箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2015年11月27日

ビジターさん12名、パークボランティア11名、総勢23名でビジターセンター周辺ミニ観察会を開催。
本日は野鳥観察が中心の観察会でした。
なかなか思い通りには野鳥は姿をみせてくれません。
昨日はカシラダカ、ジョウビタキ、ベニマシコ、ルリビタキが観察できたそうです。

ルリビタキはツグミ科の青い色の美しい鳥です。
ルリビタキ (5)

ベニマシコはアトリ科の紅色の鳥です。
ベニマシコ完

本日は気温4℃と寒い一日でした。花もほとんど終わっています。
センニンソウやコボタンヅルの種が羽毛状の毛をつけています。

コボタンヅル
コボタンヅル1


これからの季節にはいろいろな冬芽が観察できます。
今日もいろいろな冬芽を観察しました。

虫を寄せ付けないネバネバの樹脂でコーティングされたトチノキの冬芽です。
トチノキ (1)

コブシは毛皮をまといます。
コブシ (1)

ピエロの顔のような木肌の冬芽。
キハダ (1)

タイアザミにはアザミオオヒゲナガアブラムシという昆虫がついていました。
赤いほうはその幼虫です。どうやって越冬するのでしょうか?
アザミオオヒゲナガアブラムシ(有翅型)

本日のトップ10
1.カシラダカ
2.ジョウビタキ
3.ベニマシコ
4.ルリビタキ
5.トチノキの冬芽
6.コブシの冬芽
7.キハダの冬芽
8.コボタンヅルの種
9.センニンソウの種
10.アザミオオヒゲナガアブラムシ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

小春日和の紅葉散歩

前日に発表された大涌谷噴火レベル1のニュースに多くの人々が待ち焦がれていたのか、ビジターセンターから姥子までのハイキングコースを、これまでで最も多いハイカーやお散歩のビジターさんが、秋の箱根を楽しんでいました。大涌谷周辺の規制は続いています。全面開放までは、いましばらくかかりそうですが、安全が確認されれば更に多くの方々が箱根に来るでしょう。

船見岩からの大涌谷。風がないので、噴煙が真上に上がっています。
DSCN1040.jpg

大涌谷コースは多くのカエデに出会えます。コミネカエデ。
コミネカエデ (1)

青空に映えるムラサキシキブの実
DSCN1031.jpg

落葉した木々には、ツルマサキの実が観察出来ます。
マユミ

花を咲かせたキッコウハグマの冠毛
キッコウハグマの冠毛 (2)

小春日和の中、昆虫たちも太陽の日を浴びに出てきました。ルリタテハとヒメツチハンミョウです。
ルリタテハ

ヒメツチハンミョウ

本日のトップ10
1  ツルマサキと実
2  ムラサキシキブ
3  ツルリンドウ
4  サンカクヅル
5  カラスザンショウ
6  カエデの紅葉
7  クロモジの黄葉
8  エナガ
9  ルリタテハ
10 ヒメツチハンミョウ

箱根PV 青山

【仙石原】2015年11月14日(土)→雨天中止

 2015年11月14日(土)の仙石原コースの自然情報は、雨天中止となりました。
 


<関連情報>
 ・2015年12月の仙石原の情報に進む
 ・2015年10月の仙石原の情報に戻る
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトにリンクします)
 ・仙石原コースハイキングマップのPDFファイル(箱根ビジターセンターのWebサイトにリンクします)


 

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2015年11月13日

ビジターさん15名、パークボランティア11名、総勢26名でビジターセンター周辺ミニ観察会を開催。
本日のテーマは、紅葉と花や木の実です。
ニシキギ、イロハモミジ、オオモミジ、クロモジなどの紅葉、ツルリンドウ、コマユミ、ツルマサキなどの実を観察しました。

ビジターセンタのすぐ近く、ニシキギ紅葉が美しいです。枝に翼があるのが特徴です。
ニシキギ1

ベレー帽のようなニシキギの実です。
ニシキギ2

ニシキギと同じニシキギ科のコマユミ。
コマユミ2

こちらもニシキギ科のツルウメモドキ。スイカズラと一緒に蔓が絡みついています。
ツルウメモドキ&スイカズラ1


ビジターセンター周辺のいたるところで、クロモジの紅葉が見られます!
クロモジ1

ツルリンドウの赤い実が群生していました。
ツルリンドウ2

ツルリンドウの花はほとんど終わっていますが、こんな花です。
ツルリンドウ7

イロハモミジの紅葉です。
イロハモミジ1

オオモミジもいたるところで見られます。
オオモミジ2

本日のトップ10
1.ツルリンドウ
2.ニシキギ
3.コマユミ
4.カエデ類の紅葉
5.ツルマサキの実
6.キバラヘリカメムシ (虫:ニシキギについていました)
7.ホシハジロ 湖尻水門
8.ヒドリガモ 湖尻水門
9.アオサギ 湖尻水門
10.ジョウビタキ 芦ノ湖キャンプ村

箱根PV 高橋

金時山自然情報 2015年11月12日

金時山頂上周辺の登山道では紅葉は終わりに近づいていますが、公時神社周辺の麓では今が見頃です。
金時山から長尾山までの登山道は赤や黄色の葉が醸し出す自然の絨毯のようでした。

オトコヨウゾメ
オトコヨウゾメ1

コミネカエデ
コミネカエデ1

マルバウツギ
マルバウツギ

フジイバラ
フジイバラ1


本日のトップ10

オトッコヨウゾメ
カマツカ
コミネカエデ
ツルシキミ
ツルリンドウ
フジイバラ
マルバウツギ
リュウノウギク
エナガ(野鳥)

                   箱根PV 原田

雨の湯坂路で


生情報であるいた2日は雨でした。
参加者6人ともしっかり雨具をつけて歩きましたが、とても寒かったです。
いつものコースではなくまだ歩かれていない道を、わくわくしながら観察しました。
センブリが沢山見られましたが花は雨で咲いていないので残念です。

PB020038、センブリ編集
センブリ

PB020047、ツルシキミ編集
赤い果実が美しいツルシキミ

PB020053、ウスイハナワラビかもしれない。編集
小さなハナワラビの仲間を見つけました。
ウスイハナワラビかもしれません


PB020036、マムシグサの仲間編集
果実になって目立ちます。
この状態では名前がはっきりわからないのが残念です。

PB020025、ノガリヤス 編集
雨に中でも美しいノガリヤスです。

箱根 VP 山本

FC2Ad