FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年12月25日

令和2年最後のVC周辺自然情報です。気温は6℃ですが、暖かくとても気持ちのよい観察日和です。本日はパークボランティア7名が参加し、ビジターセンター周辺で見られるいろいろな冬芽を観察しました。

冬芽は、春に再び芽吹き活動を開始するための、厳しい冬を乗り切る「命のカプセル」です。冬の寒さや、乾燥、外敵から身を守るために冬芽はさまざまな工夫をこらしています。

サラサドウダン ツツジ科 ドウダンツツジ属
サラサドウダンVC20201225
サラサドウダンの赤い冬芽がよく目立ちます。サラサドウダンの芽鱗は6枚前後で水滴形です。柄より太い頂芽や、維管束痕(水分や養分の通ったあと)が1個などは、ツツジ科に共通する特徴です。

ヤブデマリ ガマズミ科 ガマズミ属
ヤブデマリ VC20201225
ヤブデマリの冬芽は、2枚の芽鱗がぴったりと合わさって芽を包んでいます。芽鱗の表面には、星状毛が密生していてざらついています。

ヤマザクラ バラ科 サクラ属
ヤマザクラ4 VC20201225
ヤマザクラは芦ノ湖周辺や外輪山の斜面にも多く咲きます。冬芽の芽鱗の先はやや外へ開きます。頂芽の先端が葉芽で、その下側のふっくらとしたのが花芽です。

オオシマザクラ バラ科 サクラ属
オオシマザクラ2 VC20201225
オオシマザクラは、葉と花が同時に咲きます。先端のほっそりしているのが葉芽で、長卵形でふっくっらと丸みがあるのが花芽です。芽鱗はぴったりと芽を包んでいます。

コブシ モクレン科 モクレン属
コブシ VC20201225
コブシの花芽は大きく、立った長く柔らかい毛に覆われています。花芽の芽鱗は2枚ですが見えにくいです。花は早春、南面の陽光を受ける側が急激に膨張して開花するため、つぼみの先端は北を指します。このような植物をコンパスプラントと言います。

サンショウ ミカン科 サンショウ属
サンショウ VC20201225
サンショウの冬芽は球形です。裸芽で伏した毛に覆われています。葉痕(葉が枯れ落ちたあと)の両側に鋭い棘が出ます。見方によってはタクトを振っているようにも見えませんか。

リョウブ リョウブ科 リョウブ属
リョウブ VC20201225
リョウブの冬芽は芽鱗が剥がれかけ、陣笠のようにも見えます。陣笠は落ちやすく裸芽になっている冬芽も沢山ありました。短枝はシカの角のような枝ぶりになります。

ミズキ ミズキ科 ミズキ属
ミズキ VC20201225
ミズキの冬芽は、長卵形または楕円形で先が丸く、芽鱗は5~6枚です。冬芽は鮮やかな赤で光沢があります。ミズキの幹からの枝は放射状に広がり、横枝はシカの角状に分岐します。

カツラ カツラ科 カツラ属
カツラ側芽VC20201225
カツラの冬芽は、水滴形~円錐形で赤くツヤがあります。葉痕の数で枝の年齢が分かります。このカツラの短枝は4年前までの葉痕が見えます。

年数を経てイモムシのような形になったカツラの冬芽がありました。
カツラ VC20201225

トチノキ ムクロジ科 トチノキ属
トチノキ VC20201225
トチノキは8枚~14枚の芽鱗に包まれた大きな頂芽をひとつ付けます。冬芽はつやがあり、樹脂を出して粘ります。葉痕はハート形か腎形です。葉痕の中に維管束痕が5個~9個あります。

ノリウツギ アジサイ科 アジサイ属
ノリウツギ VC20201225
ノリウツギの冬芽は、特徴あるとぼけた顔や、怒った顔に見えます。顔に見えるところは葉痕です。

オオバノキハダ ミカン科 キハダ属
オオバノキハダ VC20201225
オオバノキハダの葉痕と側芽はまるでピエロの顔です。葉痕とその中の維管束痕、側芽などを合わせると、顔のように見える冬芽は他にもたくさんあります。

