FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年9月14日

秋雨前線が停滞して朝から雨模様、熱心なビジター3名とパークボランティア11名で観察会をスタートしました。今日のコースは、花の広場から芦ノ湖キャンプ場、白百合台園地を経由してビジターセンターに戻る長い道のりでしたが、カッパに傘で雨を防御して自然観察を堪能しました。

シキミ(マツブサ科シキミ属)
P9140222シキミ
雨の中でシキミの果実が輝いていました。葉身には油点があり、傷つけると抹香の香りがします。天気の良い日に試してみてください。

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)
P9140220ツユクサ
雨に映える青色の花弁をもつツユクサの中で、ピンクの花弁をもつツユクサもひっそりと咲いていました。皆さんも探してみてください。

タムラソウ(キク科タムラソウ属)とホシホウジャク(スズメガ科)
P9140256タムラソウとホシホウジャク
雨にも関わらずホシホウジャクがタムラソウの蜜を求めてやってきました。ホーバリングして器用に吸蜜しています。タムラソウに届く細長い口吻が見えるでしょうか。

キンモンガ (アゲハモドキガ科)
P9140274キンモンガ
雨の降る中、オオバコの葉上でキンモンガが休息していました。木陰などに身を隠せば良いのにと心配しながら、そっと観察しました。

ジガバチ(アナバチ科)
IMG_6886ミカドジガバチ
こちらの広場では、雨の中、顎で体を固定して昼寝をするジガバチの姿が見られました。雨を気にするのは人間だけなのでしょうか。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
P9140308ツリフネソウ
ツリフネソウが群生していましたが、ここではハナバチの仲間を見ることができませんでした。雨がやまないのでハナバチの仲間は、どこかで休息しているのでしょうか。

ツリフネソウハオレタマゴフシ (虫えい)
P9140309ツリフネソウハオレタマゴフシ
ツリフネソウの葉には、ツリフネソウコブアブラムシが桃赤色のきれいな虫えいを形成し、この中でアブラムシが成長していきます。この虫えいは、例年9月いっぱい見ることができます。

ツルニンジン(キキョウ科ツルニンジン属)
P9140281ツルニンジン
長いコースを散策していると思わぬところでツルニンジンを見つけることができます。花は側枝の先に下向きにつきますが、白緑色で内側に紫褐色の斑点があるのが判るでしょうか。

スズメウリ(ウリ科スズメウリ属)
P9140292スズメウリ
名称は、カラスウリに対して果実が小さいのでスズメウリという説や、果実をスズメの卵にみたててスズメウリなどの諸説があります。本当に可愛い果実ですね。

ホトトギス(ユリ科ホトトギス属)
P9140338ホトギス
コースの終盤にホトトギスの花が疲れを癒してくれました。最後まで雨が降り続けましたが、雨の日特有の自然が観察でき、有意義な時間を過ごすことができました。

トップ10
1.シキミ(果実)
2.スズメウリ(果実)
3.タムラソウ(花)
4.ツユクサ(花)
5.ツリフネソウ(花)
6.ツルニンジン(花・蕾)
7.ホットギス(花)
8.キンモンガ(昆虫)
9.オナガグモ(クモ)
10.ハクセキレイ(野鳥)

PV 小川(治)
スポンサーサイト

金時山自然情報 2018年9月13日

 麓ではタマアジサイが未だ咲いていました。ガンクビソウも見られ、ミズヒキは実の状態でした。目立ったのはコチヂミザサとモミジガサで沢山咲いていました。林道の交差点付近ではイタドリの花が咲き乱れ、アオハナムグリなどの虫が吸蜜していました。公時宿り石にはイワギボウシが渋い紫色の花を咲かせていました。山地谷沿いの湿った岩の上に生えるとは正にこの通りです。明神岳に向かう分岐点周辺ではヤマボウシの実が赤くなり初め、渋い紫色のクサボタンが咲いていました。クサボタンは蕾が多く、これからが見頃でしょう。長尾山の手前でハンカイシオガマを見つけました。全体が壮大なのを中国の豪傑の樊噲(はんかい)にたとえてとか。この花も紫色が入っています。秋の花は紫色が多い気がします。

