より少し短く、内側に突起があります。

アブラチャン クスノキ科 クロモジ属
アブラチャン VC20210709
白百合台園地では、アブラチャンが緑色の果実を付け始めました。9月~10月頃には、果実は緑黄褐色に熟します。かっては実や樹皮が燃料に使われたと、江戸時代(1800年頃)の記録にあるようです。

本日のトップ10
1.  スズサイコ  開花
2.  ムラサキシキブ  開花
3.  オカトラノオ  満開
4.  ヌマトラノオ  満開
5.  クサレダマ  満開
6.  ノハナショウブ  開花
7.  チダケサシ  開花
8.  リョウブ  満開  
9.  ツチアケビ  開花
10. キジの雄 地面徒歩・鳴き声(警戒音)

箱根PV  高橋


スポンサーサイト