FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年9月28日

秋晴れで観察会日和、ビジター8名、パークボランティア13名でミニ観察会をスタートしました。観察テーマは、「秋の木の実の観察」です。種子あるいは果実には、広く散布するために様々な構造や仕組みがありますが、今回は主に動物に食べられて散布される種子を持つ果実を観察しました。

ミツバアケビ(アケビ科)
ミツバアケビの紫色の果実
秋に熟し始めた果実は、紫色の果皮が縦に裂けて果肉が見えてきます。種子は甘い滑らかな果肉に包まれており、果肉は動物たちのご馳走になり、種子はその動物たちに途中まで運んでもらいます。

ミツバアケビの種子
ミツバアケビの種子(エライオソーム)
途中まで運ばれた種子は、その後にどのようになるのか、果肉を取り除いた種子を観察しました。黒い種子の右上側の白い部分がエライオソームといい、アリの幼虫の餌になるためアリが運んでいきます。残った種子は巣の周辺に捨てられそこから発芽します。

クサギ(クマツヅラ科)
クサギの花と果実
秋になると厚みがある萼が赤い星形に開き、濃藍色の果実がブローチのように輝くようになります。クサギは赤と藍の二色効果で野鳥の目を引いて、種子を運んでもらいます。

エゴノキ(エゴノキ科)
エゴノキの果実
秋になると果皮は乾いてすっぽり脱げ、硬い種子がむき出しになりヤマガラを誘います。ヤマガラは種子を食べる一方、運んで土に埋めて蓄えますが、食べ残した種子が発芽します。

エゴノキの果実の効果
エゴサポニンの実験
若い果実の果皮はエゴサポニンを含むので、昔の農山村では石鹸の代用としたそうです。石鹸のように泡立つのか試してみました。小瓶に水と傷をつけた果実を3つ入れ振り混ぜると! 本当に泡立ちました。エゴサポニンには界面活性作用があることがわかりました。

サルナシ(マタタビ科)
サルナシ
果実は、哺乳類の発達した嗅覚を刺激する芳香を持ち、果実摂食による種子散布を狙っています。果実はキウイに似て美味ですが、果肉中のタンパク質分解酵素が食べる量を制限させ、種子の分散に役立っているそうです。

ミズキ(ミズキ科)
ミズキの果実
ミズキは、赤い珊瑚のような目立つ枝と黒く熟した果実で多くの野鳥たちを誘います。幹から階段状に出て水平に広がる枝の先に上向きにつく無数の果実は、野鳥たちには、きっとご馳走がならんだテーブルのように見えるのでしょう。

アキアカネ(トンボ科)
シオカラトンボ(雌)
ミズキの果実の観察が終わり一息つくと、ミズキの枝にまだ赤く色づかない未成熟のアキアカネの雌がやってきました。久しぶりの晴天の秋空の中で昆虫たちに出会うと、なんとはなくホットした気分になります。

キンケハラナガツチバチ(ツチバチ科)
キンケハラナガツチバチ
全身に黄色い毛が生えて、腹部が長いツチバチなのでキンケハラナガツチバチといいます。タイアザミに雄の姿を見つけました。口吻が短いのか頭状花序に頭部を押し付け、懸命に食事をしている姿が面白く、時間が経つのを忘れそうでした。

コアカソミトゲフシ(虫えい)
コアカソミトゲフシ
アカソの仲間にタマバエが形成した虫えいを見つけました。この虫えいは9月上旬には成熟し、虫えい内にはタマバエの3齢幼虫が存在します。これから虫えいは茎から離れ、地面に落下をして冬を迎えます。

トップ10
1.エゴノキ(果実)
2.クサギ(果実/花)
3.ミズキ(果実)
4.ミツバアケビ(果実)
5.ヤマボウシ(果実)
6.キントキヒゴタイ(花)
7.ホトトギス(花)
8.カケス(野鳥)
9.アキアカネ(昆虫)
10.コアカソミトゲフシ(虫えい)

箱根PV 小川(治)


