FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年7月27日

今まで経験のない暑さが続いていましたが、今日は21℃と過ごしやすい温度でした。ビジター13名、PV9名でした。夏休み入っての観察会のためか親子連れの参加がありました。お子さんは捕虫網、虫かごを持っての参加です。今日のテーマはタマアジサイとネムノキです。タマアジサイは咲き始めの状況で蕾も沢山あり、これから次々に咲き10月まで目を楽しませてくれるでしょう。ネムノキは咲き終わりの状況でした。オオシマザクラ、ヤマザクラ、コブシの冬芽が出ていました。夏に冬芽の観察とはこれ如何にですが、夏の間に栄養を蓄えて冬を越す準備は始まっているのでしょう。

タマアジサイ
ビジター周辺には沢山あります。アジサイの仲間ではもっとも花期が遅く、箱根では10月頃まで花が見られる。花には蜜はなく、花粉を食べにヨツスジハナカミキリ、マルハナバチ等の昆虫が集る。
タマアジサイVC180727

ネムノキ
VCでは花の広場、学習路などにあります。夜になると葉が垂れ下がり、小葉は閉じてしまう(就眠運動)ので合歓木。花は夕方から咲き、ほのかな香りを放ち、スズメガ等の昆虫を誘う。
ネムノキVC180727

小葉が閉じたネムノキ
ネムノキ就眠VC180727

ヒメヤブラン
VCの外のトイレ近くの芝生に群生していました。ランの名前があってもラン科ではなく、ユリ科です。花は淡い紫色で上向きに咲く。
ヒメヤブランVC180727

ヤマユリ
神奈川県の県花。日本特産のユリで、山中に自生することから「山ユリ」。強い香りを放ちアゲハチョウなどを誘う。蜜を吸う時に翅を開閉するタイミングで花粉が付く。雄しべは花粉がチョウの翅につきやすい構造になっている。
ヤマユリVC180727

コマツナギ
日本原産の植物。草のように見えるが、じつは木本。葉か奇数羽状。名前の由来は茎が馬をつなげるほど丈夫ということから。
コマツナギVC180727

ヌスビトハギ
一株ほど咲いていました。ヌスビトとは不名誉な名前を付けられたものです。実の形が盗人の足跡に似ていることから。実になったらよく見てください。メガネなど色々な形に見えます。
ヌスビトハギVC180727

ミツバアケビ
青い実がなっていました。これから熟してはち切れるのでしょう。テン等の動物がよく食べます。
ミツバアケビVC180727

リョウブ
花が満開です。官令により植栽を命じたことが名前の由来。別名「ハツモリ」は「旗積り」、「畑積り」、「旗積り」。「旗積り」は花の咲く景観を、百千万の旗が翻っているように見立てたことから。
リョウブVC180727

ヤブデマリ
実も赤いが花序の枝も赤くなっています。見事な色です。10月頃赤くなるがもう赤くなっています。完全に熟すと果実は黒くなる。
ヤブデマリVC180727

フクラスズメの幼虫
名前はスズメですが鳥ではなく蛾です。コアカソにいました。毒を持っているような色彩だが毒は持ってない。この幼虫は面白い習性を持っている。指などで刺激を与えると「頭突き」で反撃してくる。見つけたらやってみてください
フクラスズメ幼虫VC180727

本日のトップ10
1.タマアジサイ       開花
2.コマツナギ        開花
3.ヒメヤブラン       満開
4.ヤマユリ         満開
5.ヌスビトハギ       開花
6.ネムノキ          咲き終わり
7.ミツバアケビ       青い果実
8.ホオジロ          囀り
9.オオセンチコガネ    歩行
10.ツマグロヒョウモン   飛翔
    
箱根PV  原田
スポンサーサイト

大涌谷(姥子往復)自然情報 2018年7月21日

毎日の厳しい暑さに参ってしまいます。
この日の箱根ビジターセンター付近の気温も、10時の時点で30℃ありましたが、木陰に入ると涼しく感じ、時折吹くさわやかな風と、ヒグラシの鳴き声が心地良く、夏の自然観察ができました。


