FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2021年3月26日

朝から晴れて気温12℃、暖かく春本番の箱根です。本日はパークボランティア7名が参加、この季節毎年楽しみにしている、箱根に春を告げる花々を観察しました。

アセビ ツツジ科 アセビ属
アセビ VC20210326
箱根の春を代表する花はアセビです。今年は特に美しいように感じます。ビジターセンター周辺園地のいたるところで、白やピンクの小さい壺型の花をいっぱいつけて咲き誇っています。

オニシバリ ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
オニシバリ雄花 VC20210326
2月頃に開花して箱根に春を告げる花といえばオニシバリです。花の広場でオニシバリの雄花が開花していました。

雌花もすでに開花していました。
オニシバリ雌花 VC20210326

アブラチャン クスノキ科 クロモジ属
アブラチャン VC20210326
アブラチャンも箱根に春を告げる花です。これは雌雄異株の雌株です。葉の展開前に淡黄色の花が3~5個集まって咲きます。

アケビ
アケビ VC20210326
花の広場では、アケビがつるに新芽を展開し、新葉とつぼみがもう出ています。もうすぐ長い花序が垂れ下がり、雄花と雌花が咲き始めます。

シロハラ スズメ目 ヒタキ科
シロハラ VC20210326
星槎レイクアリーナへ向かう登り道では、シロハラが盛んに餌を啄んで散策していました。

コケリンドウ リンドウ科 リンドウ属
コケリンドウ VC20210326
コケリンドウは、星槎レークアリーナの道路わき広場に毎年この時期に咲きます。今年も見られました!高さ3~10cmの苔のように小さな二年草です。小さいので最初目が慣れるまで見つかりませんが、一度見つけたら多くのコケリンドウを観察できます。

フキ キク科 フキ属
フキ雄株 VC20210326
コケリンドウの傍にフキが出ていました。フキは地下茎で増えるのでかたまって見られます。フキは雌雄異株です。雄花は頭花が黄色っぽい筒状花です。

雌株は頭花が白っぽいです。白い糸状の多数の雌花の中に雄花と同じ形の両性花が数個混じります。
フキ雌花 VC20210326

ヒナスミレ スミレ科 スミレ属
ヒナスミレ VC20210326
子供の広場では「スミレのプリンセス」と言われるヒナスミレが咲きだしていました。落ち葉に埋もれるように咲き、透明感のある淡紅紫色の花は楚々としています。

マメザクラ バラ科 サクラ属
マメザクラ VC20210326
園地の至る所でマメザクラが満開です。特に野鳥小屋すぐそばのマメザクラは見事です。毎年この清楚な桜を見ると箱根にも春が来たなと感じます。

バッコヤナギ ヤナギ科 ヤナギ属
フサザクラとともに毎年この時期に見られるバッコヤナギです。フサザクラの花はもう終わっていましたが、バッコヤナギは見ることができました。雌雄異株の雄花序は楕円形で大きく銀白色に輝いてよく目立ちます。葯(やく)が黄色になってきているのが見えるでしょうか。
バッコヤナギ VC20210326

ハナイカダ ハナイカダ科 ハナイカダ属
ハナイカダ VC20210326
ハナイカダの新葉を覗いてみると、葉の上に小さな蕾が付いているのを見つけました。こんなに幼い新葉の頃からすでに蕾が形成され始めているのは驚きです。

本日のトップ10
1.  アブラチャン  開花
2.  アオキ    雄花開花、雌花つぼみ・赤い果実
3.  オニシバリ  開花
4.  コケリンドウ  開花
5.  ヒナスミレ  開花
6.  マメザクラ  開花
7.  アセビ  開花
8.  シロハラ  餌を啄んで散策
9.  ビロウドツリアブ  葉の上で休息
10. シカの食痕  アオキの枝先(食べて切り取られた痕)

