FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2021年4月19日湯坂路情報

毎月第一月曜日の活動ですが、今年度初めての湯坂路自然情報は第三月曜日からスタートしました。鷹ノ巣山までは、防火帯のススキなどが刈られ、春の花々が日の光をいっぱいに浴びてたくさん咲いていました。タチツボスミレを始めとして、ニオイタチツボスミレ、マルバタチツボスミレ、ツボスミレ、フモトスミレなど、スミレの街道でした。他にもミツバツチグリやナツトウダイ、クサボケなどが咲いていました。千条の滝への下り道では、マヒワの大群に出会いました。木々に止まり何かをついばみながら移動していくのを、しばらく皆で観察しました。
今回も千条の滝への下り道は、丸太や石などが配置してあるのでとても歩きやすかったです。改めて補修隊の皆さんのご苦労に感謝いたします。

カキドオシ (シソ科カキドオシ属)
20210419湯坂道カキドオシ
湯の花別荘地入口に咲いていました。垣根を通りぬけて伸びていくので、カキドオシと言われます。次々と各節に花をつけていくので、比較的長い間花を楽しめます。花の形はシソ科の特徴をよく表していて、下唇が飛び出し、虫を呼ぶ赤い斑点が目立ちます。

クサボケ(バラ科ボケ属)
20210419湯坂道クサボケ
草刈りされた防火帯で朱色の花を咲かせていました。日本の固有種で学名はChaenomeles japonicaです。ボケに比べて全体に小型で、樹高は50センチ前後です。花にはめしべとおしべがある両性花とおしべだけの雄性花があります。

イロハモミジ (ムクロジ科カエデ属)
20210419湯坂道イロハモミジ
紅葉で有名なイロハモミジですが、見落としてしまいそうな小さな赤い花も可愛らしいです。オオモミジの花より早く咲き始めます。咲き始めた花は、展開したばかりの新葉とともに青空に映えてとてもきれいでした。イロハモミジの名の由来は、葉の裂片を「いろはにほへと」と数えたことからです。

ナツトウダイ (トウダイグサ科トウダイグサ属)
20210419湯坂道ナツトウダイ
防火帯にたくさん咲いていました。春に花が咲くのにナツトウダイといいます。花は杯状花序と呼ばれるトウダイグサ科独特の形をしていて、ナツトウダイは、三日月形の線体の先端が細長くとがっています。

アケボノスミレ (スミレ科スミレ属)
20210419湯坂道アケボノスミレ
浅間山への登り道と千条の滝への下り道に咲いていました。明るい紅紫色で丸い花弁の優しい印象の花です。花の時期に葉は完全には展開していません。

フモトスミレ (スミレ科スミレ属)
20210419湯坂道フモトスミレ
千条の滝への下り道ではフモトスミレの群落に出会いました。ツボスミレに似た小型のスミレで、葉の裏が紫色を帯びることや無茎性で株立ちしないことで区別できます。

コツバメ (シジミチョウ科)
20210419湯坂道コツバメ
鷹ノ巣山への登り道、地面に止まっていました。じっとしていたのでよく観察することができました。茶色で地味にみえますが、よく見ると微妙な色の濃淡がありきれいです。早春に一回だけ出現するチョウです。

ルリシジミ (シジミチョウ科)
20210419湯坂道ルリシジミ
千条の滝近くでルリシジミに出会いました。ルリシジミも地面に止まってじっとしていました。裏面の翅は白っぽく、ヤマトシジミに比べて黒色点は少なく小さいです。

本日のトップテン
1 アケボノスミレ(花)
2 フモトスミレ(花)
3 マルバタチツボスミレ(花)
4 ニオイタチツボスミレ(花)
5 エイザンスミレ(花)
6 ミツバツチグリ(花)
7 オオルリ(さえずり)
8 マヒワの大群(給餌中)
9 コツバメ(静止)
10 ヒメツチハンミョウ(歩行)

箱根PV篠崎






スポンサーサイト



ビジターセンター周辺自然情報 2021年4月23日

「目に青葉、山ほととぎす・・・・・」、箱根の春は新緑がまぶしいぐらいです。春を彩る花々も次々に咲き始めています。本日はパークボランティア7名が参加し、花の広場~子供の広場~野鳥の森を歩きました。

