FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2019年6月3日

 今回は花の端境期でしたが、蝶や小さな昆虫たちが沢山観察できました。仲間の一人にくわしく教えていただきました。コアジサイの花の時期かと思いましたがまだ蕾でした。テンナンショウの仲間もいろいろ見られました。今日は湯坂路を歩くグループに何組も出会いました。尾根道途中でヤマザクラの大木が倒れていました。

アオハムシダマシ (ゴミムシダマシ科アオハムシダマシ亜科)
青、緑、赤、紫に輝く虫で国内で玉虫の次に美しい甲虫と言われています。サンショウバラが好きで箱根ではよく見られるようです。
アオハムシダマシ湯坂路190603

オククルマムグラ   (アカネ科 ヤエムグラ属)
 名前は葉が車状に見えるところからつけられました。丁度花盛りの群落に出会いました。この仲間のキクムグラも観察しました。
オククルマムグラ湯坂路190603

カモガヤ    (イネ科 カモガヤ属)  別名:オーチャドグラス
 出発地の足元にカモガヤが目立ちました。牧草として植えられたものが帰化して各地に広がったようです。カモガヤによる花粉症もあるようです。
カモガヤ湯坂路190603

マユミ     (ニシキギ科 ニソキギ属)
 落葉小高木。葉は対生し柄があります。昨年の枝の葉腋から集散花序の 淡緑白色の小さな花をつけます。材に弾力性があり弓に利用されました。
マユミ湯坂路190603

湯坂路入り口に新しくなった標識
標識湯坂路190603

ハナニガナ   (キク科 ニガナ属)
ニガナやハナニガナが華やかに尾根道を彩っています。やや高地に見られるハナニガナです。舌状花が5~6枚のニガナより花弁が多く8~10枚ですが、混じり合って見られました。
ハナニガナ湯坂路190603

ウマノアシガタ   (キンポウゲ科 キンポウゲ属)
 花の端境期の湯坂路では黄色の花や白い花が見立ちました。根生葉は長い柄があり3深裂ですが変化が多いです。花は光沢のある5弁です。
ウマノアシガタ湯坂路190603

ハンショウヅル    (キンポウゲ科 センニンソウ属)
木本性のつる植物。葉は1回3出複葉ですが椿に絡まりよく見られません。花は葉腋から長い花柄をだし紫褐色の鐘型です。湯坂路では数か所で見られます。
ハンショウズヅル湯坂路190603

ツチアケビ    (ラン科 ツチアケビ属)
 今年も無事に見られました。次回には花が観察できそうで楽しみになります。樹林下に生える腐生植物。花は黄褐色で果実は赤色で下垂し肉質です。
ツチアケビ湯坂路190603

タンナサワフタギ    (ハイノキ科 ハイノキ属)
 6~7年ぶりに満開の花に出会いました。白っぽい樹皮が目立つ落葉低木。花は6~7ミリ程で枝先に集ってつきます。枝が横に広がり沢をふさぐようだとつけられた名前。
タンナサワフタギ湯坂路190603

ミノボロスゲ   (カヤツリグサ科 スゲ属)
 尾根道の踏まれるような場所にたくさん生えていました。叢生し花序は長さ3~5cmで小穂は雌雄性で5~8mm。箱根では多く見られます。
ミノボロスゲ湯坂路190603

ハナイカダ    (ハナイカダ科 ハナイカダ属)
 雌雄異株のハナイカダの雌木に果実が見られました。落葉低木です。葉の真ん中に花がつくところから筏に見立ててつけらました。
ハナイカダ湯坂路190603

イヌザクラ    (バラ科 ウワミズザクラ属)
 5月13日に蕾を確認していましたので残り花に出会えるかと期待していました。高い枝を少し下げてもらい観察できましたがすっかり花弁が落ち若い果実になっていました。
イヌザクラ湯坂路190603

