FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2020年2月11日 芦ノ湖西岸自然情報

現在、芦ノ湖西岸コースは2019年台風19号災害により、白浜~湖尻水門が通行止になっているため、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門での自然情報収集となっています。
通行止区間では、3カ所で大きな路盤流出があり大変危険なため、絶対に立ち入らないで下さい。

※2020年2月22日追記
2月21日より、湖尻水門~深良水門の通行止が解除されました。
深良水門~白浜は現在も通行止となっております。



本日の自然情報収集はPV3名で行いました。気温は3℃(8時半箱根町港)、天候は快晴でした。
雪が少ない感じの富士山は雲一つ無く、くっきりと見えていました。多くのオオバンたちに見送られて出発。

ケシキ 202002 西岸


季節柄野鳥メインの観察になりました。

ウソ、アトリ、カワラヒワといったアトリ科の冬鳥が多く見られました。
アトリ科の鳥は太く鋭い嘴が特徴です。箱根で見られるアトリ科の鳥の多くは冬鳥です。

ウソ アトリ科
天神様の御使鳥として、天満宮系の神社では扱われています。
前年の凶事をウソとして吉事にトリ変えるという鷽替え神事は有名ですね。
ウソ 202002 西岸


また、ジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミといった、ヒタキ科の冬鳥も見られました。
ルリビタキはその名の通り、オスは瑠璃色のきれいな鳥ですが、茂みの中を好むので、撮影が難しい鳥です。
幸せの青い鳥の一つです。

ルリビタキ ヒタキ科
ルリビタキ 202002 西岸


これらの鳥たちは、書籍によって、ツグミ科に分類されているものもありますが、数年前にツグミ科の多くはヒタキ科に移動しているので、どちらも間違いではありませんが、手持ちの最新の書籍を参考に、ここではヒタキ科としておきます。

夏場は木の高いところにいるので観察しやすいホオジロも日向ぼっこしているところを観察できました。

ホオジロ ホオジロ科
ホオジロ 202002 西岸


水鳥は、オオバン、キンクロハジロ、カンムリカイツブリが多く観察できました。
特にカンムリカイツブリは、先月同様に15羽ほどで群れて寝ていました。

3月1日に釣りが解禁ですので、冬鳥たち同様に来月の自然情報収集では見られるでしょうか。

植物で観察できた花は、オオイヌノフグリ、オニシバリ、ミチタネツケバナ、アセビといったところでした。

冬の花といえば、オニシバリ。先月はつぼみが固い状態でしたが、無事に開花してくれました。
小さく黄色い可憐な花が心を和ませてくれますが、毒草です。

オニシバリ ジンチョウゲ科

オニシバリ 202002 西岸


ミチタネツケバナ アブラナ科
ヨーロッパ原産の帰化植物です。

ミチタネツケバナ 202002 西岸



来月期待できそうな蕾の状態の植物は、ミツマタ、フッキソウ、ネコヤナギあたりでしょうか。

また、箱根ふれあいの森を歩いていると、道にムササビの食痕がありました。
アカガシの葉を食べた後と、枝を食い千切った痕です。

ムササビ 202002 西岸


斜めに鋭く切れているところが特徴です。

自然情報収集の終了間際に、テングチョウが飛んできて、唯一の昆虫類の観察も出来ました。
暦の上ではもう春ですから、春はすぐそこに来ていると感じました。

まだまだ霜柱も元気いっぱいでしたし、早朝の気温はマイナス3℃でしたが。

シモバシラ 202002 西岸


本日のトップ10
① オニシバリ 咲き始め
② ミチタネツケバナ 咲き始め
③ ムササビの食痕 アカガシ
④ ルリビタキ 飛翔
⑤ ウソ 飛翔
⑥ ホオジロ 歩行
⑦ カンムリカイツブリ 浮遊
⑧ キンクロハジロ 浮遊
⑨ カワラヒワ 飛翔
⑩ テングチョウ 飛翔

