箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年6月24日

梅雨の季節、雨になるかと心配しましたが、曇り空で、暑くもなく気持ちの良い初夏の箱根でした。ビジターさんも11名参加していただき、パークボランティア16名、合計27名のミニ観察会でした。本日のテーマは「いろいろな木の実(草の実)初夏編」でした。
木の実というと秋を思い浮かべますが初夏のこの季節にも案外木の実があります。ちょうど花から果実に代わり始めたいろいろな植物を観察しました。花の広場からスタートです。

まずはミツバアケビです。まだ数個ですが出来たばかりの数センチの小さな実をつけています。
ミツバアケビ VC160624

ウツギがちょうど花から実に代わり始めています。ウツギの実といえば「お椀に箸3本」です。お椀の中心から数本の箸が付きだしています。これは雌しべの花柱です。
ウツギ VC160624

アセビも花が実になりつつあります。春の花は下向きに咲きますが、初夏以降、花が終わると柄が上向きに曲がって、実は上向きにつきます。冬に種を飛ばす準備です。
アセビ VC160624

サルトリイバラは沢山の立派な実をつけています。棘と托葉が変化した2本の巻きひげで他の木に引っかかりながら、ジグザクに曲がって伸びていきます。
サルトリイバラ VC160624

エゴノキも花が終わり実に代わりつつあります。秋になるとサポニンの果皮が乾いて梅干しのようになり、皮が脱げて、固い種がむき出しになります。ヤマガラがこの種を食べます。
エゴノキ VC160624

花の広場のノリウツギはイワガラミがよじ登っています。茎から「付着根」を出して巻き付きますが、寄生ではないので巻き付かれた木も乗っ取られることはありません。今の季節、是非見てください。
イワガラミ VC160624

野鳥の森ではちょうどツチアケビが見られます。ラン科の葉緑素を持たない腐生植物です。黄褐色の花が見られます。こちらもこの季節のお勧めです。
ツチアケビ VC160624

本日のトップ10
1. イワガラミ  花
2. ツチアケビ 花
3. ヤマボウシ 花
4. ウツギ  実
5. ミツバアケビ 実
6. サルトリイバラ 実
7. ホトトギス 野鳥
8. ホオジロ 野鳥
9. ウスキツバメエダシャク 虫
10. トンボエダシャク 虫

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

金時山自然情報 2016年6月11日

平日の第二木曜日が観察の日ですが、当日が雨により6/11(土)に実施しました。土曜日で天気が良かったためか駐車場は満杯でした。金時山の頂上は100人程度の登山客でごった返していました。ヤマボウシが白い花(実際は白く見えるのは総苞片)を沢山つけ、コアジサイも開花し芳香を放っていました。ヤマツツジの赤い色は木々の緑に映えてとても綺麗でした。山の木陰にひっそりとタニギキョウが白い花を咲かせていました。コチャバネセセリがササに産卵するところを見ました。山肌は緑濃くなり、虫や鳥の新しい命が生まれる季節となりました。

ヤマツツジ、葉の緑を背景にした赤い花はとても綺麗に見えます。
ヤマツツジ金時

ヤマボウシ、満開です。白く見えるのは花ではなく総苞片です。
ヤマボウシ金時

タニギキョウ、木陰で控えめに白い花を咲かせます。
タニギキョウkinntoki

シモツケ、下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で染料用に栽培にしたようです。
シモツケ金時

コアジサイ、装飾花がないので良い香りを放ち、虫を呼ぶのかもしれません。
コアジサイ金時

コチャバネセセリ、ササに産卵して命をつないでいるところです。
コチャバネセセリ金時

エゾハルゼミ、日が差せばうるさく鳴きますが、日が陰るとぱったと鳴くのを止めます。
エゾハルゼミ金時

本日のトップ10
1.コアジサイ(花)
2.コゴメウツギ(花)
3.シモツケ(花)
4.タニギキョウ(花)
5.マユミ(花)
6.モミジイチゴ(実)
7.ヤマツツジ(花)
8.ヤマボウシ(花)
9.ホトトギス(野鳥)
10.エゾハルゼミ(昆虫)

箱根PV 原田

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年6月10日

梅雨の晴れ間、10時の気温が21℃と暑くなりそうなすっかり初夏の箱根です。ビジターさん16名、パークボランティア10名、合計26名のミニ観察会でした。本日のテーマは「虫えい(虫こぶ)を探そう」です。虫えい(虫こぶ)とは、生物の寄生により相互作用で植物が奇形化したものです。本日は12種類の虫えいを観察しました。
これは、クマヤナギハフクロフシです。「クマヤナギ」の「ハ」に「フクロ」の「フシ」がつきます。とてもシンプルな命名法ですね。
この中にはキジラミの仲間がいます。
クマヤナギハフクロフシVC160610

ヨモギにも赤い実ような虫えいがついています。ヨモギを見つけたら虫えいがついていないか観察してみてください。こちらはタマバエの仲間が作りました。ヨモギハエボシフシと言います。
ヨモギハエボシフシVC160610