キントキシロヨメナ
シロヨメナの中にキントキシロヨメナらしきものを見かけました。特長は小型で直立し、葉が茎の下に集まり、茎に開出毛が多いののですが、なかなかシロヨメナとの区別は難しいです。
キントキシロヨメナ金時180913

ツルニンジン
名前の由来は根が太く、高麗人参の根に似ているから。その昔、高麗人参の栽培を試みたが上手くいかず、高麗人参の根に似たものを探し、××ニンジンとつけられたものが沢山あります。
ツルニンジン金時180913

クサボタン
明神との分岐点付近で沢山咲いていました。名前の由来は葉が牡丹に似ていて、下部が木化していることによる。
クサボタン金時180913

ハンカイシオガマ
ハンカイ(樊噲)は中国の漢の時代の武将。草の容姿が壮大なので例えたようです。
ハンカイシオガマ金時180913

ホトトギス
花は枝に1列に並び先端から咲いていくようです。名前の由来は花びらにある紫色の班紋が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることによる。
ホトトギス金時180913

イワギボウシ
公時宿り石に沢山咲いていました。名前の由来は岩上に生えるギボウシということから。確かに岩に咲いていました。
イワギボウシ金時180913

サルナシ
果実はキューウィーに似ているが、毛がなく小さい。動物、特にニホンザルが好んで食べ種子散布する。
サルナシ金時180913

ヤマボウシ
果実は赤かくなり始めていました。葉より上に果実が飛び出ている形は動物に食べてくださいと言っているに見えます。
ヤマボウシ金時180913

オトコヨウゾメ
明神との分岐点付近にありました。赤い果実は目立ちます。ヨウゾメはカマズミの地方名。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたようです。
オトコヨウゾメ金時180913

サンショウ
乙女峠付近で見かけました。赤い実をつけていました。イヌザンショウとの違いは棘の付き方による。サンショウは対生、イヌザンショウは互生。
サンショウ金時180913

本日のトップ10
1.キントキシロヨメナ(花)
2.ツルニンジン(花)
3.クサボタン(開花)
4.ハンカイシオガマ(花)
5.ホトトギス(花)
6.イワギボウシ(満開)
7.サルナシ(果実)
8.ヤマボウシ(果実)
9.サンショウ(果実)
10.エナガ(野鳥、枝渡り)

箱根PV 原田
続きを読む

9月12日芦ノ湖西岸コース

8月の自然情報収集から2週間、あまり変化はないであろうと思っていましたが、
景色は変わっていました。
久々に富士山に見送られて西岸コーススタート。

出発


まだまだ健在、ハコネシロカネソウ。



DSC_244100.jpg


きちんとスカートをはいている、ヤマホトトギス。

ヤマホトトギス


スカートがめくれていたので、ミヤジノホトトギスかと思いましたが違うらしい。
西岸ホトトギスとでも名付けましょうか。

?


狐にアザミとだまされたのでキツネアザミ
キク科キツネアザミ属

キツネアザミ

モミジガサも多かったです。

momijigasa_201809190844427c7.jpg


美味しそうなタマゴダケ


DSC_24701_20180919084441a58.jpg


白タマゴテングダケ?

DSC_24690.jpg

2週間経過するだけでも景色が一変していました。

次回はホトトギスを楽しみにしています。















湯坂路自然情報コース 2018年8月27日

今年は8月6日と27日に2回の生情報を計画しました。この間の移り変わりは大きいものでした。あれほど見事に目立っていた大型のシシウドや沢山集まっていた昆虫はすっかり姿を消していました。すでに秋の訪れを告げてオミナエシやツルリンドウドウが咲いていました。

アマチャヅル (ウリ科 アマチャヅル属)
 日陰で見られる多年草のつる植物。昨年、特徴のある果実を観察していた場所に小さな花が咲いていました。雌雄異株のアマチャヅルの葉には甘みがあり薬草として利用され一時少なくなったことがありました。
アマチャヅル湯坂路180827