箱根PV  高橋
 
スポンサーサイト



2021年3月24日 芦ノ湖西岸自然情報

1月の発令された緊急事態宣言が解除されたため、3月24日に2021年最初の自然情報収集をPV3名で実施しました。
気象状況は、天候晴れ、気温8℃(8時40分)でした。
3月1日に芦ノ湖の禁漁期間が解除されたため、多くの釣り人で賑わっていました。
水鳥たちの多くは旅立っていきましたが、まだ残っている固体もありました。禁漁区域である真田浜付近にはカンムリカイツブリ36羽の群れがまだ羽を休めていました。
冬の陸鳥たちは既に旅立っており、留鳥のハクセキレイは夏羽に生え替わっていました。またイワツバメやウグイスのさえずりも確認でき、いよいよ春本番と感じました。
昆虫類では、春の訪れを告げる、ビロウドツリアブとテングチョウを確認できました。

テングチョウ タテハチョウ科

テングチョウ 西岸 20210324


植物の方も、タチツボスミレ、マメザクラが咲き始め、アセビ、オニシバリ、ミツマタ、ダンコウバイ、ヤマルリソウ、ネコヤナギが花盛りでした。

タチツボスミレ スミレ科
日本を代表するスミレの一種です。
ハート型の葉が特徴で、以前は430円切手のデザインに採用されていました。
因みに普通のスミレは現在の94円切手のデザインに採用されています。
タチツボスミレ 西岸 20210324

オニシバリ ジンチョウゲ科
雌雄異株で有毒植物です。
2月初旬に咲き始め、6月頃に実をつけます。
夏になると葉を落とすため、別名が「ナツボウズ」、花言葉は「変わり者」です。
オニシバリ 西岸 20210324

ミツマタ ジンチョウゲ科
枝が3つに分かれることが名前の由来です。
皮は和紙の原料として使われています。
仲春の季語にもなっています。
ミツマタ 西岸 20210324

マメザクラ バラ科
富士箱根火山帯に自生しており、別名「フジザクラ」「ハコネザクラ」ともいいます。
山梨県の県花に指定されており、花弁が小さく、背丈も低いところが特徴です。
マメザクラ 西岸 20210324

ヤマルリソウ ムラサキ科
日本の固有種です。
ピンク色で咲き始め、瑠璃色に変化していきます。
湿気のあるところに多く自生しています。
ヤマルリソウ 西岸 20210324

ネコヤナギ ヤナギ科
雌雄異株で、水辺に多く自生しています。
白浜付近のネコヤナギの画像は、とある書籍の画像にも使用されています。
ネコヤナギ 西岸 20210324

ダンコウバイ クスノキ科
梅の名が付きますが、ロウバイと同じくバラ科ではなくクスノキ科になります。
アブラチャンに花が似ており、両者はともにクスノキ科になります。
ダンコウバイ 西岸 20210324


また、箱根町港付近の小川にはワカサギが遡上していたり、ナラ枯れ被害に遭った樹木が伐採されていることも確認できました。
科座が非常に冷たく感じましたが、春の訪れを確実に実感できた自然情報収集となりました。

ワカサギ キュウリウオ科
放流され残った個体が産卵のため遡上しているようです。
芦ノ湖のワカサギは宮内庁への献上品にもなっています。
ワカサギ 西岸 20210324

ナラ枯れ伐採の切り株
茶色く変色している部分がカシノナガキクイムシの侵入被害に遭った部分になります。
ナラ枯れ伐採 西岸 20210324



トップ10
① ヤマルリソウ 花盛り
② ミツマタ 花盛り
③ ダンコウバイ 花盛り
④ マメザクラ 咲き始め
⑤ オニシバリ 花盛り
⑥ ネコヤナギ 花盛り
⑦ ビロウドツリアブ 飛翔
⑧ テングチョウ 飛翔
⑨ カンムリカイツブリ 36羽の群れ
⑩ ワカサギ 小川を遡上

箱根PV 段