箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年7月13日

今回のミニ観察会のテーマは、前回の「虫えいを探そう(タマバエ編)」に引き続き、「虫えいを探そう(アブラムシ・キジラミ編)」です。ビジターセンター周辺ではノリウツギを始め、オカトラノオやクサレダマなどが開花し、蝶や甲虫・ハチの仲間の元気な姿を見ることができます。その様な中で、同じ昆虫なのに普段はほとんど目にすることがないアブラムシやキジラミの仲間たちは、ユニークな形の虫えいを一所懸命に形成し始めています。今回は、そんな昆虫たちがつくる虫えいも探してビジターセンター周辺を散策してみました。

オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
オカトラノオ-3
子供の広場や花の広場では、サクラソウ科オカトラノオ属の花たちが開花しています。オカトラノオは、茎の先の総状花序に白い小さな花をいっぱいつけ、頭を垂れて昆虫たちを招待しているようでした。

クサレダマ(サクラソウ科オカトラノオ属)
クサレダマ
一所懸命きれいに咲いているのに「クサレダマ」? 漢字で「草連玉」との説明に、「クサレンダマの方がいいのに」とポツンと一言。

ヌマトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
ヌマトラノオ
オカトラノオの群生の側でヌマトラノオも群生しています。果穂を垂らさず直立し、オカトラノオとの差別化を主張しているようです。

ノリウツギ(ユキノシタ科アジサイ属)
ノリウツギ
ビジターセンター周辺を散策すると、満開のノリウツギにもすぐ出会うことができます。枝先の円錐花序にはアオハナムグリやハナカミキリなど訪花性昆虫が多く集まっています。

アケビハオレフシ(虫えい)
アケビハオレフシ
花だけでなく木本の葉にも目を向けてみましょう。ちょっと不思議?と思える虫えいを見つけることができます。この虫えいは、ベニキジラミがつくっています。ミツバアケビの小葉全体が葉表を中にして、主脈から二つに折り畳まれているので“ハオレフシ”といわれています。

ウコギハグキツトフシ(虫えい)
ウコギハグキツトフシ
この虫えいは、ウコギトガリキジラミがつくっています。ウコギの葉柄が藁苞のように形成されているので“ハグキツトフシ”です。

エゴノネコアシ(虫えい)
エゴノネコアシ
この虫えいは、エゴノネコアシアブラムシがつくっています。もともとはエゴノキの側芽なのですが、このアブラムシの刺激によって、“ネコの足先”のように形成されます。

ヌルデミミフシ(虫えい)
ヌルデミミフシ-2
この虫えいは、ヌルデシロアブラムシがまさにつくり始めたばかりで、双眼鏡で見つける必要があります。今は葉軸部に小さなふくらみしか見えませんが、秋には耳附子(みみふし)に恥じない大きさに肥大し、肉眼でも観察できるようになります。

ヒグラシ(カメムシ目セミ科)
ヒグラシ-2
自然学習路から子供の広場、そして花の広場へと散策していると、清々しいヒグラシの合唱が疲れを癒してくれます。鳴き声の方角の樹木に目を向けてみてください。きっと歌っているヒグラシの姿が見つかるはずです。


トップ10
1.オカトラノオ(花)
2.クサレダマ(花)
3.ヌマトラノオ(花)
4.ノリウツギ(花)
5.アケビハオレフシ(虫えい)
6.ウコギハグキツトフシ(虫えい)
7.エゴノネコアシ(虫えい)
8.ヌルデミミフシ(虫えい)
9.ヒグラシ(昆虫)
10.ウグイス(野鳥)

PV 小川(治)・谷上

スポンサーサイト

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年6月22日

今回のミニ観察会のテーマは「虫えいを探そう(タマバエ編)」です。しかしタマバエとは、分厚い昆虫図鑑でもハチ目の片隅の頁に1~2例ほど、しかも小さな写真しか載っていないような昆虫なのです。そのためにタマバエを訊ねると、ほとんどの人たちは「タマバエ」ってなに? どんな形のむし? というほど知られていない昆虫なので、開始時のミーティングに於いて、ビジター9名とPV11名の参加者でタマバエの生態やタマバエがつくる虫えいなどについての予備知識を学習して、梅雨の晴れ間の自然学習路へ観察に向かいました。

アオキミフクレフシ
P4130105アオキミフクレフシ
この虫えいは、アオキミタマバエがアオキの幼果に産卵して形成します。この時期に残っている果実と思われるものは、未成熟のものが多く、それらはほとんど虫えいといっても過言でないでしょう。

イヌツゲメタマフシ
P6130078イヌツゲメタマフシ
この虫えいは、イヌツゲタマバエがイヌツゲの腋芽に産卵して形成します。VC周辺ではこの時期に成虫が虫えいから羽化しているようです。早朝に虫えいを観察すると、写真のように虫えいに残っている蛹の抜殻を見つけることができるかもしれません。

ウツギメタマフシ
P6050559ウツギメタマフシ
この虫えいは、ウツギメタマバエがニシキウツギの冬芽に産卵して形成した虫えいです。今年は自然学習路を散策すると多く見ることができます。なんだか芽キャベツのように見えませんか?