シロヤシオ ツツジ科 ツツジ属
シロヤシオ VC20210423
シロヤシオが見頃を迎えています。何とも清楚で品があります。葉が5枚輪生するのでゴヨウツツジ、老木になると木肌が松にそっくりなのでマツハダの別名を持ちます。シロヤシオの花弁の根元には、昆虫を引き付ける緑色の斑点があります。

ヤブデマリ ガマズミ科 ガマズミ属
ヤブデマリ VC20210423
いつもは5月終わり頃に咲くヤブデマリが、もう蕾から装飾花を出し始めていました。今年の季節の早さにはびっくりです。

ヤマサギゴケ サギゴケ科 サギゴケ属
ヤマサギゴケ VC20210423
ビジターセンター周辺の多くの場所でヤマサギゴケがたくさん見られます。虫媒花は香りで昆虫を引きつけ、シロヤシオと同じく蜜標(みつひょう)と呼ばれる模様で蜜のありかに誘導します。

アケビ アケビ科 アケビ属
アケビ VC20210423
ビジターセンター近くの花の広場でアケビの花が咲いています。アケビは雌雄同株で、雌雄異花です。やや下垂した雌花にはバナナのようなアケビの雌しべが放射状についています。小さなミカンのような房状で、密に付いて下垂しているのが雄花です。

ハコネグミ グミ科 グミ属
ハコネグミ VC20210423
今年もハコネグミの花を観察することができました。箱根には、分布が限られたフォッサマグナ要素の植物が30数種類あり、その中のひとつにハコネグミがあります。葉の表面に淡黄褐色の星状毛が密生し、葉裏には銀色の鱗状毛があるのが特徴です。

ズミ バラ科 リンゴ属
ズミ VC20210423
子供の広場手前のズミは淡い紅色の蕾がいっぱい出ています。蕾は、花になると白色に変わります。このツートンカラーが何とも言えず楽しみです。

クリメコブズイフシ 虫えい
クリメコブズイフシ3 VC20210423
自然学習路にあるクリノキに、赤い果実のようなものが付いていました。よく見るとこれは虫えい(虫こぶ)です。

クリメコブズイフシ VC20210423
この虫えいは、クリタマバチによって、クリの新芽が、肥大したこぶ状に形成されたものです。虫えいは萌芽とともに出現し、陽光面はきれいな桃赤色になり、発育するにつれて緑色に変わり成熟します。何とも不思議な美しさです。

ハナイカダ ハナイカダ科 ハナイカダ属
ハナイカダ VC20210423
3月に、新葉の中に蕾をつけていたハナイカダは、もう葉が展開して、しっかりと花をつけていました。

ジロボウエンゴサク ケシ科 キケマン属
ジロボウエンゴサク VC20210423
野鳥の森にジロボウエンゴサクが咲いていました。よく似た花にムラサキケマンがありますが、花の色が淡いピンク色であること、また葉の形が異なるので見分けがつきます。全草に有毒成分を含み、誤って食べると嘔吐などを惹き起します。

爽やかな風と、多くの樹木の芽吹き、次々にいろいろな花が咲き、夏鳥も飛来し、箱根はとても楽しい季節を迎えつつあります。

本日のトップ10
1.  シロヤシオ  開花
2.  ヤマサギゴケ  開花
3.  ムラサキケマン  開花
4.  ハコネグミ  開花
5.  アケビ  開花
6.  ズミ  つぼみ
7.  ジロボウエンゴサク  開花
8.  キビタキ  鳴き声
9.  ヒメツチハンミョウ  地面を歩行
10. クリメコブズイフシ  成熟途中

箱根PV  高橋

芦ノ湖西岸自然情報 2021年4月15日

天候:小雨~曇り、気温13℃(8時25分)、参加PV3名での自然情報収集です。
雨予報が数日前より出ておりましたが、日中は雨が上がる予報でしたので実施しました。

コース全般を多くのスミレ類とカントウミヤマカタバミ、ツルシキミの花々が彩っていました。サクラ類は咲き終わりで、花びらがコースの至る所に落ちていました。

また、コチャルメルソウ、ハナネコノメ、ハルトラノオの群落やツチグリのフェアリーサークルも多く見ることができました。

真田浜付近にあった落橋寸前だった橋は新しく架け替えられ、頑丈に作り直されていました。

橋 西岸 20210414


8時50分に箱根町港を出発し、湖尻到着が14時50分と、普段より速いペースで歩きました。

白浜トイレ付近で群生していた、ムラサキケマンとミヤマキケマン(共にケシ科で有毒植物)

