FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2008.01.28(月)湯坂路

○天候:晴れ  
○参加者:計4名(PV4名)  
○観察テーマ:雪ならではの観察


数日前の雪のため箱根の道は注意が必要とニュースで伝えていました。当日は道の心配ばかり気にしていましたがさすが一号線トラブルもなく安心です。

十二月の生情報はお休みしたので久しぶりの湯坂路です。歩き始めると凍ったところや雪に如何しようかと思案しつつ行けるところまではと足もとに気をつけながら進むと積雪40センチの湯坂路となりました。途中見事なつららを撮影したり記念写真を撮ったり思い出に残る日になりました。今まで気がつかったナツグミをしっかり観察したのは大いなる収穫でした。今回は常緑樹を見て進みましたがあまり見ていないことに気付きます。

雪ならではの観察もできました。足を止めたところで見かけたヒイラギは葉が丸く棘がない。古木になると葉の鋸歯や棘がなくなります。見上げるとミズキにからまり沢山の実をぶら下げたフジ、今まで花が咲いているのを気がつかずにいました。センブリの立ち枯れているのをつまみ口にするとその苦い事、良く効く薬と実感します。

湯坂路入口近くに工事予定の看板がありました。神奈川県自然環境保全センターの育成複層林整備業務工事で2月13日とありました。次回はどんな景観が見られるのでしょう。


○観察した主な植物○
【冬芽を観察したもの】
コクサギ、ホウノキ

【蕾を観察したもの】
アセビ、クロモジ、ヒイラギナンテン、フサザクラ

【果実を観察したもの】
アオキ、キヅタ、フジ、リョウブ

【その他、観察した植物】
アカガシ、アスナロ、イヌツゲ、ウラジロガシ、オオハナワラビ、オカメザサ、カヤ、カンスゲ、コカンスゲ、サワラ、シロダモ、スギ、スズタケ、ツルマサキ、テイカカズラ、ナツグミ、ノキシノブ、ハコネダケ、ヒイラギ、ヒサカキ、ミズキ、ミヤマカンスゲ、ヤブツバキ

○観察した鳥○
アオジ、ジョウビタキ、ヒヨドリ

 
スポンサーサイト