FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2020年1月9日

 今年初めての金時山です。例年ですと霜柱や氷柱があるのですが、全くなく、春のような陽気です。そのためか花が咲いていました。タチツボスミレとキジムシロです。この時期に下界より寒さが厳しい金時山で咲いているとは何だか変です。植物は変ですが、空気は澄んでいいるようです。金時山の頂上からは富士山、南アルプが眺望できました。富士山、北岳、間ノ岳も見えて日本で標高の高い山のワンツースリーです。

富士山
乙女峠から見た富士山です。金時山では雲がかかっていませんでしたが、午後になると雲が出やすいのかも知れません。
富士山金時200109

南アルプス
金時山の頂上からです。左側で雪を被った尖った形の山が北岳でその左が間ノ岳です。右側で少し雪を被っり尖った形の山が甲斐駒岳です。
北岳金時200109

タチツボスミレ   スミレ科
この時期に咲いていました。最近暖かいためでしょうか。何だか変です。
タチツボスミレ金時200109

アカナバナヒメイワカガミ      イワウメ科
葉は秋には暗赤紫色に紅葉するようです。この時期に未だ紅葉していました。名前の由来は岩場に多く自生し、葉が鏡のように光沢があることを見立てたこととか。
イワカガミ金時200109

ツルリンドウ     リンドウ科
寒い冬でも葉が凍らないです。ロゼット葉で光合成を行い、しょ糖などの炭水化物が作られ、そのしょ糖を葉に蓄積し、更に茎にも運び蓄えることで凍結温度を下げてるようです。
ツルリンドウ1金時200109

リンドウ   リンドウ科
咲き終わって茶色く変色して枯れています。地下は生きているので、冬を越すようです。
リンドウ金時200109

ニシキウツギ     スイカズラ科
実は小さなバナナのように見えます。緑色から褐色に熟して枯れています。ウソ、ベニマシコ等の鳥の冬の食べ物になっています。
ニシキウツギ金時200109

ブナの冬芽      ブナ科
披針形で、先は鋭くとがっています。本年枝と2年枝の境にはっきりした輪状の芽鱗痕があるようです。この写真では分かりますか。
ブナ金時200109

オトコヨウゾメの冬芽  スイカズラ科
冬芽が枝先に1個と2個ついている場合があります。 1個の場合は頂芽で2個の場合は仮頂芽だそうです。
オトコヨウゾメ金時200109

イノシシの土耕跡
乙女峠の登山口にあるお地蔵さんの周りで耕していました。イノシシさん、お地蔵さんが泣いてますよ。輪廻六道を知ってますか。今度は地獄に落ちますよ。
イノシシ金時200109

本日のトップ10
①コカンスゲ            葉
②ミヤマカンスゲ         葉
③ノイバラ             葉
④ツルリンドウ          葉
⑤アカバナヒメイワカガミ    葉
⑥タチツボスミレ         花
⑦キジムシロ           花
⑧コボタンヅル          葉
⑨ウソ               野鳥、地鳴き
⑩イノシシの土耕跡

箱根PV 原田育生
スポンサーサイト



金時山自然情報 2019年12月12日

今日は12月12日、1212で金時山の標高と同じです。標高は以前1213Mでしたが、国土地理院の見直しにより、1212Mになりました。例年12月13日に金時山祭りが頂上で行われています。標高が変わっても今まで通りに12月12日ではなく12月13日に行われているようです。登り初めの時はよい天気でしたが、しばらくして風が強くて曇ってきました。下山されている方に聞くと「富士山は見えなかった」とのこと。予報ではよい天気なのに、残念に思いながら頂上に着くと何と富士山がよく見えました。雪を抱いた初冬の富士山は空の青さと雪の白さの微妙なコントラストを醸し出していました。

初冬の富士山
金時山から乙女峠の稜線から見えた富士山です。
富士山金時191212

オトメアオイ     (ウマノスズクサ科)
乙女峠からの下りで見ました。それもそのはず、発見地は乙女峠です。地際で柿のへたのような花が咲きます。
オトメアオイ金時191212

メギ       (メギ科)
乙女峠で見ました。洗眼薬にしたところからメギ(目木)。刺が多いので別名、コトリトマラズ。鳥は好んでは食べないが、他に食べ物がない時期はツグミ、ヒヨドリ、ムクドリなどが実を食べる。好んで食べないのは、枝に棘があり美味しくないからでしょうか。
メギ1金時191212

