FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年12月27日

天気予報は晴れの予定でしたが曇り空のやや肌寒い冬の箱根です。ビジターさん5名(内初めて参加の方3名)、パークボランティア9名、環境省職員1名、合計15名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「冬の葉っぱの作戦」です。
冬の箱根は多くの木が葉を落としています。その中で冬でも緑色の葉をつけている常緑樹が目立ちます。葉を落として越冬する落葉樹とは違い、葉をつけたまま冬を越す常緑樹には違う作戦があります。緑の葉っぱの作戦を観察します。

ヤブツバキ ツバキ科 ツバキ属
ヤブツバキ1 VC191227
ヤブツバキ等常緑樹の葉の多くは、厚めで光沢があります。これは蝋などのような物質でできた厚いクチクラ層によるものです。クチクラ層は植物体内部からの水分の蒸発を防いだり、葉の内部を保護する等の役割があります。髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層を指すキューティクルは、クチクラ(ラテン語)の英語読みです。

アセビ ツツジ科 アセビ属
アセビ1 VC191227
アセビの葉は、細い倒卵形の明るい緑色で、厚めで光沢があります。葉は枝先に集まって放射状につきます。幹はねじれながら曲がりくねって、全部の葉に日があたるようになっています。

アセビは、こんもりとした樹形です。もう来年の紅い蕾がついていました。
アセビ2 VC191227

キヅタ ウコギ科 キヅタ属
キヅタ1 VC191227
キヅタは常緑つる性植物で、気根を出して樹木や岩をよじ登ります。葉は濃緑色で光沢があります。

これはキヅタの果実のように見えますが、キヅタツボミフクレフシという虫えい(虫こぶ)です。中にはタマバエの幼虫が入っています。自然の不思議な生態と生命力を感じます。
キヅタツボフクレフシ VC191227

シキミ シキミ科 シキミ属
シキミ VC191227
葉の形はアセビに似ています。葉を破ってみると芳香がします。葉の中に油点があり、その中から香り成分が出てきます。シキミはビジターセンター周辺で見られる最強の有毒植物です。株全体が有毒で、特に果実は猛毒です。

ヒノキ ヒノキ科 ヒノキ属
ヒノキ VC191227
ヒノキも常緑樹です。積雪多く環境が厳しい高緯度の地方に多く、競争相手が少ないのでより日光が当たりやすく丈夫な葉の形になっているとも考えられています。葉は鱗片葉で、葉裏の白い模様の部分は気孔の集まりでY字形に見えます。

アオキ ミズキ科 アオキ属
アオキ VC191227
ヒヨドリが食べたのでしょうか、果実に食痕が多くありました。この他、茎にはシカの食痕も数多くありました。

本日のトップ10
1.  アセビ  葉、蕾
2.  ヤブツバキ  葉
3.  シキミ  葉、蕾
4.  イヌツゲ  葉
5.  ヒノキ  葉、果実、蕾
6.  アオキ  葉、果実
7.  キヅタ  葉、果実
8.  アカガシ  葉
9.  ツグミ  野鳥
10. キヅタツボミフクレフシ 虫えい(虫こぶ) 

箱根PV  高橋
スポンサーサイト



金時山自然情報 2019年12月12日

今日は12月12日、1212で金時山の標高と同じです。標高は以前1213Mでしたが、国土地理院の見直しにより、1212Mになりました。例年12月13日に金時山祭りが頂上で行われています。標高が変わっても今まで通りに12月12日ではなく12月13日に行われているようです。登り初めの時はよい天気でしたが、しばらくして風が強くて曇ってきました。下山されている方に聞くと「富士山は見えなかった」とのこと。予報ではよい天気なのに、残念に思いながら頂上に着くと何と富士山がよく見えました。雪を抱いた初冬の富士山は空の青さと雪の白さの微妙なコントラストを醸し出していました。

初冬の富士山
金時山から乙女峠の稜線から見えた富士山です。
富士山金時191212

オトメアオイ     (ウマノスズクサ科)
乙女峠からの下りで見ました。それもそのはず、発見地は乙女峠です。地際で柿のへたのような花が咲きます。
オトメアオイ金時191212

メギ       (メギ科)
乙女峠で見ました。洗眼薬にしたところからメギ(目木)。刺が多いので別名、コトリトマラズ。鳥は好んでは食べないが、他に食べ物がない時期はツグミ、ヒヨドリ、ムクドリなどが実を食べる。好んで食べないのは、枝に棘があり美味しくないからでしょうか。
メギ1金時191212

クサボタン    (キンポウゲ科)
分岐点で見ました。種の綿毛は、初めは輝く糸のような毛をつけているが、だんだん鳥の羽のようになり最後はフワフワの綿毛のようになる様です。風によって遠くに種を運んでもらう工夫でしょうか。
クサボタン金時191212

