箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2017年12月4日

今年度最後の湯坂路生情報の日です。天候に恵まれ無事に歩くことが出来ました。道は紅葉の落ち葉、カラマツの黄金色が散り敷いていて素敵です。道の両側の草原は綺麗に草刈りされていましたが、いろいろな出会いがあり来春の期待につながりました。 

ツルリンドウ  リンドウ科 リンドウ属
 林などの半日陰に生える多年草。無毛で茎は細長いつるです。蔓の長いものは1mほどになりものに絡みついたり地を這っています。葉は対生につき花は淡紫色の鐘形で葉腋につきます。果実は球形の液果で紅紫色に熟し美しく花より目立ちます。
ツルリンドウ湯坂路171204

リョウブ  リョウブ科 リョウブ属
 冬芽は面白く特徴があります。2~3枚の芽鱗は早くにはがれて裸芽で冬を越します。写真を撮ったこの樹ではこの芽鱗の残っているのをさがしました。冬芽には毛があります。
リョウブ湯坂路171204

トウゲシバ  ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属
 林下に見られる常緑性のシダ。湯坂路では千条の滝への下り道にもあちこちに見られます。
トウゲシバ湯坂路171204


モミジガサ(別名:モミジソウ) キク科 モミジハグマ属
 葉が掌状に切れ込んで大きなモミジの葉のように感じます。花は円錐花序に白い頭状花をつけます。襲速紀要素(西日本の太平洋側)の植物で湯坂路でも出会えるのは嬉しいことです。風に飛ばされる前の姿に出会いました。 
モミジガサ湯坂路171204

オオモミジ  クロモジ科 カエデ属
オオモミジの鋸歯は単純です。この木にはまだ葉が沢山残っていました。わずかな風が吹いて数枚の葉が舞い落ちそっと拾いオオモミジを確認出来ました。箱根では15種のカエデの仲間が確認されていますがいつも歩く湯坂路では何種観察できるのかまだ確認したことがありません。
オオモミジ湯坂路171204

ウラジロ  ウラジロ科 ウラジロ属
これまでウラジロを見てもなぜか記録していませんでした。まだ小さな株なのでまだ生えたばかりのようです。大きくなると2mにもなりますが毎年一対の葉をつけて成長します。葉裏が白くお正月のお飾りに利用されています。
ウラジロ湯坂路171204

ウツボグサ(別名:カコソウ)  シソ科 ウツボグサ属
日当たりのよい草地に生える多年草でこの季節このような姿で春を迎えます。基部から匍匐枝を四方に広げて苗を作ります。
葉は対生し柄があり茎の先端に5cmほどの花穂を一つけます。花は紫色ですぐ枯れるところから夏枯草(カコソウ)とも言われています。
ウツボグサ湯坂路171204

ツルシキミ(別名:ツルミヤマシキミ) ミカン科 ミヤマシキミ属
枝分かれした茎の下部は地を這っています。葉の表面は光沢があり裏面にはミカン科特有の油点が見られます。枝先に円錐状に白い花を多数つけよい香りがあります。果実は紅色に熟し球形。雌雄異株。
ツルシキミ湯坂路171204

タラノキ   ウコギ科 タラノキ属
 木肌には刺が多く見られる木です。葉身は二回羽状複葉で雌雄同株。夏に枝先に大きな花序が目立ちます。
この時期にまだ黒い果実が見られました。
タラノキ湯坂路171204

スノキ  ツツジ科 スノキ属  
落葉低木で赤く色づいた葉がまだ残っていました。小さなこの木は何年たっているのでしょうか?花が咲き果実が付くのは何年後なのでしょうか?
葉が酸っぱいのでスノキと名前が付けられました。
スノキ湯坂路171204

サルトリイバラ  シオデ科 シオデ属     
とげのある茎で葉には巻きひげがあります。葉は円形で無毛、雌雄異株ですから次回は花の時期に確認したいものです。
果実は丸く赤く熟します。
サルトリイバラ湯坂路171204