ミヤマキケマン ムラサキケマン 西岸 20210414


コチャメルソウ ユキノシタ科
日本の固有種で、渓流沿いや湿気の多いところを好みます。
地味な花ですので、注意しないと見落としてしまいます。

コチャルメルソウ  西岸 20210414


ハナネコノメ ユキノシタ科
日本の固有種で、湿気の多いところを好みます。
小さく可憐な花が愛らしいです。

ハナネコノメ 西岸 20210414


カントウミヤマカタバミ カタバミ科
日本の固有種です。西岸コースを彩っていました。恥ずかしがり屋さんなのか、花が下向きに咲く固体が多いです。

カントウミヤマカタバミ 西岸 20210414


ハルトラノオ タデ科
日本の固有種で、木陰を好みます。

ハルトラノオ 西岸 20210414


エイザンスミレ スミレ科
日本の固有種で、切り込みのある葉が特徴的です。

エイザンスミレ 西岸 20210414


オトメスミレ スミレ科
タチツボスミレの変種で、箱根の乙女峠で発見されたことが名前の由来です。
全体的に白く、炬が紫色菜ところが特徴です。

オトメスミレ 西岸 20210414

フタバアオイ ウマノスズクサ科
日本の固有種です。京都賀茂神社の葵祭で用いられるところから、「賀茂葵」の異名があります。
匂いも出さず蜜腺もないため、自家受粉を行っています。
フタバアオイ 西岸 20210414

シバヤナギ ヤナギ科
日本の固有種で富士箱根地区に存在するフォッサマグナ要素のヤナギです。
シバヤナギ 西岸 20210414


ツチグリ ツチグリ科
星形形状のツチグリが菌輪を形成しています。
妖精たちが踊っているように見えるので、フェアリーサークルやフェアリーリングなどと呼ばれています。

ツチグリ 西岸 20210414

ハコネシロカネソウ キンポウゲ科
日本の固有種で箱根~曇り伊豆地区に多く見られる植物です。
今年も可憐な花を咲かせ始めていました。

ハコネシロカネソウ 西岸 20210414


ツルシキミ ミカン科
つぼみと果実はよく観察できますが、花盛りの時期に出会うことが少なく感じます。
全草が有毒です。

ツルシキミ 西岸 20210414


本日のトップ10
①  タチツボスミレ
② ナガバノスミレサイシン
③ エイザンスミレ
④ オトメスミレ
⑤ カントウミヤマカタバミ
⑥ ツルシキミ
⑦ コチャルメルソウ
⑧ ハルトラノオ
⑨ ハナネコノメ
⑩ ミヤマキケマン

*2021年5月、6月の自然情報は、神奈川県に発令中のまん延防止の影響で、中止となりました。
7月以降の実施は未定です。

箱根PV 段

金時山自然情報 2021年4月8日

 春の花が沢山咲いていました。オトメスミレ、ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、エイザンスミレ、タチツボスミレ、、シロバナタチツボスミレ、ツボスミレの8種のスミレを見ました。その中で金時山にはオトメスミレが一番似合います。基準産地が乙女峠のためでしょうか。コイワザクラは未だ早いのでしょうか、余り咲いていませんでした。これから開花の植物もあり、楽しみです。

オトメスミレ    (スミレ科)
乙女峠が基準産地で乙女を付けてオトメスミレです。良い名前です。タチツボスミレの変種で、乙女峠周辺で沢山見られました。
オトメスミレ3金時210408

ナガバノスミレサイシン    (スミレ科)
麓から頂上付近まで見られますが、麓に多く咲いています。長い名前の通りで、葉が長いのが特長です。
ナガバノスミレサイシン金時210408

マルバスミレ     (スミレ科)
丸っこい形の花と葉が可愛らしいスミレです。葉、葉柄に毛が多いものをケマルバスミレで、毛が無いのをマルバスミレと呼んでいたが、マルバスミレに統一された様です。
マルバスミレ1金時210408

エイザンスミレ   (スミレ科)
麓から頂上まで全般に見られました。葉が特長で3全裂し、側葉は2裂しています。名前の由来は比叡山に生えていることから。
エイザンスミレ1金時210408

タチツボスミレ   (スミレ科)
公時神社から少し登って林道を抜ける所に群生していました。普通に見られる地味なスミレですが、群生は見事です。
タチツボスミレ2金時210408