アトリ アトリ科
アトリ VC20201225
前回(12月11日)に引き続き、今日も花の広場でアトリが群れで木の実を食べているのを見られました。背中の白い羽がよく目立っていました。

アセビ ツツジ科 アセビ属
アセビ VC20201225
花の広場ではアセビの白い花がもう開いていました。毎年開花が早くなっていくような気がします。

本日のトップ10
1.  カツラ  冬芽
2.  リョウブ  冬芽
3.  コクサギ  冬芽
4.  トチノキ  冬芽
5.  サラサドウダン  冬芽
6.  トウゴクミツバツツジ  冬芽
7.  ミズキ  冬芽
8.  エゴノキ  冬芽
9.  アセビ  開花
10. アトリ 群れで果実採食

箱根PV  高橋
スポンサーサイト



2020年12月26日黒岳自然情報

気温-1℃、天候晴れ、参加PV3名で、2020年最後の湖尻峠黒岳コースの自然情報を行いました。
本年のパークボランティア自然情報収集活動も締めくくりとなります。

今回の自然情報は、最近降雨がないためか、コース全般として見るものが少なかったです。
花は湖尻水門と湖尻峠~黒岳の途中の2カ所でアセビの花が咲いていた程度でしょうか。
オオカサゴケやヒノキゴケといったコケ類も見かけませんでした。
また数年ぶりにコース上でタヌキの糞も確認できました。
世代交代していると思われますが、以前と同じ場所での確認となりました。

アセビ ツツジ科
例年より湖尻水門では2週間、湖尻峠付近では2ヶ月早い開花確認でした。

201226 黒岳アセビ


芦ノ湖ではオオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリといった水鳥が、深良水門付近ではメジロがツルウメモドキの実を啄んでいる姿を確認できました。

オオバン クイナ科、キンクロハジロ カモ科、ホシハジロ カモ科

水鳥 201226黒岳


メジロ メジロ科、ツルウメモドキ ニシキギ科

201226 黒岳メジロ


タヌキの糞
201226 黒岳タヌキ糞


水位が低くなり、湖畔へ降りられ、そこには霜柱が見られました。
太陽の光が当たると溶けだし、霜柱がドミノ倒しのように倒れる様子をしばらく観察しました。
201226 黒岳霜柱

9月9日撮影 水位は2.2㍍です。
200909 黒岳芦ノ湖

12月26日撮影 水位は1.6㍍です。
201226 黒岳芦ノ湖

出発時は雲一つない天候でしたが、外輪山へ登ると雲が富士山に被っており見ることができませんでしたが、芦ノ湖や駿河湾の眺めは堪能できました。

芦ノ湖の眺め
201226 黒岳芦ノ湖
駿河湾の眺め
201226 黒岳駿河湾
雲に隠れた富士山
201226 黒岳富士山



2020年は新型コロナの影響で満足いく活動はできませんでしたが、無事に本年を終えられたことは幸いです。


最後に今年2月撮影のものですが、凶事をウソとして吉事にトリ替えるとされるアトリ科のウソ。
天神様の御使鳥です。
新型コロナが収束し、皆さまに幸福が訪れる2021年となりますように・・・
良いお年をお迎えください。

ウソ 黒岳

本日のトップ10
①ツルシキミ 果実
②アリノトウグサ 紅葉
③ガビチョウ 野鳥・姿
④芦ノ湖畔の霜柱
⑤アセビ 花
⑥ツルリンドウ 果実
⑦オオバン 野鳥・姿
⑧芦ノ湖の低い水位
⑨シカ角研ぎ跡
⑩タヌキの糞