鹿の足跡
生々しい鹿の足跡が沢山見られました。以前、大きな鹿と遭遇したことが思い出されました。
シカの足跡湯坂路171204


本日のトップ10
1、 ツルリンドウ   果実
2、 ツルシキミ    果実
3、 サルトリイバラ  果実
4、 オオモミジ    紅葉
5、 マツゲゴケ    地衣類
6、 ウラジロ     シダ類
7、 タラノキ     果実
8、 ヤマツツジ    紅葉
9、 スノキ      紅葉
10、 クマイチゴ    葉

報告者:箱根PV  山本

スポンサーサイト

湯坂路自然情報コース 2017年11月6日

本格的な紅葉にはもう少し先のようですが2度の大型台風が上陸したため、かなりの葉が散ってしまったようです。落ち葉を拾い上げカエデの仲間を観察しました。尾根道では陽を浴びてリンドウの花が沢山みられ、ヤマラッキョウは例年に比べると少ない感じです。
浅間山手前から千条の滝に下る道に入るとツルシキミの赤い果実、キッコウハグマが沢山咲いていました。

キッコウハグマ  キク科 モミジハグマ属
 葉柄の長い葉が茎の下に集まっている多年草。葉は五角形で両面には毛がみられます。この葉の形を亀の甲羅に見たてたとか?花冠は細く切れ込んだ小花が3個集まっている。条件が悪いと花は見られず閉鎖花になってしまいます。
キッコウハグマ湯坂路171106

ヤマラッキョウ  ネギ科 ネギ属
 尾根道の草原に見られる。栽培種で中国産のラッキョウに似ているところからつけられた名前。葉は線形。花は茎頂に紅紫色で散形状に付き、雄しべは花被片より長く出ている。
ヤマラッキョウ湯坂路171106

リンドウ  リンドウ科 リンドウ属
 秋の代表的な花のようなリンドウが今年は日差しに花が沢山開いていました。葉は対生で先は尖っており3本の葉脈があります。花は茎の上部に咲きます。花冠は青紫色で5裂しています。
リンドウ湯坂路1106

リュウノウギク  キク科 キク属
 この花が咲くと今年の花も終わりの時期です。今年はすでに花弁がピンク色になっている花も見られました。葉は互生で裏面の白い毛をルーペで観察。花は茎の先に付き舌状花は白色で中心の頭状花は黄色です。鷹巣山の手前では群れて咲いていました。
リュウノウギク湯坂路171106

センブリ  リンドウ科 センブリ属
 茎はやや紫色をして葉は線形で対生で先が尖っています。白色の花は深く切れ込み5裂し目立たない筋が見られます。花冠の基部に長い毛と蜜線があります。千回煎じて振り出しても苦味が残ると言われているところから付けられた名前。 
センブリ湯坂路171106

ヤブコウジ  サクラソウ科 ヤブコウジ属
 常緑の小低木。高さ10cmから25cmほど。細くて長い匍匐する茎がある。茎の上部に対生した葉が輪生状につきます。冬に赤い実が目立ちます。最近、湯坂路では少なくなってきました。
ヤブコウジ湯坂路171106

ヤマユリ  ユリ科 ユリ属
 豪華に咲いていたヤマユリの果実です。この果実を揺らすと隙間から翼のある種子が風に流れるように散ってゆきます。
神奈川県の花です。ヤマユリのポリネーターはアゲハチョウやスズメガの仲間と言われています。
ヤマユリ湯坂路171106

オオハナワラビ ハナヤスリ科 ハナワラビ属
 冬に見られるハナワラビの仲間。少し湿った林下に見られます。沢山見られたオオハナワラビが最近少なくなっています。
栄養葉は長さ10cm~20cmで胞子葉は地表に近くで分枝し柄は15cm~35cmで胞子のう穂は10cmで栄養葉よりも長い。
オオハナワラビ湯坂路171106