※3月8日追記
3月15日に予定していました、3月の自然情報収集は、新型コロナウイルス蔓延防止のため、中止となりました。
4月以降も実施の見通しはたっておりません。

箱根PV 段
スポンサーサイト



2020年1月15日芦ノ湖西岸自然情報

2020年最初の芦ノ湖西岸コース自然情報収集。
未明までは雨模様だった今日の箱根。標高の高いところは薄ら白くなっていました。
箱根町港9時のスタート時の天候は晴れ。気温は2℃です。

芦ノ湖西岸コースは、2019年台風19号災害により、数箇所路盤流出があるため、湖尻水門~白浜ネット上では通行止になっています。
よって自然情報は、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門で行っております。
危険ですので通行止エリアには立ち入らないようお願いします。

参加PVは2名、多くの鳥たちに見送られて出発しました。
一番印象的だったのが、至近距離で見られたアオサギです。お気に入りの場所なのか、鳥には珍しく、案内看板が設置してありました。

アオサギ サギ科
202001西岸あおさぎ


スタートするとカワセミが目の前を通過。新年早々、幸せの青い鳥と出会えました。

季節柄、植物の観察は少ないため、普段より早いペースで進みました。

果実として観察できたものでは、ノイバラとサルトリイバラが多く印象的に残りました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科
2018年度版神奈川県植物誌でユリ科からサルトリイバラ科に変更されました。
希にトゲの無いものがありますが、そちらは、トゲナシサルトリイバラという別の植物になります。

202001西岸サルトリイバラ


冬の花の代名詞、オニシバリはまだつぼみが堅い状態です。

オニシバリ ジンチョウゲ科
枝を曲げても折れないので、鬼も縛れるということで、この名の由来になりました。
夏に葉を落とすので、別名「ナツボウズ」。
雌雄異株で雄株の方が先に花が咲きます。
おにしばり 202001西岸


目立った植物は、コケ類の、オオカサゴケとヒノキゴケ。

オオカサゴケは日に当たりキレイでした。

オオカサゴケ ハリガネゴケ科
きれいに見えるので園芸用でも販売されています。
私の地元川崎市でも街路樹の根元にあったりします。

202001西岸」おおかさごけ


ヒノキゴケ ヒノキゴケ科
こちらも園芸用で販売されているようです。

2020 1 ヒノキゴケ 西岸


白浜付近まで来ると、カンムリカイツブリの群れが寝ており、漂流していました。
今回の水鳥の観察で一番印象的でした。

カンムリカイツブリ カイツブリ科
202001カンムリカイツブリ西岸


また、ネコヤナギの一部が何者かにより食べられていました。
その足下には犯人の足跡が残されていました。

202001西岸


白浜のネコヤナギは早春の楽しみですので、これ以上食べられないことを祈るばかりです。

犯人はもちろん、「シカ」です。

白浜からの駒ヶ岳。
薄ら白くなっています。
202001コマガタケ西岸



午後はVC周辺でもありますが、西岸コースの一部にもなっている桃源台~湖尻水門の観察。

先月も確認している、アセビの開花とジョウビタキ、シロハラ、ウソの観察が収穫でした。
ツグミを確認できなかったのが残念でした。

ジョウビタキ ヒタキ科
書籍によってはツグミ科に分類されているものもありますが、ツグミ科の多くはヒタキ科に変更されているので、どちらも間違いではありません。
ツグミがヒタキ科に分類されている書籍もあります。

今回は正面からの画像ですが、ジョウビタキは両翼にある白い♡マークがチャームポイントでもあり、特徴です。
「ヒィ、ヒィ」と常に鳴くので、その名の由来になりました。

2020 1 ジョウビタキ 西岸

ウソ♂ アトリ科
アトリ科の鳥は嘴が特徴的です。
ウソ♂は首筋が赤いところが特徴です。

ウソ 202001西岸


亜種のアカウソは首筋から胸に掛けて赤くなっているのが特徴で、見分けるポイントです。

アカウソ 202001西岸



全体を通して、トビが非常に多く観察できました。

トビ タカ科
202001西岸」とび

薄ら白い、箱根の熊さん。
202001西岸クマさん


本日のトップ10
① カンムリカイツブリ
② アオサギ
③ カワセミ
④ ヒノキゴケ
⑤ オオカサゴケ
⑥ サルトリイバラ
⑦ ネコヤナギとシカの食痕と足跡
⑧ ウソ
⑨ トビ
⑩ ジョウビタキ

