FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2010.09.25(土) 芦ノ湖東岸

○ 天候:曇のち晴 気温  15℃
○ 参加者:3名 (PV3名)
○ 観察テーマ:「ハコネギク」「トリカブト」

【Bコース】ビジターセンタ~桃源台~湖尻~箱根園~駒ケ岳~坊ケ沢分岐~清水平~姥子(かんぽの宿前)~湖尻~ビジタセンター

 ビジターセンターへ集合した時は曇に覆われていましたが、次第に晴れる予報だったため、駒ヶ岳をまわるコースになりました。

 無風の駒ヶ岳山頂では伊豆七島が見えるほど視界が開けていました。またノコンギクが一面に咲いていたのを観察できました。

 防ヶ沢へ下りる登山道の途中で姥子方面の道に入り、清水平までの所々で芦ノ湖が見えました。

 終盤は傾斜のきつい急な下り坂となり、また登山道の階段が所々崩れて滑りやすいため、木の幹などにつかまって注意深く下りました。


○観察した主な植物○    
【蕾を観察した植物】
ツユクサ

【花を観察した植物】
アキノタムラソウ、イヌタデ、ウツボグサ、エノコログサ、ゲンノショウコ、シラヤマギク、シロヨメナ、ダイコンソウ、タマアジサイ、ツルニンジン、テンニンソウ、トリカブト、ヌスビトハギ、ハコネギク、ハナタデ、ヒヨドリバナ、ホトトギス、ミズヒキ、ミゾソバ、ワレモコウ

【花の盛りの過ぎた植物】
アキノキリンソウ、イヌトウバナ、コアカソ、ノコンギク、ノブキ、ヒカゲイノコヅチ、マツカゼソウ、モミジガサ

【実を観察した植物】
アブラチャ、オオバギボウシ、サンショウバラ、トチバニンジン、バライチゴ、ヘビイチゴ、マユミ、マルバダケブキ、ミツバアケビ、ミヤマシキミ

【その他観察した植物】
ウラハグサ、コアジサイ、ゴマギ、シシウド、ジャゴゲ、チジミザサ、ハコネイトスゲ、ヒコサンヒメシャラ、ホウノキ、ヤマジオウ、ヨモギ

【観察した生物】
アサギマダラ、ソウシチョウ、ヒミズ

 
スポンサーサイト



2010.09.13(月)湯坂路

○天候:曇り
○参加者:計4名(PV3名VC1名)  
○観察テーマ:「オミナエシ」の観察


長く厳しく続いた残暑も今日は幾分和らいだように感じる。台風9号がもたらした雨が恵みの雨となったのか、しおれかけていた植物たちも幾分生気を取り戻したように思われる。

林内の木陰ではヤマホトトギスが見ごろで、花被片を大きく反り返らせてお出迎えだ。

稜線の防火帯は刈り込まれているが、オミナエシ、シラヤマギク、タムラソウ、ハギ類、ワレモコウなど、秋の草花がススキの穂波を背景に乱舞していた。至福のひと時であった。 


【果実・種子その他観察した植物】       
ウバユリ、ウマノミツバ、オオバウマノスズクサ、オオバジャノヒゲ、オオバノトンボソウ、クサアジサイ、クリ、シオデ、シシウド、ダイコンソウ、ツチアケビ、ツリバナ、ノギラン、ハコネハナヒリノキ、ヒカゲイノコヅチ、フジアカショウマ、マユミ、ヤマユリ

(葉):
オオハナワラビ

【その他鳥蝶類】
イチモンジセセリ、コジュケイ、ソウシチョウ、ミンミンゼミ


○観察した主な植物○
【花が咲いていた植物】
アキノタムラソウ、アズマヤマアザミ、イタドリ、イヌタデ、イヌトウバナ、オオカモメヅル、オオバコ、オトギリソウ、オトメアオイ、オミナエシ、カタバミ、キバナガンクビソウ、キンミズヒキ、ゲンノショウコ、コウゾリナ、サワヒヨドリ、シュウブンソウ、シラヤマギク、シロバナイナモリソウ、シロヨメナ、ススキ、タイアザミ、タマアジサイ、タムラソウ、ツユクサ、ツリフネソウ、ツルリンドウ、ナガバハエドクソウ、ヌスビトハギ、ネコハギ、ノコンギク、ノブキ、ハイメドハギ、ハナタデ、ハバヤマボクチ、ハンゴンソウ、ヒメガンクビソウ、ヒメキンミズヒキ、ヒヨドリバナ、マルバダケブキ、マルバハギ、マルバフジバカマ、ミズヒキ、モミジガサ、ヤブタバコ、ヤマハギ、ヤマハッカ、ヤマホトトギス、ヨモギ、ワレモコウ 

【蕾のあるもの】
アキノキリンソウ、アケボノソウ、イヌコウジュ、イヌショウマ、キッコウハグマ、キントキヒゴタイ、クロモジ、サラシナショウマ、セキヤノアキチョウジ、ヒキオコシ、ホトトギス、ヤマラッキョウ、リュウノウギク