FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース  2018年11月5日(月) 

 歩き始めるとまもなく雨が降り始めました。傘をさす人、雨具を着る人、それぞれに準備万端、改めての歩き始めです。昨年、センブリを沢山見られたところを確認するため寄り道。今年はセンブリが少なく雨のため花も開いていませんでした。しばらくすると青空が広がりいつものように鷹巣山のベンチにて昼食。千条の滝に下る途中ではキッコウハグマの開放花が初々しく沢山見られ大満足の湯坂路になりました。

キッコウハグマ  キク科 モミジハグマ属
多年草。葉には長い柄があり花茎の下に輪状についています。筒状の総苞の中に3個の小花が集まって一つの花に見えます。白い花は開放花です。例年、閉鎖花ばかりで今年のように花が沢山見られたのは初めてです。
キッコウハグマ湯坂路181105

リンドウ    リンドウ科  リンドウ属
葉は対生で3本の葉脈がめだち花は茎の上部に集まってつきます。花冠は青紫色で5つに裂けて裂片の間に小さな副片があります。花冠の内側には茶褐色の斑点があります。閉じていた花が青空にようやく開きました。
リンドウ湯坂路181105

リュウノウギク  キク科 キク属
葉は互生し卵形から広卵形で、浅く3裂しています。葉裏は灰白色。葉裏の毛をしっかり観察し丁字毛が密生しているのを確認しました。花は茎の先につき、舌状花は白色で中心の頭状花は黄色。寒さに白色の花がピンク色を変化しているのを見かけました。リュウノウギクが咲くと秋の終盤を感じます。
リュノウギク湯坂路181105

ツルリンドウ  リンドウ科 ツルリンドウ属
つる性の多年草。葉は対生しています。夏に淡紫色で筒形の花を観察していますがこの写真の場所では花には気づきませんで
した。赤紫色の果実は美しく目立っていました。来夏にはこの場所の花を確認したいものです。
ツルリンドウ湯坂路181105

ハナタデ  タデ科 イヌタデ属 別名:ヤブタデ
林縁の半日陰に見られました。茎は根元を這って立ち上がっています。近くにイヌタデ(別名:アカマンマ)やナガボハナタデなども観察出来ました。湯坂路ではこの仲間のネバリタデも見られましたが今年は草刈りされて確認できませんでした。
ハナタデ湯坂路181105

アキノキリンソウ  キク科 アキノキリンソウ属 別名:アワダチソウ
多年草、日当たりのよい尾根道にまだ花が咲き残っていました。根生葉は花時期には枯れています。オミナエシの花も少し咲残っていましたがアキノキリンソウは黄色く目立ちました。
アキノキリンソウ湯坂路181105

コバノガマズミ  レンプクソウ科 ガマズミ属
落葉低木。葉は対生し、倒卵状長楕円形。葉の両面に星状毛があり、葉柄は5mmほどで托葉があります。この時期、果実が赤く色付いていました。湯坂路入口近くのガマズミも沢山の果実をつけていました。
コバノガマズミ湯坂路181105

ヤマラッキョウ  ネギ科 ネギ属
地下にある鱗茎は観察したことがありません。茎は線形、花は茎頂に散形状で紅紫色に咲きます。雄蕊は花被片より長く突き出ています。今日は水滴が美しく見られました。
ヤマラッキョウ湯坂路181105

シロヨメナ キク科 キク属
葉は3本の主脈がはっきり見られ、葉は茎を抱かずに縁にあらい鋸歯があります。頭花は散房状につき舌状花は白色で総苞片は鈍頭です。群れて咲いており周辺が明るく美しく彩っていました。
シロヨメナ湯坂路181105

ミズナラ   ブナ科 コナラ属
幹の木肌は灰褐色。大木の枝が折れて落ちていました。ほとんど葉柄はなく葉の縁には荒い鋸歯があります。コナラは低地に見られミズナラは標高が高い山間部に見られます。今回は黄葉の枝が目の前で見られることが出来ました。
ミズナラ湯坂路181105

