FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【黒岳】5月26日

PV6名での自然情報収集です。
朝6時の気温20℃の箱根VCでした。
今回黒岳コースは、半分熱中症になりかけるほどの暑さでした。

早朝散歩でリーダーと歩いたVC周辺ではサンショウバラが早くも開花。
サンショウバラ

コースは異なりますが、生自然情報ですので書かせていただきます。

いつもの湖尻水門からの芦ノ湖西岸コースでは、ナラ枯れ対策がようやく始まったことを確認。
オオバウマノスズクサの花
オオバウマノスズクサ黒岳5月
や初発見のカヤラン(2週前は見落とし)
ホソバテンナンショウも多く、マツカゼソウの良い香りもしていました。

深良水門では1年前も???な花、果実もイメージが強いのでついつい忘れてしまう、ツルウメモドキは花盛りでした。
ツルウメモドキ

深良から湖尻峠への登りでは、ベニシダを観察。赤から緑へ変わるので変色期はわかりやすいと思います。
ベニシダ

石畳の登りを終えるとホオノキが見やすい地点に到着。
ホオノキ

道を渡るとコケリンドウが花盛り。
コケリンドウ


黒岳への登山道ではヒメハギ街道。
ヒメハギ黒岳5月

景色を堪能しながら休憩。
お立ち台

ニョイスミレもまだ花盛りでした。

展望所で昼食をとり、下山。
フジサン

VC到着は14時頃。
気温は28度でした。

トップ10
①オオバウマノスズクサ
②サラサドウダン
③ホオノキ
④コケリンドウ
⑤ヒメハギ
⑥コゴメウツギ
⑦ツルウメモドキ
⑧ベニシダ
⑨アカゲラ(声)
アカゲラ画像は姿参照2019年2月撮影

⑩ジャコウアゲハ(姿)



箱根PV段

スポンサーサイト



マメザクラの咲く風景(黒岳コース)2019.4.21(日)

気温があがり、黒岳コースでも一斉にお花が開きました。
このページで、どれとどれをどう取り上げようかという贅沢な悩みと決定に
いつになく時間がかかりました。

先ずはマメザクラ4景、箱根ならではの自然情報です。

DSCF7983.jpg
湖尻キャンプ場にて     富士・箱根・伊豆半島に分布する桜


DSCF7984.jpg
深良水門にて


DSCF7985.jpg
黒岳中腹から芦ノ湖を望む


DSCF7986.jpg
黒岳山頂の青空の下


スミレもコースを通して沢山咲いていました。タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、オトメスミレ、
ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、ニョイスミレ。
スミレは、他のコースでも繰り返し写真が紹介されていますので、あえて省略します。


DSCF2546 (2)
アズマギク(キク科)  待望の開花、いいタイミングでした


DSCF2545 (2)
コケリンドウ(リンドウ科)  小さいですが、ひとつ見つかると次々と目に入ってきます


DSCF2544 (2)
ヤマルリソウ(ムラサキ科)   道端で、控えめな存在感がありました


参加者3人、いい汗をかきました。


(トップ10)
①アズマギク
②コケリンドウ
③ヤマルリソウ
④フデリンドウ
⑤マメザクラ
⑥クサボケ
⑦ニオイタチツボスミレ
⑧オトメスミレ
⑨ナガバノスミレサイシン
⑩マルバスミレ

                    (箱根PV小川)  




     

春の雪景色(黒岳コース) 2019年3月24日(日)

箱根は前日の夕方から夜半まで雪だったそうです。
対向車線を降りてくる車の屋根に、雪が積もっています。
今日は、一夜明けて青空の下で、雪景色の観察会になりました。


IMG_2164 (2)
仙石原ススキ草原   10日前に火入した黒焦げ斜面が今朝は真っ白



DSCF7842 (2)
ビジターセンター下の園地      新雪踏んで出発です



DSCF7845 (2)
ヤブツバキ      花が芦ノ湖西岸遊歩道に落ちて「雪椿」



DSCF7853 (2)
タチツボスミレ       雪道の陽だまりにうれしい一株



DSCF7851 (2)
アズマギク       ようやく咲き始めました





DSCF7854 (2)
外輪山から仙石原を望む



DSCF7856 (2)
南アルプスを望む    遥か白い峰は、聖岳、上河内岳あたりでしょうか


トップ10
①シキミ(花)
②オニシバリ(花)
③アズマギク(花)
④タチツボスミレ(花)
⑤ヤブツバキ(花)
⑥クロモジ(花芽)
⑦ツルシキミ(花)
⑧南アルプス(遠望)
⑨キツネの足跡
⑩アトリの群れ

                (箱根PV小川)









春の兆し(黒岳コース)  2019年2月23日(土)

風が無く雪も無く気温は4℃、2月の後半にしては暖かい一日でした。
今日の自然情報活動は、4人です。
期待のアズマギクの開花は、まだまだでしたが、
尾根路のフキノトウに春の兆しが感じられました。


IMG_2007.jpg
静かな湖尻キャンプ場



IMG_2010 (3)
カントウタンポポ



IMG_2013.jpg
黒岳手前の斜面から芦ノ湖を望む



IMG_2014 (2)
冬の黑岳山頂名物“木漏れ富士”



IMG_2015 (3)
フキノトウ


IMG_2017.jpg
旧湖尻水門のモニュメント    整備・塗装され綺麗になりました


トップ10
①フキノトウ
②カントウタンポポ(花)
③オニシバリ(花)
④アセビ(花)
⑤ツルシキミ(蕾)
⑥カサゴケ
⑦クロモジ
⑧シジュウカラ
⑨水鳥数羽
⑩テンの糞

(箱根PV小川)






もうすぐ梅雨(黒岳コース)2018年5月27日(日)

芦ノ湖の水面、花と新緑、自在に舞う蝶等が
   活き活きとした姿を見せています。
      癒される季節です。
 5人での観察会、楽しい一日でした。


DSCF2242.jpg
湖尻水門      手前はニシキウツギ




DSCF2245.jpg
深良水門付近




DSCF2249.jpg
亀ヶ崎     黒岳に向かう斜面から見下ろしました     芦ノ湖のカメさんが元気です




DSCF2252.jpg
ヤマツツジ(ツツジ科)   登山道の各所で 見頃です




DSCF2246.jpg
ホオノキ(モクレン科) 土手の下に生えているホオノキの花が、上側の登山道からまじかに観察できます




DSCF2248.jpg
ウマノアシガタ(キンポウゲ科)   花弁が8枚の花(右側)がありました  写真は1つの株です




DSCF2247.jpg
ヒメハギ(ヒメハギ科)    草付斜面を登る足元で、けなげに咲いています




DSCF2250.jpg
ミヤマイボタ(モクセイ科)    この日コースで見つけた貴重な1本




DSCF2243.jpg
ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)    ポーズをとって静止
対面回数が多かったアサギマダラは、活発に飛び回り撮影できませんでした




DSCF2244.jpg
ヒメウラナミジャノメ(ジャノメチョウ科)


メンバーが選んだトップ10
①ヤマツツジ  ②コケリンドウ  ③ホオノキ   ④ヤブデマリ   ⑤アサギマダラ(蝶)
⑥ニガナ    ⑦ウマノアシガタ ⑧ヒメハギ   ⑨ミヤマイボタ  ⑩亀ヶ崎(景色)

(箱根PV小川)