FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2007.3.28湯坂路(国道1号~鷹巣山~浅間山~小涌谷駅)

○天候:晴れ
○参加者:計4名(PV4名)
○観察テーマ:オオハンゴンソウ


2月に観察をしたケヤマハンノキはすでに地面に茶色のひも状の雄花を落としカエデの赤い芽吹きやマユミの鮮やかな緑が眩しい。暖かな日差しに鳥たちの声も明るく聞えてゆっくり歩いているのに汗ばんでくる。

石畳上部からオオハンゴンソウのロゼットが目立ち始めて数本抜いてみようとしたが困難でかなりしぶとい植物だと思い知った。昨年駆除した跡地に生き残ったオオハンゴンソウがどれだけ程はびこるのでしょう。みんなで危機感を感じた。

途中でネズミの死骸を拾い帰りに県博物館に立ち寄りH先生に教えていただこうと思いましたが、出張で後日、赤ネズミと教えていただきました。拾った時、Oさんも赤ネズミですよ、言われていました。松ボックリなども食べているようです。

行きは気づかなかったフサザクラの雌しべなどを観察しました。


○観察した主な植物○
【蕾を観察した植物】
キブシ、クサボケ、ダイコンソウ、ツルシキミ

【花を観察した植物】
アオキ、アセビ、アブラチャン、オオバヤシャブシ、オニシバリ、コハコベ、セントウソウ、タチツボスミレ、タネツケバナ、ミズタネツケバナ、ミツマタ、ミヤマネコノメ、ヤブツバキ、ヤマハンノキ、ヨゴレネコノ

【実を観察した植物】
オオハナノワラビ、キズタ、フサザクラ

【観察したスゲ植物】
カンスゲ、コカンスゲ、ハコネイトスゲ、ヒカゲスゲ、ヒメカンスゲ、ホンモンジスゲ、ミヤマカンスゲ

○観察できた野鳥○
ウグイス、シジュウカラ、ミソサザイ、ヤマガラ

○その他○
アカタテハ、ビロードツリアブ、ワカバグモ

 
スポンサーサイト