ハナイカダミフクレフシ
P6150141ハナイカダミフクレフシ
この虫えいは、ハナイカダミタマバエがハナイカダの蕾/花に産卵して形成します。VC周辺では、これからの時期に成虫が虫えいから羽化していきます。この虫えいも写真のように虫えいに蛹の抜殻が残リますが、風に吹かれたり振動で、すぐ落下してしまうので見つけるのが大変かもしれません。

ヒメシャラハミャクコブフシ
P6040525ヒメシャラハミャクコブフシ
この虫えいは、まだ解明されていないタマバエの仲間がヒメシャラの新葉に産卵して虫えいを形成します。虫えい内の幼虫は、成熟すると虫えいから抜け出し、地面で夏から秋、そして冬を越します。タマバエの生態や生命の不思議さを感じて戴けたでしょうか。

キビタキ
DSCN1155キビタキ
野鳥の森周辺を歩くとキビタキのさえずりが聞こえてきます。声の方角に目を凝らし、静かに歩を進めてみてください。きっと枝でさえずるキビタキの姿を見つけることができるでしょう。

ニワトコの果実
P1070273ニワトコの果実
自然学習路を歩いていると、緑の木々の間から赤く実ったニワトコの果実を見つけることができます。緑の中でひときわ輝いて見えるので、梅雨の時期でも散策を楽しむことができるでしょう。

ミヤマイボタの花
P1070314ミヤマイボタの花
ビジターセンター周辺では、ミヤマイボタの花が咲き始めました。そっと観察していると吸蜜するセイヨウミツバチや飛翔するジャコウアゲハも観察できました。

アサギマダラ
P1070326アサギマダラ
さらにミヤマイボタの花にやってくる昆虫を待っていると、アサギマダラも吸蜜するためにやってきました。この時期は花が少ないのでミヤマイボタの花は大もてのようです。

ヤマボウシの花
P1070304ヤマボウシの観察
虫えいの観察が終わりビジターセンターへの帰り道、ヤマボウシの花が参加者の目を楽しませてくれました。皆さん、本日は、お疲れ様でした。

トップ10
1.アオキミフクレフシ(虫えい)
2.イヌツゲメタマフシ(虫えい)
3.ウツギメタマフシ(虫えい)
4.ハナイカダミフクレフシ(虫えい)
5.ヒメシャラハミャクコブフシ(虫えい)
6.イカル
7.キビタキ
8.ニワトコ(果実)
9.ミヤマイボタ(花)
10.ルリタテハ(昆虫;蝶)

PV 小川(治)・谷上

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年6月8日

 関東地方は梅雨に入り、雨の降る日が続いていましたが、今日は中休みでしょうか朝から良い天気で、ビジター30名、PV9名で総勢39名の大所帯でした。ビジターの中に亡くなられた先輩PV教室の生徒さん14名が参加されました。その様なことで、今日は先輩PVの生徒さんの班とその他のビジターの2班に分けて観察会をスタートしました。本日のテーマは「6月初夏の花々」です。白い花が目立ちました。エゴノキ、ヤマボウシ、ハコネウツギ、バイカウツギ等です。その中でエゴノキは今までで見たことが無い沢山の花が咲いていました。ノアザミは紫色の花を誇らしげに咲いていました。黄色い花はウマノアシガタが目立ちました。紫色、黄色のも良いですが、今日は何と言っても白い花でした。

エゴノキ
こんなに沢山の花がVC周辺に咲いたのは今まで見たことがありません。どのような条件がそろえば沢山咲くのでしょうか。
花は白色で、長い柄の先に付き、下向きに咲くます。名前の由来は、果皮がえぐいから。美しい花には似つかわしくない名前です。
エゴノキVC180608

ヤマボウシ
白い花に見えますが、花びらに見えるのは総苞片で花ではありません。花は中央にある丸い部分で、多数が頭状に集っています。名前の由来は丸い花を法師(僧兵)の頭に、総苞片をその頭巾に見立てたことによります。
ヤマボウシVC180608

ハコネウツギ
ハコネと名前が付いているが箱根には自生している株は無いと言われている。海岸に多い。よく似ているニシキウツギは山地に多い。違いは花の根元の形が違っています。ニシキウツギは細く、ハコネウツギは太いです。
ハコネウツギVC180608