金太郎岩展望台付近の探勝路
金太郎岩展望台~姥子
ヒグラシの鳴き声が響きます。


チダケサシ (ユキノシタ科チダケサシ属)
チダケサシ
傷を付けると乳白色の液を出す「乳茸」というキノコを、この植物の茎に刺して持ち帰ったことからこの名前が付いたそうです。
わざわざ、この植物の茎を選んで刺していたのでしょうか。

ツチアケビ (ラン科ツチアケビ属)
ツチアケビ2
金太郎岩展望台~姥子駅に向かう途中で。
背丈が50cm程もあり、たくさん花を咲かせていました。

オカトラノオ (サクラソウ科オカトラノオ属)
オカトラノオ1
白い穂が横になびくように咲いています。
星形の小さな花がびっしりと集まっていて、つぼみの状態もかわいいです。

ヒメヤブラン (ユリ科ヤブラン属)
ヒメヤブラン
草丈が低く目立ちませんが、きれいな薄紫色の花を咲かせています。
舟見岩付近の草地で見られます。

コバノフユイチゴ (バラ科キイチゴ属)
コバノフユイチゴ
夏に実が付くのにフユイチゴとは、少し違和感があります。
別名はマルバフユイチゴで、名前の通り丸い葉をしています。

ヌスビトハギ (マメ科ヌスビトハギ属)
ヌスビトハギ
ピンク色の小さな花が咲いています。実の形を盗人の足跡に見立ててこの名前が付いたそうです。実の時期にもぜひ観察してみてください。

ヤマノイモ (ヤマノイモ科ヤマノイモ属)
ヤマノイモ
ヤマノイモの根が大きくなったものが自然薯です。雄花は上向きに、雌花は下向きにつきます。小さな花はあまり開かず、白玉のようです。

タマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)
タマアジサイ
つぼみが球形で目立ちます。咲きだした花には虫が集まっていました。

コアオハナムグリ
コアオハナムグリ
よく見ると緑色の背に白い小さな斑紋があります。ノリウツギの花に群がる様子。


本日のトップ10
1. チダケサシ
2. ツチアケビ
3. シシウド
4. オカトラノオ
5. オカトラノオ
6. ヒメヤブラン
7. コバノフユイチゴ(実)
8. ヒグラシ(昆虫)
9. コアオハナムグリ(昆虫)
10. ヨツスジハナカミキリ(昆虫)

箱根PV 石塚

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年7月13日

今回のミニ観察会のテーマは、前回の「虫えいを探そう(タマバエ編)」に引き続き、「虫えいを探そう(アブラムシ・キジラミ編)」です。ビジターセンター周辺ではノリウツギを始め、オカトラノオやクサレダマなどが開花し、蝶や甲虫・ハチの仲間の元気な姿を見ることができます。その様な中で、同じ昆虫なのに普段はほとんど目にすることがないアブラムシやキジラミの仲間たちは、ユニークな形の虫えいを一所懸命に形成し始めています。今回は、そんな昆虫たちがつくる虫えいも探してビジターセンター周辺を散策してみました。

オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
オカトラノオ-3
子供の広場や花の広場では、サクラソウ科オカトラノオ属の花たちが開花しています。オカトラノオは、茎の先の総状花序に白い小さな花をいっぱいつけ、頭を垂れて昆虫たちを招待しているようでした。

クサレダマ(サクラソウ科オカトラノオ属)
クサレダマ
一所懸命きれいに咲いているのに「クサレダマ」? 漢字で「草連玉」との説明に、「クサレンダマの方がいいのに」とポツンと一言。

ヌマトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
ヌマトラノオ
オカトラノオの群生の側でヌマトラノオも群生しています。果穂を垂らさず直立し、オカトラノオとの差別化を主張しているようです。

ノリウツギ(ユキノシタ科アジサイ属)
ノリウツギ
ビジターセンター周辺を散策すると、満開のノリウツギにもすぐ出会うことができます。枝先の円錐花序にはアオハナムグリやハナカミキリなど訪花性昆虫が多く集まっています。

