FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖西岸自然情報 2021年4月15日

天候:小雨~曇り、気温13℃(8時25分)、参加PV3名での自然情報収集です。
雨予報が数日前より出ておりましたが、日中は雨が上がる予報でしたので実施しました。

コース全般を多くのスミレ類とカントウミヤマカタバミ、ツルシキミの花々が彩っていました。サクラ類は咲き終わりで、花びらがコースの至る所に落ちていました。

また、コチャルメルソウ、ハナネコノメ、ハルトラノオの群落やツチグリのフェアリーサークルも多く見ることができました。

真田浜付近にあった落橋寸前だった橋は新しく架け替えられ、頑丈に作り直されていました。

橋 西岸 20210414


8時50分に箱根町港を出発し、湖尻到着が14時50分と、普段より速いペースで歩きました。

白浜トイレ付近で群生していた、ムラサキケマンとミヤマキケマン(共にケシ科で有毒植物)

ミヤマキケマン ムラサキケマン 西岸 20210414


コチャメルソウ ユキノシタ科
日本の固有種で、渓流沿いや湿気の多いところを好みます。
地味な花ですので、注意しないと見落としてしまいます。

コチャルメルソウ  西岸 20210414


ハナネコノメ ユキノシタ科
日本の固有種で、湿気の多いところを好みます。
小さく可憐な花が愛らしいです。

ハナネコノメ 西岸 20210414


カントウミヤマカタバミ カタバミ科
日本の固有種です。西岸コースを彩っていました。恥ずかしがり屋さんなのか、花が下向きに咲く固体が多いです。

カントウミヤマカタバミ 西岸 20210414


ハルトラノオ タデ科
日本の固有種で、木陰を好みます。

ハルトラノオ 西岸 20210414


エイザンスミレ スミレ科
日本の固有種で、切り込みのある葉が特徴的です。

エイザンスミレ 西岸 20210414


オトメスミレ スミレ科
タチツボスミレの変種で、箱根の乙女峠で発見されたことが名前の由来です。
全体的に白く、炬が紫色菜ところが特徴です。

オトメスミレ 西岸 20210414

フタバアオイ ウマノスズクサ科
日本の固有種です。京都賀茂神社の葵祭で用いられるところから、「賀茂葵」の異名があります。
匂いも出さず蜜腺もないため、自家受粉を行っています。
フタバアオイ 西岸 20210414

シバヤナギ ヤナギ科
日本の固有種で富士箱根地区に存在するフォッサマグナ要素のヤナギです。
シバヤナギ 西岸 20210414


ツチグリ ツチグリ科
星形形状のツチグリが菌輪を形成しています。
妖精たちが踊っているように見えるので、フェアリーサークルやフェアリーリングなどと呼ばれています。

ツチグリ 西岸 20210414

ハコネシロカネソウ キンポウゲ科
日本の固有種で箱根~曇り伊豆地区に多く見られる植物です。
今年も可憐な花を咲かせ始めていました。

ハコネシロカネソウ 西岸 20210414


ツルシキミ ミカン科
つぼみと果実はよく観察できますが、花盛りの時期に出会うことが少なく感じます。
全草が有毒です。

ツルシキミ 西岸 20210414


本日のトップ10
①  タチツボスミレ
② ナガバノスミレサイシン
③ エイザンスミレ
④ オトメスミレ
⑤ カントウミヤマカタバミ
⑥ ツルシキミ
⑦ コチャルメルソウ
⑧ ハルトラノオ
⑨ ハナネコノメ
⑩ ミヤマキケマン