ツルウメモドキ     (ニシキギ科)
乙女峠で見ました。鳥が食べたのでしょうか、実はわずかに付いていました。橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔を出した状態は黄色とのコントラストが美しいです。
ツルウメモドキ金時191212

ツルシキミ    (ミカン科)
悪しき実の意味のアがとれて「シキミ」という名が付いた様です。実は赤色で美味しそうだが有毒で食べると激しい痙攣を起こします。シカは有毒と知っているようで食べない様です。
ツルシキミ金時191212

アセビ    (ツツジ科)
金時山から乙女峠の鞍部で見ました。小豆色の新芽は何ともいえない良い色です。馬が食べると苦しむようで、馬酔木の名があります。有毒植物であるが、その葉を煎じ殺虫剤に用いた様です。
アセビ金時191212

ブナ     (ブナ科)
金時山から乙女峠までの稜線に沢山あります。枝に付いた茶色の丸まった枯れ葉は厳冬になれば落ちるのでしょうか。
ブナ金時191212

リョウブ (リョウブ科)
金時山から乙女峠までの稜線に沢山あります。樹皮に成長するごとに禿げるようです。この斑模様はシカの子の斑に似ています。
リョウブ金時191212

ヒメノキシノブ    (ウラボシ科)
木に沢山付着した姿は人間の髭のように見えます。全体に細長い単葉で、一般のシダの葉とは大きく異なり、ソーラス(胞子嚢群)は葉裏の上半分につきます。名の由来は、古い民家などの軒下にも、繁殖するという意味から、ノキシノブで小さいのでヒメノキシノブ。樹の上や岩の上にも着生(ちゃくせい)します。
ヒメノキシノブ金時191212

本日のトップ10
①初冬の富士山
②オトメアオイ
③メギ
④クサボタン
⑤ツルウメモドキ
⑥ツルシキミ
⑦アセビ
⑧ヤドリギ
⑨ミサゴ(野鳥)
⑩コゲラ(野鳥)

箱根PV  原田育生

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年12月13日

紅葉が終わり木々の葉がすっかり落ちた冬の箱根です。静寂でゆっくり自然を楽しめるもこの季節です。ビジターさん4名(内初めて参加の方1名)、パークボランティア12名、合計16名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「芦ノ湖の水鳥たち」です。

湖面の水鳥の様子
写真1:湖面の水鳥の様子
芦ノ湖キャンプ場から湖尻水門にいた水鳥の様子です。水面で採食している水鳥、潜水して採食している水鳥、休息している水鳥など、芦ノ湖に渡ってきた水鳥を観察することができます。

オオバン(ツル目クイナ科)
写真2:オオバン(ツル目クイナ科)
この水鳥は、芦ノ湖では夏にいないため漂鳥と考えられます。水面を泳いだり潜水して水草の葉・茎・種子を食べるほか、水辺の昆虫・貝、甲虫類も採食します。他の水鳥よりも警戒心が少ないのか、湖岸近くで泳ぐ姿も見られました。

キンクロハジロ(カモ目カモ科)
写真3:キンクロハジロ(カモ目カモ科)
この水鳥は冬鳥です。一般的に日中は休息して、夕暮れから活動することが多いといわれていますが、潜水して餌を探している個体も見られました。

ホシハジロ(カモ目カモ科)
写真4:ホシハジロ(カモ目カモ科)
この水鳥も冬鳥です。群れで行動することが多く、この日も数多く観察できた水鳥です。潜水して餌を探している個体もいましたが水上で休息している個体も見られました。

オカヨシガモ(カモ目カモ科)
写真5:オカヨシガモ(カモ目カモ科)
この水鳥も冬鳥です。過去2回のミニ観察会の水鳥観察では見られなかった水鳥ですが、今年は雄と雌が揃って、比較的数多く見られました。雄は嘴が黒く、下尾筒の黒色が特徴です。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
写真6:カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
この水鳥も冬鳥です。長い時間を潜水して餌を探すため、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。今回は湖岸近くを通過したため容易に観察できました。頭に冠をかぶっているような模様が特徴です。

ハジロカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
写真7:ハジロカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
この水鳥も冬鳥です。この水鳥も潜水が巧みで双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。フィールドスコープで2羽を見つけましたが、潜水を繰り返して沖合に離れていきました。水上では黒っぽいが、飛びたつと羽の内側に白い部分が見えるのでこの名前が付いたようです。

