FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2020年9月9日芦ノ湖西岸コース自然情報

天候晴れ、気温22℃、PV3名での自然情報収集です。
8時42分に箱根町港出発すると、芦川集落で100羽以上はいると思われるイワツバメの大群が我々を見送りに来てくれました。来月はそろそろ冬鳥が到来する時期になりますので、夏鳥は旅立ちの時期に来ているのでしょうね。

イワツバメ ツバメ科

イワツバメ 西岸 20200909


昆虫類ではシロオビクロナミシャクが多く見られ、震災慰霊碑前のモミジガサには10頭以上が群れていました。

シロオビクロナミシャク シャクガ科
モミジガサ キク科

シロスジクロナミシャク 西岸20200909


貝類ではニッポンマイマイがヤマホトトギスの咲き始めの花を首を長くして食べていました。

ニッポンマイマイ ナンバンマイマイ科
ヤマホトトギス ユリ科

ウスカワマイマイ 西岸20200909


植物は春の花や夏の残り花が頑張って咲き残っていたり、季節の花が咲き始めていたりで、今が盛りといったものは数少なかった印象です。

ナガエオオカモメヅルは花と細長い果実を見ることができました。

ナガエオオカモメヅル キョウチクトウ科

ナガエ~ 西岸 20200909


秋分まであと2週間弱、明石より東にある箱根では今頃が秋分の時期になるためか、シュウブンソウがまさに花盛りでした。

シュウブンソウ キク科

シュウブンソウ 西岸 20200909


秋の七草の一つになる、マルバハギとヤマハギも花盛りでした。

ヤマハギ マメ科

ヤマハギ 西岸20200909


マルバハギ マメ科

マルバハギ 西岸 20200909


野菊3種ではトップバッターになるユウガギクが花盛り、ノコンギクとシロヨメナは咲き始めでした。

ユウガギク キク科

ユウガギク 西岸2020909


またノササゲが咲き始めていました。
花言葉は甘い乙女心・・・どのような感じでしょうか?

ノササゲ 西岸 20200909


果実になるとヒヨドリジョウゴと見分けがつかなくなるヤマホロシも花が咲いていました。

ヤマホロシ ナス科

ヤマホロシ 西岸20200909


先月は名称の特定ができずトップ10入りを見送っていたヒメシロネもまだ花が残っていたので今回は入れました。

ヒメシロネ シソ科

ヒメシロネ 西岸 20200909


亀ヶ崎のアカガシにはムササビの食痕とハイイロチョッキリの産卵痕と枝を落とした残骸とドングリが実っていました。
いろいろなものが混在しているので、状態の説明が難しくなりました。

ムササビの食痕

ムササビ 西岸 20200909


ハイイロチョッキリの産卵痕

ハイイロチョッキリ 20200909


番外編としてはアシナガサラグモのドーム状のクモの巣はきれいに見えました。

アシナガサラグモ す 西岸2020909


ホオズキは花も咲いていました。
ホオズキ ナス科

ホオジキ 20200909+


ナラ枯れの方は雨上がりとあって、フラスの観察が難しく、明らかに確認できたものは、2年前に確認したものでした。
また、ブナ科でもアカガシはカシノキナガキクイムシの穿入孔からのフラスが確認できましたが、大木にもかかわらず、枯れているとの症状は確認できませんでした。
前回カシナガの穿入孔からのフラスが確認できたシデ科のイヌシデはまだ枯れてはいませんでした。

ブナ科でもブナのように樹液の多い樹木ではナラ枯れは起きず、ブナ科以外の樹木にもカシナガが穿入することもあるようです。


16時3分キャンプ村着、今回は約160種の動植物を観察できました。

トップ10
①イワツバメ 野鳥類 姿
②ニッポンマイマイ 貝類 姿
③シロオビクロナミシャク 昆虫類 姿
④ナガエオオカモメヅル 植物 花・果実
⑤シュウブンソウ 植物 花盛り
⑥マルバハギ/ヤマハギ 植物 花盛り
⑦ユウガギク 植物 花盛り
⑧ノササゲ 植物 咲き始め
⑨ヒメシロネ 植物 咲き終わり
⑩ハイイロチョッキリ(アカガシ) 産卵痕と枝落とし痕



箱根PV 段
スポンサーサイト



2020年8月5日芦ノ湖西岸コース自然情報

昨年10月の台風19号災害により、長らくの間一部区間通行止めが続いていた、芦ノ湖西岸コースの全線開通後初の自然情報収集です。
気温26℃、PV3名で行いました。

この時期一番の楽しみは、神奈川県の花「ヤマユリ」ですが、今年はやや盛りを過ぎている感じで白く荘厳な姿を期待していただけに残念でしたが、代わりにウバユリが花盛りでした。

