箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年9月23日

 9月下旬ともなると、芦の湖東岸はそろそろ秋いろに染まり始めます。
観察する花も少なくなりつつありますが、色づき始めた木の葉や
木の実を観察する楽しみが増えてきます。
 そんな中で、アザミ類、ツルニンジン、桃源台のツリガネニンジンや
坊が沢のツリフネソウの群落が目をひきました。
 ノギク類ではノコンギク、シロヨメナ、シラヤマギクが元気です。
リュウノウギクの蕾が膨らんでいます。




ツリフネソウ(ツリフネソウ科)
細い花柄の先に釣り下がって咲く花の姿を釣舟に見立てたのが名の
由来です。熟した果実に触ると果皮がパッと開いてはじけ飛ぶのは、
ホウセンカの仲間のしるしですね。
ツリフネソウ 東岸9月

ツルニンジン(キキョウ科)です。
別名ジイソブ(爺ソブ)はバアソブ(婆ソブ)に対しての呼び名です。
バアソブはジイソブにくらべ、やや小さく全体に白い毛が散生しています。
残念ながら、バアソブは箱根では見たことがありません。
ツルニンジン

ホトトギス(ユリ科)
花の斑点を鳥のホトトギスの胸の斑点に見立てています。
ホトトギス 東岸9月

ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ科)
尾がひょこんとあがっているのが名前の由来です。
オスの腹部にハサミがあり、雌雄ともに腹を上に反らします。
シリアゲムシ類では交尾時にオスがメスにプレゼントする
「婚姻贈呈」が知られています。
ヤマトシリアゲ  東岸9月

レモンエゴマ(シソ科)
エゴマに似てレモンの香りがする事が名前の由来です。
花穂はシソに似ています。
レモンエゴマ 東岸9月

マルバフジバカマ(キク科)
外来種です。
昭和初期に箱根で見つかり現在では各地に拡大しています。
とても丈夫で、在来種への影響が心配されています。
マルバフジバカマ 東岸9月

フユノハナワラビ(ハナヤスリ科)
アカハナワラビ、ウスイハナワラビ、アカネワラビ、オオハナワラビ、
ナツノハナワラビ等のハナワラビの仲間が箱根で見られます。
雑種もできやすくて同定しにくい植物と言われます。
ハナワラビSP 東岸9月

テバコモミジガサ(キク科)
仲間のミジガサより全体に小ぶりです。
高知県の手箱山で最初に発見されたのが名の由来です。
テバコモミジガサ 東岸9月

«本日のトップ10»
 ツルニンジン
 ツリフネソウ
 ホトトギス
 シュウブンソウ
 ツリガネニンジン
 レモンエゴマ
 ヒメキンミズヒキ
 ミズヒキ
 ヒメドコロの果実
 ツリバナの果実

(箱根PV藤城)

スポンサーサイト

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年7月22日

今月の東岸実施日は、私達PVの夏休み活動準備日とぶつかってしまい
ました。そんな訳で、担当の私は自然情報に参加せず、お仲間が駒ヶ岳
で汗を流していた頃私はVCで汗を流していました。

今回、ブログにのせている駒ヶ岳での3枚の写真は当日参加なさった
 Y 先輩が撮影して下さったものです。
私は、VCでの活動終了後に湖尻周辺を撮影しました。
今月は湖尻周辺の写真を中心にお送りします。



ヤマユリ(ユリ科)です。
細い茎に花をひとつだけ咲かせていました。
一本でもあたり一面に香しい香りが漂っていました。
ヤマユリ



ナワシロイチゴ(バラ科)の果実です。
草のようにみえますがれっきとした樹木です。
淡紅紫色の花は特長がありますが、果実は真っ赤です。
ナワシロイチゴの果実



トウゴクサバノオです。
何度もチャレンジしましたが撮れなかった「サバノオ」の撮影に
成功しました。
でも、撮影地は残念ながら箱根ではなく他地区です。
トウゴクサバノオのサバノオ



タマアジサイ(アジサイ科)です。
東岸にはタマアジサイが多く生育しています。
蕾が膨らんでいるものが多かったものの、今日は一輪のみ開花を
確認しました。
タマアジサイ