コイワザクラ     (サクラソウ科)
名前の通り、岩肌に咲きます。しかも見に行くのに危険な所が多いです。綺麗な花を見るのに命がけです。未だ咲き始めでした。これから満開になるでしょう。フォッサマグナ要素の植物です。
コイワザクラ金時210408

マメザクラ      (バラ科)
フォッサマグマ要素の植物で、フジザクラやハコネザクラとも言われています。花が下向きに咲き、控えめなところが何とも言えません。
マメザクラ1金時210408

トウゴクミツバツツジ?  (ツツジ科)
金時山から長尾山の稜線でよく咲いていますが、未だ早いのでしょうか乙女峠付近で咲き始めていました。雄しべが5本がミツバツツジ、10本がトウゴクミツバツツジかキヨスミミツバツツジです。花柱を見ないと区別できません。キヨスミミツバツツジも金時山で咲きます。
トウゴクミツバツツジ金時210408

ツルシキミ       (ミカン科)
実は赤く派手ですが、花は白色で地味です。実、葉とも有毒で食べると激しい痙攣を起こす様です。最近、箱根に増えているシカは見向きもしません。
ツルシキミ1金時210408

ミヤマキケマン    (ケシ科)
乙女峠の登山口から国道脇を歩いているとき見かけました。深山という名前に反して、低山や丘陵地にも分布している様です。全草有毒で、食用厳禁です。
ミヤマキケマン金時210408

①オトメスミレ          花
②ナガバノスミレサイシン   花
③マルバスミレ         花
④エイザンスミレ        花
⑤タチツボスミレ        花
⑥マメザクラ           花
⑦コイワザクラ         咲き始め
⑧トウゴクミツバツツジ    咲き始め
⑨ツルシキミ          花
⑩ノスリ             鳴き声

箱根PV  原田育生

大涌谷(姥子往復) 2021年4月10日(土)

前夜から関東地方はかなり冷え込み、箱根到着時は3℃でした。太陽が昇るにつれ気温は上昇し、やや寒いながらも快適な1日になりました。

ヤマザクラが満開です。やや赤みがかった葉と同時に花を咲かせます。
ヤマザクラ20210410

マメザクラは終盤です。中心が赤く見えるようになると、散り始めます。
マメザクラ20210410

オトメスミレとタチツボスミレが綺麗に咲いていました。
オトメスミレ20210410

エイザンスミレは葉に特徴があります。写真では見にくいですが、葉が切れ込みます。
エイザンスミレ20210410

キクザキイチゲが綺麗に咲いていました。やや青がかっています。
キクザキイチゲ20210410

クサボケの花を各所で見ました。春先に現れるビロードツリアブが、花の蜜を吸いにきました。
クサボケ20210410

ハナイカダは開花していませんが、花芽(雄花)をつけています。
ハナイカダ20210410

本日のTOP10
1 アオキ(雄花、雌花、実)
2 スミレ類(花)
3 キクザキイチゲ(花)
4 ハナイカダ(葉)
5 ミヤマハコベ(花)
6 カントウミヤマカタバミ(花)
7 ヤマザクラ(花)
8 黒文字(花)
9 オニシバリ(花)
10 クサボケ(花)

以上 PV M.A.


ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2021年4月9日

ビジターセンター周辺の春は、多くの樹木が芽吹き、たくさんの花々が咲き、昆虫たちが出現する季節です。本日は1年2か月ぶりのミニ観察会の開催でした。ビジターさん2名をお迎えして、パークボランティア10名、合計12名で、花の広場を中心に動植物の状態を例年と比較しながら観察しました。

ヤマザクラ バラ科 サクラ属
ヤマザクラ VC20210409
花の広場のヤマザクラが満開です。ヤマザクラは野生桜の代表で、芦ノ湖周辺や外輪山斜面にも多く咲きます。開花と同時に開く赤みを帯びた新葉は、まさに箱根の春の訪れを感じさせてくれます。

オオシマザクラ バラ科 サクラ属
オオシマザクラ VC20210409
オオシマザクラも満開です。オオシマザクラは、花が大きく、とても存在感があります。オオシマザクラも、新緑の葉と白い花を同時に見ることができます。

キランソウ シソ科 キランソウ属
キランソウ VC20210409
キランソウが花の広場のあちらこちらに濃紫色の花を咲かせ、とても目立ちます。根生葉が地面を覆って蓋をするかのように這って広がっていく姿はまさに別名の「ジゴクノカマノフタ」です。