箱根PV 段

【芦ノ湖西岸】2019年12月11日自然情報

2019年10月の台風19号の影響で、現在、湖尻水門~白浜が通行止となっているため、箱根町港~白浜箱根ビジターセンター~湖尻水門~桃源台駅での自然情報となっております。


2019年最後の自然情報、この日は週間予報では降水確率が高く不安でしたが、出発時の気温は10度と高く、天候も快晴で、富士山がくっきりと見えていました。
出発地点の箱根町港にはクリスマス直前と言うこともあるのか、ヤドリギ・アカミヤドリギに実が付いていました。

ヤドリギ ビャクダン科
実の色が黄色いものが、ヤドリギです。
ヤドリギ 20191211西岸

アカミヤドリギ ビャクダン科
実の色がオレンジっぽいものが、アカミヤドリギです。
アカミヤドリギ 20191211西岸

ヒレンジャクの大好物で実には粘り気があり、そのため糞にも粘り気があり、それを利用して木の幹や枝に引っかかることとなり、種子を付着させ頒布します。
クリスマス近いこの季節、女性はヤドリギの下でキスを求められると断ることは出来ません。
もし拒むと結婚できなくなるという伝説があり、また、拒まずに受け入れると幸せに結ばれるそうです。

春の足音が近づいてくる時期にヒレンジャクの訪れが楽しみです。

ツルリンドウの実もキレイでした。
赤い実がクリスマスのリースに似合いそうです。
とある書籍には果実酒にするとカラダに良いとの記述がありました。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ 20191211西岸

冬鳥としては、アオジとウソが今回初確認できました。

アオジ ホオジロ科
アオジ 20191211西岸

11月18日に通行止が解除された県道を歩いていました。

ウソはVC周辺エリアではありましたが、先日の行事で、この周囲でウソの目撃情報があったんだよ~なんてことを効いた直後に、「フィーフィー」と声が聞こえ、振り返ると雌がいました。

ウソ♀ アトリ科
ウソ♀ 20191211西岸

また少し歩くと雄の姿もありました。
この個体は赤が強いので、厳密に分類すると「アカウソ」でしょうか。

ウソ(アカウソ)♂ アトリ科
ウソ♂ 20191211西岸

ウソ替え神事で有名なウソです。

水鳥は12月15日の禁漁日直前ということもあり、釣り客が多いためか余り見られませんでした。
前日はカンムリカイツブリなども見られたのですが、本日は、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロのみ・・・

12月のこの時期にもまだいるんですね・・・ヤマカガシ。
1メートル強の個体がやすらぎの森を歩いていて驚きました。

ヤマカガシ ナミヘビ科
ヤマカガシ 20191211西岸

普通の個体は臆病なので、余計なことをしなければ攻撃してきません。
毒があるのは奥歯の方だという説もあります。

ミツマタの蕾も発見しましたが、オオイヌノフグリがもう咲いていたり、何故か芦ノ湖畔ではアセビが一部の木のみ花盛りだったりしました。

オオイヌノフグリ オオバコ科

オオイヌノフグリ 20191211西岸

アセビ ツツジ科

asebi 20191211西岸

11月18日に通行止解除された県道区間の台風の爪痕
19号2 20191211西岸
19号 20191211西岸

まだ他にも確認した箇所はありますが、また次回にでも紹介したいと思います。

トップ10
①ウソ 姿
②アオジ 姿
③ヤマカガシ 姿
④ツルリンドウ 果実
⑤アセビ 花
⑥オオイヌノフグリ 花
⑦ヤドリギ/アカミヤドリギ 果実
⑧ヤマホロシ 果実
⑨キンクロハジロ 姿
⑩ミツマタ 蕾