コバギボウシ(キジカクシ科)です。
和名は小型のギボウシの意味です。
花は淡紫色で紫いろの筋がはいります。
まだ、蕾なので判り難いですね。
コバギボウシ



キカラスウリ(ウリ科)の雄花です。
果実は約10㎝で黄色く熟します。
キカラスウリ



ネムノキ(マメ科)です。
芦ノ湖畔で撮影しました。。
夜になると葉は垂れ下がり、小葉が閉じて眠っているように見えます。
(就眠活動)
ネムノキ



オトギリソウ(オトギリソウ科)です。
名前は、この草を鷹の傷を治す秘薬としていた鷹飼いが、
その秘密をもらした弟を斬ったという伝説によります。
オトギリソウ



イヌゴマ(シソ科)です。
湿地に生えることが多いようです。
湖尻三叉路と湖尻湖畔に群生していました。
とても可愛いイヌゴマの群落です。
イヌゴマ



ヘラオオバコ(オオバコ科)です。
長い雄しべがよくめだちますね。
湖尻三叉路に群生していました。私は箱根地区で初見です。
ヘラオオバコ



ここからは駒ヶ岳の植物です。

フジアカショウマ(ユキノシタ科)です。
アカショウマの変種でアカショウマより小型です。
フォッサマグナ要素の植物です。
フジアカショウマ



キリンソウ(ベンケイソウ科)です。
黄色い花が輪状に咲くから黄輪草です。
キリンソウ



最後の1枚はハコネコメツツジ(ツツジ科)です。
駒ヶ岳や金時山、二子山など、風衝草原や岩場に生えます。
盗掘などで数を減らしており大事にしたい植物です。
ハコネコメツツジ


≪今月のトップ10»
リョウブ、ノギラン、キリンソウ、ハコネコメツツジ、イワタバコ、
ハコネハナヒリノキ、ヒメドコロ、フジアカショウマ、クサアジサイ、
タマアジサイ

(担当 藤城)

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年6月24日

六月も終盤、草花も少々お休みと言ったところでしょうか。
とは言え、端境期でも箱根の自然は私達を十分に楽しませてくれます。

九頭龍の森では、砂浜に寝転んだり釣り糸を垂らしたり・・・と、
思い思いに初夏の箱根を楽しんでいる人達に出会いました。
スイカズラの香りでしょうか?
それとも、アワブキやコアジサイの香りでしょうか?
そこはかとなく漂ってくる甘い香りに包まれて・・・
梅雨の晴れ間の素敵な休日ですね。




ヤマボウシ(ミズキ科ミズキ属)です。
白い花びらのように見えるのは総苞片です。
ヤマボウシで白く染まると箱根の山々にもいよいよ夏到来です。   
箱根は日本有数のヤマボウシの名所とも言われ「かながわの花の
名所100選」に選ばれています。
ヤマボウシ


ヤマキツネノボタン(キンポウゲ科キンポウゲ属)です。
キツネノボタンとくらべ花茎が細く花もやや小ぶりです。
ボンボンのような果実が可愛いですね。
ヤマキツネノボタン


ミヤマハハソ(アワブキ科アワブキ属)です。
枝先に円錐花序が垂れ下がり淡黄緑色の小花が多数つきます。
花序の枝がジグザグに曲がっているのは特徴のひとつです。
ハハソとはコナラのことで葉がコナラに似ているのが名の由来です。
ミヤマハハソ


サワギク(キク科サワギク属)です。
やや湿り気のある山地に生えます。
葉は羽状に全裂します。
大きいものでは高さが一メートルにもなり、小花ながら華やかな
黄花は目を引きます。
サワギク


コアジサイ(アジサイ科アジサイ属)です。
装飾花のないのが特徴で他のアジサイとの見分けは容易です。
優しいブルーの花は優しい香りがし,コアジサイの小径を行く時
は幸せな気分です。
コアジサイ


サルナシ(マタタビ科マタタビ属)です。
落葉つる性高木で雌雄別株です。
果実は味もキウイフルーツによく似ています。
サルナシ


アワブキ(アワブキ科アワブキ属)です。
本年枝の先に長さ15~25㎝の大きな円錐花序をだし淡黄白色の
小花をたくさんつけます。
花の頃はあたり一面が甘い香りに包まれます。
名前の由来は生木を燃やすと切り口から泡がでるからとか遠方から
見ると満開の花がまるで泡のように見えるからとか言われます。
アワブキ

今月のトップ10
1  コアジサイ(花)
2  アズマイバラ(花)
3  アワブキ(花)
4  シラキ(花)
5  サルナシ(花)
6  モミジイチゴ(果実)
7  アサギマダラ(蝶 飛来)
8  ヤマボウシ(花)
9  サワギク(花)
10 ツチアケビ(蕾)

(箱根PV藤城)