ヤマユリ ユリ科
昨年9月まで発売されていた官製はがきのデザインにもなっていました。

ヤマユリ西岸


ウバユリ ユリ科
ウバユリ 西岸


昨年9月の西岸ロードを彩ったトンボソウですが、今年はすでに咲き始めており、オオバノトンボソウも確認できました。

トンボソウ ラン科
トンボソウ 西岸


オオバノトンボソウ ラン科
トンボソウより若干開花時期が早い感じがします。
オオバノトンボソウ 西岸


また、ヤマホトトギス、マルバハギ、マツカゼソウ、ミズヒキも咲き始めており、秋の訪れも感じました。

ヤマホトトギス ユリ科
ヤマホトトギス 西岸


マツカゼソウ ミカン科
マツカゼソウ 西岸


ここ数年の大雨続きで流されてしまっていたクサアジサイが全く違う場所で確認できたことは嬉しかったです。

クサアジサイ アジサイ科
クサアジサイ 西岸



なぜか西岸コースにひっそりとある、ホオズキも実を付けていました。
ホオズキ 西岸

エビガライチゴも食べ頃な感じがしていました。
エビガライチゴ バラ科
エビガライチゴ 西岸

※追記
ヒメシロネ シソ科
ヒメシロネ 西岸

シロネより小ぶりな形状ですので、ヒメシロネと名付けられたそうです。
シロネは神奈川県内では60年以上確認はされていません。
ヒメシロネも神奈川県内では比較的珍しいそうです。


野鳥類では、ここ数年では初めて、コサメビタキの姿を確認できました。
コサメビタキ ヒタキ科
コサメビタキ 西岸

日本では夏鳥として、平地から山地にかけての落葉広葉樹林に飛来します。
群れは形成しません。



昆虫類も多数確認でき、その中ではミヤマカラスアゲハの姿が美しかったです。
ここ数年西岸コースで問題となっている、いわゆるナラ枯れと呼ばれているものですが、今年は被害がさらに増大、これまではブナ科のアカガシとミズナラで確認できていましたが、今年は、ミズキ科のミズキ、バラ科のウワミズザクラ、カバノキ科のイヌシデにも被害が及んでいました。

イヌシデ カバノキ科
イヌシデ 西岸


トップ10
① ウバユリ 咲き始め~花盛り
② トンボソウ・オオバノトンボソウ 咲き始め
③ ミヤマカラスアゲハ 飛翔
④ コサメビタキ 飛翔
⑤ エビバライチゴ 食べ頃
⑥ クサアジサイ 咲き終わり
⑦ ヤマホトトギス 咲き始め
⑧ キンモンガ 飛翔
⑨ マツカゼソウ 咲き始め
⑩ ヌスビトハギ 花盛り


約150種類の動植物を確認した自然情報収集でした。
当方のPC不調により、報告が遅れたことをわび申し上げます。

箱根PV 段

2020年2月11日 芦ノ湖西岸自然情報

現在、芦ノ湖西岸コースは2019年台風19号災害により、白浜~湖尻水門が通行止になっているため、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門での自然情報収集となっています。
通行止区間では、3カ所で大きな路盤流出があり大変危険なため、絶対に立ち入らないで下さい。


※2020年2月22日追記

2月21日より、湖尻水門~深良水門の通行止が解除されました。
深良水門~白浜は現在も通行止となっております。


※2020年7月9日編集
6月末に芦ノ湖西岸コースの通行止めはすべて解除されました。


本日の自然情報収集はPV3名で行いました。気温は3℃(8時半箱根町港)、天候は快晴でした。
雪が少ない感じの富士山は雲一つ無く、くっきりと見えていました。多くのオオバンたちに見送られて出発。

ケシキ 202002 西岸


季節柄野鳥メインの観察になりました。

ウソ、アトリ、カワラヒワといったアトリ科の冬鳥が多く見られました。
アトリ科の鳥は太く鋭い嘴が特徴です。箱根で見られるアトリ科の鳥の多くは冬鳥です。

ウソ アトリ科
天神様の御使鳥として、天満宮系の神社では扱われています。
前年の凶事をウソとして吉事にトリ変えるという鷽替え神事は有名ですね。
ウソ 202002 西岸