テンナンショウの仲間  サトイモ科
 花の少なくなった湯坂路ではテンナンショウの赤い実があちこちで目立ちます。この株は雌株だったので実が出来ました。この仲間は雄から雌に性転換することで有名な植物です。まだ青い実が見られます。。全草毒がありますがイモ状の地下茎は特に有毒だそうです。
テンナンショウの仲間湯坂路171106

ヒイラギ  モクセイ科 モクセイ属
 集合場所に木へんに冬と書くヒイラギに白い花が咲いていました。この木は大きな木で葉に刺のような鋸歯はなく丸く、かなり古い木のようです。昭和55年、まだ皇太子妃だった美智子妃殿下の「柊の老いし一木は刺のなき全縁の葉となりたるあわれ」の御歌を思いだしました。
ヒイラギ湯坂路171106

クサギカメムシ   カメムシ科 
 このカメムシは普通に見られるようですが今回初めて目にすることが出来ました。メンバーに教えていただき出会いました。幼虫はスギ、ヒノキの球果のようです。この虫には悪臭があるようです。
クサギカメムシ湯坂路171106

本日のトップ10
1、 キッコウハグマ
2、 リンドウ
3、 センブリ
4、 リュウノウギク
5、 ツルウメモドキ
6、 ムラサキシキブ
7、 ツルシキミ、
8、 コミネカエデ
9、 ヒメツチハンミョウ
10、 タンザワフキバッタ

報告者:箱根 PV  山本

湯坂路自然情報コース 2017年10月2日

 暑くなく寒くもない観察日和。メンバー3人は金時山の下見、体調が悪くなられた2人が参加できず残念でしたが秋草を堪能できました。特にキク科やイネ科の植物が多く観察できました。今日は朝から何故か鳥たちの鳴き声や姿が少なかったような気がしました。ヤマラッキョウ、キッコウハグマ、リンドウ、センブリは蕾ばかり花は次回のお楽しみのようです。

コブナグサ  イネ科 コブナグサ属
茎は分枝して地面を這って節から根を出します。葉の卵形で縁は波打っています。
基部は卵形で茎を抱き縁に毛が見られます。花序は掌状に広がって見えます。
八丈島の黄八丈はこの草から染められています。
コブナグサ湯坂路171002

キントキヒゴダイ  キク科 トウヒレン属
湯坂路では沢山のキントキヒゴダイが観察できます。最近は鹿の食害が気がかりです。
別名:センゴクヒゴダイ。
葉にはっきりとした湾入があったりなかったりしています。総苞は長さ13cm~15cm、幅8mm~10mmで蜘蛛毛があり、片の先は鋭く尖り先が反り返る。
キントキヒゴタイ湯坂路171002

イヌガンソク  コウヤワラビ科 コウヤワラビ属
 大型で夏緑性のシダ。湯坂路では数か所で見られます。葉は栄養葉と胞子葉があり胞子葉は夏以降に見られます。胞子葉ははじめは緑色ですが茶色になって栄養葉が枯れても残っています。しっかり冬でも目立っています。
イムガンソク湯坂路171002


ヤマハッカ  シソ科 ヤマハッカ属
 ハッカに似ている葉で山に生えているところから名付けられたとか?
茎は四角で葉は対生。集散花序の幅は狭く青紫色の小さな花をつけます。花冠は唇形で上弁に濃い紫色の斑点が見られます。
ヤマハッカ湯坂路171002


ミツバヒヨドリバナ  キク科 ヒヨドリバナ属
 9月にホシナシサワヒヨドリを観察しました。探しても見つからなかったミツバヒヨドリバナを今回見つけることが出来ました。
葉の三行脈や基部が三つに分かれているのを確認しました。
ミツバヒヨドリバナ湯坂路171002

ツルニンジン  キキヨウ科 ツルニンジン属
 つる性で根がチョウセンニンジンに似ているところからつけられた名前。
ジイソブとも言い、木曽地方の方言がソブはそばかすの事で御爺さんのソバカスのようです。葉が互生でも輪生に見えます。湯坂路では少なく今回花の終わったのが見られました。下向きに咲く花が終わると上を向いていました。
ツルニンジン湯坂路171002