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年6月3日

前回の自然情報日からちょうど一週間後、箱根へ行く機会がありましたので、
早速、カメラ持参でコースの一部を歩いてみました。
追加写真をお届けします。


ミヤマヨメナです。
キク科植物で、独自のミヤマヨメナ属を構えています。
同属はシュンジュギクのみです。
何度もシャッターを押しましたが、淡紫の花色が出ず画面に写るのは白花
ばかり。今日、ようやく本来の花色が撮れました。
別名はノシュンギク。
栽品はミヤコワスレです。
ミヤマヨメナ

ゼンマイの胞子葉です。
ゼンマイには栄養葉と胞子葉の2形があります。
茶色の胞子葉は夏に枯れてしまいます。
P6032221.jpg

アカバナ科のアカバナユウゲショウです。単にアカバナとも呼びます。
マツヨイグサ属で帰化植物です。
アカバナユウゲショウ

トウゴクサバノオの果実です。
小さな実は何度トライしても上手く撮れません。
次回、まだ実が残っていたら再チャレンジしてみます。
画面の中心でぼやけているのが果実です。
形容が魚の鯖の尾に似ているというのが命名の由来です。
トウゴクサバノオの果実

ハンショウヅルです。
センニンソウやボタンヅルと同じ仲間です。
一週間前は蕾でした。
いつ見ても可愛らしいですね。
ハンショウヅル

(PV藤城節子)

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年5月27日

5月も残すところ数日です。
今日の箱根は初夏のような陽ざしの一日でした。
ヤブデマリやミズキは満開。
ヤマボウシももうじき花が開くでしょう。

箱根の夏はもうすぐそこまでやってきています。

今日はPVのみん参日。
お二人のPVも御参加下さり楽しい自然情報日となりました。



ミズキです。
樹液が多く、早春に枝を切ると水が滴りおちるのが名の由来です。
枝は水平に広がり階段状に枝を展開するので遠方からでも樹形で判断
できます。枝一面に咲く白い花は見応えがあります。
ミズキ

ヒメレンゲです。
山地谷沿いの岩上などに生え花は黄色で小さな多年草です。
別名はコマンネンソウ。
今年は極端に株が少なく心配です。
ヒメレンゲ

トチバニンジンです。
葉の形がトチノキの葉に似ているのでこの名があります。
果実は赤く熟します。果実の先端が黒いものはソウシシヨウニンジンです。
トチバニンジン

ヤマツツジの高木です。
頭上を覆うように咲くヤマツツジを毎年楽しみにしています。
カメラの画面に入りきらず下手な写真になってしまいました。
ヤマツツジ

マルバウツギが満開です。
ウツギに似ていますが葉に円みがあるのが名の由来です。
マルバウツギ

ミツバウツギの花も見頃を迎えています。
ウツギの名はついていますがウツギの仲間ではありません。
独自のミツバウツギ科ミツバウツギ属を構えています。
特徴のある三葉と果実で見分けがつきます。
ミツバウツギ

ツクバネソウ(上)とクルマバツクバネソウ(下)です。
輪生葉を「羽根つき」の羽根に例えました。
葉が6~8枚あるとクルマバツクバネソウと呼びます。
ツクバネソウ

クルマバツクバネソウ

ジシバリとハルジオン咲く初夏の草原です。
草原

何と羽蟻の一団です。
孵化したばかりでしょうか?
少しづつ元氣に飛び出して行きました。
羽蟻

シカの食痕が残るアオキです。
付近には複数のけものみちができていました。
シカの食痕

カヤランです!
葉がカヤの葉に似ているためこの名があります。
総状の黄色い花をつけてびっしりと生えていました。
大事にしたい花のひとつです。
カヤラン

ウマノアシガタと同じキンポウゲ科のハイキンポウゲでしょうか。
どちらも同じ外来種です。
陽光を受け光り輝く花弁は美しく見とれてしまいます。
ウマノアシガタ

湖尻港と釣り人です。
芦ノ湖

ジュウニヒトエ(セイヨウジュウニヒトエ)が咲いていました。
園芸種かもしれません。
ジュウニヒトエ

桃源台からの芦ノ湖眺望です。
すっかり初夏の風情です。
芦ノ湖

サンカクヅルはまだ蕾です。
別名ギョウジャノミズです。
サンカクヅル蕾

ヤブデマリが満開です。
花びらのような装飾花が大小合わせて5枚あるのが特徴です。
まるで蝶々のようですね。
ヤブデマリ


今月のトップ10
カヤラン、ヒメレンゲ、マルバウツギ、ミツバウツギ、トチバニンジン、
ヤブデマリ、ウマノアシガタ、ミズキ、コゴメウツギ、ハンショウヅル(蕾)

(報告者 PV藤城節子)



FC2Ad