ノアザミ
白百合台園地付近でウマノアシガタと混ざって沢山咲いていました。黄色い花のウマノアシガタが紫色に咲いているノアザミを引き立て一段と綺麗に見えました。アザミの仲間で春(~初夏)に花を付けるのはこのノアザミだけです。総苞は丸くて、粘ります。
ノアザミVC180608

ヒコサンヒメシャラ
環境省の裏に咲いていました。 箱根にはよく似たヒメシャラ、ナツツバキが自生しますが、花の大きさがそれぞれ違います。花の大きさを2,4,6と言われているが、実際はもう少しそれぞれ大きいようです。
ヒコサンヒメシャラVC180608

サルナシ
「猿が好んで食べる梨っぽい果実」をつけるためにこの名が付いたとか。だが、その果実はは梨というよりむしろ、キウイフルーツのミニチュアで人気があります。可憐な白いも注目してほしいものです。
サルナシVC180608

ウマナノアシガタ
ノアザミが沢山咲いていた白百合台園地周辺で負けじと咲いていました。花びらは黄色くてテカテカしていて、花の形がカップの様なのでバターカップと呼ばれています。名前の由来は花の輪郭が馬わらじに似ていることによるが、葉が似ていると言う説もあります。
ウマノアシガタVC180608

ムクドリ
環境省の建屋の排気口に巣を作って子育てをしていました。1分程度間隔で親が餌を運んでいる姿が見られました。子育て中につき、そっとしておいて下さい。プレッシャーを与えると巣を放棄することがあります。
ムクドリVC180608

ジャコウアゲハの卵
オオバウマノスズクサの葉の裏にジャコウアゲハの卵がありました。幼虫になるとこの毒の葉を食べて毒を体内に蓄積します。天敵の鳥などに食べられないために化学防衛していると言われています。
ジャコウアゲハの卵VC180608

イチモンジチョウ
雨が続いた後の天気の良い日はチョウがよく飛びます。コミスジ、ダイミョウセセリなどがいましたが、イチモンジチョウは久しぶりでした。幼虫はニシキウツギ、スイカズラを食べます。箱根ではウウギ類の花の蜜を吸う姿がよく見られます。
イチモンジチョウVC180608

本日のトップ10
1.エゴノキ(花)
2.ヤマボウシ(花)
3.ハコネウツギ(花)
4.ノアザミ(花)
5.ヒコサンヒメシャラ(花)
6.サルナシ(花)
7.ムクドリ(野鳥、子育て)
8.ジャコウアゲハの卵(オオバウマノスズクサに産卵)
9.イチモンジチョウ(昆虫)
10.モリアオガエルの卵塊(両生類)

箱根PV 原田

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年5月25日

今回のミニ観察会のテーマは「オトシブミ・チョッキリ・揺籃を探せ」です。9時30分の気温は18℃、薄雲が箱根の空を覆うが強風もなく日中は陽射しが強くなるとの予報で、昆虫がテーマの観察会に相応しい天気となりました。草本や木本の花に訪れる昆虫たちの姿も期待して、ビジター8名・PV16名の参加者でミニ観察会をスタートしました。

ケヤキの葉に作られた揺籃
VC周辺では、今の時期に多くの木本の葉やイタドリの葉にはオトシブミやチョッキリが作った揺籃を観察することができます。ケヤキでは、ルイスアシナガオトシブミが作った揺籃が観察できます。
1.ケヤキの葉に作られたルイスアシナガオトシブミの揺籃s

エゴツルクビオトシブミ
エゴノキの葉ではエゴツルクビオトシブミが作った揺籃が数多く観察できます。エゴノキの葉にそっと静かに近づいて目を凝らすと、揺籃作成中のエゴツルクビオトシブミを見つけることができました。雌は一所懸命に働いていましたが、雄はそれを見守っているようでした。
2.エゴノキの揺籃製作途中s

ナミオトシブミ(=オトシブミ)
クリの葉でも揺籃を作っているナミオトシブミの雌を見つけることができました。葉を折りたたむために葉の上部が切断されています。どのくらいの作業時間を費やしたのでしょうか。
3.クリの葉で揺籃作成中のナミオトシブミs

ヒゲナガオトシブミ
大勢の人の気配で驚き、ヒゲナガオトシブミがヤブデマリの葉へ一次退避してきました。ヒゲナガオトシブミの雄は、他のオトシブミに比べて触覚が長いので見分けがつきやすいです。
4.ヤブデマリの葉上へ一次退避のヒゲナガオトシブミs

サンショウバラ
今年はVC周辺のサンショウバラの花数が少ないようです。それでも昆虫たちに人気があるようで花に訪れる昆虫たちの姿を観察することができます。
5.サンショウバラ (1)s