モリイバラ   バラ科 バラ属
落葉の小低木。葉の裏がバラ属の中では最も白く、花や果実は一つです。花茎には線毛が見られます。毎年、観察している木ですがあまり花を見る機会に恵まれず今回、赤い果実を10個近く見られたので花は咲いたのでしょう。
モリイバラ湯坂路181105

本日のトップ10
1、 キッコウハグマ
2、 リンドウ
3、 リュウノウギク
4、 ヤマラッキョウ
5、 ツルシキミ
6、 ヤブコウジュ
7、 ナガエオオカモメヅル
8、 アリノトウグサ
9、 モリイバラ果実
10、 ガマズミ果実

報告者:箱根PV  山本
スポンサーサイト

湯坂路自然情報コース 2018年10月1日(月)

 前日の大型台風24号が過ぎ去り朝から晴天の湯坂路でしたが強風でススキが大きく揺れていました。9月3日は雨のため中止となり、久しぶりの生情報でしたが交通機関の不通などで参加出来ない仲間や東名利用の方は御殿場から出られずやむなく引き返し参加を断念した仲間など、予定時間に間に合った仲間は千条の滝から登り、有料道路の閉鎖で大幅に遅れたメンバーは湯坂路入口から歩き途中で合流し鷹の巣山のベンチで昼食。今回の湯坂路は変則的な観察になりました。9月22日には湯坂路の草原の花の様子を参加できる4人と観察して歩きましたが今日の湯坂路ではその日の花はほとんど観察できず、10日間ほどで蕾のキントキヒゴタイやヤマトリカブトも咲いていました。目的のヒゴダイ属のキントキヒゴダイ、キクアザミ、ミヤコアザミは無事に観察できました。

キントキヒゴタイ 別名:(センゴクヒゴダイ)キク科 ヒゴダイ属
産地の金時山からつけられた名前。神奈川県内では7種類のヒゴダイ属が見られるようですが、箱根では4種類が見られますが湯坂路ではキントキヒゴダイ、キクアザミ、ミヤコアザミの3種が観察できます。多年草で葉にバイオリン状の湾入があったりなかったりしています。総苞には蜘蛛毛があり総苞片の先は鈍く尖って反り返っています。
キントキヒゴタイ湯坂路181001

ミヤコアザミ   キク科 ヒゴダイ属
多年草、葉の上面面には短い毛があり披針形から長楕円形で羽状に深く切れ込みタムラソウの葉に良く似ています。以前より椿の植栽で少なくなっていましたが今年は鹿に食べられ無残な状況を目にしました。危機的状況を感じてしまいました。ミヤコアザミの近くに鹿の歩く道が出来ていました。
ミヤコアザミ湯坂路181001

ナガエオオカモメヅル(果実)  キョウチクトウ科 オオカモメズル属 
夏に花を観察した蔓植物。面白い果実が今年は5~6個も長い花柄が揺れていました。今回は多くの果実に出会えてラッキーな湯坂路でした。
オオカモメヅル湯坂路181001

ツリバナ  別名:(ツリバナマユミ)  ニシキギ科 ツリバナ属
風情がある花や果実のツリバナをしっかり観察していないことを実感しました。種子の落ちた花盤だけを手にしばし考え少し歩いたところにこの枝が目に入りツリバナと同定できました。愛らしい花からこんな実になるのが不思議です。
ツリバナ湯坂路181001

アケボノソウ  リンドウ科 センブリ属 
昨年は花に出会えないままでしたが今年は立派に育っていました。今回、花が咲いていました。風に揺れてほとんどがピンボケでしたがアケボノソウのゆれる姿に感動しました。
アケボノソウ湯坂路181001

ガマズミ  レンプクソウ科 ニワトコ属
湯坂路入口近くに赤く色づいて青空に映えていました。風が強くなかなか厳しい撮影でした。ガマズミの仲間は花や果実、紅葉なども楽しめる落葉低木です。葉は対生で若い枝や葉には柔らかな毛がビロードのように感じます。赤い実は霜に当たると甘くなるようです。
ガマズミ湯坂路181001