*2021年5月、6月の自然情報は、神奈川県に発令中のまん延防止の影響で、中止となりました。
7月以降の実施は未定です。

箱根PV 段
スポンサーサイト



2021年3月24日 芦ノ湖西岸自然情報

1月の発令された緊急事態宣言が解除されたため、3月24日に2021年最初の自然情報収集をPV3名で実施しました。
気象状況は、天候晴れ、気温8℃(8時40分)でした。
3月1日に芦ノ湖の禁漁期間が解除されたため、多くの釣り人で賑わっていました。
水鳥たちの多くは旅立っていきましたが、まだ残っている固体もありました。禁漁区域である真田浜付近にはカンムリカイツブリ36羽の群れがまだ羽を休めていました。
冬の陸鳥たちは既に旅立っており、留鳥のハクセキレイは夏羽に生え替わっていました。またイワツバメやウグイスのさえずりも確認でき、いよいよ春本番と感じました。
昆虫類では、春の訪れを告げる、ビロウドツリアブとテングチョウを確認できました。

テングチョウ タテハチョウ科

テングチョウ 西岸 20210324


植物の方も、タチツボスミレ、マメザクラが咲き始め、アセビ、オニシバリ、ミツマタ、ダンコウバイ、ヤマルリソウ、ネコヤナギが花盛りでした。

タチツボスミレ スミレ科
日本を代表するスミレの一種です。
ハート型の葉が特徴で、以前は430円切手のデザインに採用されていました。
因みに普通のスミレは現在の94円切手のデザインに採用されています。
タチツボスミレ 西岸 20210324

オニシバリ ジンチョウゲ科
雌雄異株で有毒植物です。
2月初旬に咲き始め、6月頃に実をつけます。
夏になると葉を落とすため、別名が「ナツボウズ」、花言葉は「変わり者」です。
オニシバリ 西岸 20210324

ミツマタ ジンチョウゲ科
枝が3つに分かれることが名前の由来です。
皮は和紙の原料として使われています。
仲春の季語にもなっています。
ミツマタ 西岸 20210324

マメザクラ バラ科
富士箱根火山帯に自生しており、別名「フジザクラ」「ハコネザクラ」ともいいます。
山梨県の県花に指定されており、花弁が小さく、背丈も低いところが特徴です。
マメザクラ 西岸 20210324

ヤマルリソウ ムラサキ科
日本の固有種です。
ピンク色で咲き始め、瑠璃色に変化していきます。
湿気のあるところに多く自生しています。
ヤマルリソウ 西岸 20210324

ネコヤナギ ヤナギ科
雌雄異株で、水辺に多く自生しています。
白浜付近のネコヤナギの画像は、とある書籍の画像にも使用されています。
ネコヤナギ 西岸 20210324

ダンコウバイ クスノキ科
梅の名が付きますが、ロウバイと同じくバラ科ではなくクスノキ科になります。
アブラチャンに花が似ており、両者はともにクスノキ科になります。
ダンコウバイ 西岸 20210324


また、箱根町港付近の小川にはワカサギが遡上していたり、ナラ枯れ被害に遭った樹木が伐採されていることも確認できました。
科座が非常に冷たく感じましたが、春の訪れを確実に実感できた自然情報収集となりました。

ワカサギ キュウリウオ科
放流され残った個体が産卵のため遡上しているようです。
芦ノ湖のワカサギは宮内庁への献上品にもなっています。
ワカサギ 西岸 20210324

ナラ枯れ伐採の切り株
茶色く変色している部分がカシノナガキクイムシの侵入被害に遭った部分になります。
ナラ枯れ伐採 西岸 20210324



トップ10
① ヤマルリソウ 花盛り
② ミツマタ 花盛り
③ ダンコウバイ 花盛り
④ マメザクラ 咲き始め
⑤ オニシバリ 花盛り
⑥ ネコヤナギ 花盛り
⑦ ビロウドツリアブ 飛翔
⑧ テングチョウ 飛翔
⑨ カンムリカイツブリ 36羽の群れ
⑩ ワカサギ 小川を遡上