サラシナショウマ  キンポウゲ科 サラシナショウマ属
 葉は2回3出複葉で小葉は卵形で不揃いな鋸歯がある。白い花が総状に付き
近づくとよい香りがします。
湯坂路には良く似たイヌショウマもありますが今年は花が見られませんでした。
サラシナショウマ湯坂路171002

マルバダケブキ  キク科 メタカラソウ属
 根生葉は長い葉柄があり葉は大きな腎円形で縁には鋸歯があります。
花茎につく葉は基部が膨らみ茎を抱いています。頭花は大きく8センチ内外もあります。茎の上部に散房状の黄色の花をつけ舌状花は10個内外。
マルバタケブキ湯坂路171002

キントキシロヨメナ  キク科 シオン属
別名:カミヤマシロヨメナ。 
茎に毛が多く見られます。シロヨメナに似ていますが花は少し小さく見えます。
痛んだ花もなく清々しく秋を彩っていました。
キントキシロヨメナ湯坂路171002

ミヤコアザミ  キク科 トウヒレン属
 湯坂路では尾根道の両側に椿が植栽されていますが以前はかなり沢山見られたミヤコアザミが激減したように思います。
草原に生える多年草、根生葉は花時期にも残っています。茎葉は長楕円形で深裂している。頭花は幅1cmほどで総苞片は鈍等頭。
ミヤコアザミ湯坂路171002

アキノキリンソウ  キク科 アキノキリンソウ属
 別名:アワダチソウ
葉は互生し柄には翼がある。葉は卵形~卵状狭楕円形で葉先が尖っている。散房状の花序は多数の頭花をつける。頭花は黄色で多数。
アキノキリンソウ湯坂路171002

マルバフジバカマ  キク科 ヒヨドリバナ属
北アメリカ原産の多年生草本。太い根茎から直立した茎がでる。高さ1mほどになり上部で枝分かれして直径5mm程の白い筒状花を多数つける。道路わきなどで繁茂し目立ちます。茎葉は
湯坂路でも見かけるようになり繁殖力が旺盛なので心配になります。
マルバヒヨドリバナ湯坂路171002

本日のトップ10
1、 ヤマハッカ
2、 キントキヒゴダイ
3、 ナギナタコウジュ
4、 ヤマトリカブト
5、 サラシナショウマ
6、 ツリガネニンジン
7、 ミヤコアザミ、
8、 キントキヒゴダイ
9、 アキノキリンソウ
10、 サラシナショウマ

報告者:箱根 PV  山本

湯坂路自然情報コース 2017年9月4日

集合場所に8期生2名を加え10人のメンバー、ビジター2名の12人がそろった時は雲量100パーセントの空を仰ぎました。
今日はサワヒヨドリをしっかり観察しようと相談しスタートしました。今までサワヒヨドリとしてきた中にホシナシサワヒヨドリ、ミツバサワヒヨドリ、ハコネヒヨドリ、などルーペで観察しながら目に入るサワヒヨドリをすべて見て歩きましたがなかなか確信が持てず残念でした。今回は何といってもヤマホトトギスの花の多さに感激した湯坂路になりました。
尾根道のススキの輝きはやや光に恵まれませんでしたがオミナエシの黄色が目立っていました。足元にはイヌトウバナやヒメジソが咲き始めていました。

ヤマホトトギス   ユリ科 ホトトギス属
草丈30~50センチほどで茎には毛は少なく葉の両面には短い毛が見られます。
千条の滝に下る樹林下に沢山見られました。
花は茎の上部や上のほうの葉腋から少し長い枝を出して咲き白い花の花被片は反り返り紫斑が見られます。
ヤマホトトギス湯坂路170904