ヤマトウバナ     (シソ科 トウバナ属)
 木陰に生える多年草。草丈は10~20cm。茎にはちじれた毛があります。花は茎の上部に付き、上弁は浅く二裂し花弁は3裂して白色です。千条の滝近くにカントウミヤマカタバミの葉に紛れて咲いていました。
ヤマトウバナ湯坂路190603

《本日のトップテン》
①アオハムシダマシ(昆虫)
②サンコウチョウ(野鳥、囀り)
③タンナサワフタギ(満開)
④ハナニガナ(満開)
⑤コアジサイ(花)
⑥ムラサキマムシグサ(花)
⑦ヤマツツジ(花)
⑧ハンショウヅル(花)
⑨ヤマトウバナ(花)
⑩ニシキウツギ(花)

箱根PV 山本

スポンサーサイト

湯坂路自然情報コース 2019年5月13日

 曇り空を見上げながら無事に予定のコースを歩きました。前回、歩いた4月22日のような色々なスミレで彩られていた尾根道は既に見られず鮮やかなニオイタチツボスミレがわずかに咲き残っていました。今回は色々な昆虫たちが観察でき季節の移り変わりを実感します。

ホウチャクソウ ( イヌサフラン科 チゴユリ属)
歩き始める場所に沢山見られましたが観察コースでは見られませんでした。この仲間はユリ科からイヌサフラン科に変更になりました。茎は枝分かれし、花は茎の上部に数個下垂しています。
ホウチャクソウ湯坂路190513

ヤマグワ    (クワ科 クワ属) 雌花
 今日の湯坂路ではヤマグワの雄花、雌花をしっかり観察できました。いつも目にしていたのは雄花が多かったように思います。
雄花序は尾状につきます。
ヤマグワ湯坂路190513

ナツグミ    (グミ科  グミ属)
 満開で見事な花付きです。今日の湯坂路では樹木の花が色々観察できました。葉の表面には星状毛に覆われ裏面は鱗状毛に赤褐色の鱗状毛が見られます。
ナツグミ湯坂路190513

ニョイスミレ 別名:ツボスミレ  (スミレ科 ニョウスミレ属)
 少し湿ったところにニョウスミレの花が見られました。桜の花の盛りが過ぎたころに咲くスミレの中では遅くに咲くスミレです。花は小さめで白く唇弁には紫色の繊細な筋が見られます。
ニョイスミレ湯坂路190513

ニガイチゴ    (バラ科 キイチゴ属)
上向きに咲く花があちこちで見られました。枝は粉白色を帯び、荒い棘があり、葉は荒く3裂し切れこみにない葉も見られ葉裏は粉色です。
ニガイチゴ湯坂路190513

バライチゴ    (バラ科 キイチゴ属)
 茎には細いかぎ型の棘が見られます。落葉小低木で茎には細い鉤形の棘があり、葉身は羽状複葉で縁には細かい鋸歯があります。枝先に4センチほどの白い花をつけます。
バライチゴ湯坂路190513

ヘビノネゴザ   (イワデンダ科 メシダ属)
 大株で見事なヘビノネゴザです。湯坂路ではあちこちで見られる夏緑性で葉は二回羽状深裂のシダです。葉柄基部の鱗片は中央が暗褐色で回りは淡い褐色で見分けられます。
ヘビノネゴザ湯坂路190513

ミツバアケビ   (ミツバウツギ科 ミツバウツギ属)
 落葉のつる性木本植物。見上げる木の枝に絡まっていました。葉は3出複葉で波状の鋸歯があります。花は下垂し雄花、雌花で濃暗紫色です。
ミツバアケビ湯坂路190513

ハコネダケの花   (イネ科 メダケ属)
尾根道にハコネダケの花を見つけました。なかなか出会うことがない花に足を止めての観察です。花がイネ科なのを確認できました。
ハコネダケ湯坂路190513

ヒメウワバミソウ   (イラクサ科 ウワバミソウ属)
 千条の滝周辺ではウワバミソウが見られます。ヒメウワバミソウは今回が初めての観察です。名前にヒメとつくように葉の鋸歯が少なく3~5コです。
ヒメウワバミソウ湯坂路190513