アキノキリンソウ 別名(アワダチソウ) キク科 アキノキリンソウ属
草原の尾根を歩くと黄金色に咲くこの花が目立ちます。同じ色のオミナエシの花はすでに終わっていました。茎につく葉は互生で翼があります。総状から散房状に花序を出し多くの花をつけます。頭花は舌状花と頭状花で黄色。春に咲くベンケイソウ科のキリンソウに似て秋に咲くとこらからつけられた名前。
アキノキリンソウ湯坂路181001

ツリガネニンジン キキョウ科 ツリガネニンジン属
縁に鋸歯のある葉は輪生しています。草刈りされて草丈が例年より短かいようですが花はまだ痛みもなく蕾も見られました。花の形を釣鐘に見たてて付けられた名前のようです。めしべが花より先に出ていいます。がく片には小さな鋸歯があります。
ツリガネニンジン湯坂路181001

ケヤキ  ニレ科 ケヤキ属
身近で親しみ深い樹木の一つです。今回は嵐に落ちた枝や果実などいろいろ観察できとても有意義な日でした。いつも見ているケヤキは大木ばかりで花や果実を見る機会が少ないように思います。花は風媒花で地味です。木枯らしが吹くころ果実の付いた小枝が落ちています。果実の付いた小枝の葉が翼の役目を果たしています。 
ケヤキ湯坂路181001

サルナシ  マタタビ科 マタタビ属
落葉する木本のつる植物です。これまで気づかないところで花が咲き果実を付けていたようです。落ちていた場所を今後は注意して歩きたいと思います。キュウイフルーツと同じ味がします。   
サルナシ湯坂路181001

ハリギリ  別名:(センノキ) ウコギ科 タラノキ属
遠くに花を見ることできますが今回のように足元に落ちていた花火のようなハリギリを観察したのは初めてです。枝や幹に刺があります。7~8月に黄緑色の花が群がって咲きます。小さな球形の実の熟したのは小鳥の好物のようです。
ハリギリ湯坂路181001

エゾオナガバチ  ヒメバチ科 オナガバチ亜科
エノキやヤマハンノキの立がれた木に飛来してながい産卵管を差し込み木の中に住むキバチ類に寄生するそうです。湯坂路で初めて見られました。産卵管の長いのには驚きです。
エゾオナガバチ湯坂路181001

今月のトップ10
1、 キクアザミ
2、 キントキヒゴタイ
3、 ミヤコアザミ
4、 ナガエオオカモメヅル(果実)
5、 ツリバナ(果実)
6、 タムラソウ
7、 アケボノソウ
8、 エゾオナガバチ(昆虫)
9、 イチモンジセセリ(蝶)
10、アサギマダラ(蝶)

報告者:PV 山本

湯坂路自然情報コース 2018年8月27日

今年は8月6日と27日に2回の生情報を計画しました。この間の移り変わりは大きいものでした。あれほど見事に目立っていた大型のシシウドや沢山集まっていた昆虫はすっかり姿を消していました。すでに秋の訪れを告げてオミナエシやツルリンドウドウが咲いていました。

アマチャヅル (ウリ科 アマチャヅル属)
 日陰で見られる多年草のつる植物。昨年、特徴のある果実を観察していた場所に小さな花が咲いていました。雌雄異株のアマチャヅルの葉には甘みがあり薬草として利用され一時少なくなったことがありました。
アマチャヅル湯坂路180827

イヌトウバナ   (シソ科 トウバナ属)
 シソ科の植物は茎が四角です。湯坂路では何種類ものシソ科の植物が観察できます。次回はイヌコウジュやヒメジソなどが観察できそうです。
イヌトウバナ湯坂路180827

アリノトウグサ  (アリノトウグサ科  アリノトウグサ属)
 尾根道の日当たりの良いところに生えている多年草。小さな花を果実と見分けると面白いです。名前は花を小さな蟻に見立ててつけられたようです。
アリノトウグサ湯坂路180827

