箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【仙石原】2018年02月10日(土)の観察記

 パークボランティア8人での観察です。

 雪は日なたは溶けているところが多いですが、日陰は10センチ程度残っています。

 また、凍結している箇所もあるため、靴に装着する簡易スパイクを持っていった方が良いでしょう。

 植物で観察するものはあまりありませんでしたが、多くの鳥を観察できました。具体的には、トビ、ツグミ、キジ、エナガ、ウソ、シジュウカラ、カケス、アオサギ、メジロ、ソウシチョウなどです。

 仙石原の片平地区では、木の伐採作業が行われていました。作業用の車が行き来していますので、ご注意ください。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は7度でした。



▼雪道1
雪道1




▼雪道2
雪道2




▼ミツマタ
ミツマタ




▼ヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン




▼コボタンヅル
コボタンヅル




▼木の伐採
木の伐採




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 雪道。
2 ミツマタのつぼみ。
3 ヒイラギナンテンのつぼみ。
4 コボタンヅルの種。
5 ウソ。
6 ミズキの冬芽。
7 エナガの群れ。
8 木の伐採。
9 なし。
10 なし。




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S
スポンサーサイト

【仙石原】2018年01月13日(土)の観察記

 パークボランティア7人での観察です。

 快晴で風が弱く、思ったほど寒くない中での観察となりました。

 霜柱は日陰で6センチほどに成長しています。ただし、歩道の大部分は乾いていたため、歩く分には支障ありません。

 半日陰の山林で、ヒイラギナンテンが紅葉していますが、「常緑なのになぜ紅葉するのか」ということで、話が盛り上がりました。ちなみに葉の裏面は、緑色のままです。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は3度でした。




▼霜柱
P1310786.jpg



▼ヒイラギナンテン
P1310774.jpg



▼水たまり。凍っています。
P1310761.jpg



▼クロモジ
P1310778.jpg



▼ミツマタ
P1310793.jpg



▼サルトリイバラ
P1310773.jpg



▼ツルシキミ
P1310763.jpg



▼雨水による路面洗掘。ひと月前と同じ状態です。
P1310792.jpg




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 ミズキの冬芽。
2 霜柱。
3 ヒイラギナンテンの赤色。
4 キジ。
5 ウソ。
6 水たまりの凍結。
7 鳥の混群(シジュウカラ、ヤマガラ、エナガの混群)。
8 クロモジの冬芽。
9 ミツマタのつぼみ。
10 サルトリイバラの実。




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S



【仙石原】2017年12月09日(土)の観察記

 パークボランティア11人での観察です。

 快晴ではあるものの、冷たい風が吹き、寒い中での観察となりました。前日に雪が降ったようで、わずかに雪が降った形跡がありました。

 そのような中でも、ツルリンドウの実や、コボタンヅルの綿毛と種などをよく観察できました。

 日が当たってよく乾燥している落葉を踏むと、カサカサと音がします。観察中になぜか万年筆の話が出ましたが、それはこの落葉のせいでした。
(万年筆のテレビCMで、「はっぱふみふみ」という部分があったそうです。)

 温湯(ぬくゆ)の水温は19.5度、外気温は5.5度でした。




▼ツルリンドウ
P1310673.jpg



▼コボタンヅル
P1310620.jpg



▼ツルウメモドキ
P1310608.jpg



▼ミヤマシキミ
P1310661.jpg



▼オオハナワラビ
P1310655.jpg





▼ウバユリ
P1310669.jpg


▼雨水による路面洗掘が生じています。溝の深さは、約25センチありました。
P1310646.jpg




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 ツルリンドウ
2 コボタンヅル
3 ツルウメモドキ
4 サルトリイバラ
5 ミヤマシキミ
6 キカラスウリ
7 ミツマタ
8 ジャノヒゲ
9 オオハナワラビ
10 ウバユリ




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)




箱根PV 仙石原担当 M.S

 

【仙石原】2017年11月11日(土)の観察記

 写真とともに、観察内容を紹介します。

 ちなみに、温湯(ぬくゆ)の水温は21度、外気温は17度でした。




▼紅葉。モミジの紅葉が綺麗でした。1本の木で、緑、黄色、赤と変化している情景が分かります。
00_紅葉




▼ツチアケビ。林の下に生える寄生植物で、葉緑体を持たず太い根茎にナラタケ菌を共生しており、ウインナソーセーイジのような実をつけます。
01_ツチアケビ




▼リンドウ。秋の代表的な植物です。葉は対生で、葉柄がなく茎に抱きつきます。
02_リンドウ




▼フユノハナワラビ。山野の草地に自生するシダの一種で、冬に葉を出します。
03_フユノハナワラビ




▼コブシ。2ヶ月前は、実が熟していましたが、もう来年春のつぼみ(約1センチ)が出来ていました。
04_コブシ




▼ミツマタ。古くに日本に渡来した落葉低木です。つぼみの状態です。
05_ミツマタ




▼仙石原のススキ群の遠景。今が盛りで、多くの観光客が来ていました。
06_ススキ




▼大涌谷の噴煙。煙は少なめでした。
07_大涌谷の噴煙





<参考>
観察しやすいベスト 10

1 ツチアケビ
2 コマユミ
3 カエデ
4 ツルニンジン
5 キッコウハグマ
6 カラ類(エナガ,シジュウカラ,コゲラ)
7 リンドウ
8 チュウサギ
9 フユノハナワラビ
10 ツルウメモドキ





<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 小林


 

【仙石原】2017年10月14日(土)→雨天中止

 2017年10月14日(土)の仙石原コースの自然情報観察は、雨天中止となりました。


<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



 

FC2Ad