箱根PV 段





【芦ノ湖西岸】2019年11月17日自然情報

台風19号の被害により、芦ノ湖西岸コースは、土砂撤去済みですが、土砂崩れ3カ所、路盤流出数カ所あり、2019年11月17日現在、湖尻水門~芦川入口が通行止となっております。

~2019年11月25日追記~
2019年11月18日に白浜~芦川入口は通行止解除されました。
2019年11月18日現在、湖尻水門~白浜が通行止です。


復旧まで年単位の時間を要する可能性が高いため、本日は代替コースの下見を兼ねた自然情報収集になりました。
朝6時の気温は3℃とかなり冷え込んできた暦の上では冬を迎えている箱根です。
本日は普段とは異なる、元箱根港からの出発です。
設定ルートは、元箱根港~箱根恩賜公園~箱根町港~芦川入口~箱根やすらぎの森~白浜入口~箱根やすらぎの森~箱根旧街道~芦川~箱根町港~杉並木~元箱根港、
その後、午後に桃源台~湖尻水門の実施です。

出発時の気温は10度まで上がっていた快晴の箱根。普段は頭しか見えない富士山がキレイに見えていました。
20191117西岸富士山

湖畔にはオオバンの大群が押し寄せていました。その中にホシハジロも交ざっていました。

オオバン クイナ科
20191117西岸オオバン

箱根恩賜公園では、リンドウ、センブリ、キッコウハグマと、コケ類を観察。

キッコウハグマ キク科
20191117西岸キッコウハグマ


その中でもヒノキゴケが触り心地よくキレイで印象的でした。

ヒノキゴケ ヒノキゴケ科
20191117西岸ヒノキゴケ
湖畔沿いを歩き、見慣れた箱根町港でもオオバンの大群を見ることが出来ました。
芦川集落へ行く途中ではジョウビタキ♀が飛んできました。声は何度か聞いていましたが、見るのは今シーズン初です。

ジョウビタキ♀ ヒタキ科
20191117西岸ジョウビタキ♀

芦川付近では、ゲンノショウコ、センニンソウ、ホトトギスが何故かまだ咲いていました。
そして芦川入口で県道芦川長尾線及び西岸遊歩道通行止めの表示。
20191117西岸芦川

この辺には釣り人と思われる車両が数台路駐していました。
箱根やすらぎの森を経由して白浜入口へ。
ダイコンソウとマツカゼソウが咲いていました。
いつも見慣れた白浜入口トイレ付近は普段以上に人気を感じませんでした。
そして帰路へ。
ピッポ、ピッポとベニマシコらしき地鳴きが聞こえました。
1号線から旧街道へ出ると、何故か色づきの悪いツリフネソウやヤマホタルブクロが咲いていました。

ツリフネソウ ツリフネソウ科
20191117西岸ツリフネソウ

その後は観光客気分で久しぶりの杉並木を歩いて、VCに戻りました。
後半戦は、桃源台から湖尻水門広場まで。
リンドウ、センブリ、ツルリンドウ、花盛りはキレイであったであろうシロヨメナの群落等観察して水鳥観察。
オオバンの大群の中に、カンムリカイツブリ等多数の水鳥を観察できました。

20191117西岸水鳥

湖尻水門側の通行止表示。
通路にはバリケードが張られています。
20191117西岸通行止


今回の結果から、来月以降の自然情報をどのようにするか、メンバーで相談することになります。


トップ10
①オオバン 鳥・群れ
②ヒノキゴケ コケ
③ベニマシコ 鳥・地鳴き
④キッコウハグマ 花・実
⑤ジョウビタキ 鳥・姿
⑥リンドウ 花・盛り
⑦ホシハジロ 鳥・群れ
⑧ツルリンドウ 実
⑨紅葉 見頃
⑩富士山 雪化粧

