箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖西岸自然情報 2017年9月21日

箱根町港9:00、晴れ22℃。6人で出発。
空高く秋到来、湖面は静か。船待ちの外国人客多数。
イカ焼の屋台も準備に忙しい。
遠くに雪のない富士山・・・何か物足りない。
ホトトギス・ツリフネソウなど色の濃い花が多い季節。
湖面の水位が低いことが気になった。
湿度の少ない爽やかな風が心地よい一日だった。出会ったハイカー多数。
キャンプ村17:00帰着。

「芦川の石仏」
仏さまに寄り添うように彼岸花が咲いていました。

芦川石仏1

「ミゾソバ」
葉が牛の顔(額)のような形をしているので別名はウシノヒタイ。
他にもミズヒキ・ハナタデ・イタドリ・・・タデ科の花が盛りです。
どれも小さくて可愛い花を付けています。

ミゾソバ

「ホトトギス」
コースのあちらこちらで今が盛りの美しい花が見られました。
兄貴分のヤマホトトギスは咲き残りの花と若い実を付けていました。

ホトトギス1

「ツルニンジン」
大きな壺のような花からスズメバチが出てきました。
背中には白い花粉を沢山付けています。

ツルニンジン1

「ツリバナ」
可愛いらしい花の後に可愛いらしい実をぶら下げていました。
ツリバナの仲間は、紅葉も楽しみです。

ツリバナ

「イノシシの糞」
池の端に土を浅く掘り返した跡と、糞が落ちていました。
フンは少し小さめです。
落とし主はミミズと土を食べた子どものイノシシのようです。

イノシシ糞

「シロヨメナ」
道脇の少しくらい所にシロヨメナが
明るい所にノコンギクが咲いていました。
湖尻水門の手前にはユウガギクの群落が見られました。

シロヨメナ

「白浜」
雨が少ないのでしょうか?
湖面が低く、浜が広くなっていました。

白浜

「アケボノソウ」
花冠の黒紫色の斑点は夜明けの星に見えますか?
緑色の二点は蜜腺で甘い蜜を目当てに虫がやって来ます。

アケボノソウ

「レモンエゴマ」
深良水門の近い林道沿いに目立ち始めました。
葉はレモンのような香りがします。

レモンエゴマ

  今月のトップ10
   ホトトギス
   ノコンギク
   ミゾソバ
   ツリフネソウ
   オトコエシ
   ツルニンジン
   ヤマハギ
   ヤマホトトギス
   アケボノソウ
   イノシシの糞

  報告 箱根PV松本と石原











スポンサーサイト

2017年8月17日 芦ノ湖西岸自然情報収集ハイキング

箱根町港9時 くもり 24℃ 湖上に雲が低いが時々薄日が差す。
周辺の山は雲の中だ。鳥居焼の提灯が揺れている。
クサアジサイ・タテヤマギク・ハクウンランなど目当ての花に歓迎された。
終日曇り空だが雨にはならず快適に過ごした一日だった。
芦ノ湖キャンプ村着17時30分、出会ったアサギマダラ・ハイカー多数。


「アサギマダラの卵」
フワフワと飛んできてコバノカモメヅルの葉裏に白く透き通った卵を一つ産んでいきました。

アサギマダラ卵

「クサアジサイの花」
今年は沢山咲いていました。
葉が対生のハコネクサアジサイにはなかなか出会えません。

クサアジサイ4

「コバギボウシの花とハナバチの仲間」
ハナバチは蜜をもらう代わりに花粉を運ぶお手伝いをします。
お尻に花粉が沢山付いているのがわかりますか?

コバギボウシ2

「シカの糞」
緑色の瑞々しい糞が道の真ん中に落ちていました。
糞の他にも葉や樹皮を食べた跡・足跡・シカ道・・・
シカの痕跡は、だんだん目立つようになってきました。

シカサイン10

「タテヤマギク」
図鑑には、箱根の芦ノ湖の西方にある立山の名をとったもの
と書かれています。
芦ノ湖の西方の立山とは何処にあるのでしょう?