イヌトウバナ   (シソ科 トウバナ属)
 シソ科の植物は茎が四角です。湯坂路では何種類ものシソ科の植物が観察できます。次回はイヌコウジュやヒメジソなどが観察できそうです。
イヌトウバナ湯坂路180827

アリノトウグサ  (アリノトウグサ科  アリノトウグサ属)
 尾根道の日当たりの良いところに生えている多年草。小さな花を果実と見分けると面白いです。名前は花を小さな蟻に見立ててつけられたようです。
アリノトウグサ湯坂路180827

オミナエシ  (オミナエシ科  オミナエシ属)
 オトコエシより優しい感じから付けられた名前のオミナエシ。秋の七草の一つ。ススキの中に黄色が目立ちます。花色は黄色がオミナシでオトコエシは白色です。湯坂路では両方が見られます。果実には翼が見られ、オトコエシには翼がありません。
オミナエシ湯坂路180827

ヤマノイモ  (ヤマノイモ科  ヤマノイモ属)
 つる植物の多年草。葉はハート形で先がとがる。雌花は下向きに子房下位で雄花は上向きの白い花でどちらも花被片は開かず球状に見えます。葉腋につくムカゴは腋芽が伸びずに栄養を蓄えたもののようです。
オニドコロ湯坂路180827

ツルリンドウ   (ツルンドウ科  ツルリンドウ属)
 日差しを避けて樹林下で昼食をした脇に咲いていました。花より赤紫色の果実が目立ちます。花は淡紫色の筒形で花冠の先が5つに裂けていて間に副片があります。これから花や果実が観察できます。
ツルリンドウ湯坂路180827

コチヂミザサ  (イネ科  チヂミザサ属)
 里ではケチヂミザサをよく見ますが箱根では毛が目立たないコチヂミザサが多く見られ茎は地を這って広がり葉は波打っています。紫色の長い第一包頴が粘ります。
コチヂミザサ湯坂路180827

ノブキ  (キク科  ノブキ属)
 やや暗い樹林下に生えています。フキに似た葉の茎には翼があります。花はをよく見ると外側の筒状花は雌花で中心部の筒状花が雄花でです。果実には腺毛があり秋に近くを通るとズボンの裾などに付くことがあります。
ノブキ湯坂路180827

ヤマハギ  (マメ科  ハギ属)
 多くの枝を根元から出す小低木。花序は葉より長く出して咲きます。鷹ノ巣山の周辺ではマルバハギとヤマハギが見られますがマルバハギは少ないです。秋の七草のひとつです。
ヤマハギ湯坂路180827

ハンゴンソウ   (キク科  キオン属)
 葉は深く切れ込み互生しています。花は黄色の舌状花と頭状花があり、多 くの花が集まっています。湯坂路では急な坂を下るときに見られます。 反魂草は幽霊の手に見立ててた大きな葉で死者をあの世から呼び戻すと言われている。
ハンゴンソウ湯坂路180827

ゲンノショウコ  (フウロウソウ科 フウロウソウ属)
 湯坂路では白色の花が多く見られますが今回は赤色の花がいつもの場所に咲いていました。茎は地を這っています。葉は互生し掌状に切れ込んでいます。西日本には赤い花が多く、東日本では白色の花が多いと言われています。
ゲンノショウコ湯坂路180827

タマゴタケ   (テングタケ科)
 幼菌の時は白い幕に覆われていて卵型で育ってくると膜の上部が破れて赤い傘が現われる、シイ、ナラ、ブナ、モミなどの樹林下に見られます。 やはり秋を感じるキノコです。
タマゴタケ湯坂路180827

イチモンジセセリ  (セセリチョウ科)
 秋になるとこの蝶に良く出会います。目が大きくてとても愛らしいです。もう一種類のセセリ蝶の仲間にも出会えましたが同定できませんでした。
イチモンジセセリ湯坂路180827

今月のトップ10
1、シラヤマギク
2、ツルリンドウ
3、タテヤマギク
4、ホソエアザミ
5、オミナエシ
6、ヤマホトトギス
7、ミズタマソウ
8、イトハナビテンツキ
9、スジクワガタ
10、タマゴタケ
                  
報告者 : 山本

FC2Ad