スポンサーサイト

芦ノ湖東岸自然情報コース 2018年9月22日


 本日は、朝方の濃霧から始まり目まぐるしく天候が変わるなかで
雨具をつけたり外したりと何とも忙しい一日となりました。
そんななかでも、お目当てのひとつであるホトトギスの群落に出会え、
又、駒ヶ岳山頂では太陽が顔をだしてくれ、ハコネギク、ハコネアザミ
やハコネトリカブト等を楽しめるという嬉しい誤算がありました。 
一方、気になるのは、毎秋、神山通りの両側に競うほどに咲いていた
アザミ類が激減している事とムカゴイラクサが例年になく多いこと。
 
来月は青空の下での観察日和となりますように!
 



ホトトギス(ユリ科・ホトトギス属)
今年も出会えました。ホトトギスの群落です。
数年前ほどの勢いがないのは寂しいですが神山通りの一部は
ホトトギス街道と化します。

9月下旬の東岸歩きの楽しみのひとつです。

ホトトギス

ホトトギス


ゲンノショウコ(フウロソウ科・フウロソウ属)
下痢止めの民間薬として有名で、飲むとすぐの薬効がある
ので 「現の証拠」。
蒴果が熟すと五裂し裂片が巻き上がって種子を散布するのは
フウロソウ属の特徴です。
その姿が神輿の屋根に似ているのでゲンノショウコの別名は
「ミコシグサ」です。
花の色は白~紅色ですが、紅色は関西地方が多いようです。

ゲンノショウコ


ノコンギク(キク科・シオン属)
山野のどこにでも普通に見られる野菊ですが。
冠毛が美しくて、、、思わずパチリ!

ノコンギク


ヤクシソウ(キク科・オニタビラコ属)
日当たりのよい場所が大好きな二年草のヤクシソウは夏の終り頃
から晩秋まで、道路脇にも出現し黄色の花をたくさん咲かせるの
でめだちます。
ヤクシソウ(薬師草)の名の云われは諸説あります。
1、根生葉が薬師如来の光背に似ている。
2、初めて発見されたのが薬師堂のそば。
3、、薬用にされた。

ヤクシソウ


*~*~*~ ここから駒ヶ岳山頂の植物 ~*~*~*

ハコネトリカブト(キンポウゲ科・トリカブト属)
茎が弓型になるヤマトリカブトが風の強い風衝地では茎
を長くのばすことができずに直立してコンパクトな花序を
つけたものとされます。花序がつまって青紫色の花が
密集して咲く姿は美しく魅力的です。
初秋の駒ヶ岳を彩り、ファンが多い植物ですが個体数を
減らしているのが心配です。

ハコネトリカブト


ハコネギク(キク科・シオン属)
箱根を代表する植物です。
8月初旬から咲いていたハコネギクは今も私達の目を
楽しませてくれています。
総苞が粘ることも特徴のひとつです。
山頂では、白花の他に薄紫色の花も見られます。

ハコネギク


ハコネアザミ(キク科・アザミ属)
トネアザミ(タイアザミ)の変種と言われ、駒ヶ岳山頂の
ような風衝地に生育します。
比較的背丈が低く頭花が固まってつくのが特徴です。
また、葉先も棘もトネアザミよりもとがる傾向にあると
言われます。

ハコネアザミ



      *~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ススキ揺れる湖尻港

芦ノ湖


ツルシキミ(ミカン科・ミヤマシキミ属)
ついこの間まで緑色だった果実が色づき始めました。
シキミの名はついていますがシキミ(樒)とは別物です。

ツルシキミ

ツルシキミ


ムカゴイラクサ(イラクサ科・ムカゴイラクサ属)
葉腋にムカゴ(珠芽)ができるのが特徴のイラクサです。
この時期は赤いムカゴが目立ちます。多年草。
茎や葉に刺毛があるので、うっかり触るとひどい目にあいます。