タテヤマギク2

「タマアジサイ」
箱根の全域で沢山見られます。
花の盛りを迎えていました。

タマアジサイ1

「ツチアケビ」
歩道脇の竹やぶの中で立派な株を見つけました。
赤いウィンナー(?)が沢山ぶら下がっていました。

ツチアケビ1

「テッポウムシ」
伐採された赤松に木くずの山ができていました。
カミキリムシ・タマムシ・ボクトウガ・・・などの幼虫は
木の幹や枝の中を食い進むので
テッポウムシと呼ばれています。

テッポウムシ4

「トンボソウ」
薄緑色のトンボの群れが歩道脇の
あちらこちらで見られました。

トンボソウ3

「森のお掃除屋さん」
歩道上のヒミズの死骸を
ベッコウヒラタシデムシとヨツボシモンシデムシが
一生懸命片付けていました。
ご苦労様です。

森のお掃除屋1

今月のトップ10
 ヌマトラノオ
 タマアジサイ
 ヒヨドリバナ
 ヌスビトハギ
 トンボソウ
 ムラサキニガナ
 ハクウンラン
 タテヤマギク
 クサアジサイ
 ノコギリソウ

報告 松本・清水・石原












2017年7月20日 芦ノ湖西岸自然情報収集ハイキング

箱根町港9時、晴れ気温22度。参加者8名。
朝から帰着までヒグラシの蝉しぐれを聞きながら歩く。
羽化直後のアサギマダラやピカピカの蛹も発見した。
芦ノ湖キャンプ村到着15時45分、出会ったハイカー4組11名。

林道沿いのヤマノイモ(?)の葉裏で見つけた
羽化直後の「アサギマダラ」

アサギマダラ

コゴメウツギの枝先にぶら下がる
ピカピカの「アサギマダラの蛹」

アサギマダラ蛹

暑さを避けて葉影で休憩中の「アズマヒキガエル」

アズマヒキガエル

「ウツボグサ」の花に止まる「キマダラセセリ」

キマダラセセリ

可愛くて美味しいキノコ「タマゴダケ」
今年はあまり見かけません。

タマゴダケ

「イチロベエゴロシ」の別名を持つ猛毒の「ドクウツギ」

ドクウツギ

アスファルトの上にいた「ヒグラシ」
お仕事は無事に終えたかな?

ヒグラシ


しわしわの大きな葉っぱが地面に貼りつくように広がる「ヤマジオウ」
ようやくお花に会えました。

ヤマジオウ

イノシシの大好物「ヤマユリ」
石垣や斜面で綺麗に咲いています。

ヤマユリ

 今月のトップ10

 オカトラノオ
 キカラスウリ
 ムラサキニガナ
 チダケサシ
 ウツボグサ
 シロバナイナモリソウ
 ヒヨドリバナ
 ナツノタムラソウ
 クモキリソウ
 ヤマユリ


報告 PV松本・石原

2017年6月22日 芦ノ湖西岸自然情報収集ハイキング

箱根町港から白浜まで、林道沿いは見所いっぱいです♪
「ニホンジカの食べ跡」
クサコアカソはニホンジカの大好物、シカの口の高さで綺麗に食べられていました。

シカ食痕クサコアカソ

「シナノキの蕾」
前日の暴風雨で落とされてしまったようです。
花は香りがよくて美味しいハチミツがとれるそうです。

シナノキ

「白浜」
わかさぎの生息状況調査が行われていました。

白浜

「豊作のヤマグワの実」
甘くて美味しいクワの実は、動物たちの大好物。
歩道上にはクワの実を食べたテンの糞が点々と見られました。

ヤマグワ

「スイカズラ」
辺りに甘くて良い香りが漂っていました。

スイカズラ2

「ジャコウアゲハの卵と一齢幼虫」
歩道沿いに多くみられるオオバウマノスズクサの葉をめくると・・・

ジャコウアゲハ一齢幼虫

「落花の雪」
歩道がエゴノキの花で真っ白になっていました。

エゴノキ

6月のトップ10 
 フデリンドウ
 アカショウマ
 エゴノキ
 サルナシ
 アオホオズキ
 スイカズラ
 コアジサイ
 ヤマアジサイ
 ヤマグワ
 モミジイチゴ









FC2Ad