また、ジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミといった、ヒタキ科の冬鳥も見られました。
ルリビタキはその名の通り、オスは瑠璃色のきれいな鳥ですが、茂みの中を好むので、撮影が難しい鳥です。
幸せの青い鳥の一つです。

ルリビタキ ヒタキ科
ルリビタキ 202002 西岸


これらの鳥たちは、書籍によって、ツグミ科に分類されているものもありますが、数年前にツグミ科の多くはヒタキ科に移動しているので、どちらも間違いではありませんが、手持ちの最新の書籍を参考に、ここではヒタキ科としておきます。

夏場は木の高いところにいるので観察しやすいホオジロも日向ぼっこしているところを観察できました。

ホオジロ ホオジロ科
ホオジロ 202002 西岸


水鳥は、オオバン、キンクロハジロ、カンムリカイツブリが多く観察できました。
特にカンムリカイツブリは、先月同様に15羽ほどで群れて寝ていました。

3月1日に釣りが解禁ですので、冬鳥たち同様に来月の自然情報収集では見られるでしょうか。

植物で観察できた花は、オオイヌノフグリ、オニシバリ、ミチタネツケバナ、アセビといったところでした。

冬の花といえば、オニシバリ。先月はつぼみが固い状態でしたが、無事に開花してくれました。
小さく黄色い可憐な花が心を和ませてくれますが、毒草です。

オニシバリ ジンチョウゲ科

オニシバリ 202002 西岸


ミチタネツケバナ アブラナ科
ヨーロッパ原産の帰化植物です。

ミチタネツケバナ 202002 西岸



来月期待できそうな蕾の状態の植物は、ミツマタ、フッキソウ、ネコヤナギあたりでしょうか。

また、箱根ふれあいの森を歩いていると、道にムササビの食痕がありました。
アカガシの葉を食べた後と、枝を食い千切った痕です。

ムササビ 202002 西岸


斜めに鋭く切れているところが特徴です。

自然情報収集の終了間際に、テングチョウが飛んできて、唯一の昆虫類の観察も出来ました。
暦の上ではもう春ですから、春はすぐそこに来ていると感じました。

まだまだ霜柱も元気いっぱいでしたし、早朝の気温はマイナス3℃でしたが。

シモバシラ 202002 西岸


本日のトップ10
① オニシバリ 咲き始め
② ミチタネツケバナ 咲き始め
③ ムササビの食痕 アカガシ
④ ルリビタキ 飛翔
⑤ ウソ 飛翔
⑥ ホオジロ 歩行
⑦ カンムリカイツブリ 浮遊
⑧ キンクロハジロ 浮遊
⑨ カワラヒワ 飛翔
⑩ テングチョウ 飛翔

※3月8日追記
3月15日に予定していました、3月の自然情報収集は、新型コロナウイルス蔓延防止のため、中止となりました。
4月以降も実施の見通しはたっておりません。

※4月3日追記
4月15日に予定されていた自然情報収集は、神奈川県の外出自粛要請発表中のため、GW明けまでの活動中止となり、取りやめとなりました。

※4月7日追記
4月5日に個人的に西岸コースを歩きました。
三ツ石~白浜の土砂崩れ箇所は補強修復工事が実施されていました。
小杉の鼻~亀ヶ崎の路盤流出箇所も復旧工事が開始されていました。
タチツボスミレ、マメザクラ、、ダンコウバイ、ミツマタ、ヤマルリソウ、キブシは花盛り、エイザンスミレも1株見つけました。
ハコネシロカネソウ、キンランは株を見つけられませんでした。
季候が良かったせいか、ハイカーや釣り人が非常に多かったです。
オオバンはまだ2羽滞在していました。
日陰ではコート着ていても肌寒かったですが、陽向では暑かったです。
ビロウドツリアブも見かけ、春本番を感じました。
早く公式活動として西岸コースを歩ける日を待つしか無いのが心苦しいです。

※4月15日追記
4月10日より5月6日までの予定で、箱根ロープウエイ、芦ノ湖の船が2社とも運休となっています。
美術館や箱根関所、森のふれあい館は休館です。
恩賜公園の建物内は8月末まで県の施設閉鎖のため利用できません。
来年は箱根ロープウエイのゴンドラ交換が予定されています。
箱根フリーパスの発売中止中です。