オオバノキハダ ミカン科 キハダ属
オオバノキハダ5 VC20210409
オオバノキハダは、冬に観察した冬芽の側芽「ピエロの鼻」から新芽が弾けるように芽吹いていました。春はどんどん動いています。

キブシ キブシ科 キブシ属
キブシ1 VC20210409
キブシも箱根に春を告げる木の花の一つです。花の広場でも淡い黄緑色の花序を多数つけています。キブシは、箱根ではほぼ全域で見られ、よく目立ちます。

スミレ スミレ科 スミレ属
スミレ VC20210409
箱根には30種あまりのスミレが記録されていて、ビジターセンター周辺でも10種ほどのスミレを観ることができます。花の広場では今「スミレ」が満開です。「スミレ」の色は濃紫色が多いですが、淡いものなど、変化に富みます。「スミレ」は葉柄に翼があるので、他のスミレと見分けることができます。

クサボケ バラ科 ボケ属
クサボケ VC20210409
花の広場のあちらこちらにクサボケが咲き始めました。朱赤色の花がよく目立ちます。

コクサギ ミカン科 コクサギ属
コクサギ VC20210409
コクサギは雌雄異株で、花の広場にあるコクサギは雄株です。葉が伸びきらないうちに黄緑色の花が開き、雄花には雄しべが4本付きます。コクサギの若葉からは柑橘類の香りが溢れていました。

ミツバツツジ ツツジ科 ツツジ属
ミツバツツジ VC20210409
花の広場でミツバツツジが、輝くように紅紫色に咲いていました。葉の展開前に2~3個の花をつけ、青空との調和がとても素晴らしいです。これも箱根の春を彩る風景です。

マルバスミレ スミレ科 スミレ属
マルバスミレ VC20210409
タチツボスミレとともに、ビジターセンター周辺で近年多く見られるようになったスミレがマルバスミレです。花は葉の上に咲き、全体に短毛が密集しているのが特徴です。

ベニシジミ チョウ目 シジミチョウ科
タンポポで吸蜜うるベニシジミ VC20210409
ベニシジミがタンポポの蜜を吸っていました。昆虫たちも出現です。本日はその他ビロウドツリアブなど計7種の昆虫を観察しました。

アオゲラ キツツキ目 キツツキ科
ミズキに現れたアオゲラ VC20210409
花の広場でアオゲラがミズキの木に止まっていました。その他、アオジ、マヒワなど、本日は計17種の野鳥の出現を観察しました。

温暖化の影響か、桜の開花が全国的に早まる傾向の中、VC周辺の植物の生育状況や、昆虫たちや野鳥たちの出現に変化があるのかなど、参加者が分散して花の広場をくまなく観察しました。本日は、植物64種の生育状況(蕾9種、花45種、花と果実3種、果実4種、芽吹きなど3種)を観察しました。

本日のトップ10
1.  ヤマザクラ  満開
2.  オオシマザクラ  満開
3.  マルバスミレ  満開
4.  スミレ  満開
5.  ミツバツツジ  満開
6.  キランソウ  開花
7.  クサボケ  開花
8.  カントウミヤマカタバミ  開花
9.  アオゲラ  ミズキの枝に止まる
10. ベニシジミ  タンポポに飛来して吸蜜

箱根PV  高橋

【仙石原】2021年4月10日(土)

 日陰に入ると風が冷たく感じるものの快晴で観察日和でした。

 タチツボスミレやナガバノスミレサイシンが盛りといった感じです。

 コース途中の温湯(ぬくゆ)の水温は19.5度でした(気温10度)。



▼クサボケ/バラ科
P1340906.jpg


▼タチツボスミレ/スミレ科
P1340909.jpg


▼ヒメハギ/ヒメハギ科
P1340929.jpg


▼モミジイチゴ/バラ科
P1340972.jpg


▼クロモジ/クスノキ科
P1340965.jpg


▼ナガバノスミレサイシン/スミレ科
P1340974.jpg


<参考>
本日の観察ベスト 10

1 タチツボスミレ/花
2 モミジイチゴ/花
3 エイザンスミレ/花
4 マルバスミレ/花
5 ナガバノスミレサイシン/花
6 クサボケ/花
7 ムラサキケマン/花
8 クロモジ/花
9 フッキソウ/花
10 ツボスミレ/花

 
箱根PV 仙石原担当 M.S