写真には雄花、雌花、ムカゴ(下部の赤部)が写っています。

ムカゴイラクサ


ホソバテンナンショウ(サトイモ科・テンナンショウ属)
仏炎苞という不思議な形をしているテンナンショウ(天南星)の
仲間です。
ホソバテンナンショウは葉が2枚で花序は葉よりも上に位置する
ことで他の仲間と見分けがつきます。

雌花序は成熟すると赤くなります。
写真の株は成熟途中と見受けます。

ホソバテンナンショウ


シュウブンソウ(キク科・シュウブンソウ属)
ヤブタバコ(ガンクビソウ属)に大変よく似ていますが比べると
全体的に小ぶりです。
双方とも、茎は途中で止まり2~4個の枝を横にのばすので
見分けがつきにくいですが、花で見分けられます。
シュウブンソウはれっきとした舌状花が二列に並び、一方、
ヤブタバコの頭花には舌状花はありません。

シュウブンソウ


ツルデンダ(オシダ科・イノデ属)
湿った岩壁に、つる先から着床し子株を増やして群生する小さな
シダです。
デンダとはシダのことで北海道から九州まで広く分布しています。

ツルデンダ


本日のトップ10
1、ホトトギス
2、ハコネトリカブト
3、ハコネギク
4、ハコネアザミ
5、ウツボグサ
6、アキノウナギツカミ

(担当 PV藤城)

大湧谷(姥子往復)2018年9月15日(土)

初秋の柔らかな雨が降り注ぐ中、ビジターセンターを出発。足元に注意して姥子へと続く石畳を登り、駅ナカを通り抜け、金太郎岩展望台、金太郎岩横を通り、無事戻ってきました。雨の日は晴天では見られない風景が見られ、特に水滴をつけた植物や蜘蛛の巣が、宝石の様に輝いて見えます。

アカネ(アカネ科)は、根が乾燥すると赤くなるのでその名があります。棘で他の植物を使い這い上がります。
アカネ大涌谷

ミツバアケビ(アケビ科)は、自らのつるを他の植物に絡めて成長します。間も無く実が熟します。
アケビ大涌谷

センニンソウ(キンポウゲ科)は、葉柄を他の植物に絡め成長してゆきます。花は終わり、種になっています。
センニンソウ大涌谷

ツタウルシ(ウルシ科)は、付着根を出して他の植物などに絡んで、這い上がります。紅葉してきました。
ツタウルシ大涌谷

タイアザミ(キク科)にホシホウジャク(スズメガ科)らしき蛾が、蜜を吸いに来ていました。
タイアザミ大湧谷

ヒメシャラ(ツバキ科)の幹は雨天時は一層輝き、美しさを増します。
ヒメシャラ大涌谷

久しぶりに見る事が出来たミゾソバ(タデ科)です。ピンク色の花が可愛らしい。
ミゾソバ大涌谷

船見岩近くでハイメドハギ(マメ科)の花が咲いていました。雨にぬれて綺麗です。
ハイメドハギ大湧谷

ヤマボウシ(ミズキ科)の実が豊作です。熟すにはもう少しの時が必要です。
ヤマボウシ大湧谷

今年はオミナエシ(オミナエシ科)が見事です。毎年咲き誇ってもらいたいです。
オミナエシ大湧谷

本日のTOP10
1 ガマズミ(実)
2 オミナエシ(花)
3 サワヒヨドリ(花)
4 ワレモコウ(花)
5 クサボケ(実)
6 ハイメドハギ(花)
7 ツチアケビ(実)
8 モミジガサ(花)
9 ヤマボウシ(実)
10 カケス

PV青山

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年9月14日

秋雨前線が停滞して朝から雨模様、熱心なビジター3名とパークボランティア11名で観察会をスタートしました。今日のコースは、花の広場から芦ノ湖キャンプ場、白百合台園地を経由してビジターセンターに戻る長い道のりでしたが、カッパに傘で雨を防御して自然観察を堪能しました。

シキミ(マツブサ科シキミ属)
P9140222シキミ
雨の中でシキミの果実が輝いていました。葉身には油点があり、傷つけると抹香の香りがします。天気の良い日に試してみてください。