クサボタン    (キンポウゲ科)
分岐点で見ました。種の綿毛は、初めは輝く糸のような毛をつけているが、だんだん鳥の羽のようになり最後はフワフワの綿毛のようになる様です。風によって遠くに種を運んでもらう工夫でしょうか。
クサボタン金時191212

ツルウメモドキ     (ニシキギ科)
乙女峠で見ました。鳥が食べたのでしょうか、実はわずかに付いていました。橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔を出した状態は黄色とのコントラストが美しいです。
ツルウメモドキ金時191212

ツルシキミ    (ミカン科)
悪しき実の意味のアがとれて「シキミ」という名が付いた様です。実は赤色で美味しそうだが有毒で食べると激しい痙攣を起こします。シカは有毒と知っているようで食べない様です。
ツルシキミ金時191212

アセビ    (ツツジ科)
金時山から乙女峠の鞍部で見ました。小豆色の新芽は何ともいえない良い色です。馬が食べると苦しむようで、馬酔木の名があります。有毒植物であるが、その葉を煎じ殺虫剤に用いた様です。
アセビ金時191212

ブナ     (ブナ科)
金時山から乙女峠までの稜線に沢山あります。枝に付いた茶色の丸まった枯れ葉は厳冬になれば落ちるのでしょうか。
ブナ金時191212

リョウブ (リョウブ科)
金時山から乙女峠までの稜線に沢山あります。樹皮に成長するごとに禿げるようです。この斑模様はシカの子の斑に似ています。
リョウブ金時191212

ヒメノキシノブ    (ウラボシ科)
木に沢山付着した姿は人間の髭のように見えます。全体に細長い単葉で、一般のシダの葉とは大きく異なり、ソーラス(胞子嚢群)は葉裏の上半分につきます。名の由来は、古い民家などの軒下にも、繁殖するという意味から、ノキシノブで小さいのでヒメノキシノブ。樹の上や岩の上にも着生(ちゃくせい)します。
ヒメノキシノブ金時191212

本日のトップ10
①初冬の富士山
②オトメアオイ
③メギ
④クサボタン
⑤ツルウメモドキ
⑥ツルシキミ
⑦アセビ
⑧ヤドリギ
⑨ミサゴ(野鳥)
⑩コゲラ(野鳥)

箱根PV  原田育生

金時山自然情報  2019年10月10日

 秋晴れの中、いつもの三人で登りました。金時山には秋の花が良く似合います。白い色の花はウメバチソウとダイモンジソウ、紫色の花はヤマトリカブト、黄色い花はアキノキリンソウが見頃でした。頂上では富士山がくっきり見えました。欧米の登山者が増えてきています。ファミリーの登山者に聞けばドイツからとのこと。箱根の自然をじっくり味わってもらいたいものです。公時神社登山口のトイレが改修中で今まで通りにトイレ前の駐車場は使用できません。ご注意ください。

ウメバチソウ     (ユキノシタ科)
分岐点周辺で見られました。今年は沢山花が咲き、例年より見事でした。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているから。
ウメバチソウ金時191010

ダイモンジソウ   (ユキノシタ科)
金時山頂上付近で見られました。今年は例年より花が小さいですが、その分沢山咲いていました。名前の由来は花の形が「大」の字に似ているから。
ダイモンジソウ金時191010

ヤマトリカブト     (キンポウゲ科)
分岐点周辺で沢山咲いていました。関東地方の特産種です。名前の由来は花の形が雅楽に用いられる烏帽子(兜)に似ているところから。
ヤマトリカブト金時191010

セキアノアキチョウジ   (シソ科)
シカが食べたのでしょうか例年より少なく感じました。乙女峠の下りでひそかに咲いていました。名前の由来は箱根の関所の建物近くで見つかり、秋咲きで「丁字」に似た花をつけることから。
セキアノアキチョウジ金時191010

リュウノウギク    (キク科)
登山道脇で沢山見られました。他の野菊より花が大きく、葉がグローブの様な形に見えます。葉を揉むと竜脳(シュンギクのような)香りがします。
リュウノウギク金時191010

ホトトギス    (ユリ科)
分岐点周辺で咲いていました。名前の由来は鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることから。
ホトトギス金時191010

リンドウ   (リンドウ科)
分岐点周辺で咲いていました。根は古くから健康胃剤に使用されています。名前の由来は熊胆よりも苦く、竜の肝に似ることから。
リンドウ金時191010