オミナエシ  (オミナエシ科  オミナエシ属)
 オトコエシより優しい感じから付けられた名前のオミナエシ。秋の七草の一つ。ススキの中に黄色が目立ちます。花色は黄色がオミナシでオトコエシは白色です。湯坂路では両方が見られます。果実には翼が見られ、オトコエシには翼がありません。
オミナエシ湯坂路180827

ヤマノイモ  (ヤマノイモ科  ヤマノイモ属)
 つる植物の多年草。葉はハート形で先がとがる。雌花は下向きに子房下位で雄花は上向きの白い花でどちらも花被片は開かず球状に見えます。葉腋につくムカゴは腋芽が伸びずに栄養を蓄えたもののようです。
オニドコロ湯坂路180827

ツルリンドウ   (ツルンドウ科  ツルリンドウ属)
 日差しを避けて樹林下で昼食をした脇に咲いていました。花より赤紫色の果実が目立ちます。花は淡紫色の筒形で花冠の先が5つに裂けていて間に副片があります。これから花や果実が観察できます。
ツルリンドウ湯坂路180827

コチヂミザサ  (イネ科  チヂミザサ属)
 里ではケチヂミザサをよく見ますが箱根では毛が目立たないコチヂミザサが多く見られ茎は地を這って広がり葉は波打っています。紫色の長い第一包頴が粘ります。
コチヂミザサ湯坂路180827

ノブキ  (キク科  ノブキ属)
 やや暗い樹林下に生えています。フキに似た葉の茎には翼があります。花はをよく見ると外側の筒状花は雌花で中心部の筒状花が雄花でです。果実には腺毛があり秋に近くを通るとズボンの裾などに付くことがあります。
ノブキ湯坂路180827

ヤマハギ  (マメ科  ハギ属)
 多くの枝を根元から出す小低木。花序は葉より長く出して咲きます。鷹ノ巣山の周辺ではマルバハギとヤマハギが見られますがマルバハギは少ないです。秋の七草のひとつです。
ヤマハギ湯坂路180827

ハンゴンソウ   (キク科  キオン属)
 葉は深く切れ込み互生しています。花は黄色の舌状花と頭状花があり、多 くの花が集まっています。湯坂路では急な坂を下るときに見られます。 反魂草は幽霊の手に見立ててた大きな葉で死者をあの世から呼び戻すと言われている。
ハンゴンソウ湯坂路180827

ゲンノショウコ  (フウロウソウ科 フウロウソウ属)
 湯坂路では白色の花が多く見られますが今回は赤色の花がいつもの場所に咲いていました。茎は地を這っています。葉は互生し掌状に切れ込んでいます。西日本には赤い花が多く、東日本では白色の花が多いと言われています。
ゲンノショウコ湯坂路180827

タマゴタケ   (テングタケ科)
 幼菌の時は白い幕に覆われていて卵型で育ってくると膜の上部が破れて赤い傘が現われる、シイ、ナラ、ブナ、モミなどの樹林下に見られます。 やはり秋を感じるキノコです。
タマゴタケ湯坂路180827

イチモンジセセリ  (セセリチョウ科)
 秋になるとこの蝶に良く出会います。目が大きくてとても愛らしいです。もう一種類のセセリ蝶の仲間にも出会えましたが同定できませんでした。
イチモンジセセリ湯坂路180827

今月のトップ10
1、シラヤマギク
2、ツルリンドウ
3、タテヤマギク
4、ホソエアザミ
5、オミナエシ
6、ヤマホトトギス
7、ミズタマソウ
8、イトハナビテンツキ
9、スジクワガタ
10、タマゴタケ
                  
報告者 : 山本

湯坂路自然情報コース 2018年8月6日(月)

 猛暑が続く日々ですが気温27度と快適な湯坂路です。この日は参加者3名とかってこのような少人数はない事でしたが、それなりにじっくり植物などの観察をしながら歩くことが出来ました。まだオオナンバンギセルには早いかと思っていましたが、もう咲き始めていました。シシウドはかってないほどの花盛りでした。