アケビハオレフシ(虫えい)
アケビハオレフシ
花だけでなく木本の葉にも目を向けてみましょう。ちょっと不思議?と思える虫えいを見つけることができます。この虫えいは、ベニキジラミがつくっています。ミツバアケビの小葉全体が葉表を中にして、主脈から二つに折り畳まれているので“ハオレフシ”といわれています。

ウコギハグキツトフシ(虫えい)
ウコギハグキツトフシ
この虫えいは、ウコギトガリキジラミがつくっています。ウコギの葉柄が藁苞のように形成されているので“ハグキツトフシ”です。

エゴノネコアシ(虫えい)
エゴノネコアシ
この虫えいは、エゴノネコアシアブラムシがつくっています。もともとはエゴノキの側芽なのですが、このアブラムシの刺激によって、“ネコの足先”のように形成されます。

ヌルデミミフシ(虫えい)
ヌルデミミフシ-2
この虫えいは、ヌルデシロアブラムシがまさにつくり始めたばかりで、双眼鏡で見つける必要があります。今は葉軸部に小さなふくらみしか見えませんが、秋には耳附子(みみふし)に恥じない大きさに肥大し、肉眼でも観察できるようになります。

ヒグラシ(カメムシ目セミ科)
ヒグラシ-2
自然学習路から子供の広場、そして花の広場へと散策していると、清々しいヒグラシの合唱が疲れを癒してくれます。鳴き声の方角の樹木に目を向けてみてください。きっと歌っているヒグラシの姿が見つかるはずです。


トップ10
1.オカトラノオ(花)
2.クサレダマ(花)
3.ヌマトラノオ(花)
4.ノリウツギ(花)
5.アケビハオレフシ(虫えい)
6.ウコギハグキツトフシ(虫えい)
7.エゴノネコアシ(虫えい)
8.ヌルデミミフシ(虫えい)
9.ヒグラシ(昆虫)
10.ウグイス(野鳥)

PV 小川(治)・谷上

【仙石原】2018年07月14日(土)の情報

 パークボランティア7人での観察です。

 木陰に入ると、すぐにヒグラシの鳴く声が聞こえてきました。ただ、そよ風が吹いてくるかと思っていましたが、殆ど風は無くて非常に暑かったです。

 片平の下りの道が大雨のせいか大きく削られていて歩きにくかった他、耕牧舎跡近くの側溝がえぐれているのも気になりました。

 温湯(ぬくゆ)の水温は23度、外気温は27度でした。



▼ヒグラシ
仙石原_20180714_ヒグラシ



▼タマアジサイ
仙石原_20180714_タマアジサイ



▼ホタルブクロ
仙石原_20180714_ホタルブクロ



▼ウツボグサ
仙石原_20180714_ウツボグサ



▼ハナイカダ
仙石原_20180714_ハナイカダ



▼オカトラノオ
仙石原_20180714_オカトラノオ



▼片平の雨の影響
仙石原_20180714_片平



▼耕牧舎跡近くの側溝のえぐれ
仙石原_20180714_耕牧舎



<参考>
本日の観察ベスト 10

1 ヒグラシ
2 ヤマユリ
3 ホタルブクロ
4 タマアジサイ
5 ハナイカダ
6 シロバナイナモリソウ
7 ウツボグサ
8 オカトラノウ
9 ヤマアジサイ
10 大雨の影響



<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)


箱根PV 仙石原担当 小林

 

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

7月10日芦ノ湖西岸コース自然情報収集

今回の自然情報収集は、登録メンバー3名と環境省職員1名の4名で行われました。
終始ヒグラシの合唱に癒やされましたが、途中草刈りが入っており、トチバニンジンやオオバウマノスズクサといった植物がバッサリとやられており、心が折れました。
草刈り
ヒグラシ



全区間で花盛りでした、シロバナイナモリソウは文句なしのナンバー1。
コオニヤンマやスジコガネも全区間を通して目を潤せてくれました。
kooniyannma
スジコガネ