2021年1月、2月は緊急事態宣言が発令されたため休止となりました。


箱根PV 段

ビジターセンター周辺自然情報 2020年12月11日

芦ノ湖には、越冬のために多くの水鳥が飛来してきています。本日のビジターセンター周辺自然情報は、パークボランティア9名が参加し、毎年冬のこの季節に実施している「芦ノ湖の水鳥たち」の観察です。風もなく、気温6℃と暖かく、絶好の観察日和です。桃源台から芦ノ湖キャンプ場、そして湖尻水門までの湖岸を巡り水鳥を観察しました。

アトリ アトリ科
アトリ VC20201211
芦ノ湖に向かう途中の花の広場では、アトリがケヤキやイロハモミジに群がり、イロハモミジの果実(種)を食べていました。

ハジロカイツブリ カイツブリ目 カイツブリ科
ハジロカイツブリ2 VC20201211
ハジロカイツブリは、芦ノ湖には冬鳥として飛来します。ハジロカイツブリは、潜水が巧みで、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。本日は、やや沖の方で潜水・浮遊している数羽を見つけました。ハジロカイツブリは、水上では黒っぽいですが、飛びたつと羽の内側に白い部分が見えるのでこの名前が付いたようです。

ホシハジロ カモ目 カモ科
ホシハジロ VC20201211
ホシハジロも冬鳥です。群れで行動することが多く、この日も数多くのホシハジロを観察できました。よく潜り、水底の貝やカニ、水草などを潜水採食します。潜水して餌を探している個体もいましたが、水上で休息している個体も見られました。

キンクロハジロ カモ目 カモ科
キンクロハジロ VC20201211
キンクロハジロも冬鳥として芦ノ湖に飛来します。ホシハジロと同じく、貝やカニ、水草などを潜水採食します。黒い顔に金色の目が印象的で、長い冠羽を後ろにたらしています。湖尻水門付近で、雄と雌が一緒に泳いでいました。

オオバン ツル目 クイナ科
オオバン VC20201211
芦ノ湖でよく見かけるのが、くちばしと額板が白いオオバンです。芦ノ湖に夏にはいないため漂鳥と考えられます。オオバンは、水面を泳いだり、潜水して水草の葉・茎・種子を食べますが、水草の茎を切って根まで食べてしまうので、湖岸の水生植物が減ってしまいます。

カンムリカイツブリ カイツブリ目 カイツブリ科
カンムリカイツブリ VC20201211
カンムリカイツブリも冬鳥です。頭に冠をかぶっているような模様が特徴です。長い時間潜水して餌を探すため、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥ですが、今回も観察することができました。魚類など動物食を潜水採食します。

ヒドリガモ カモ目 カモ科
ヒドリガモ♂ VC20201211
ヒドリガモも冬鳥です。水辺近くの草地の青草を食べたり、水面に浮かぶ植物を水面採食します。ヒドリガモの雄は、頭の中央線が明るいクリーム色で、脇腹に水面に平行の白い線があります。

カワラヒワ アトリ科
カワラヒワ VC20201211
つどいの広場では、カワラヒワがミズキの木に群がっていました。

イカル アトリ科
イカル VC20201211
白百合台園地にはイカルが飛来していました。黄色く太いくちばしが目立ちます。だいぶ長い時間ヒノキの上にとまっていました。

ツルウメモドキ ニシキギ科 ツルウメモドキ属
ツルウメモドキ (3) VC20201211
園地内のいろいろな所でツルウメモドキの果実(仮種皮)が目立ちます。ビジターセンター付近では、ケヤキの高い梢までよじ登っていました。仮種皮は、ほのかな甘みと、苦味、えぐみがあり、鳥のご馳走になります。

最後に、本日観察した野鳥の種類を全員で確認しました。水鳥および山野の鳥、合計31種を観察しました。限られた観察場所ですが、これからも毎年継続して、芦ノ湖で見られる水鳥たちの種類、生態、採食行動を観察していきたいと思います。

