FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2012.06.30(土) 芦ノ湖東岸

○ 天候:晴れ 気温 21℃
○ 参加者:1名 (PV1名)
○ 観察テーマ:「ハコネコメツツジ」の観察

【Bコース】湖尻~箱根園~駒ケ岳~清水平~姥子~箱根ビジターセンター

 時間を早めてスタートした。箱根ロープウェイは、点検の為ストップしていて静さが違っていた。普段通らない園内の小道の倒木の横を抜けて県道に出た。箱根園付近でエゴノキの花が、落ちていたのが印象に残った。

 駒ケ岳ロープウェイは、ギュウギュウ詰めで頂上までいった。温度は、十二度で霧がかかり、下は全く見えなかった。タニギキョウが、一輪咲いていた。ハコネコメツツジの花が咲いていた。下りアオホオズキの花が咲いているのが目についた。坊が沢から清水平方面に向かって歩いた。以外と多くの人に出会った。この位置では霧も無く、太陽も出て景色は良かった。姥子へ出るまでは、コアジサイの花が咲いていて厳しい下りの道を楽しませてくれた。


○観察した主な植物○
【花を観察した植物】
アオホオズキ、イヌトウバナ、ウツギ、ウマノアシガタ、ウラハグサ、ウワバミソウ、オオイヌノフグリ、オオバジャノヒゲ、キッコウハグマ、クルマムグラ、コアジサイ、コナスビ、シロツメグサ、セイヨウタンポポ、タニギキョウ、トキワハゼ、ドクダミ、トリアシショウマ、ニシキウツギ、ニワゼキショウ、ノリウツギ、ハコネコメツツジ、ハコベ、バライチゴ、ヒメジョオン、フタリシズカ、ミヤマキケマン、ヤマアジサイ

【蕾を観察した植物】
イボタノキ、シモツケ

【実を観察した植物】
オオバイケイソウ、ツクバネソウ、ツルシキミ、ヘビイチゴ、ヤマグワ

○【鳥の声】○
ホトトギス

 
スポンサーサイト



2012.06.11(月)湯坂路

○天候:小雨 温度5℃
○参加者:計13名(PV7名VC6名)  
○観察テーマ:「コアジサイ」の観察
コース:湯坂路入口~鷹の巣山~湯坂路分岐~千条の滝

箱根も6月に入り、深い緑一色の初夏の季節になった。今日は13名と人数も多く賑やかな自然観察会となったが、生憎の小雨模様のため、雨仕度での出発となった。9日(土)が平年並みの梅雨入りとか、雨もしかたがないかも。

湯坂路入口から鷹の巣山までは、ニシキウツギの赤や白の花、ヤマハタザオの可憐な小さな白い花、フタリシズカのひそやかな白い花、ノアザミの凛とした赤紫の丸い花がとても印象的で、雨にしっとり濡れた花々もまた艶めかしく美しと思った。

湯坂路分岐から千条の滝 までは、コアジサイの白い花が咲き乱れるコアジサイロードと呼んでもよいくらいの素敵な山道である。またこの時期ならではのモミジイチゴの甘酸っぱい黄色い実に喉を潤すこともできた。タンナサワフタギの小さな白い花は少なく、今年は花付きが悪いようだ。

雨の山道はたいへん滑りやすく、特に濡れた石、丸太、木の根は滑りやすいため皆で声かけ合い注意し、滑って転んで怪我することもなく無事自然観察会を終えた。特にビジターの方は合羽、ロングスパッツなどの装備も万全で、感心した。 


○観察した主な植物○
葉:
アカショウマ、アカネ、アワブキ、イワガラミ、オカトラノオ、オトコエシ、カセンソウ、クサレダマ、クマシデ、シモツケソウ、シラヤマギク、マツブサ、マルバダケブキ、ミサキカグマ、ユウガギク

蕾:
オオバノトンボソウ、オトメアオイ、クサアジサイ、シモツケ、トチバニンジン、ナガバノハエドクソウ、ナルコユリ、ハコネハナヒリノキ、ヤブレガサ

花:
アオカモジグサ、ウマノアシガタ、ウワバミソウ、オオマムシグサ、カワラスゲ、サンカクズル、コアジサイ、コゴメウツギ、タンナサワフタギ、ナガエコナスビ、ニガナ、ニシキウツギ、ノアザミ、ハルジオン、ハンショウヅル、ヒメジョオン、フタリシズカ、ホソバテンナンショウ、マユミ、ミツバウツギ、ミノボロスゲ、ミヤマウコギ、ヤマハタザオ

果実:
アブラチャン、ナツグミ、ナツトウダイ、マメザクラ、ミツバツチグリ、モミジイチゴ、ヤマグワ、ヒイラギナンテン

観察したシダ植物:
イヌガンソク、イヌシダ、ゼンマイ、ノキシノブ、ハリガネワラビ、ヒメノキシノブ、ミヤマノキシノブ、

○観察した主な野鳥○
声:
アオバト、イカル、ウグイス、オオルリ、カケス、ガビチョウ、コジュケイ、シジュウカラ、ソウシチョウ、ヒガラ、ホオジロ、ミソサザイ、ヤマガラ

○観察した主な昆虫○
アオジョウカイ、アカハネムシ、イタヤハマキチョッキリ、ウスアカオトシブミ、クロオオアリ、クロジョウカイ、ジョウカイボシ、スジグロシロチョウ、ダイミョウセセリ、ヒシバッタ、ヒメシロコブゾウムシ、ヒラズネヒゲボソゾウムシ、フタホシオオノミハムシ、ルリハムシ