水鳥観察の後、白百合台園地に移動して冬鳥を観察しました。

シロハラ(スズメ目ヒタキ科)
写真8:シロハラ(スズメ目ヒタキ科)
この山野の鳥も冬鳥です。おなかが白っぽいのが特徴です。おなかの色が白いからシロハラと名前がついたようです。イヌツゲの果実を夢中でついばんでいました。

コゲラ(キツツキ目キツツキ科)
写真9:コゲラ(キツツキ目キツツキ科)
この山野の鳥は留鳥で、箱根ではいつでも見られますが、野鳥観察会で出会うと時間を忘れて見入ってしまう山野の鳥です。キツツキの古名「けらつつき」からキツツキと変化し、コゲラは小さなキツツキから「こけらつつき」、「こけら」から濁音が入り「コゲラ」と呼ばれる様になったと聞いています。

ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)
写真10:ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)
この山野の鳥も冬鳥です。翼に白い斑があり、雄は胸からおなかが橙色なのが特徴です。開けた環境を好み1羽でいます。時々ピョコンとおじぎをして尾をふるわせている姿をよく見かけます。

ツルマサキ (ニシキギ科)
写真11:ツルマサキ(ニシキギ科)
常緑つる植物のツルマサキは、枝の各所から気根を出して絡みつき樹上によじ登ります。野鳥はこの実が大好きです。コゲラも最初ツルマサキの木にとまっていて、それからマユミの木に移動しました。

最後にビジターセンター前に戻り、本日観察した野鳥の種類を全員で確認しました。水鳥および山野の鳥、合計28種を観察しました。
観察場所は限られますが毎年継続して芦ノ湖で見られる水鳥たちの種類、生態、採食行動を観察し、彼らと彼らを取り巻く環境を考えていければと思います。

本日のトップ10
1.  オオバン
2.  オカヨシガモ
3.  ホシハジロ
4.  キンクロハジロ
5.  カンムリカイツブリ
6.  ハジロカイツブリ
7.  シロハラ
8.  コゲラ
9.  ツルマサキ 果実
10. ヤドリギ  果実

箱根PV  高橋

【仙石原】2019年12月14日(土)

 パークボランティア9人での観察です。

 冬季なので観察できるものは少なめですが、ツルリンドウの実は、全員でじっくり観察ができました。

 台風の水でえぐられた歩道はありますが、歩きなので通ることはできます。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は9度でした。



▼台風の影響
P1340704.jpg



▼フユノハナワラビ
P1340683.jpg



▼ツルウメモドキ
P1340686.jpg



▼ホタルブクロ
P1340690.jpg



▼ツルリンドウ
P1340693.jpg



▼センブリ
P1340706.jpg



▼ミツマタ
P1340708.jpg





<参考>
本日の観察ベスト 10

1 ツルリンドウ / 実
2 センブリ / 実
3 ツルウメモドキ /実
4 フユノハナワラビ / 胞子葉
5 コブシ /つぼみ
6 ホタルブクロ / 花の跡
7 ミツマタ /つぼみ
8 ツルシキミ /つぼみ、実
9 ノイバラ / 実
10 キジ /歩行


箱根PV 仙石原担当 M.S

【芦ノ湖西岸】2019年12月11日自然情報

2019年10月の台風19号の影響で、現在、湖尻水門~白浜が通行止となっているため、箱根町港~白浜箱根ビジターセンター~湖尻水門~桃源台駅での自然情報となっております。


2019年最後の自然情報、この日は週間予報では降水確率が高く不安でしたが、出発時の気温は10度と高く、天候も快晴で、富士山がくっきりと見えていました。
出発地点の箱根町港にはクリスマス直前と言うこともあるのか、ヤドリギ・アカミヤドリギに実が付いていました。

ヤドリギ ビャクダン科
実の色が黄色いものが、ヤドリギです。
ヤドリギ 20191211西岸

アカミヤドリギ ビャクダン科
実の色がオレンジっぽいものが、アカミヤドリギです。
アカミヤドリギ 20191211西岸

ヒレンジャクの大好物で実には粘り気があり、そのため糞にも粘り気があり、それを利用して木の幹や枝に引っかかることとなり、種子を付着させ頒布します。
クリスマス近いこの季節、女性はヤドリギの下でキスを求められると断ることは出来ません。
もし拒むと結婚できなくなるという伝説があり、また、拒まずに受け入れると幸せに結ばれるそうです。

春の足音が近づいてくる時期にヒレンジャクの訪れが楽しみです。

ツルリンドウの実もキレイでした。
赤い実がクリスマスのリースに似合いそうです。
とある書籍には果実酒にするとカラダに良いとの記述がありました。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ 20191211西岸