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)
P9140220ツユクサ
雨に映える青色の花弁をもつツユクサの中で、ピンクの花弁をもつツユクサもひっそりと咲いていました。皆さんも探してみてください。

タムラソウ(キク科タムラソウ属)とホシホウジャク(スズメガ科)
P9140256タムラソウとホシホウジャク
雨にも関わらずホシホウジャクがタムラソウの蜜を求めてやってきました。ホーバリングして器用に吸蜜しています。タムラソウに届く細長い口吻が見えるでしょうか。

キンモンガ (アゲハモドキガ科)
P9140274キンモンガ
雨の降る中、オオバコの葉上でキンモンガが休息していました。木陰などに身を隠せば良いのにと心配しながら、そっと観察しました。

ジガバチ(アナバチ科)
IMG_6886ミカドジガバチ
こちらの広場では、雨の中、顎で体を固定して昼寝をするジガバチの姿が見られました。雨を気にするのは人間だけなのでしょうか。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
P9140308ツリフネソウ
ツリフネソウが群生していましたが、ここではハナバチの仲間を見ることができませんでした。雨がやまないのでハナバチの仲間は、どこかで休息しているのでしょうか。

ツリフネソウハオレタマゴフシ (虫えい)
P9140309ツリフネソウハオレタマゴフシ
ツリフネソウの葉には、ツリフネソウコブアブラムシが桃赤色のきれいな虫えいを形成し、この中でアブラムシが成長していきます。この虫えいは、例年9月いっぱい見ることができます。

ツルニンジン(キキョウ科ツルニンジン属)
P9140281ツルニンジン
長いコースを散策していると思わぬところでツルニンジンを見つけることができます。花は側枝の先に下向きにつきますが、白緑色で内側に紫褐色の斑点があるのが判るでしょうか。

スズメウリ(ウリ科スズメウリ属)
P9140292スズメウリ
名称は、カラスウリに対して果実が小さいのでスズメウリという説や、果実をスズメの卵にみたててスズメウリなどの諸説があります。本当に可愛い果実ですね。

ホトトギス(ユリ科ホトトギス属)
P9140338ホトギス
コースの終盤にホトトギスの花が疲れを癒してくれました。最後まで雨が降り続けましたが、雨の日特有の自然が観察でき、有意義な時間を過ごすことができました。

トップ10
1.シキミ(果実)
2.スズメウリ(果実)
3.タムラソウ(花)
4.ツユクサ(花)
5.ツリフネソウ(花)
6.ツルニンジン(花・蕾)
7.ホットギス(花)
8.キンモンガ(昆虫)
9.オナガグモ(クモ)
10.ハクセキレイ(野鳥)

PV 小川(治)

金時山自然情報 2018年9月13日

 麓ではタマアジサイが未だ咲いていました。ガンクビソウも見られ、ミズヒキは実の状態でした。目立ったのはコチヂミザサとモミジガサで沢山咲いていました。林道の交差点付近ではイタドリの花が咲き乱れ、アオハナムグリなどの虫が吸蜜していました。公時宿り石にはイワギボウシが渋い紫色の花を咲かせていました。山地谷沿いの湿った岩の上に生えるとは正にこの通りです。明神岳に向かう分岐点周辺ではヤマボウシの実が赤くなり初め、渋い紫色のクサボタンが咲いていました。クサボタンは蕾が多く、これからが見頃でしょう。長尾山の手前でハンカイシオガマを見つけました。全体が壮大なのを中国の豪傑の樊噲(はんかい)にたとえてとか。この花も紫色が入っています。秋の花は紫色が多い気がします。

キントキシロヨメナ
シロヨメナの中にキントキシロヨメナらしきものを見かけました。特長は小型で直立し、葉が茎の下に集まり、茎に開出毛が多いののですが、なかなかシロヨメナとの区別は難しいです。
キントキシロヨメナ金時180913