※5月16日追記
5月13日予定でした自然情報収集は中止となりました。

※5月20日追記
8月末まで中止となりました。

5月30日より箱根ロープウェイ、6月1日より観光船、遊覧船運行再開。
駒ケ岳ロープウェーは6月30日まで運休、遊覧船は湖尻港には立ち寄りません。

※6月18日追記
7月より自然情報収集を再開します。
尚、当面の間、ビジター参加はできません。

※7月4日追記
6月末に芦ノ湖西岸コースの通行止めは解除されました。

※7月9日追記
7月8日実施予定でした自然情報収集は悪天候が予想されたため、中止となりました。

※7月25日追記
西岸コース崩落個所復旧現場
箒ヶ鼻付近
箒ヶ鼻の休憩所を巻くようにして、う回路が設置されています。
両方向とも手前100メートル付近から警告の看板が設置されています。
ほうきがはな1
ほうきがはな2
ほうきがはな3
ほうきがはな4
ほうきがはな5

真田浜~立岩
崩落個所が仮設足場材にて復旧されています。
立岩1
立岩2

亀ヶ崎付近
車道がえぐられていましたが、土留めがなされ、復旧しています。
亀ヶ崎1
亀ヶ崎2
亀ヶ崎3


箱根PV 段

2020年1月15日芦ノ湖西岸自然情報

2020年最初の芦ノ湖西岸コース自然情報収集。
未明までは雨模様だった今日の箱根。標高の高いところは薄ら白くなっていました。
箱根町港9時のスタート時の天候は晴れ。気温は2℃です。

芦ノ湖西岸コースは、2019年台風19号災害により、数箇所路盤流出があるため、湖尻水門~白浜ネット上では通行止になっています。
よって自然情報は、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門で行っております。
危険ですので通行止エリアには立ち入らないようお願いします。

参加PVは2名、多くの鳥たちに見送られて出発しました。
一番印象的だったのが、至近距離で見られたアオサギです。お気に入りの場所なのか、鳥には珍しく、案内看板が設置してありました。

アオサギ サギ科
202001西岸あおさぎ


スタートするとカワセミが目の前を通過。新年早々、幸せの青い鳥と出会えました。

季節柄、植物の観察は少ないため、普段より早いペースで進みました。

果実として観察できたものでは、ノイバラとサルトリイバラが多く印象的に残りました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科
2018年度版神奈川県植物誌でユリ科からサルトリイバラ科に変更されました。
希にトゲの無いものがありますが、そちらは、トゲナシサルトリイバラという別の植物になります。

202001西岸サルトリイバラ


冬の花の代名詞、オニシバリはまだつぼみが堅い状態です。

オニシバリ ジンチョウゲ科
枝を曲げても折れないので、鬼も縛れるということで、この名の由来になりました。
夏に葉を落とすので、別名「ナツボウズ」。
雌雄異株で雄株の方が先に花が咲きます。
おにしばり 202001西岸


目立った植物は、コケ類の、オオカサゴケとヒノキゴケ。

オオカサゴケは日に当たりキレイでした。

オオカサゴケ ハリガネゴケ科
きれいに見えるので園芸用でも販売されています。
私の地元川崎市でも街路樹の根元にあったりします。

202001西岸」おおかさごけ


ヒノキゴケ ヒノキゴケ科
こちらも園芸用で販売されているようです。

2020 1 ヒノキゴケ 西岸


白浜付近まで来ると、カンムリカイツブリの群れが寝ており、漂流していました。
今回の水鳥の観察で一番印象的でした。

カンムリカイツブリ カイツブリ科
202001カンムリカイツブリ西岸


また、ネコヤナギの一部が何者かにより食べられていました。
その足下には犯人の足跡が残されていました。

202001西岸


白浜のネコヤナギは早春の楽しみですので、これ以上食べられないことを祈るばかりです。

犯人はもちろん、「シカ」です。

白浜からの駒ヶ岳。
薄ら白くなっています。
202001コマガタケ西岸



午後はVC周辺でもありますが、西岸コースの一部にもなっている桃源台~湖尻水門の観察。

先月も確認している、アセビの開花とジョウビタキ、シロハラ、ウソの観察が収穫でした。
ツグミを確認できなかったのが残念でした。

ジョウビタキ ヒタキ科
書籍によってはツグミ科に分類されているものもありますが、ツグミ科の多くはヒタキ科に変更されているので、どちらも間違いではありません。
ツグミがヒタキ科に分類されている書籍もあります。

