FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復) 2021年6月26日(土)

本日は梅雨の貴重な晴れ間です。
日差しもあり少し暑い中でしたが、大涌谷コースの担当2名で観察してきました。

オニシバリ(ジンチョウゲ科)
オニシバリ2
赤く熟した実がたくさん付いています。
少し暗い林の中で、きれいな赤い実がとても目立ちます。
金太郎岩展望台へ向かう道で見られます。

ミヤマイボタ(モクセイ科)
ミヤマイボタ2
コースのあちこちで、白い花を咲かせています。
ミヤマイボタ
花には芳香があり、様々な昆虫が集まってきて、とてもにぎやかです。

金太郎岩展望台から芦ノ湖の眺望
展望台からの風景
だんだん曇ってきましたが、雨は降らなさそう。

ノハナショウブ(アヤメ科)
ノハナショウブ
菖蒲園などで見られるハナショウブは、この「ノハナショウブ」を観賞用に品種改良したものです。
花の花弁の中央にある黄色い線がポイント。
舟見岩付近の草原で見られます。

ナワシロイチゴ(バラ科)
ナワシロイチゴ
明るい葉の色とピンク色の花がきれいです。この後、実が赤く熟します。
コース中の日当たりの良いところ、舟見岩付近の草原で見られます。

スノキ(ツツジ科)
スノキ
5月頃に白い釣鐘状の花が咲き、現在は実になっています。
葉には「シュウ酸」という成分が含まれていて、かむと酸っぱい味がします。
舟見岩付近で見られます。

キツネノボタン(キンポウゲ科)
キツネノボタン
黄色いつやつやの花弁と、金平糖の様な実が見られます。
葉が牡丹の葉に似ていることから、この名前が付いたそうです。
探勝路脇、姥子駅付近で見られます。

アリノトウグサ(アリノトウグサ科)
アリノトウグサ
あまり目立ちませんが、小さい赤い花がたくさんついています。
舟見岩付近の草原で見られます。

本日のトップ10
1. ミヤマイボタ
2. キツネノボタン
3. ノハナショウブ
4. ナワシロイチゴ
5. アリノトウグサ
6. オニシバリ(実)
7. スノキ(実)
8. ヤマグワ(実)
9. ジャコウアゲハ(昆虫)
10. ウグイス(鳴声)

箱根PV 石塚
スポンサーサイト



ビジターセンター周辺自然情報 2021年6月25日

関東地方は梅雨に入りましたが、幸いにも曇り空です。本日はパークボランティア5名が参加して、自然学習路~野鳥の森を歩き、初夏になりつつある園地内の植物を中心に、その様子を観察しました。

ビジターセンターから道路を渡ったすぐの所に柿の木が1本あります。その柿の木に雄花と雌花が咲いていました。
カキノキ カキノキ科 カキノキ属
カキ雄花 VC20210625
カキノキは雌雄同株です。雄花は、ドウダンツツジのように、壷状の花がたくさん集まって付いています。

雌花は、点々と離れて1か所に1つ、黄白色の花が付いていました。
カキ雌花1 VC20210625

雌花はそのまま果実となりますが、雄花は時期が過ぎると地面に落ちてしまいます。
カキ雄花2 VC20210625

ハコネグミ グミ科 グミ属
ハコネグミ果実 VC20210625
毎年ハコネグミの花は観察するのですが、なかなか結実した果実を観察することができませんでした。今年は赤い球形の果実が2個だけ残っており、タイミングよく観察することができました。

イワガラミ アジサイ科 イワガラミ属
イワガラミ VC20210625
イワガラミはまだ蕾ですが、飾り花を付けて、高い木によじ登っています。毎年、このイワガラミとノリウツギを見ると、園地にまた夏が来たと感じます。

サンショウバラハタマフシ 虫えい
サンショウバラハタマフシ VC20210625
自然学習路のサンショウバラの葉に球形状の虫えいが形成されていました。まだ成熟途中と思われ、直径2mm程度でした。雨上がりに、桃色に美しく輝いていました。この虫えいは、タマバチの一種により形成されます。虫えいが成熟すると、虫えい自らが葉からはがれて地面に落下し、タマバチの幼虫はその中で成長します。

ニワトコ ガマズミ科 ニワトコ属
ニワトコ VC20210625
自然学習路の緑の木々の間からニワトコの赤い果実が見られます。赤い果実は、梅雨の時期には、ひときわ輝いて見えます。

サルナシ マタタビ科 マタタビ属
サルナシ VC20210625
自然学習路のサルナシには、早くも可愛らしい果実が付き始めていました。今年はとても早いです。

オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属
オオバウマノスズクサ果実 VC20210625
サクソフォンのような形のオオバウマノスズクサの花は終わり、緑の果実に変わっていました。

ジャコウアゲハ アゲハチョウ科
ジャコウアゲハ幼虫 VC20210625
オオバウマノスズクサの葉の裏にジャコウアゲハの幼虫がいました。前回観察した時には卵だったのですが、孵化して幼虫になっていました。幼虫は成長する過程でこの毒の葉を食べて、毒を体内に蓄積します。天敵の鳥などに食べられないために化学防衛していると言われています。

カキラン ラン科 カキラン属
カキラン VC20210625
カキランは毎年この時期にひっそりと咲いて姿を見せてくれます。今年も出会うことができました。カキランという名前は、花の色がカキの果実の色に似ていることに由来しています。

ミヤマイボタ モクセイ科 イボタノキ属
ミヤマイボタ VC20210625
園地のあちらこちらで、ミヤマイボタが満開です。梅雨の季節に小型の白い花をいっぱいつけます。ミヤマイボタは、イボタノキより標高の高い所に生え、葉の先がとがります。

シモツケ バラ科 シモツケ属
シモツケ VC20210625
園地ではシモツケも見頃です。枝先に半球形の散房花序を出し、ピンク色の小さな可愛らしい花をたくさんつけています。シモツケは、よく似た草本のシモツケソウより、花は少し早く咲きます。

コアジサイ アジサイ科 アジサイ属
コアジサイ VC20210625
自然学習路のコアジサイが満開です。他のアジサイのような装飾花はなく、小さな花がまとまっています。梅雨の中で樹林内でひっそり生える姿が印象的です。

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属
ヤマボウシ VC20210625
園地のあちらこちらでヤマボウシが満開です。箱根はヤマボウシの日本一の名所と言われ、園地だけでなく、6月中旬には芦ノ湖や駒ケ岳も白いヤマボウシがよく目立ちます。

本日のトップ10
1.  カキラン  開花
2.  ヤマボウシ  満開
3.  ミヤマイボタ  満開
4.  コアジサイ  満開
5.  ニワトコ  赤い果実
6.  シモツケ  満開
7.  オオバウマノスズクサ  果実
8.  ジャコウアゲハの幼虫 オオバウマノスズクサ葉裏に付着
9.  エゴツルクビオトシブミ 揺籃作成中
10. サンショウバラハタマフシ  虫えい

箱根PV  高橋