ウマノアシガタ  (キンポウゲ科  キンポウゲ属)
 根生葉は長い柄があり、掌状に3裂しています。葉の両面に伏毛があります。花は光沢のある5弁で中心部は雄蕊が見られます。
ウマノアイガタ湯坂路190513

カラマツ  (マツ科 カラマツ属)
 鷹ノ巣山近くのカラマツに若い果実が見られました。短枝につく葉は束生し長枝に葉は単生です。湯坂路のカラマツは植栽されたものでしょうか?
カラマツ湯坂路190513

イヌザクラ  別名:シロザクラ (バラ科 ウワミズザクラ属)
 花を期待していましたがまだ固いつぼみでした。葉につく密腺は目立ちません。花もウワミズザクラに比べると地味な感じです。
イヌザクラ湯坂路190513

ハナイカダ 雌花  (ハナイカダ科 ハナイカダ属)
 葉をいかだに見立て葉の上に花をつけるところからつけられた名前。雌花は花が一つ、雄花は数個の花をつけます。次回は果実を観察できそうです。
ハナイカダ雌湯坂路190513

(ハナイカダ雄花)
ハナイカダ雄湯坂路190513

シラコスゲ   (カヤツリスゲ科  スゲ属) 
 丁度、花時期でした。地味な花ですが湯坂路では色々なスゲが観察できます。このスゲが最近少なくなっています。
シラコスゲ湯坂路190513

ヒメシロコブゾウムシ  (ゾウムシ科)
 湯坂路ではよく出会う昆虫です。今年初めての出会いでした。手にとって観察すると死んだふりをしていました。シシウドが食草のようです。
ヒメシロコブゾウムシ湯坂路190513

≪本日のトップテン≫
①イヌザクラ(蕾) 
②ホソバテンナンショウ(花) 
③ハコネダケ(花) 
④ナベワリ(花) 
⑤ニョイスミレ(花)
⑥ミツバアケビ(花) 
⑦ナツグミ(花) 
⑧ツリバナ(花) 
⑨ヒメシロコブゾウムシ (昆虫)
⑩クロツグミ (野鳥、囀り)

箱根PV 山本


湯坂路自然情報コース 2019年4月22日

 今回は次回観察予定日との間があり、春の花が観察できないのではないかと参加できる人のみの少人数にて歩きました。尾根道では驚くほどタチツボスミレが今を盛りと咲きあふれ足元にはセンボヤリが見られました。マメザクラ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど花があふれていました。

クサボケ (バラ科 ボケ属)  別名: シドミ
 前回歩いた4月1日は草に埋もれて2~3輪ほどでしたが今日は尾根道の両側に赤い花が咲き続いていました。
クサボケ湯坂路190422

イヌシダ      (コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属)  
 イヌシダも新しい芽を出して柔らかな毛に覆われています。次回はしっかり葉に展開してるのでしょう。この時期、胞子葉は直立し、栄養葉は横に垂れているのが良く観察できます。
イヌシダ湯坂路190422

タチツボスミレ  (スミレ科 タチツボスミレ類)
 尾根道の両側に咲き続いて驚きでした。幾度も歩いている道ですがこれほど多くの花が咲いていたのは初めてです。どこでも見られるスミレで親しみがあります。
タチツボスミレ湯坂路190422

 ニオイタチツボスミレ  (スミレ科 タチツボスミレ類)
 臭いの名前のついているように良い香りがします。花色の濃紫色が目立ち花の中心部が白く目立ちます。タチツボスミレとニオイタチツボスミレの雑種のマルバタチツボスミレも見ました。
ニオイタチバナスミレ湯坂路190422

エイザンスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類)
 名前は比叡山にて発見されたからと言われています。葉は3裂していますが夏場になると大きくなり驚きます。側弁の基部に毛があり距が太いです。樹林下に見られました。
エイザンスミレ湯坂路190422

フモトスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類) 
 いつも群落が見られる場所は少し時期が早かったのかまばらに咲いているだけでした。葉裏は赤紫色で距は短く赤紫色をしています。
フモトスミレ湯坂路190422

アケボノスミレ  (スミレ科 スミレサイシン類)
 花の色から曙の空になぞらえてつけられた名前のようです。葉は花よりもやや遅く出るために丸まって見られます。距は丸く太く、葉の裏面はやや赤みを帯びています。
アケボノスミレ湯坂路190422

マメザクラ   (バラ科 サクラ属)
 落葉小高木でフオッサ、マグナ要素の植物と言われています。葉と同時に小さな花を下向きに付けます。花の色は白っぽいものからかなり濃いピンク色まで見られます。八重の花も見られます。
マメザクラ湯坂路190422

シロバナエゾスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類)
 千条の滝に向かう山道沿いに数株見られました。エイザンスミレの白花です。
シロバナエゾスミレ湯坂路190422

クマシデ   (カバノキ科 クマシデ属)
 秋に果実を観察した木に近づき観察しました。
葉の縁には鋸歯があり、側脈は24対ほどで多い。雌雄同株で雄花序、雌花序とも尾状に下垂しています。
クマシデ湯坂路190422

フデリンドウ   (リンドウ科 リンドウ属)
 お天気が良く花が開いていました。蕾を筆になぞらえてつけられた名前。
フデリンドウ湯坂路190422

箱根の山肌に桜がパッチワークのように彩っています。
山肌湯坂路190422

本日のトップ10
1、タチツボスミレ
2、ニオイタチツボスミレ
3、アケボノスミレ
4、エイザンスミレ
5、フモトスミレ
6、マメザクラ
7、ヤマザクラ
8、オオシマザクラ
9、アカネスミレ
10、センボンヤリ

箱根PV  山本

湯坂路自然情報コース 2019年4月1日

 今日は新しい元号が発表される日です。晴れ間も見られて久しぶりに湯坂路入り口から歩き始めましたが予想していた花がほとんど見られず根生葉の観察になりました。予報より早く突然に雹が降り出して道が白くなりました。昼食を予定していた千条の滝の前のベンチを横目に急ぎ足で通りながらもカンスゲ、ミヤマカンスゲ、ムカゴネコノメ、ヨゴレネコノメなど観察しました。

クサボケ (バラ科 ボケ属)   別名: シドミ
 咲き始めたばかりの花が草に埋もれるよう見られました。蕾が多くこれからが花の季節になります。
クサボケ金時190401

イヌシダ      (コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属)                          
 冬には枯れてしまう夏緑性のシダが多い。夏緑性のイヌシダは元気に大きな岩に見られました。栄養葉は横に垂れて見られました。
イヌシダ湯坂路190401

ウツボグサ  (シソ科 ウツボグサ属)  別名:カコソウ
 まだ寒いのか?葉が赤みを帯びていました。花の咲く時期に歩きたくなります。葉はよく見ると対生して葉柄があります。
ウツボグサ湯坂路190401

エビゴケ  (エビゴケ科 エビゴケ属)
 エビゴケ科の仲間はこの一種のみ。やや標高の高いところに見られます。大きな岩に垂れ下がるように生えています。近いづいてルーペでの観察が必要です。
エビゴケ湯坂路190401

ハコネイトスゲ  (カヤツリグサ科 スゲ属)
 湯坂路コースでは沢山見られるスゲです。丁度、穂が出始めていました。板状節理の大きな岩に上に見られました。
ハコネイトスゲ湯坂路190401

アブラチャン (クスノキ科 クロモジ属)
 満開のアブラチャンに出会いました。この木は昨秋に倒れましたが沢山お花を咲かせていました。黄色の花に春を感じました。
アブラチャン湯坂路190401

オニシバリ    (ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属)
 雌雄異株の常緑の低木です。別名のナツボウズは夏に葉を落とすところから付けられました。オニシバリは樹皮が強く鬼を縛ることもできると言われています。
オニシバリ湯坂路190401