本日のトップ10
1.  ハジロカイツブリ  潜水採食中/浮遊
2.  ホシハジロ  潜水採食/休息中
3.  オオバン  水面の水草採食中
4.  キンクロハジロ  潜水採食/休息中
5.  カンムリカイツブリ  潜水採食中/浮遊
6.  ヒドリガモ  水面の水草採食中
7.  アトリ  イロハモミジに群がる
8.  イカル  ヒノキに群がる
9.  カワラヒワ  ミズキに群がる
10. ツルウメモドキ  赤い果実が目立つ

箱根PV  高橋


金時山自然情報 2020年12月10日

 今年最後の金時山の観察です。紅葉の時期を過ぎた為か登山者は少なかったです。富士山の雪は例年より少なかったです。暖かくなって溶けたと思われます。しかし、これから本格的な冬です。冬を超して新しい命を繋ぐため、木々の葉を落とすもの、冬芽になるもの、蕾になるものが見られました。暖かった為か成虫で冬を越すテングチョウが飛んでいました。

富士山
長尾山周辺で見た富士山です。雪が少ないです。暖かいのでしょう。
富士山金時201210

ミツマタ       (ジンチョウゲ科)
公時神社から少し登ったところにありました。蕾でした。ミツマタは名前の通りで枝が三つに分かれています。皮は和紙や紙幣の原料として用いられたようです。
ミツマタ金時201210

ミヤマカンスゲ    (カヤツリグサ科)
公時神社からの登山道脇にありました。冬に入りると花が少ないためか常緑のスゲが目立ちます。山地(ミヤマ)の林内に見られ、冬でも常緑なのでカンスゲ(寒スゲ)という名がある。葉はカンスゲより柔らかい。カンスゲもありました。
ミヤマカンスゲ金時201210

ツルシキミ       (ミカン科)
赤い実は目立ちますが有毒で食べると激しい痙攣を起こすようです。最近増えてきたシカは食べません。悪しき実の意味のアがとれて「シキミ」という名前が付いた様です。
ツルシキミ金時201210

ヤドリギ      (ヤドリギ科)          
ケヤキ、ブナ、ミズナラ等の落葉高木に寄生するが、光合成を行う半寄生植物です。果実はレンジャク類がよく食べに来ます。
ヤドリギ金時201210

ブナ          (ブナ科)
金時山の頂上からの稜線脇には沢山ありました。冬芽が見られました。披針形で、先は鋭く尖っています。本年枝と2年枝の境にはっきりした輪状の芽鱗痕がある様です。
ブナ金時201210

アセビ       (ツツジ科)
金時山から長尾山に向かう登山道の脇に沢山ありました。これから寒くなるのにもう蕾の状態です。馬が食べると苦しむようで、馬酔木の名があります。有毒植物であるが、昔はその葉を煎じ殺虫剤として用いた様です。
アセビ金時201210

テングチョウ    (シジミチョウ科)
金時山の頂上近くで見かけました。暖かかったので出てきたのでしょうか。成虫で冬を越し、春には子孫を残します。頭が天狗のような形に見えるので「テングチョウ」の名前がある様です。
テングチョウ金時201210

本日のトップ10
①ミツマタ          蕾
②ミヤマカンスゲ     葉が青々
③ブナ            冬芽
④アセビ           蕾
⑤ヤドリギ          果実
⑥クサボタン        果実
⑦ツルシキミ        果実
⑧マユミ           果実
⑨ルリビタキ        囀りと地鳴き
⑩テングチョウ       飛翔

