FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2010.04.25(日) 芦ノ湖東岸

○ 天候:快晴 気温  7℃
○ 参加者:3名 (PV3名)
○ 観察テーマ:「エイザンスミレ」「オトメスミレ」

コ-ス:ビジターセンター(9:50)~九頭龍神社手前(11:30)~箱根園(14:30)~桃源台(15:00)

 快晴の中、桃源台駅にある駐車場付近手前から観察を開始する事にして、湖尻駅を目指した。

 登録者は6名、参加者3名だが今回は観察コースをどのように歩くか決めることを目的とした。

 ミヤマキケマンやシコクスミレ等が話しを盛りあげた。オトメスミレやエイザンスミレが春を謳歌していた。舗装してある道だが、周囲の自然は様々な植物を楽しませてくれた。芦ノ湖東岸は、自転車、電動自転車の通り道だ。特別許可者なのだろうか、自家用車が通過したのには驚いた。樹木園には入らないで、九頭龍神社入口を過ぎた辺りで食事をした。芦ノ湖を背景にウグイスの姿が見え、鳴き声も素敵だった。箱根園で高速バスに乗れば、桃源台まで440円で帰れることが分った。これにより箱根園までの芦ノ湖東岸と駒ケ岳を含む芦ノ湖東岸の2つのルートを観察することに決まった。

【Aコース】箱根ビジターセンター~湖尻~九頭龍神社付近・食事~箱根園(14:45高速バス乗車440円)~桃源台~箱根ビジターセンター、時々樹木園(500円)とする。
★出発時間9時50分

【Bコース】箱根ビジターセンター~湖尻~箱根園~駒ケ岳(620円)・食事~坊が沢分岐~湖尻~箱根ビジターセンター。
★出発時間9時30分

 途中トイレは、九頭龍神社入口。5月の土曜日は、Bコースで観察することにした。

 箱根園のオオシマザクラは満開だった。駒ケ岳を見上げながらの花見は最高に気分が良かった。


次回芦ノ湖東岸自然情報
【Bコース】
集合 5月29日(土)9時15分
集合場所 箱根ビジターセンター


○観察した主な植物○
【花】 
タチツボスミレ、カキドウシ、セイヨウタンポポ、ケマルバスミレ、マメザクラ、ミツバツツジ、ヤマサギゴケ、キジムシロ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、スズメノヤリ、ミチタネツケバナ、オオイヌノフグリ、ノボロギク、オランダミミナグサ、コハコベ、タチイヌノフグリ、ツルニチニチソウ、ユキヤナギ、ツルシキミ、ムラサキケマン、ミミナグサ、ミヤマキケマン、シコクスミレ、キブシ、ハコネイトスゲ、イヌシデ、クロモジ、オトメスミレ、ミツバツチグリ、モミジイチゴ、エイザンスミレ、セントウソウ、マルバコンロンソウ、アブラチャン、ヨゴレネコノメ、ハナネコノメ(実)、ムカゴネコノメ、ナツノハナワラビ、テンナンショウ(SP)、オオシマザクラ、ミヤマカンスゲ、ヤマネコノメソウ、トチバニンジン、ツクバネソウ、ツルカノコソウ、フッキソウ、カントウミヤマカタバミ、ヤビヘビイチゴ、ウラシマシウ

○観察した鳥○
ヤマガラ、ウグイス

 
スポンサーサイト



2010.04.21(水)湯坂路

○天候:晴れ
○参加者:計2名(PV2名)  
○観察テーマ:「サクラ」の観察


4月5日の生情報は雨で中止となり、他に午後の予定も有ったが急遽スタート時間を早め、出かけることになった。幸い、初夏の様な気候、新芽の黄緑、5分咲きのオオシマザクラ、満開のマメザクラ、名残のマメザクラ、葉と花が一色になった様なヤマザクラ、様々な色合いのサクラを堪能した。今年ほど長い期間見れたこと、地球規模で考えると喜ぶべきか、危惧するべきか?

今日は単純にひたすら喜んでサクラを観察しました。

千条の滝の水量は、迫力ある音と同時に溢れんばかりでした。川沿いの道で1箇所崩れ倒木が置いてありガードしている様でしたが、滑り易くしかも50センチ位の道幅でした。また山側の枯れ木が根から倒れ、川沿いの杉に支えられていた。これも危険。大雨で根が流される心配がある。

気がかりだったアケボノスミレは、葉すらも観察できず落胆に変わった。タチツボスミレはもとよりエイザンスミレが至る所で見られたことは感謝したい。途中で僅かでしたが、アケボノスミレの花が見られて安心・安堵で気分良く歩けた。

2組のハイカー、単独女性ハイカーと計8名と出会いましたが、7名は浅間山方面に、1人は飛龍の滝を目指したが断念し戻られたようだ。


○観察した主な植物○
【花が咲いていた植物】
ヤマザクラ、オオシマザクラ、ムラサキケマン、ヤエザクラ、アセビ、タチツボスミレ、アオキ、ヤブツバキ、ミヤマカタバミ、シロイトスゲ、オオタネツケバナ、コクサギ、シラコスゲ、ミヤマカンスゲ、タニギキョウ、ヨゴレネコノメ、カンスゲ、ミヤマネコノメ、ムカゴネコノメ、キブシ、カントウカタバミ、ハコネイトスゲ、エイザンスミレ、ツルシキミ、モミジイチゴ、ヒイラギナンテン、クサボケ、アケボノスミレ、ハナイカダ、ヤマツツジ、ミツバツチグリ、マメザクラ、クロモジ、ヒカゲスゲ、ナツトウダイ、ニオイタチツボスミレ、センボンヤリ、カキドオシ、アケボノソウ

【その他観察した植物(新葉等含む)】
ウマノミツバ、イヌショウマ、ホウチャクソウ、ナルコユリ、テコバモミジガサ、ヘクソカズラ、ツルシキミ、ヤマアジサイ、コアジサイ、ノリウツギ、ナガバノハエドクソウ、ヒメキンミズヒキ、タマアジサイ、ヤクシソウ、コガンピ、オトギリソウ、ヤマハッカ、アオツヅラフジ、マルバハギ、オオバコ、タイアザミ、シロヨメナ、ヨモギ、ヒメジソ、ノブキ、ダイコンソウ、ハバヤマボクチ、シオデ、ウツボグサ、アオキ(実)、コアカソ、、ツリバナ、タムラソウ、サラシナショウマ、ササガヤ、マユミ、ゲンノショウコ、ドクダミ、イタドリ、チダケサシ、マルバダケブキ、コバノギボウシ、キンエノコログサ、テリハノイバラ、イワガラミ、ヒキオコシ、シシウド、ガマズミ、アキノタムラソウ、ナベワリ、オニシバリ、ハンショウヅル、トンボソウ、スノキ、ツルリンドウ、ニワトコ、オトメアオイ、ヤマユリ、ツチグリ

【観察した鳥・昆虫】
キタキチョウ、ガビチョウ、ヤマガラ