アセビ      (ツツジ科 アセビ)
 箱根ではアセビの花が白く目立ちます。尾根道の林縁に咲いていました。葉に有毒な物質を含んでいて馬が食べると痙攣をおこすと言われています。白く小さな花を沢山房状につけ、花冠はつぼ型で先が切れ込んでいます。
アセビ湯坂路190401

アオキ       (アオキ科 アオキ属)
 照葉樹林を代表する常緑の低木で雌雄異株です。今日は雄花が咲き始めていました。昨年の雌花が沢山の果実をつけていました。箱根では鹿が好んで食べているようですが湯坂路ではまだ食べた後を見かけません。
アオキ湯坂路190401

セントウソウ (セリ科 セントウソウ属)
 春に先駆けて咲くところからつけられた名前。以前より少なくなりましたが花に出会えました。
セントウソウ湯坂路190401

ヨゴレネコノメ  (ユキノシタ科 ネコノメソウ属)
 3月24日には雪の中で見られませんでしたが今回は無事に観察できました。まだ赤い葯ガ見られました。
ヨゴレネコノメ湯坂路190401


 急に霰が降り出して足元が白くなりました。
アラレ湯坂路190401

本日のトップ10
1、エイザンスミレ
2、シロバナエゾスミレ
3、アケボノスミレ
4、カスミザクラ
5、オオシマザクラ
6、マルバタチツボスミレ
7、タチツボスミレ
8、マメザクラ
9、ヤマザクラ
10、カントウミヤマカタバミ

箱根PV 山本

湯坂路自然情報コース 2019年3月24日

 箱根は一晩で一面の雪景色になっていました。集合場所に到着しまずは千条の滝まで行きネコノメソウの仲間を確認しようと歩きましたが木の根元にムカゴネコノメを一株だけ見ることが出来ました。いつも歩き始める湯坂路入り口まで移動する途中には雪のため乗り捨てた車が沢山あり無理せず早々に切り上げることになりました。

アオキ    アオキ科 アオキ属
 照葉樹林を代表する低木です。箱根では鹿が好んで食べていますが湯坂路周辺ではまだ食べられていないようです。雪の中で赤い果実が目立っていました。アオキは雌雄異株です。今は雄花が咲き始めていました。
アオキ湯坂路190325

アブラチャン      クスノキ科 クロモジ属
 クスノキ科にはクロモジ、ヤマコウバシ、アブラチャンなどがあります。箱根にはヤマコウバシは見られないように思います。アブラチャンの葉は見られず葉柄の赤いのは確認できませんでした。
アブラチャン湯坂路190325

カンスゲ      カヤツリグサ科 スゲ属
 高さ20cm~40cmの叢生のスゲで匍匐はしない。葉は硬く葉裏の一脈が目立ち、幅5~10mm。千条の滝周辺で見られます。今日は雪に埋もれていました。
カンスゲ湯坂路190325

ジャゴケの仲間     ジャゴケ科
 全国に広く分布している苔です。「蛇苔」は葉状体の背面の模様がヘビの鱗に似ているところから付けられた名前。春に雌器托柄は胞子を分散させるために長く伸び目立ちます。
ジャゴケ湯坂路190325

ムカゴネコノメソウ    ユキノシタ科 ネコノメソウ属
 箱根では沢山見られるネコノメソウの仲間です。地中の珠芽から花茎を出します。大きな樹の根元に見られた一株です。
ムカゴネコノメソウ湯坂路190325

雪道
 雪景色の道を千条の滝まで歩きました。
雪景色湯坂路190325
 千条の滝では光のすじが降り注ぎ幻想的な空間に感激しました。
千条の滝湯坂路190325

本日のトップ10
1、アブラチャン
2、ゼニゴケ
3、カンスゲ
4、ヤブツバキ
5、雪景色
6、アセビ
7、ムカゴネコノメソウ
8、シジュウカラ
9、フサザクラ
10、キブシ(つぼみ)

箱根PV 山本

FC2Ad