花の広場にあるオオシマザクラにはサクラハトサカフシという虫えいがありました。鳥の鶏冠のような形の虫えいがついています。
こちらはアブラムシによる虫えいです。
サクラハトサカフシVC160610

遠くから見るとイヌシデの木に多くの実がついているように見えます。これも虫えいです。冬芽の頂芽の芽鱗がふくれてできたものです。こちらはフシダニによる虫えいです。
イヌシデメフクレフシVC160610

野鳥の森ではコアジサイが満開です。近づくとほんのりと香りがします。
コアジサイVC160610

ビジターセンター周辺の多くの場所でエゴノキが見頃です。花が落ちているのも多いですがまだまだたくさん見られます。
エゴノキVC160610

白百合台園地ではノアザミの群生が見られます。花から延び出ている雄しべを刺激してみてください。花粉がでてくるはずです。
ノアザミVC160610

本日のトップ10
1. クマヤナギハフクロフシ 虫えい(虫こぶ)
2. ヒメシャラハミャクコブムシ 虫えい(虫こぶ)
3. サクラハトサカフシ 虫えい(虫こぶ)
4. ヨモギハエボシフシ 虫えい(虫こぶ)
5. イヌシデメフクレフシ 虫えい(虫こぶ)
6. ドロハマキチョッキリ 揺籃 (オトシブミ)
7. コアジサイ 花
8. ノアザミ  花
9. エゴノキ  花
10. ヤマボウシ 花

箱根PV 高橋

梅雨の合間の大涌谷(姥子往復) 2016年6月11日

梅雨の合間の上天気とは、今日のような日をいうのであろうか。来週の月曜日から雨予報であるが、今日は夏日のような気候になった。今回も多くの木々の花が見られた。夏鳥の囀りも聞こえ、心地よい自然情報日和になった。

この時期最も見たい花のひとつ、別名ハコネバラの名を持つ、サンショウバラが各所で咲いています。
サンショウバラ

ヤマボウシは場所により満開です。この写真の花は、これから咲きます。
ヤマボウシ

モミジイチゴに実が沢山付いていました。
IMG_3594.jpg

ヤマオダマキの花が咲き始めました
ヤマオダマキ

ハナイカダの実です。この先黒く熟します。
ハナイカダ

サルナシに花芽がたくさん付いていました。
さるなし

ホオジロが木の枝先で囀っています。
ホオジロ

ニシキウツギの花は、白から赤になって散ります。
ニシキウツギ

今日のトップテン
1   モミジイチゴ
2   スノキ
3   マメザクラ
4   ヤマグワ
5   サンショウバラ
6   ヤマオダマキ
7   ウグイス
8   アカゲラ
9   ヤマガラ、ヒガラ、コゲラ、シジュウカラ
10  ニホントカゲ

PV青山

【仙石原】2016年06月11日(土)の観察記

 晴天に恵まれ、ウグイスとホトトギスのさえずりを聞きながらの観察となりました。歩道では、モミジイチゴの実、ガマズミの花が多く観察できました。

 仙石原の片平地区の間伐が進み、かなり明るくなりました。

 温湯の水温は21.5度、外気温は23度でした。



▼ハナイカダ
ハナイカダ



▼コアジサイ
コアジサイ



▼モミジイチゴ
モミジイチゴ



▼ニワゼキショウ
ニワゼキショウ



▼ガマズミ
ガマズミ



▼サルナシ
サルナシ



▼歩道の両脇に溜まっていた土砂が撤去され、すっきりしました。
歩道




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 ハナイカダ
2 コアジサイ
3 モミジイチゴ
4 ニワゼキショウ
5 ガマズミ
6 サルナシ
7 ヤマボウシ
8 アケビ
9 スイカズラ
10 ホトトギス



箱根PV 仙石原担当 M.S



<関連情報>
 ・2016年5月の仙石原の情報に戻る
 ・2016年7月の仙石原の情報に進む
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトにリンクします)
 ・仙石原コースハイキングマップのPDFファイル(箱根ビジターセンターのWebサイトにリンクします)



今月の湯坂路はみん参の日でした。

観察に適したやや曇りがちな日でした。
一カ月前の湯坂路とは植物の姿が様変わりして丁度、お花の端境期のようです。
思いがけずコアジサイが真っ盛りでよい香りを楽しみました。
ヒメウワバミソウとウワバミソウの違いなど観察し、スゲやイネ科の植物をじっくり見ました。
今回は昆虫が沢山見られました。
次回は蕾だったオオバノトンボソウの花が楽しみです。

満開のコアジサイは良い香りです

コアジサイ

白い花の季節でタンナサワフタギの花も白色

タンアサワフタギ

大きなムラサキマムシグサは堂々としています

ムラサキマムシグサ

ウマノアシガタの黄色の花が目立ちます

ウマノアシガタ

ノアザミも咲いていました

ノアザミ

今月のトップ10

1、コアジサイ
2、タンナサワフタギ
3、ハンショウヅル
4、オオナルコユリ
5、ヤマハタザオ
6、ヒメシロコブゾウムシ(昆虫)
7、マダラガギバ(昆虫)
8、イカル(鳥)
9、ウマノアシガタ
10、ムラサキマムシグサ
                    PV 山本


FC2Ad