センブリ   (リンドウ科)
長尾山周辺で咲いていました。別名は当薬、苦草。名前の由来は千回降り出しても苦味が消えないことから。
センブリ金時1910101

ナンキンナナカマド   (バラ科)
金時山周辺で赤い実をつけていました。ナナカマドとの違いは全体に小型で枝葉はまばらにつくので貧弱な感じがし、葉は丸いです。名前の由来は七度かまどに入れても燃え残るほど燃えにくいから。
ナンキンナナカマド金時191010

オトコヨウゾメ   (レンプクソウ科)
分岐点周辺で見られました。例年は多く実をつけるのですが、今年はわずかに実をつけていました。ヨウゾメはカマズミの地方名です。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたとのこと。
オトコヨウゾメ金時191010

アキアカネ  (トンボ科)
長尾山周辺で飛んでいました。初夏に羽化した成虫は山へ移動し、秋に水田に舞い戻り、産卵する。ナツアカネに似るが、胸の黒いすじが異なる。
アキアカネ金時191010

本日のトップ10
①ウメバチソウ    満開
②ダイモンジソウ    満開
③ホトトギス       満開
④リュウノウギク    満開
⑤ヤマトリカブト    満開
⑥セキアノアキチョウジ  花
⑦アキノキリンソウ     花
⑧リンドウ           花
⑨センブリ          花
⑩キントキシロヨメナ    花

箱根PV  原田育生

金時山自然情報 2019年9月12日

 出発前は小雨が時々落ちていました。今日のPV参加者は二人でした。山頂は曇り空にもかかわらず、沢山の登山者で賑わっていました。台風の後のためか登山道には木の葉が沢山落ちていました。富士山は雲に隠れて見えませんでした。暑い日が続いていますが、金時山は秋に衣替えしたいました。花はシオガマギク、ハンカイシオガマが濃いピンク色で争って咲いていました。イワギボウシは宿り石に薄紫色で咲いていて、分岐点周辺ではクサボタンが花の先をカールして咲いていました。ウメバチソウは今にも咲きそうで、蓮のような葉から長い茎の先に白い蕾を出していました。ソウシチョウがあちこちで集団となっていました。
 雨などにより6月以来の久しぶりのブログです。ブログ上では夏を飛ばして秋になりました。

イワギボウシ   (ユリ科)
公時宿り石の割れ目に根を降ろす咲いていました。名前の由来は岩の上に生えるギボウシということから。
イワギボウシ金時190912

クサボタン    (キンポウゲ科)
分岐点周辺で花の先をカールして咲いていました。名前の由来は葉が牡丹に似ていて、下部が木化している草による。
クサボタン金時190912

シオガマギク       (ゴマノハグサ科)
分岐点から金時山の登山道脇で濃いピンク色で咲いていました。同じ仲間のハンカイシオガマも咲いていました。花はよく似ていますが葉の形が違うので見分けられます。
シオガマギク金時190912

ハンカイシオガマ     (ゴマノハグサ科)
金時山から長尾山までの登山道脇で咲いていました。ハンカイ(樊噲)は中国の漢の時代の武将。草の容姿が壮大なので例えた。
ハンカイシオガマ金時190912

キントキシロヨメナ     (キク科)
麓から金時山頂上付近まで咲いていました。シロヨメナの変種ですが、直立して咲くこと、頭花の数が各枝に3~5個等で見分けられますが難しいです。最近、種名がカミヤマシロヨメナになり、別名がキントキシロヨメナに変更になりました。金時山で咲くのですからキントキシロヨメナとしました。
キントキシロヨメナ金時190912

タテヤマギク        (キク科)
金時山頂上周辺で咲いていました。富士火山帯の山地にのみ生える多年草です。タテヤマは北アルプスの立山でなく芦ノ湖の西方にある立山です。
タテヤマギク金時190912

ウメバチソウ      (ユキノシタ科)
分岐点周辺で今にも咲きそうで蓮のような葉から長い茎の先に白い蕾を出していました。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているから。来月は花が見られるでしょう。
ウメバチソウ金時190912

イワニンジン      (セリ科)
分岐点周辺で咲いていました。名前の由来はニンジンの葉に似て岩場に生息するから。
イワニンジン金時190912

サンショウバラ      (バラ科)
分岐点周辺で沢山の果実をつけていました。蕾の時にハコネバラハバチ(ハチ)とハコネバラハマキ(ガ)の幼虫が食べて蕾を落とすのですが、今年はあまり落としてないので果実が多いのかも知れません。
サンショウバラ金時190912

ソウシチョウ         (チメドリ科)
あちこちで沢山見かけました。約25年前にかご脱けの鳥が野生化したと考えられています。原産地 は東アジア、東南アジアです。主に標高1000m以上の落葉広葉樹林や竹林などの下層部や藪に生息するためウグイスと生息地を争っており、生態系を乱しています。そのため特定外来生物に指定されています。
ソウシチョウ金時190912