オミナエシ   スイカズラ科 オミナエシ属
尾根道のススキ原の中に黄色く目立っています。以前より随分少なくなりました。
名前はオトコエシニに比べて花が優しく美しいからとか?
黄色の花を栗飯に例えて栗花と言うところがあるようです。
秋の七草の一つです。
オミナエシ湯坂路170904

モミジガサ  キク科 モミジガサ属
尾根道の木陰に生えていました。草丈は70センチ前後で葉は長さが15センチほどで5~7深裂し長い葉柄があります。
名前は葉がモミジに似ているところからつけられたようです。
花は目立ちませんが良く見ると筒状で葯が覗いています。
モミジガサ湯坂路170904

キンミズヒキ  バラ科 キンミズヒキ属
草丈が50~70センチほどあり、全体に毛が多く見られます。
葉は羽状複葉です。黄色の花は径6~8ミリと小さく蕊は10本でこの仲間のヒメキンミズヒキも見られますが蕊は5本で見分けられます。
キンミズヒキの大株はとても見ごたえがあります。
キンミズヒキ湯坂路170904

ヒヨドリバナ  キク科 ヒヨドリバナ属
草丈は1メートルを超えています。葉は対生し長さ10~15センチほどで葉裏には
腺点があります。花は白色ですが少し紫色がかっているのも見られます。
名前はヒヨドリが鳴くころに花が咲くからと言われています。
ヒヨドリバナ湯坂路170904

ヤマハギ   マメ科 ハギ属
湯坂路ではヤマハギやマルバハギがこの時期、花盛りです。
沢山の芽が根元から出て分枝して、葉は3出複葉で頂小葉が楕円形。枝先の葉腋から総状花序を出して紫紅色の花をつけています。
ヤマハギ湯坂路170904

ハンゴンソウ   キク科 キオン属
漢字で「反魂草」と書きあの世から死者の魂を呼び戻す意味があり、この草の
大きな葉を幽霊の手をイメージしたとか?
湯坂路では尾根道の急な斜面にのみ見られます。遠くから撮影しました。
葉裏に有ると言うやや縮れた毛は確認できませんでした。
ハンゴンソウ湯坂路170904

イトハナビテンツキ   カヤツルグサ科 ハタガヤ属
一年草。やや芝地のような場所に見られます。今年は大きな株が沢山見られて嬉しかったです。気をゆけないと見過ごしてしまいそうです。箱根では見かけることが少ない。
叢生し高さ大きくても30センチほどで葉は糸状で茎より短く苞葉は針状で目立たない。
イトハナビテンツキ湯坂路170904

ノブキ  キク科 ノブキ属
やや湿ったような木陰に見られます。草丈は50~70センチほどになります。フキに似た葉で茎には翼が見られ葉裏には綿毛が見られます。
頭花は5ミリほどで白色、花の中心部に雄花、周りに雌花が見られます。果実には腺体が見られます。次回に観察の予定です。
ノブキ湯坂路170904


ヤマアワ  イネ科 ノガリヤス属
草丈1メートルほどで目立ちます。鷹巣山での昼食時に見かけました。
名前は穂が粟に似ているから。基部には毛が多い。
ヤマアワ湯坂路170904

シュウブンソウ  キク科 シュウブンソウ属
草丈は40~50センチで3~4本ほどの茎を横に伸ばして生えている。葉の両面に毛が生えている。枝に淡黄色の花をつける。名前は秋分の頃に咲く花からつけられたとか?
シュウブンソウ湯坂路170904

今月のトップ10
1、 ヤマホトトギス
2、 モミジガサ
3、 サワヒヨドリ
4、 ヤマハギ
5、 キンミズヒキ
6、 ヒメキンミズヒキ
7、 シラヤマギク
8、 イヌトウバナ
9、 オミナエシ
10、イチモンジセセリ

箱根PV 山本

湯坂路自然情報コース 2017年8月7日(月)