箱根PV    原田育生

2020年12月9日芦ノ湖西岸自然情報

12月9日水曜日、天候曇り、気温3℃(8時半箱根町港)参加PV3名での2020年最後の自然情報収集です。。

今回は観察できた野鳥類を中心に紹介します。

オオバン クイナ科
水生植物を主食としますが、魚類や昆虫類なども食べます。
水鳥の一種ですが、希に陸を歩行している姿を見かけることがあります。

オオバン 西岸 20201209


白浜にて24羽で群れていたホシハジロ。
ホシハジロ カモ科
冬鳥として飛来し、潜って水草を食べます。

ホシハジロ 20201209 西岸

真田浜ではハジロカイツブリ35羽の群れがいたのですが、我々が真田浜に到着時には入れ替わるように百貫ノ鼻方面へ移動してしまっていました。

ハジロカイツブリ カイツブリ科
ミミカイツブリとよく似ていますが、頭部の反り返りがハジロカイツブリの方が大きいため、そこで見分けられます。

ハジロカイツブリ 西岸 20201209


亀ヶ崎付近ではマガモの雄のみ10羽程寝ていました。

マガモ カモ科
アヒルの先祖ですのでよく似ていますが、アヒルと比べると小柄です。

マガモ 西岸 20201209

ヤマガラ シジュウカラ科
アセビの蕾を啄んでいました。シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガ等と群れているところをよく見かけます。雑食性ですが、冬場に果実を啄んでいる姿をよく見かけます。

ヤマガラ 20201209


白浜付近では、シジュウカラのみの20羽以上の群れが、ネコヤナギに群れていました。
冬場は混群を作ることが多いため、シジュウカラ単体での群れは新線に見えました。

シジュウカラ シジュウカラ科

シジュウカラ 西岸 20201209

キンクロハジロは5羽が並んで泳いでいました。
キンクロハジロ カモ科
脇腹が白いところが特徴です。

キンクロハジロ 西岸 20201209

メジロ メジロ科
移動時は群れを作っていることが多いです。
春先は花の蜜を吸っている姿をよく見かけます。

メジロ 西岸 20201209

ハクセキレイ セキレイ科
セグロセキレイとよく似ていますが、頬周りの色合いで見分けられます。
夏羽は黒く、冬羽はグレーです。

ハクセキレイ 西岸 20201209

アオサギ サギ科
日本のサギ類では最大です。

アオサギ 西岸 20201209

ダイサギ サギ科
湖尻水門付近の早川で休んでいる姿が水面に映り込んでいてキレイでした。
白いサギ類では最大で、箱根では留鳥です。
大きく純白な姿は優雅に見えます。


ダイサギ 西岸 20201209

植物の方は晩秋の花の咲き残りが多かったですが、オオイヌノフグリ、ミツバ、タネツケバナ等が咲いていたりしました。
また、湖尻水門付近ではアセビの花が今年は例年より早く、11月28日には既に咲いていました。(例年12月2週目に咲き始め)

アセビ ツツジ科
漢字表記は「馬酔木」。馬が酔っ払っているように見えるほど毒性が強い樹木です。
別名「シカクワズ」。シカでも食べないようで、奈良公園の方ではアセビが多く見受けられるそうです。

アセビ 西岸 20201209

実りの方はコース全般で、ヤマホロシ、マルバノホロシ、サルトリイバラ、ツルシキミ、ツルリンドウ、ホソバテンナンショウといった、赤い実が目立っていました。

昆虫類では唯一観察できたものとして、ナミテントウがいました。
寒さのためか、葉の上でジッとしていました。

ナミテントウ テントウムシ科
ナミテントウは多種に及ぶ模様があるそうです。
競走馬の毛色が遺伝により異なりことと同じようなかんっじでしょう。
冬でも頑張っているようですね。

ナミテントウ 西岸 20201209



8時45分に箱根町港を出発し、14時45分に芦ノ湖キャンプ村到着し、自然情報収集を終えました。
気温は低かったですが、風がない1日でした。

本日のトップ10
① ホシハジロ 水・冬鳥(姿)
② シジュウカラ 陸・留鳥(姿)
③ マガモ 水・冬鳥(姿)
④ キンクロハジロ 水・冬鳥(姿)
⑤ オオバン 水・冬鳥(姿)
⑥ アセビ 花
⑦ ヤマホロシ/マルバノホロシ 果実
⑧ サルトリイバラ 果実
⑨ ツルリンドウ 果実
⑩ ナミテントウ 昆虫(姿)

2021年1月の自然情報収集は、緊急事態宣言発令に伴い、中止となりました。

2021年2月の自然情報収集は、緊急事態宣言延長に伴い、中止となりました。

箱根PV 段