キンケハラナガツツバチ   (ツチバチ科)
クサボタンの花に入り込んで吸密していました。虫により子孫を増やす虫媒花です。
キンケツツナガツチバチ金時190912

本日のトップ10
①イワギボウシ        花
②クサボタン         花
③シオガマギク       花
④ハンカイシオガマ     花
⑤キントキシロヨメナ     花
⑥イワニンジン        花
⑦タテヤマギク        花
⑧キンミズヒキ        花
⑨ウメバチソウ        蕾
⑩ソウシチョウ        野鳥

箱根PV  原田育生

金時山自然情報 2019年6月13日

 梅雨の晴れ間で今日は絶好の観察日でした。植物は水を得て生き生きしており、野鳥はこの日ばかりと囀っていおり、昆虫は吸蜜していました。春の花から初夏の花への端境期でしょうか、サンショウバラ、ニシキウツギ、ヤマツツジは花びらを落とし始めていました。ヤマアジサイ、シモツケは今にも咲きそうでした。今日の一番の花はタンナサワフタギです。白い花が沢山咲いていました。金時山でこんなに咲いているのを見たのは初めてでした。甘い香りを誘われてトビイロカミキリ等の虫が吸蜜していました。鳥はミソサザイ、コルリ、ヤブサメが登山道脇で盛んに囀っていました。長い雨の後の久しぶりの縄張り宣言だったのでしょうか。
 花、鳥、虫を生き生きと感じた観察会でした。

タンナサワフタギ    (ハイノキ科)
乙女峠からの下りの登山道で谷筋川に見られました。落葉低木または小高木でよく枝分かれしている。この状態を沢をおおうようになるのでサワフタギとした。タンナは、発見地の済州島の古い呼び名。
タンナサワフタギ金時190613

トビイロカミキリ   (カミキリムシ科)
タンナサワフタギにいました。箱根ではよく見るカミキリムシと言われていますが、箱根で始めて見ました。
トビイロカミキリ金時190613

ヤマツツジ    (ツツジ科)
初夏の箱根の山を飾る代表的なツツジです。分岐点、金時山周辺の日照の強い尾根筋咲いていました。花びらは落ちており満開は過ぎ終わりに近づいていましたが、綺麗な色で沢山咲いていました。雌雄同株、両性花です。
ヤマツツジ金時190613


ニガナ      (キク科)
金時山から長尾山にかけての鞍部で沢山咲いていました。根生葉は長い柄、茎葉は柄がなく茎を抱くています。葉や茎に苦味のある白い乳液を含む為、苦菜(ニガナ)の名前があります。菜と付いているからには食べられるはずであるが、余り食べない。
ニガナ金時190613


コゴメウツギ    (バラ科)
分岐点周辺で咲いていました。たくさんの小さな白い花をつけている木です。 蕾は、ちょうど米つぶのように見えます。小さな花はなかなかに繊細です。
コゴメウツギ金時190613

シモツケ     (バラ科)
金時山頂上周辺に沢山ありました。もうじき咲いて可憐なピンク色の花を見せるでしょう。名前の由来は下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で(染料用に)栽培していたことによる。
シモツケ金時190613

ヤマアジサイ  (ユキノシタ科)
公時神社周辺にありました。もうじき咲きそうです。葉は長楕円形~卵状楕円形です。名前の由来は山に生えるアジサイ。
ヤマアジサイ金時190613

フタリシズカ     (センリョウ科)
麓で咲いていました。名前の由来は花を静御前の亡霊二人の優美な舞姿にたとえたとか。
フタリシズカ金時190613

コウガイビル
金時山から長尾山に向かう登山道で見かけました。カタツムリに絡みついているように見えます。カタツムリを食べるようです。コウガイとは笄で昔女性がまげに挿して飾りにした櫛のこと。頭の形が笄に似ているのでこの名前が付いたようです。
ヤマビル金時190613

林道の工事
仙石原から南足柄に向かう林道の工事が急ピッチで進んでいました。
工事中金時190613

本日のトップ10
1.タンナサワフタギ   満開
2.ヤマツツジ       花
3.ニガナ         花
4.コアジサイ       花
5.ニシキウツギ     花
6.ヤマアジサイ     花
7.シモツケ        もうじき開花
8.ホトトギス       野鳥、囀り
9.コルリ         野鳥、囀り
10.ヤブサメ      野鳥、囀り

箱根PV 原田育生