冬鳥としては、アオジとウソが今回初確認できました。

アオジ ホオジロ科
アオジ 20191211西岸

11月18日に通行止が解除された県道を歩いていました。

ウソはVC周辺エリアではありましたが、先日の行事で、この周囲でウソの目撃情報があったんだよ~なんてことを効いた直後に、「フィーフィー」と声が聞こえ、振り返ると雌がいました。

ウソ♀ アトリ科
ウソ♀ 20191211西岸

また少し歩くと雄の姿もありました。
この個体は赤が強いので、厳密に分類すると「アカウソ」でしょうか。

ウソ(アカウソ)♂ アトリ科
ウソ♂ 20191211西岸

ウソ替え神事で有名なウソです。

水鳥は12月15日の禁漁日直前ということもあり、釣り客が多いためか余り見られませんでした。
前日はカンムリカイツブリなども見られたのですが、本日は、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロのみ・・・

12月のこの時期にもまだいるんですね・・・ヤマカガシ。
1メートル強の個体がやすらぎの森を歩いていて驚きました。

ヤマカガシ ナミヘビ科
ヤマカガシ 20191211西岸

普通の個体は臆病なので、余計なことをしなければ攻撃してきません。
毒があるのは奥歯の方だという説もあります。

ミツマタの蕾も発見しましたが、オオイヌノフグリがもう咲いていたり、何故か芦ノ湖畔ではアセビが一部の木のみ花盛りだったりしました。

オオイヌノフグリ オオバコ科

オオイヌノフグリ 20191211西岸

アセビ ツツジ科

asebi 20191211西岸

11月18日に通行止解除された県道区間の台風の爪痕
19号2 20191211西岸
19号 20191211西岸

まだ他にも確認した箇所はありますが、また次回にでも紹介したいと思います。

トップ10
①ウソ 姿
②アオジ 姿
③ヤマカガシ 姿
④ツルリンドウ 果実
⑤アセビ 花
⑥オオイヌノフグリ 花
⑦ヤドリギ/アカミヤドリギ 果実
⑧ヤマホロシ 果実
⑨キンクロハジロ 姿
⑩ミツマタ 蕾

箱根PV 段





湯坂路自然情報コース 2019年12月2日(月)

今年度最後の湯坂路でした。雨の予報が出ており、せめて曇り程度を願っていましたが大雨になりそうな気配を感じわずかに歩いたのみにて終了しました。箱根では12種のバラ科キイチゴ属が記録されていますが湯坂路ではこれまでに8種を観察していました。そこで今回はこの仲間を探して歩き6種を観察しました。

バライチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
茎には細い鉤型の棘があり、葉は羽状複葉で小葉の葉先は鋭くとがっています。葉の縁には細かい鋸歯があります。今回は花が見られませんでしたが枝先に4cmほどの大きな白い花を上向きにつけます。よく似たクサイチゴには茎に軟毛があります。
バライチゴ湯坂路191202

ニガイチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
枝は粉白色を帯び細い棘が沢山見られます。葉は卵形であさく3裂していますが切れ込がないこともあります。葉の裏面は粉白色です。花は白く上向きに咲きます。
ニガイチゴ湯坂路191202

クマイチゴ  (バラ科 キイチゴ属))
茎が名前は熊が好んで食べるところから付けられと言われています。茎に太めの棘があります。葉は広い卵形で3~5浅裂し先は尖り、縁に鋭い鋸歯がある。花は枝先に数個付きます。
クマイチゴ湯坂路191202

エビガライチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
 茎が蔓状になり、紫赤色の腺毛が密生しています。夏に総状花序の淡紅紫色の花を付けますが湯坂路ではまだ花の咲いたのを見ていません。
エビガライチゴ湯坂路191202

シダ  (前葉体と子葉)
 やや湿った土手に色々な段階のシダが見られます。時間をかけて観察したいものです。ウラジロになりそうなシダも見られました。
シダ前葉体湯坂路191202

ヒメノキシノブ  (ウラボシ科 ノキシノブ属)
イロハモミジの幹に着生していました。雨の中で緑が美しく生き生きして見えました。幹のくぼみには水が流れていました。
ヒメノキシノブ湯坂路191202

イロハモミジに太いチエ-ンが食い込んで痛々しく見えました。何年も歩いた湯坂路ですがこの姿に気が付いたのは全員、初めてでショックを受けました。チエ―ンは何年前の外し忘れたのでしょうか?
イロハモミジ湯坂路191202

《本日のトップ10》
①バライチゴ (葉)
②ニガイチゴ (葉)
③クマイチゴ (葉)
④モミジイチゴ (葉)
⑤エビガライチゴ (葉)
⑥クサイチゴ (葉)
⑦ツルリンドウ (果実)
⑧トウゲシバ (胞子膿)
⑨ノガリヤス (果実)
⑩シダの前葉体
                   箱根PV 山本