FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

3月13日芦ノ湖西岸コース

今回は新メンバーも加わりPV4名の参加。
オオバン、トビ、トバト、スワンボートに見送られて8時50分に出発。

オオイヌノフグリ、ミチタネツケバナ、フキ、ヤマアカガエルの卵塊などを見て春の訪れを感じながら林道へ。


yamaaka0313





前半は、アセビが満開でまさに「アセビロード」


seiganアセビ


白浜のネコヤナギは満開寸前でキレイでした。



nekoyanagi0313


ウグイスの今年はきれいな囀りも春の訪れといった感じです。

西岸中盤からはオニシバリロード。
雌雄とも満開でした。

オニシバリ0313


白浜で休憩・・・・と思いましたが、水鳥が21羽。20羽の群れとロンリーバード1羽。
キンクロハジロ、ホシハジロ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン

3月2日に本格禁漁解禁で水鳥は期待していなかったので、出会えて嬉しかったです。

後半はオニシバリロード
シキミが満開の株がありました。

アセビ、オニシバリ、シキミ、毒のある植物が花盛りでした。

8時50分発14時35分着。

トップテン
①ネコヤナギ
②リスの落下巣
risu

③水鳥
④ヤマアカガエルの卵塊
⑤ウグイスの囀り
⑥シキミ
⑦オニシバリ
⑧アセビ
⑨フキ
⑩ウラジロ
urajiro


箱根PV段





スポンサーサイト

1月9日 芦ノ湖西岸

9時頃箱根町港出発、13時35分キャンプ村着。
出会ったハイカーはなし。

季節柄水鳥だけかと思いましたが、カワラヒワやウソ、トビも見られました。

花はオニシバリとアセビ

オニシバリ西岸201900109


ツルシキミの赤い実は相変わらずコース全般にありました。
ツルシキミ西岸201910109
asebiseigann


寒い1日でした。

箱根PV段

12月12日芦ノ湖西岸コース

先月は1名が怪我、1名が入院とあって中止となった芦ノ湖西岸コースです。
雨の中決行するか悩みましたが、予備日の予報も悪かったので、午後にはやむという予報を信ずることにして決行しました。
午前9時に箱根町港を出発しました。
箱根町港のヤドリギは実がたくさん付いており、ヒレンジャクさんが来てくれるといいなと思いました。
雨中と冬季ということもあって、普段よりペースは速く進みます。
白浜付近ではカンムリカイツブリが4羽ほどいらしていました。
カンムリカイツブリ

オオバンは各所で群れていました。
所々でカケスやジョウビタキの声や姿。
ウグイスと思われる落下巣(卵の殻入り)はVCへお土産。
す
しか

植物は、オニシバリとアセビが花盛りの株がありました。
おにしばり
アンドロメダ

季節的に赤い果実が多く目立った感じです。
ハダカホオズキ、メギ、ツルシキミ、ツルリンドウ。
hadakahouzuki12122018
メギ
ツルシキミ
つるりん

シカ角研ぎの跡など見つつ、13時35分にキャンプ村着。

出会ったハイカー???1名。


トップ10
カンムリカイツブリ 鳥
アセビ 花
オニシバリ 花
ウグイスの落下巣
ハダカホオズキ 果実
メギ 果実
ツルシキミ 果実
ツルリンドウ 果実
オオバン 鳥
シカ角研ぎ跡


私はこの後ふたご座流星群の観測へ。
ベストショットはオリオン座に流れる流れ星。
ふたご座流星群


オリオン大星雲がくっきりと見えて感動でした。
残念ながらここは箱根ではありませんが、今年最後ということで。


箱根PV段



11月西岸コース中止になりましたので

10月27日個人的に歩いたときに見つけた

キッコウハグマ
亀甲白熊
キク科モミジハグマ属

キッコウハグマ


10月27日のお散歩の収穫を上げておきます。


PV段





10月10日芦ノ湖西岸コース

10月10日、晴れの特異日とあって、久々に天候に恵まれた西岸コース。
前夜は星空もキレイでした。
orion.jpg

箱根町港から富士山を眺めることができ、トビやハクセキレイたちに見送られ出発。
huji.jpg

ミゾソバからハナタデ街道。
その中から時折、ツユクサやゲンノショウコたちがまだ頑張っていました。
林道ゲートに進むにつれ、ヤマトリカブトやリンドウがこんにちは。
rindou
yamatorikabuto

咲き残りのホトトギスも数多かったです。
hototogisu

林道ゲート後は咲き終わったマツカゼソウの香りに癒やされながら、葉の生えそろったオニシバリ、ノコンギク、シロヨメナ等のキク類とソウシチョウの群れを観察して、真田浜で昼食。
芦ノ湖の水位は下がりましたが、台風の影響か、私の観察していたイヌツゲが折れてしまっていました。他にもムラサキシキブも含めかなりの樹木が被害を被っていました。
その後はツルシキミの実が赤く熟しておりキレイでした。ハコネシロカネソウやミヤマタニソバがまだ渋太く咲いていました。
DSC_2933.jpgturusikimi


最後に深良水門付近でキントキヒゴタイとご対面でき、長い西岸コースの疲れを癒やしてくれました。
kinntokihigotai


コース全般に咲き誇っていたアキノキリンソウがナンバーワンになりました。

akinokirinnsou

次回からは日没との戦いです。

ウラナミシジミ
uranamisijimi



トップ10
1アキノキリンソウ
2ヤマトリカブト
3リンドウ
4ノコンギク・ユウガギク・シロヨメナ
5キントキヒゴタイ
6イヌヤマハッカ
7ナギナタコウジュ
8ウラナミシジミ
9カケス
10ホトトギス

箱根PV 段

FC2Ad