ツルニンジン
名前の由来は根が太く、高麗人参の根に似ているから。その昔、高麗人参の栽培を試みたが上手くいかず、高麗人参の根に似たものを探し、××ニンジンとつけられたものが沢山あります。
ツルニンジン金時180913

クサボタン
明神との分岐点付近で沢山咲いていました。名前の由来は葉が牡丹に似ていて、下部が木化していることによる。
クサボタン金時180913

ハンカイシオガマ
ハンカイ(樊噲)は中国の漢の時代の武将。草の容姿が壮大なので例えたようです。
ハンカイシオガマ金時180913

ホトトギス
花は枝に1列に並び先端から咲いていくようです。名前の由来は花びらにある紫色の班紋が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることによる。
ホトトギス金時180913

イワギボウシ
公時宿り石に沢山咲いていました。名前の由来は岩上に生えるギボウシということから。確かに岩に咲いていました。
イワギボウシ金時180913

サルナシ
果実はキューウィーに似ているが、毛がなく小さい。動物、特にニホンザルが好んで食べ種子散布する。
サルナシ金時180913

ヤマボウシ
果実は赤かくなり始めていました。葉より上に果実が飛び出ている形は動物に食べてくださいと言っているに見えます。
ヤマボウシ金時180913

オトコヨウゾメ
明神との分岐点付近にありました。赤い果実は目立ちます。ヨウゾメはカマズミの地方名。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたようです。
オトコヨウゾメ金時180913

サンショウ
乙女峠付近で見かけました。赤い実をつけていました。イヌザンショウとの違いは棘の付き方による。サンショウは対生、イヌザンショウは互生。
サンショウ金時180913

本日のトップ10
1.キントキシロヨメナ(花)
2.ツルニンジン(花)
3.クサボタン(開花)
4.ハンカイシオガマ(花)
5.ホトトギス(花)
6.イワギボウシ(満開)
7.サルナシ(果実)
8.ヤマボウシ(果実)
9.サンショウ(果実)
10.エナガ(野鳥、枝渡り)

箱根PV 原田
続きを読む

9月12日芦ノ湖西岸コース

8月の自然情報収集から2週間、あまり変化はないであろうと思っていましたが、
景色は変わっていました。
久々に富士山に見送られて西岸コーススタート。

出発


まだまだ健在、ハコネシロカネソウ。



DSC_244100.jpg


きちんとスカートをはいている、ヤマホトトギス。

ヤマホトトギス


スカートがめくれていたので、ミヤジノホトトギスかと思いましたが違うらしい。
西岸ホトトギスとでも名付けましょうか。

?


狐にアザミとだまされたのでキツネアザミ
キク科キツネアザミ属

キツネアザミ

モミジガサも多かったです。

momijigasa_201809190844427c7.jpg


美味しそうなタマゴダケ


DSC_24701_20180919084441a58.jpg


白タマゴテングダケ?

DSC_24690.jpg

2週間経過するだけでも景色が一変していました。

次回はホトトギスを楽しみにしています。

箱根PV 段












【仙石原】2018年09月08日(土)→雨天中止

 2018年09月08日(土)の仙石原コースの自然情報観察は、雨天中止となりました。



<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S

湯坂路自然情報コース 2018年8月27日

今年は8月6日と27日に2回の生情報を計画しました。この間の移り変わりは大きいものでした。あれほど見事に目立っていた大型のシシウドや沢山集まっていた昆虫はすっかり姿を消していました。すでに秋の訪れを告げてオミナエシやツルリンドウドウが咲いていました。

アマチャヅル (ウリ科 アマチャヅル属)
 日陰で見られる多年草のつる植物。昨年、特徴のある果実を観察していた場所に小さな花が咲いていました。雌雄異株のアマチャヅルの葉には甘みがあり薬草として利用され一時少なくなったことがありました。
アマチャヅル湯坂路180827

イヌトウバナ   (シソ科 トウバナ属)
 シソ科の植物は茎が四角です。湯坂路では何種類ものシソ科の植物が観察できます。次回はイヌコウジュやヒメジソなどが観察できそうです。
イヌトウバナ湯坂路180827