 台風の影響が心配されていましたがいつものメンバー8名に加え8期生3名、ビジター2名と今回は参加者が多くもっとゆっくり観察しながら歩くことが出来たら良かったのですが、今にも降り出しそうな雲行きに急ぎ足になりました。鷹巣山で一休みしていると雨が降り出しましたが足元を注意しながら千条の滝まで歩くことにしました。頑張った甲斐があったのか千条の滝前のベンチで昼食となりました。
 ここでトップ10を話し合っていると本格的に雨が降り出しました。


シシウド (セリ科 シシウド属)
湯坂路の草原ではこの大型のシシウドが圧倒的に沢山見られ目立ちます。
夏の草原を代表し全体に毛が見られます。
この花には沢山の昆虫が集まっているので虫たちのレストランといわれたりします。
シシウド湯坂路170807

モミジガサ (キク科 コウモリソウ属)
葉の形が大きなモミジに似ているからつけられた名前です。
湯坂路ではまとまって花をつけていましたが地下の茎で増えているようです。
モミジガサ湯坂路170807

サンカクヅル  (ブドウ科 ブドウ属)
別名のギョウジャノミズは茎を切ると樹液が出て山中で修行する行者がこの液を飲んで喉を潤したところからつけられた名前です。
葉が三角形の形から付けられたとか。新しい葉の美しい紅色が陽に映えていました。
サンカクヅル湯坂路170807

ヤマニガナ  (キク科 アキノノゲシ属)
明るい草原に見られススキの奥にこの花が目立っていました。草丈が1メートル以上もありました。
ニガナの名前はこの草の液が苦い所から付けられました。
ヤマニガナ湯坂路170807

チダケサシ  (ユキノシタ科 チダケサシ属)
花が淡紅色で円錐状に小さな花を沢山つけています。
食用になるキノコのチチタケ(チダケ)を茎にさして持ち帰ったところから付けられた名前と言われています。
チダケサシ湯坂路170807

オオナンバンギセル  (ハマウツボ科 ナンバンギセル属)
イネ科などの根に寄生しています。湯坂路ではススキの根元に毎年見られます。
地上部の茎のように見られるのは花柄でその先に大きな紅紫色の大きな花をつけます。
白い蕾が多く花はまだこれからのようでした。
オオナンバンギセル湯坂路170807

ウバユリ  (ユリ科 ウバユリ属)
茎が長く伸び花が咲くころには葉がなくなり歯がなくなった姥になぞらえてつけられた名前と言われている。
茎の上部に3~4個の白色の花を横向きに付ける。花の基部は筒状で花の内側に淡紫色の斑点がある。
尾根道より奥のほうに花が咲いていました。
この株は花が咲いているのに葉が枯れずに残っています。
ウバユリ湯坂路170807

タテヤマグキ  (キク科 シオン属)
多年草。茎は節ごとの曲がりジグザグしている。舌状花は7~8個でまばらについています。
神奈川県と静岡県に分布している。
箱根では葉が掌状に深く切れ込んでいるミモミジバタテヤマギクも見られます。
タテヤマギク湯坂路170807

ツチアケビ  (ラン科 ツチアケビ属)
落葉樹林下に生育している。葉緑素を持たない腐生植物で全体に茶色。
黄褐色の大きな花は複総状花序に付きます。
果実は下向きにつきウインナーソーセージのようです。
ツチアケビ湯坂路170807

ヘクソカズラ  (アカネ科 ヤイトバナ属)
つる植物の多年草。全体の悪臭があるのでこの名前が付けられたと言われる。
別名のサオトメバナは早乙女のかぶる笠に見立てたところから付けられた。
もう一つの別名のヤイトバナは白い花の中心部の色をお灸の後に似ているから。
ヘクソカズラ湯坂路170807




今月のトップ10
1、シシウド
2、オオナンバギセル
3、タテヤマギク
4、シモツケソウ
5、オカトラノオ
6、イヌゴマ
7、オトギリソウ
8、ジャコウアゲハ
9、アサギマダラ
10、ヨツスジハナカミキリ

箱根PV 山本絢子



FC2Ad