シシウド  (セリ科 シシウド属)
 尾根道の草原に大型でよく目立ちます。この日はひときわ美しいシシウドを観察できました。この花にハナアブや甲虫類が蜜を吸いに集まっています。
シシウド湯坂路180806

アキノタムラソウ  (セリ科 アキギリ属)
 シソ科の茎は四角形です。茎の上部に長い花穂をのばして、青紫色の花を輪生状につける。尾根道の草原脇のあちこちに群れて咲いていました。
アキノタムラソウ湯坂路180806

バライチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
 茎には鍵形の細い棘があります。葉をバラに似ているところから付けられました。花は4センチほどで大きい。
バライチゴ花湯坂路180806

バライチゴ果実  (バラ科 キイチゴ属)
 果実は広楕円形で紅く熟し食べられるが味が薄く美味しくはない。
バライチゴ実湯坂路180806

イヌトウバナ  (シソ科 トオバナ属)
 茎は四角で、葉は対生しています。葉の裏面に腺点があります。花は白色でやや淡紅紫色帯びています。葉腋に輪生して、花冠は唇形で小さい。 
イヌトウバナ湯坂路180806

オオバギボウシ (キギカクシ科 ジボウシ属)
 尾根道の草原脇に見られる多年草。葉はまるく大きい。花茎は1メーチルと大きくなり花も大きい。今年は花時期が早く上部にしか花が見られませんでした。
オオバギボウシ湯坂路180806

コバギボウシ (キジカクシ科 ギボウシ属)
 葉が細長くスマートでオオバギボウシとの見分け方は容易です。花弁の内側に濃紫色の線があり花もオオバギボウシより小さい。
コバギボウシ湯坂路180806

ヌマトラノオ  (サクラソウ科 オカトラノオ属)
 湯坂路コースではオカトラノオとヌマトラノオが見られ、オカトラノオとヌマトラノトの雑種でイヌヌマトラノオが見られます。昨年より増えていました。ヌマトラノオの花穂はオカトラノオより細く真直ぐです。
ヌマトラノオ湯坂路180806

ジャコウアゲハ  (アゲハチョウ科)
 ジャコウアゲハの食草はオオバウマノスズクで湯坂路では幼虫をよく見かけていました。今日は羽化したばかりなのか?じつと動ない蝶に出会えました。 
ジャコウアゲハ湯坂路180806

ナワシロイチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
 茎は蔓状に伸びて地を這っています。茎にはかぎ状の棘があります。葉裏は細毛で覆われて灰白色です。花は紅紫色をしていますが花弁は開きません。果実は球形で紅熟します。
ナワシロイチゴ湯坂路180806

トンボソウ  (ラン科 トンボソウ属)
 花をトンボに見立ててつけられた名前のようです。葉は下部に2枚つけています。湯坂路ではオオバノトンボソウも見られますがこの時期すでに花は終わっていました。花に出会うのは年によって違い、同じ月、同じ日に歩いても同じ花には出会えません。
トンボソウ湯坂路180806

今月のトップ10
1、シシウド
2、アキノタムラソウ
3、イヌヌマトラノオ
4、イヌゴマ
5、ヒメヤブラン
6、オオナンバンギセル
7、ヤマハギ
8、タテヤマギク
9、ジャコウアゲハ
10、トンボソウ

報告者 : 山本

湯坂路自然情報 コース  2018年7月2日(月)

初めてこのコースを歩くPV2名を加えて7名で出発しました。昼食後、鷹巣山からの林道を跨いで谷沿いに千条の滝に下る道が『蜂で危険のため通行禁止』となっていました。そのため浅間山を経由して千条の滝に下りました。7月早々から夏本番の暑い日が続く中の自然情報でしたが、風が吹いていたため暑さが和らいだ観察日和でした。


ヤシャブシ  (カバノキ科 ハンノキ属)
 落葉小高木。雌雄同株。春に花を観察しましたが今月は果実が良く目立っていました。果穂にタンニンが多く含まれているところから染料に使用されていました。
ヤシャブシ湯坂路180702