後半では、マルバハギやヤマホトトギス、ヌスビトハギ、アキノタムラソウ、ミズヒキといったあたりが蕾から咲き始めでした。
マルバハギ
キンミズヒキ
ミズヒキ


ハコネシロカネソウは咲き残り、
クサアジサイは蕾大といった感じです。
クサジサイ

ガクアジサイで交尾する昆虫
合体

オニシバリの実は今年は付き具合がいまいちですね・・・
オニシバリ




箱根町港9:00発、キャンプ村着16:00。


ウバユリの現状。
リクエストがありましたので。
ウバユリ

トップ10
①シロバナイナモリソウ
②ハコネシロカネソウ
③スジコガネ
④コオニヤンマ
⑤クサアジサイ
⑥ヒグラシ
⑦トンボソウ
⑧チダケサシ
⑨ノリウツギ
⑩ミヤマタニソバ

箱根PV 段


駒ヶ岳  2018年7月10日

先月の情報日から半月余り。
快晴の今日、駒ヶ岳へ行って来ました。
空も山の緑も水の色もすっかり夏色です!

     

フジアカショウマ (ムクロジ科 チダケサシ属)
 フォッサマグナ要素の植物です。
 ヤマキツネノボタンと仲良く生育しています。
P7100232.jpg


3枚の駒ヶ岳山頂からの眺望
 まるで、海に浮かぶように見える沼津アルプス。
P7100219.jpg

 笹原の向こうに外輪山。奥は愛鷹連山です。
 愛鷹連山の右手の富士山は今日は御機嫌ななめ。
 顔を見せてくれませんでした。
 右側に見える神山ではまだヤマボウシの花が咲いていましたが、
 写真では白点のようにしか見えていません。
P7100218.jpg

 同じく愛鷹連山。
 写真手前にはフジイバラやハコネハナヒリノキが咲いています。
P7100210.jpg


ハコネハナヒリノキ (ツツジ科 イワナンテン属)
 沢山の株との嬉しい出会いでした。
 ハコネハナヒリノキはハナヒリノキにくらべると葉が小さく細いと
 いわれます。花は小さくめだちません。花後に乾燥させて嗅いで
 みると鼻がひりひりしてくしゃみがでるそうですよ。
P7100209.jpg

ハコネハナヒリノキの花
P7100208.jpg


フジイバラ (バラ科 バラ属)
 今が盛りと咲いています。
P7100203.jpg


 何と愛らしいこと。
 コウグイスカグラの果実です。
 スイカズラ科スイカズラ属で、ヒョウタンボクやウグイスカグラ、
 そしてスイカズラの仲間です。
P7100197.jpg


エゾハルゼミ
 目の前の枯れ木にしかりしがみついていました。
P7100187.jpg
   

オオイタヤメイゲツ (カエデ科 カエデ属)
 紅葉の美しさもさることながら、青葉も涼やかですばらしい
 オオイタヤメイゲツです。
P7100185.jpg


オヤマシモツケ (バラ科 シモツケ属)
 山頂の草原でフジアカショウマと共に咲き誇るオヤマシモツケ。
 駒ヶ岳山頂ならではのとっておきの光景です。
 フジアカショウマの照葉がしっかり観察できます。
P7100183.jpg


 ハコネハナヒリノキの群落です!
 見事! 見事!
P7100171.jpg


 笹原からきれいな鳴き声がきこえてきました。
 ビンズイです。
P7100164.jpg


 最後は再びオヤマシモツケの花。
 見れば見る程可愛らしい花ですね。
 オヤマシモツケは一般的なシモツケよりも高山性の植物です。
P7100161.jpg

(担当 PV藤城)

湯坂路自然情報 コース  2018年7月2日(月)

初めてこのコースを歩くPV2名を加えて7名で出発しました。昼食後、鷹巣山からの林道を跨いで谷沿いに千条の滝に下る道が『蜂で危険のため通行禁止』となっていました。そのため浅間山を経由して千条の滝に下りました。7月早々から夏本番の暑い日が続く中の自然情報でしたが、風が吹いていたため暑さが和らいだ観察日和でした。


ヤシャブシ  (カバノキ科 ハンノキ属)
 落葉小高木。雌雄同株。春に花を観察しましたが今月は果実が良く目立っていました。果穂にタンニンが多く含まれているところから染料に使用されていました。
ヤシャブシ湯坂路180702