アリノトウグサ  (アリノトウグサ科  アリノトウグサ属)
 尾根道の日当たりの良いところに生えている多年草。小さな花を果実と見分けると面白いです。名前は花を小さな蟻に見立ててつけられたようです。
アリノトウグサ湯坂路180827

オミナエシ  (オミナエシ科  オミナエシ属)
 オトコエシより優しい感じから付けられた名前のオミナエシ。秋の七草の一つ。ススキの中に黄色が目立ちます。花色は黄色がオミナシでオトコエシは白色です。湯坂路では両方が見られます。果実には翼が見られ、オトコエシには翼がありません。
オミナエシ湯坂路180827

ヤマノイモ  (ヤマノイモ科  ヤマノイモ属)
 つる植物の多年草。葉はハート形で先がとがる。雌花は下向きに子房下位で雄花は上向きの白い花でどちらも花被片は開かず球状に見えます。葉腋につくムカゴは腋芽が伸びずに栄養を蓄えたもののようです。
オニドコロ湯坂路180827

ツルリンドウ   (ツルンドウ科  ツルリンドウ属)
 日差しを避けて樹林下で昼食をした脇に咲いていました。花より赤紫色の果実が目立ちます。花は淡紫色の筒形で花冠の先が5つに裂けていて間に副片があります。これから花や果実が観察できます。
ツルリンドウ湯坂路180827

コチヂミザサ  (イネ科  チヂミザサ属)
 里ではケチヂミザサをよく見ますが箱根では毛が目立たないコチヂミザサが多く見られ茎は地を這って広がり葉は波打っています。紫色の長い第一包頴が粘ります。
コチヂミザサ湯坂路180827

ノブキ  (キク科  ノブキ属)
 やや暗い樹林下に生えています。フキに似た葉の茎には翼があります。花はをよく見ると外側の筒状花は雌花で中心部の筒状花が雄花でです。果実には腺毛があり秋に近くを通るとズボンの裾などに付くことがあります。
ノブキ湯坂路180827

ヤマハギ  (マメ科  ハギ属)
 多くの枝を根元から出す小低木。花序は葉より長く出して咲きます。鷹ノ巣山の周辺ではマルバハギとヤマハギが見られますがマルバハギは少ないです。秋の七草のひとつです。
ヤマハギ湯坂路180827

ハンゴンソウ   (キク科  キオン属)
 葉は深く切れ込み互生しています。花は黄色の舌状花と頭状花があり、多 くの花が集まっています。湯坂路では急な坂を下るときに見られます。 反魂草は幽霊の手に見立ててた大きな葉で死者をあの世から呼び戻すと言われている。
ハンゴンソウ湯坂路180827

ゲンノショウコ  (フウロウソウ科 フウロウソウ属)
 湯坂路では白色の花が多く見られますが今回は赤色の花がいつもの場所に咲いていました。茎は地を這っています。葉は互生し掌状に切れ込んでいます。西日本には赤い花が多く、東日本では白色の花が多いと言われています。
ゲンノショウコ湯坂路180827

タマゴタケ   (テングタケ科)
 幼菌の時は白い幕に覆われていて卵型で育ってくると膜の上部が破れて赤い傘が現われる、シイ、ナラ、ブナ、モミなどの樹林下に見られます。 やはり秋を感じるキノコです。
タマゴタケ湯坂路180827

イチモンジセセリ  (セセリチョウ科)
 秋になるとこの蝶に良く出会います。目が大きくてとても愛らしいです。もう一種類のセセリ蝶の仲間にも出会えましたが同定できませんでした。
イチモンジセセリ湯坂路180827

今月のトップ10
1、シラヤマギク
2、ツルリンドウ
3、タテヤマギク
4、ホソエアザミ
5、オミナエシ
6、ヤマホトトギス
7、ミズタマソウ
8、イトハナビテンツキ
9、スジクワガタ
10、タマゴタケ
                  
報告者 : 山本

FC2Ad