ミズキ  (ミズキ科 サンシュユ属)
 国道沿いでの観察です。風が強く枝が揺れるたびに果実が青空にキラキラと光る様子をしばらく見上げていました。落葉高木で枝は水平に広がり葉は互生に付いています。今はまだ青い果実ですが紫黒色に熟します。
ミズキ湯坂路180702

ヤマアジサイ  (アジサイ科 アジサイ属)
 落葉低木、葉は対生しています。花のように見えるのは装飾花。やや湿りけのある場所に見られるので別名の「サワアジサイ」の名前があります
ヤマアジサイ湯坂路180702

シモツケソウ  (バラ科 シノツケソウ属)
 湯坂路尾根道にたくさん見られるシモツケソウですが今日はまだ咲き始めたばかりでした。多年草で毎年湯坂路での花時期が楽しみです。同じ花色の木本のシモツケがありますが花は少し早く咲きます。
シモツケ湯坂路180702

オカトラノオ (サクラソウ科 オカトラノオ属)
 多年草で茎の上部に総状花序をつけます。長い花穂の先が垂れ下がっています。花は片側にかたよって咲きます。オカトラノオが沢山見られるところに花穂に立っている良く似たヌマトラノオも見られます。
オカトラノオ湯坂路180702

フジアカショウマ (ユキノシタ科 チダケサシ属)
 多年草でアカショウマの高地型と言われています。湯坂路では草丈が大きく花も大きく思われますが駒ケ岳などでは小型です。葉には艶があり、花色はピンク色の濃いものから白色が見られます。
フジアカショウマ湯坂路180702

テリハノイバラ  (バラ科 バラ属)
 落葉の低木で這って広がっています。名前のテリハは葉に光沢が見られるところからつけられています。
テリハノイバラ湯坂路180702

シロバナイナモリソウ (アカネ科イナモリソウ属)
 林下に群がって見られるポイントが湯坂路のコースにありますが今日はまだつぼみが多い時期でした。満開の時期に出会えるのは難しいです。
シロバナイナモリソウ湯坂路180702

オオカモメヅル(キョウチクトウ科オオカモメヅル属)
 ガガイモ科になじんできたが新しくキョウチクトウ科になったオオカモメヅルの花が見られました。湯坂路には同じ仲間のナガエオオカモメヅルも見られます。
オオカモメヅル湯坂路180702

オオバジャノヒゲ(キジカクシ科 ジャノヒゲ属)
 千条の滝に下る林蔭に見られる多年草です。地下にランナーを伸ばして広がりますが場所によっては一株ずつ見られました。 以前はユリ科でしたがキジカクシ科になりました。草原ではヒメヤブランが見られ下り道ではナガバジャノヒゲも見られました。
オオバジャノヒゲ湯坂路180702

ツチアケビ  (ラン科 ツチアケビ属)
 ナラタケに共生している腐生植物。先月蕾を見つけていた場所に蜂が発生しているため通行止めになっていたため確認できませんでしたが千条の滝近くの岩の間から咲いているツチアケビを見ることが出来ました。秋にはババナに似た紅色の5~10cmの果実が見られます。
ツチアケビ湯坂路180702

イノシシの蒐場を観察中の仲間たち 
 湯坂路では初めて見られたイノシシの蒐場です。蒐場には小さな足跡が見られました。
イノシシの蒐場湯坂路180702

水道施設の金網に寄りかかるようにウワミズザクラの倒木が見られました。先月はヤマボウシやアブラチャンの倒木が見られました。ここのところ倒木をよく見かけます。
ウワミズザクラ湯坂路180702

本日のトップ10

1、 シロバナイナモリソウ
2、 フジアカショウマ
3、 オオバジャノヒゲ
4、 シモツケソウ
5、 オオカモメヅル
6、 アサギマダラ(蝶)
7、 ヤマアジサイ
8、 ツチアケビ
9、 オカトラノオ
10、 ナツグミ(果実)

報告者:箱根 PV  山本

FC2Ad