ミズキ  (ミズキ科 サンシュユ属)
 国道沿いでの観察です。風が強く枝が揺れるたびに果実が青空にキラキラと光る様子をしばらく見上げていました。落葉高木で枝は水平に広がり葉は互生に付いています。今はまだ青い果実ですが紫黒色に熟します。
ミズキ湯坂路180702

ヤマアジサイ  (アジサイ科 アジサイ属)
 落葉低木、葉は対生しています。花のように見えるのは装飾花。やや湿りけのある場所に見られるので別名の「サワアジサイ」の名前があります
ヤマアジサイ湯坂路180702

シモツケソウ  (バラ科 シノツケソウ属)
 湯坂路尾根道にたくさん見られるシモツケソウですが今日はまだ咲き始めたばかりでした。多年草で毎年湯坂路での花時期が楽しみです。同じ花色の木本のシモツケがありますが花は少し早く咲きます。
シモツケ湯坂路180702

オカトラノオ (サクラソウ科 オカトラノオ属)
 多年草で茎の上部に総状花序をつけます。長い花穂の先が垂れ下がっています。花は片側にかたよって咲きます。オカトラノオが沢山見られるところに花穂に立っている良く似たヌマトラノオも見られます。
オカトラノオ湯坂路180702

フジアカショウマ (ユキノシタ科 チダケサシ属)
 多年草でアカショウマの高地型と言われています。湯坂路では草丈が大きく花も大きく思われますが駒ケ岳などでは小型です。葉には艶があり、花色はピンク色の濃いものから白色が見られます。
フジアカショウマ湯坂路180702

テリハノイバラ  (バラ科 バラ属)
 落葉の低木で這って広がっています。名前のテリハは葉に光沢が見られるところからつけられています。
テリハノイバラ湯坂路180702

シロバナイナモリソウ (アカネ科イナモリソウ属)
 林下に群がって見られるポイントが湯坂路のコースにありますが今日はまだつぼみが多い時期でした。満開の時期に出会えるのは難しいです。
シロバナイナモリソウ湯坂路180702

オオカモメヅル(キョウチクトウ科オオカモメヅル属)
 ガガイモ科になじんできたが新しくキョウチクトウ科になったオオカモメヅルの花が見られました。湯坂路には同じ仲間のナガエオオカモメヅルも見られます。
オオカモメヅル湯坂路180702

オオバジャノヒゲ(キジカクシ科 ジャノヒゲ属)
 千条の滝に下る林蔭に見られる多年草です。地下にランナーを伸ばして広がりますが場所によっては一株ずつ見られました。 以前はユリ科でしたがキジカクシ科になりました。草原ではヒメヤブランが見られ下り道ではナガバジャノヒゲも見られました。
オオバジャノヒゲ湯坂路180702

ツチアケビ  (ラン科 ツチアケビ属)
 ナラタケに共生している腐生植物。先月蕾を見つけていた場所に蜂が発生しているため通行止めになっていたため確認できませんでしたが千条の滝近くの岩の間から咲いているツチアケビを見ることが出来ました。秋にはババナに似た紅色の5~10cmの果実が見られます。
ツチアケビ湯坂路180702

イノシシの蒐場を観察中の仲間たち 
 湯坂路では初めて見られたイノシシの蒐場です。蒐場には小さな足跡が見られました。
イノシシの蒐場湯坂路180702

水道施設の金網に寄りかかるようにウワミズザクラの倒木が見られました。先月はヤマボウシやアブラチャンの倒木が見られました。ここのところ倒木をよく見かけます。
ウワミズザクラ湯坂路180702

本日のトップ10

1、 シロバナイナモリソウ
2、 フジアカショウマ
3、 オオバジャノヒゲ
4、 シモツケソウ
5、 オオカモメヅル
6、 アサギマダラ(蝶)
7、 ヤマアジサイ
8、 ツチアケビ
9、 オカトラノオ
10、 ナツグミ(果実)

報告者:箱根 PV  山本

FC2Ad