箱根PV 段

2020年12月9日芦ノ湖西岸自然情報

12月9日水曜日、天候曇り、気温3℃(8時半箱根町港)参加PV3名での2020年最後の自然情報収集です。。

今回は観察できた野鳥類を中心に紹介します。

オオバン クイナ科
水生植物を主食としますが、魚類や昆虫類なども食べます。
水鳥の一種ですが、希に陸を歩行している姿を見かけることがあります。

オオバン 西岸 20201209


白浜にて24羽で群れていたホシハジロ。
ホシハジロ カモ科
冬鳥として飛来し、潜って水草を食べます。

ホシハジロ 20201209 西岸

真田浜ではハジロカイツブリ35羽の群れがいたのですが、我々が真田浜に到着時には入れ替わるように百貫ノ鼻方面へ移動してしまっていました。

ハジロカイツブリ カイツブリ科
ミミカイツブリとよく似ていますが、頭部の反り返りがハジロカイツブリの方が大きいため、そこで見分けられます。

ハジロカイツブリ 西岸 20201209


亀ヶ崎付近ではマガモの雄のみ10羽程寝ていました。

マガモ カモ科
アヒルの先祖ですのでよく似ていますが、アヒルと比べると小柄です。

マガモ 西岸 20201209

ヤマガラ シジュウカラ科
アセビの蕾を啄んでいました。シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガ等と群れているところをよく見かけます。雑食性ですが、冬場に果実を啄んでいる姿をよく見かけます。

ヤマガラ 20201209


白浜付近では、シジュウカラのみの20羽以上の群れが、ネコヤナギに群れていました。
冬場は混群を作ることが多いため、シジュウカラ単体での群れは新線に見えました。

シジュウカラ シジュウカラ科

シジュウカラ 西岸 20201209

キンクロハジロは5羽が並んで泳いでいました。
キンクロハジロ カモ科
脇腹が白いところが特徴です。

キンクロハジロ 西岸 20201209

メジロ メジロ科
移動時は群れを作っていることが多いです。
春先は花の蜜を吸っている姿をよく見かけます。

メジロ 西岸 20201209

ハクセキレイ セキレイ科
セグロセキレイとよく似ていますが、頬周りの色合いで見分けられます。
夏羽は黒く、冬羽はグレーです。

ハクセキレイ 西岸 20201209

アオサギ サギ科
日本のサギ類では最大です。

アオサギ 西岸 20201209

ダイサギ サギ科
湖尻水門付近の早川で休んでいる姿が水面に映り込んでいてキレイでした。
白いサギ類では最大で、箱根では留鳥です。
大きく純白な姿は優雅に見えます。


ダイサギ 西岸 20201209

植物の方は晩秋の花の咲き残りが多かったですが、オオイヌノフグリ、ミツバ、タネツケバナ等が咲いていたりしました。
また、湖尻水門付近ではアセビの花が今年は例年より早く、11月28日には既に咲いていました。(例年12月2週目に咲き始め)

アセビ ツツジ科
漢字表記は「馬酔木」。馬が酔っ払っているように見えるほど毒性が強い樹木です。
別名「シカクワズ」。シカでも食べないようで、奈良公園の方ではアセビが多く見受けられるそうです。

アセビ 西岸 20201209

実りの方はコース全般で、ヤマホロシ、マルバノホロシ、サルトリイバラ、ツルシキミ、ツルリンドウ、ホソバテンナンショウといった、赤い実が目立っていました。

昆虫類では唯一観察できたものとして、ナミテントウがいました。
寒さのためか、葉の上でジッとしていました。

ナミテントウ テントウムシ科
ナミテントウは多種に及ぶ模様があるそうです。
競走馬の毛色が遺伝により異なりことと同じようなかんっじでしょう。
冬でも頑張っているようですね。