箱根PV 段

10月9日芦ノ湖西岸自然情報

気温18度、天候晴れ、PV3名での自然情報収集でした。
箱根町港を8:45出発、三ツ石まで約1時間かかるほど、見るものがたくさんありました。
夏の花は終わりに近づき、秋の花々が見頃を迎えていました。
この区間は主にタデ科の植物が多く観察できました。
ミズヒキは実になり、ミゾソバやアキノウナギツカミが咲き誇っていました。

西岸 アケボノソウ 20191009

アケボノソウ リンドウ科
和名は「曙草」で、黄色い蜜腺を夜明けの月に、濃紫色の斑点を星に見立てたものです。

ミゾソバ 西岸 20191009
ミゾソバ タデ科
葉の形の模様と形状から、別名「ウシノヒタイ」。

また先月の自然情報収集ではイマイチな感じだったノコンギクは花盛りでした。
ノコンギク 西岸 20191009
ノコンギク キク科

季節的にクモも多く観察でき、中でも、イシサワオニグモやジョロウグモ、ヤマシロオニグモなどが観察できました。
西岸 イシサワオニグモ 20191009
イシサワオニグモ コガネグモ科

三ツ石~白浜では、アキノキリンソウ、イヌヤマハッカ、サワガニ、ヤマトリカブト、鳥類ではソウシチョウの群れなどが観察できました。

西岸 アキノキリンソウ 20191009

アキノキリンソウ キク科
秋の代表的な花であり、薬効もあるそうです。

西岸 イヌヤマハッカ 20191009
イヌヤマハッカ シソ科

ヤマトリカブト 西岸 20191009

ヤマトリカブト キンポウゲ科
言わずと知れた猛毒植物です。一部漢方薬として利用されていますが、決して食してはいけません。

サワガニ 西岸 20191009

サワガニ サワガニ科

白浜では久々に浜伝いを歩いて遊歩道へ戻り、真田浜で昼食。
3組7名のハイカーが食事をしていました。

真田浜~立岩では、コウヤボウキやアズマヒキガエルなどを観察できました。

コウヤボウキ 西岸 20191009

コウヤボウキ キク科

立岩~小杉ノ鼻では、ハコネシロカネソウが1輪花をつけていました。
また、ナラ枯れのミズナラの根元にカエンタケの小さな群落があったりしました。
カエンタケ 西岸 20191009

カエンタケ ボタンタケ科
毒性が非常に強いので、触ることも禁物です。
決して食してはいけません。
食用になる、ベニナギナタタケと誤食して死に至った事例もあります。

参考:ベニナギナタタケ 8月25日黒岳コースにて
ベニナギナタタケ 20191009


小杉ノ鼻~亀ヶ崎では激しいシカの角研ぎ跡があったり、コゲラやカケスがいたり。

亀ヶ崎~深良水門ではアセビやキブシの花芽が観察できました。

深良水門の水深は2.1m

深良水門~湖尻水門では、シロヨメナの大群落に感動しました。
シロヨメナ 西岸 20191009

シロヨメナ キク科

また、ホオズキも観察できました。

ホオズキ 西岸 20191009

ホオズキ ナス科
毒性が強く、特に女性の方は食すのは禁物です。

15:42キャンプ村着。
芦ノ湖からの風が冷たく感じましたが、一日中好天に恵まれ、楽しい自然情報収集となりました。

今回のコースタイム
箱根町港8:45-三ツ石9:57-白浜11:10-箒ヶ鼻11:53-百貫ノ鼻12:16-真田浜12:35-13:01-立岩13:29-小杉ノ鼻13:52-亀ヶ崎14:34-深良水門14:58-15:05-キャンプ村15:42

トップ10
①シロヨメナ
②ノコンギク
③アキノキリンソウ
④アケボノソウ
⑤ヤマトリカブト
⑥イヌヤマハッカ
⑦コウヤボウキ
⑧イシサワオニグモ
⑨サワガニ
⑩カエンタケ

箱根PV 段