FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2010.12.17(金)湯坂路

○天候:晴れ 温度2℃
○参加者:計4名(PV3名VC1名)  
○観察テーマ:「果実・種子とシダ類」の観察


当初予定の13日が荒天で今日に延期した。だいぶ冷え込んで霜柱の花が咲いている。千条の滝はモウモウと湯煙を上げていて、思わず水に手を突っ込んだがいつもと変わらなく生温かい。滝つぼの池に落ち葉が堆積して排水溝が詰まっているらしく、路上にあふれて川ができていた。4人でセッセと落ち葉を取り除いたが改善されず諦めた。

観察対象は果実・種子とシダ類が中心だ。初めて聞いたアカネハナワラビ(オオハナワラビとアカハナワラビの雑種)らしいシダは色といい姿といい、足して2で割ったようで興味深い。急斜面の路側にはナガエオオカモメヅルの果実が口を開け、白く長い毛のパラシュートを広げた種子がぶら下がり、旅立ちの風を待っていた。

稜線の防火帯に出ると、枯れ草はきれいさっぱり刈り払われて、ほとんど見るものなし。その分来春には見事なお花畑が見られるだろうと期待して帰路についた。


【その他の植物】 
アワブキ(冬芽)、エビゴケ、オオカサゴケ、スズタケ、ツルリンドウ(ロゼット状の葉)

【その他】 
霜柱、ツチグリ、氷柱

【鳥蝶類】
エナガ、ヒヨドリ、ルリビタキ


○観察した主な植物○
【花が咲いていた植物】
オトメアオイ、ヒイラギ
 
【蕾のあるもの】
アセビ、アブラチャン、オニシバリ、クロモジ、ケヤマハンノキ、ツルシキミ

【果実・種子等観察した植物】
アオキ、アケボノソウ、アズマヤマアザミ、オオカモメヅル、オオバジャノヒゲ、キッコウハグマ、キヅタ、コボタンヅル、サラシナショウマ、サルトリイバラ、シロヨメナ、タマアジサイ、ツルシキミ、ナガエオオカモメヅル、ナガバジャノヒゲ、ノギラン、ヘクソカズラ、ボタンヅル、マユミ、ヤブコウジ

【シダ類】
アイノコクマワラビ、アカネハナワラビ(?)、アカハナワラビ、イノデモドキ、イノモトソウ、イワガネゼンマイ、イワヘゴ、オオイタチシダ、オオハナワラビ、オオバノイノモトソウ、クラマゴケ、シシガシラ、ジュウモンジシダ、トウゲシバ、トウゴクシダ、ナガバヤブソテツ、ノキシノブ、ベニシダ、ミゾシダ、ミツデウラボシ、ヤマイタチシダ、ヤマヤブソテツ

 
スポンサーサイト