FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2013.11.23(土) 芦ノ湖東岸

続きを読む
スポンサーサイト



2013.11.04(月)湯坂路

○天候:霧・曇り・小雨 温度5℃
○参加者:計7名(PV5名VC2名)  
○観察テーマ:「チカラシバ」の観察
○コース:湯坂路入口~鷹巣山~湯坂路入口

早朝からの雨もようやく上がり霧の立ち込める中を出発。千条の滝も幻想的だ。

秋の花のシーズンもほぼ終わりでキッコウハグマ、センブリ、ヒイラギなどが咲いている。

そしてトリを務めるのはリンドウのようだ。多くの植物が実を結び、次の世代に命を託す時期だが、あいにくの曇天で閉じてはいるものの大きな青紫色の花はひときわ美しい。

イトマキイタヤ、ヌルデなどの紅葉が始まっており、深まりゆく秋を存分に楽しんだ。




【蕾を観察した植物】
アセビ、オニシバリ、クロモジ、ケヤマハンノキ、センブリ、ツルシキミ

【シダ類】
オオハナワラビ(胞子葉)、ヒロハイヌワラビ、ミゾシダ、ヤマイヌワラビ

○ 観察した鳥類 ○
アオゲラ、アオバト、エナガ、カケス、ガビチョウ、キジバト、コジュケイ、ソウシチョウ、ヒガラ、メジロ

【観察した昆虫類・その他】
コノシタウマ、ゴミムシの仲間、ザトウムシの仲間、ハムシの仲間、サワガニ、ツチグリ



○観察した主な植物○
【花を観察した植物】
キッコウハグマ、キントキシロヨメナ、シロヨメナ、ノコンギク、ヒイラギ、リュウノウギク、リンドウ

【葉を観察した植物】
アケボノソウ、イトマキイタヤ、オオカモメヅル、オオハンゴンソウ(駆除)、カジカエデ、キレハノブドウ、クマヤナギ、シラコスゲ(イノシシのヌタ場近くにあり攪乱されて危機的状態)、スズダケ、タンナサワフタギ、ヌルデ(紅葉)、ホソバシオデ、マツブサ

【果実を観察した植物】
アオキ、アオミズ、アキノキリンソウ、アキノタムラソウ、アズマヤマアザミ、イタドリ、イヌショウマ、イヌトウバナ、イワガラミ、ウツボグサ、ウバユリ、ウマノミツバ、ウワバミソウ、オオバコ、オオバコアカソ、オオバジャノヒゲ、オカトラノオ、オトコヨモギ、オトメアオイ(長年の観察株が消滅。盗掘か?)、オニドコロ、オミナエシ、カゼクサ、カセンソウ、ガマズミ、カリマタガヤ、キバナガンクビソウ、キンミズヒキ、クズ、クモキリソウ、ケチヂミザサ、ゲンノショウコ、コアジサイ、コウゾリナ、コクサギ、コチヂミザサ、サジガンクビソウ、サラシナショウマ、サワヒヨドリ、シモツケ、シモツケソウ、シュウブンソウ、シラヤマギク、シロバナイナモリソウ、セキヤノアキチョウジ、センニンソウ、タイアザミ、ダイコンソウ、タムラソウ、チカラシバ、ツチアケビ、ツリバナ、ツルウメモドキ、ツルシキミ、ツルニガクサ、ツルリンドウ、ナガエオオカモメヅル、ナガバジャノヒゲ、ナガボハナタデ、ナツツバキ(植栽)、ナルコユリ、ノガリヤス、ノブキ、ハバヤマボク チ、ヒカゲイノコヅチ、ヒメガンクビソウ、ヒメキンミズヒキ、ヒメジソ、ヒメノガリヤス、フジテンニンソウ、ヘクソカズラ、ホトトギス、マツカゼソウ、マユミ、マルバダケブキ、マルバハギ、マルバフジバカマ、ミズ、ミズヒキ、ムラサキシキブ、モミジガサ、ヤブコウジ、ヤブタバコ、ヤマアジサイ、ヤマカモジグサ、ヤマジオウ、ヤマトリカブト、ヤマノイモ(珠芽も)、ヤマハギ、ヤマハッカ、ヤマホトトギス、ヤマラッキョウ、ヨモギ、ワレモコウ