ニシキウツギ
VC周辺では多くの場所でニシキウツギの花を観察できます。この花も昆虫たちに人気があるので多くの昆虫たちを観察できます。
6.ニシキウツギs

オオバウマノスズクサ
この花は見つけにくく探すのに苦労をしますが、観察するとサキソホンのような独特の形をして興味深い花です。葉はジャコウアゲハの幼虫の食草になりますので、そっと優しく観察してください。
7.オオバウマノスズクサ (2)s

ハンショウヅル
この花も見つけにくいのですが、下向きに咲く花の形を半鐘にたとえたことに由来しています。時々半鐘の中に潜ったハナバチの仲間の姿を見かけることがあります。蔓性植物なので探してみてください。
8.ハンショウヅル (1)s

カシルリオトシブミ
VC周辺では多くの場所でイタドリも見ることができます。静かにイタドリに近づいて葉を見渡してください。小さい昆虫ですが揺籃を作っている姿を見つけることができるかもしれません。
9.イタドリの葉で揺籃作成中のカシルリオトシブミs

ドロハマキチョッキリ
イタドリにはドロハマキチョッキリも揺籃を作ります。この昆虫は6㎜位の大きさですが10㎝位の長さの揺籃を作ります。作り終えて一息ついているのでしょうか。本当にお疲れ様です。
10.イタドリの葉で揺籃作成中のドロハマキチョッキリs

トップ10
 1.エゴツルクビオトシブミ(昆虫)
 2.カシルリオトシブミ(昆虫)
 3.ドロハマキチョッキリ(昆虫)
 4.ヒゲナガオトシブミ(昆虫)
 5.ナミオトシブミ(昆虫)
 6.オオバウマノスズクサ(植物 花)
 7.サンショウバラ(植物 花)
 8.ニシキウツギ(植物 花)
 9.ハンショウヅル(植物 花)
10.イカル(野鳥)

箱根PV 小川(治)・谷上

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年5月11日

 前日は雷が鳴り、霰が降るなど荒れた天気でしたが、今日は良い天気で観察会日和でした。ビジター20名、PV13名で総勢33名で沢山の参加者でした。今年は生物の季節変化が早めのようで、ツツジ類はピークを過ぎて、花弁を落としつつあります。その様な状況の中でサラサドウダン、ヤブデマリ、コケリンドウは美しい花を見せてくれました。

サラサドウダン
今が盛りでビジターセンターの周りに沢山咲いています。名前の由来は枝分れの様子が昔の灯台(結び灯台)の脚部に似ていることによる。
サラサドウダンVC180511

ヤブデマリ
白い花のように見えるのは装飾花で虫を呼ぶためと考えられている。コガネムシ類が良く訪れるが、この装飾花の形が虫のチョウチョに似ているのが面白い。
ヤブデマリVC180511

コケリンドウ
例年は3月の終わり頃に咲くが、ゴールデンウィークを過ぎても咲いており花期は長いようです。「コケ」は小ささを苔に例えたが、
花が咲く直前の新葉が群がる様子が苔のように見えるからという説もある。
コケリンドウVC180511

オオバウマノスズクサ
花の形が楽器のサクソホーンのように見える。ジャコウアゲハの幼虫はこの葉を食べて体内に毒を蓄積することで天敵の鳥などに食べられないようにしていると言われている。
オオバウマノスズクサVC180511

オカオグルマ
数年前からビジターセンター周辺に出現した。どのようにして出現したのだろうか。名前の由来は丘に生育する小さな車輪状の花と言われている。
オカオグルマVC180511

ジシバリ
ビジターセンターの周辺には沢山咲いています。一面に生い茂っている状態が、まるで地面を縛り付けているように見えるところから「地縛り」の名が付いたと言われている。
ジシバリVC080511

カマツカ
咲き始めています。名前の由来は「鎌柄」そのもので、材が硬くて折れにくいことから、鎌の柄に用いられたことによる。別名の「ウシコロシ」は、牛の鼻環としたからとする説と、鼻環の孔あけに使用したからとする説がある。
カマツカVC180511

ナナカマド
葉は奇数羽状複葉。名前の由来は木が燃えにくく、7回カマドに入れても焼け残るから。
ナナカマドVC180511

ヤマボウシ
もうじき咲きそうです。名前の由来は頭状の花弁を僧兵の頭、総苞片を白い頭巾に見立てたことによる。箱根では「昔クサ」と呼ばれたので学名にKousaと名付けられた。
ヤマボウシVC180511

観察中に見えた富士山
良い天気で富士山がよく見えました。
富士山VC180511

本日のトップ10
1.オオバウマノスズクサ(花)
2.オカオグルマ(花)
3.コケリンドウ(花)
4.サラサドウダン(花)
5.ジシバリ(花)
6.ヤブデマリ(花)
7.アオゲラ(野鳥)
8.キビタキ(野鳥)
9.ホオジロ(野鳥)
10.ウスモンモトシブミ(昆虫)

箱根PV 原田

FC2Ad