ナミテントウ 西岸 20201209



8時45分に箱根町港を出発し、14時45分に芦ノ湖キャンプ村到着し、自然情報収集を終えました。
気温は低かったですが、風がない1日でした。

本日のトップ10
① ホシハジロ 水・冬鳥(姿)
② シジュウカラ 陸・留鳥(姿)
③ マガモ 水・冬鳥(姿)
④ キンクロハジロ 水・冬鳥(姿)
⑤ オオバン 水・冬鳥(姿)
⑥ アセビ 花
⑦ ヤマホロシ/マルバノホロシ 果実
⑧ サルトリイバラ 果実
⑨ ツルリンドウ 果実
⑩ ナミテントウ 昆虫(姿)

2021年1月の自然情報収集は、緊急事態宣言発令に伴い、中止となりました。

2021年2月の自然情報収集は、緊急事態宣言延長に伴い、中止となりました。

箱根PV 段

2020年11月11日芦ノ湖西岸コース自然情報

天候晴れ気温9℃参加PV5名環境省職員1名の計6名と、芦ノ湖西岸コースとしては久々の大人数での自然情報です。
箱根町港を8時45分に出発、芦ノ湖上には、オオバン、ヒドリガモ、カイツブリ等の水鳥が到来していました。付近ではカワセミやノスリの姿も見えました。

箱根町港付近の水鳥
芦ノ湖水鳥 西岸 20201111


足を進めると、キンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリの群れの他、マガモ、ハジロカイツブリ等の姿も確認できました。
VC情報によると、マガモは今シーズン初確認とのことです。

マガモ カモ科
雌雄異色でアヒルの祖先です。
主に植物性のものを食べます。

マガモ 西岸 20201111


ホシハジロの群れ

ホシハジロ 西岸 20201111


キンクロハジロの群れ
キンクロハジロ 西岸 20201111


陸鳥としては、エナガの群れがコース上で賑わっていたほか、アオジやジョウビタキの声も聞こえていました。

紅葉とエナガ
エナガ 西岸 20201111


植物としては、リュウノウギクやキッコウハグマが盛りを迎え、深紅のツルリンドウの果実もコース全般を彩っていました。
また紅葉が見頃を迎え、コアジサイやクロモジの紅葉が印象的な小春日和の芦ノ湖西岸コースの自然情報収集となりました。
湖尻水門到着15時45分、出会ったハイカー19名です。

コアジサイの黄葉
コアジサイ 西岸 20201111


ハジロカイツブリ カイツブリ科
羽の内側が白いところから、その名が付きました。
潜水して捕食するため、一度潜るとなかなか出てきません。
ミミカイツブリとよく似ています。雌雄同色。
ミミカイツブリ 西岸 20201111


ノスリ タカ科
トビと似ておりますが、見分け方としては、風切り羽の外側が5枚のものがノスリ、6枚のものがトビ。
他には尾が扇形のものがノスリ、バチ形がトビになります。

ノスリ 西岸 20201111


キッコウハグマ キク科
3つの花が重なり合って、1つの花に見えます。閉鎖花が多く見られた今シーズンでしたが、11月に入り無事に開花し、コース上を彩っていました。

キッコウハグマ 西岸 20201111


ツルリンドウ リンドウ科
美しい深紅の果実はいつ見ても心が癒やされます。
リンドウ同様に胃薬として用いられます。

ツルリンドウ 西岸 20201111


リュウノウギク キク科
秋の終わりを告げる野菊です。盛りを過ぎるとピンク色に変化していきます。

リュウノウギク 西岸 20201111

ノササゲ マメ科
花は黄色ですが、果実は紫色。
マメ科のつる性植物で、花言葉は「甘い乙女心」。
ノササゲ 西岸 20201111

本日のトップ10
① キッコウハグマ 花
② ツルリンドウ 果実
③ 紅葉(コアジサイ・クロモジ等)
④ ハジロカイツブリ 姿
⑤ マガモ 姿
⑥ リュウノウギク 花
⑦ エナガ 姿
⑧ ノスリ 姿
⑨ ノササゲ 果実
⑩ 動物の糞(イノシシ・シカ・テン)