今回は正面からの画像ですが、ジョウビタキは両翼にある白い♡マークがチャームポイントでもあり、特徴です。
「ヒィ、ヒィ」と常に鳴くので、その名の由来になりました。

2020 1 ジョウビタキ 西岸

ウソ♂ アトリ科
アトリ科の鳥は嘴が特徴的です。
ウソ♂は首筋が赤いところが特徴です。

ウソ 202001西岸


亜種のアカウソは首筋から胸に掛けて赤くなっているのが特徴で、見分けるポイントです。

アカウソ 202001西岸



全体を通して、トビが非常に多く観察できました。

トビ タカ科
202001西岸」とび

薄ら白い、箱根の熊さん。
202001西岸クマさん


本日のトップ10
① カンムリカイツブリ
② アオサギ
③ カワセミ
④ ヒノキゴケ
⑤ オオカサゴケ
⑥ サルトリイバラ
⑦ ネコヤナギとシカの食痕と足跡
⑧ ウソ
⑨ トビ
⑩ ジョウビタキ

箱根PV 段

【芦ノ湖西岸】2019年12月11日自然情報

2019年10月の台風19号の影響で、現在、湖尻水門~白浜が通行止となっているため、箱根町港~白浜箱根ビジターセンター~湖尻水門~桃源台駅での自然情報となっております。


2019年最後の自然情報、この日は週間予報では降水確率が高く不安でしたが、出発時の気温は10度と高く、天候も快晴で、富士山がくっきりと見えていました。
出発地点の箱根町港にはクリスマス直前と言うこともあるのか、ヤドリギ・アカミヤドリギに実が付いていました。

ヤドリギ ビャクダン科
実の色が黄色いものが、ヤドリギです。
ヤドリギ 20191211西岸

アカミヤドリギ ビャクダン科
実の色がオレンジっぽいものが、アカミヤドリギです。
アカミヤドリギ 20191211西岸

ヒレンジャクの大好物で実には粘り気があり、そのため糞にも粘り気があり、それを利用して木の幹や枝に引っかかることとなり、種子を付着させ頒布します。
クリスマス近いこの季節、女性はヤドリギの下でキスを求められると断ることは出来ません。
もし拒むと結婚できなくなるという伝説があり、また、拒まずに受け入れると幸せに結ばれるそうです。

春の足音が近づいてくる時期にヒレンジャクの訪れが楽しみです。

ツルリンドウの実もキレイでした。
赤い実がクリスマスのリースに似合いそうです。
とある書籍には果実酒にするとカラダに良いとの記述がありました。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ 20191211西岸

冬鳥としては、アオジとウソが今回初確認できました。

アオジ ホオジロ科
アオジ 20191211西岸

11月18日に通行止が解除された県道を歩いていました。

ウソはVC周辺エリアではありましたが、先日の行事で、この周囲でウソの目撃情報があったんだよ~なんてことを効いた直後に、「フィーフィー」と声が聞こえ、振り返ると雌がいました。

ウソ♀ アトリ科
ウソ♀ 20191211西岸

また少し歩くと雄の姿もありました。
この個体は赤が強いので、厳密に分類すると「アカウソ」でしょうか。

ウソ(アカウソ)♂ アトリ科
ウソ♂ 20191211西岸

ウソ替え神事で有名なウソです。

水鳥は12月15日の禁漁日直前ということもあり、釣り客が多いためか余り見られませんでした。
前日はカンムリカイツブリなども見られたのですが、本日は、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロのみ・・・

12月のこの時期にもまだいるんですね・・・ヤマカガシ。
1メートル強の個体がやすらぎの森を歩いていて驚きました。

ヤマカガシ ナミヘビ科
ヤマカガシ 20191211西岸

普通の個体は臆病なので、余計なことをしなければ攻撃してきません。
毒があるのは奥歯の方だという説もあります。

ミツマタの蕾も発見しましたが、オオイヌノフグリがもう咲いていたり、何故か芦ノ湖畔ではアセビが一部の木のみ花盛りだったりしました。

オオイヌノフグリ オオバコ科

オオイヌノフグリ 20191211西岸

アセビ ツツジ科

asebi 20191211西岸

11月18日に通行止解除された県道区間の台風の爪痕
19号2 20191211西岸
19号 20191211西岸

まだ他にも確認した箇所はありますが、また次回にでも紹介したいと思います。

トップ10
①ウソ 姿
②アオジ 姿
③ヤマカガシ 姿
④ツルリンドウ 果実
⑤アセビ 花
⑥オオイヌノフグリ 花
⑦ヤドリギ/アカミヤドリギ 果実
⑧ヤマホロシ 果実
⑨キンクロハジロ 姿
⑩ミツマタ 蕾

箱根PV 段