箱根PV 段

2020年10月14日芦ノ湖西岸自然情報

気温13℃(箱根町港)、天候曇り、PV3名での自然情報収集となりました。
植物は日本を代表する野菊である、シロヨメナとノコンギクが花盛り。西岸コースの特徴の一つであるシロヨメナの大群落は昨年ほどではありませんが、今年も見ることができました。
シロヨメナ キク科
シロヨメナ 201014 西岸

ノコンギク キク科
ノコンギク 201014 西岸


キク科としては他にコウヤボウキも見られました。
名前の由来は、高野山でコウヤボウキの茎を束ねて箒の材料としたことに由来しています。
野菊とは異なり、樹木の分類になります。

コウヤボウキ 201014 西岸


この時期の西岸コースを彩る花の一つ、アケボノソウが咲き始めていました。
芦川集落や深良水門付近で小さな群落があるほか、各所に点在しています。

アケボノソウ リンドウ科
花の形が星形に、花びらの模様が星に見えるところがチャームポイントです。

アケボノソウ 201014 西岸


リンドウ科としては他に、リンドウが咲き始めていましたが、天候の影響か、花は開いていませんでした。
ツルリンドウは各所において深みのある赤い実が目立っていました。

タデ科のアキノウナギツカミ、ハナタデ、イヌタデ、ミゾソバも見頃を迎え、ミズヒキやミヤマタニソバは実へと変化していました。
特にミゾソバは多く見ることができました。葉の模様から別名が「ウシノヒタイ」となっています。

ミゾソバ タデ科
ミゾソバ 201014 西岸


ユリ科のホトトギスは咲き終わりに近い感じでしたが、各所において観察できました。

野鳥類としては水鳥の到来はしていませんでした。
陸鳥はメジロと特定外来種のガビチョウとソウシチョウが木の実を啄んでいるところやオオルリの落下巣を観察できました。
メジロがヌルデの実を食べているところを見上げていると、上空からヌルデミミフシが落下して割れて、中で成長していたヌルデシロアブラムシを大量に観察できました。
ヌルデの葉にヌルデシロアブラムシが原因で形成され、中で成長した形成者の子孫が10月頃に外へ飛び出し、コケ類へ移住して越冬するようです。
日本では主に染料として使われていました。

ヌルデミミフシ(虫えい)とヌルデシロアブラムシ

ヌルデシロアブラムシ 201014 西岸


オオルリの落下巣

オオルリ 20201014 西岸


昆虫類では一見落ち葉にしか見えない、クロコノマチョウを見ることができました。
カメラのファインダーを一度外すと、落ち葉と同化して、撮影するのに苦労しました。
クロコノマチョウ タテハチョウ科

クロコノマチョウ 20201014 西岸



湖尻水門付近では重機で押しつぶされたと思われるアオダイショウの死骸がありました。
大きな個体と思われます。

アオダイショウ 201014 西岸


また、ツチアケビとナラタケも見ることができました。
共生関係にある両者を見ることができたのは収穫でした。

ナラタケ キシメジ科
ナラタケ 201014 西岸
ツチアケビ ラン科
ツチアケビ 201014 西岸


15時45分湖尻水門到着。
9日には台風14号襲来に備えて、ゲートを全て開けての事前放流が行われていましたが、本日は全て閉じられていました。水位は普段より20㎝ほど低くなっていました。

トップ10
① シロヨメナ 花盛り・大群落
② アケボノソウ 咲き始め
③ ノコンギク 花盛り
④ ホトトギス 咲き終わり
⑤ ツルリンドウ 果実
⑥ ミゾソバ 花盛り
⑦ コウヤボウキ 花盛り
⑧ ヌルデミミフシ、ヌルデシロアブラムシ(ヌルデの葉に付いた虫こぶとその形成者であるアブラムシ)
⑨ クロコノマチョウ 昆虫
⑩ ナラタケ 菌類
箱根PV 段