FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年12月25日

令和2年最後のVC周辺自然情報です。気温は6℃ですが、暖かくとても気持ちのよい観察日和です。本日はパークボランティア7名が参加し、ビジターセンター周辺で見られるいろいろな冬芽を観察しました。

冬芽は、春に再び芽吹き活動を開始するための、厳しい冬を乗り切る「命のカプセル」です。冬の寒さや、乾燥、外敵から身を守るために冬芽はさまざまな工夫をこらしています。

サラサドウダン ツツジ科 ドウダンツツジ属
サラサドウダンVC20201225
サラサドウダンの赤い冬芽がよく目立ちます。サラサドウダンの芽鱗は6枚前後で水滴形です。柄より太い頂芽や、維管束痕(水分や養分の通ったあと)が1個などは、ツツジ科に共通する特徴です。

ヤブデマリ ガマズミ科 ガマズミ属
ヤブデマリ VC20201225
ヤブデマリの冬芽は、2枚の芽鱗がぴったりと合わさって芽を包んでいます。芽鱗の表面には、星状毛が密生していてざらついています。

ヤマザクラ バラ科 サクラ属
ヤマザクラ4 VC20201225
ヤマザクラは芦ノ湖周辺や外輪山の斜面にも多く咲きます。冬芽の芽鱗の先はやや外へ開きます。頂芽の先端が葉芽で、その下側のふっくらとしたのが花芽です。

オオシマザクラ バラ科 サクラ属
オオシマザクラ2 VC20201225
オオシマザクラは、葉と花が同時に咲きます。先端のほっそりしているのが葉芽で、長卵形でふっくっらと丸みがあるのが花芽です。芽鱗はぴったりと芽を包んでいます。

コブシ モクレン科 モクレン属
コブシ VC20201225
コブシの花芽は大きく、立った長く柔らかい毛に覆われています。花芽の芽鱗は2枚ですが見えにくいです。花は早春、南面の陽光を受ける側が急激に膨張して開花するため、つぼみの先端は北を指します。このような植物をコンパスプラントと言います。

サンショウ ミカン科 サンショウ属
サンショウ VC20201225
サンショウの冬芽は球形です。裸芽で伏した毛に覆われています。葉痕(葉が枯れ落ちたあと)の両側に鋭い棘が出ます。見方によってはタクトを振っているようにも見えませんか。

リョウブ リョウブ科 リョウブ属
リョウブ VC20201225
リョウブの冬芽は芽鱗が剥がれかけ、陣笠のようにも見えます。陣笠は落ちやすく裸芽になっている冬芽も沢山ありました。短枝はシカの角のような枝ぶりになります。

ミズキ ミズキ科 ミズキ属
ミズキ VC20201225
ミズキの冬芽は、長卵形または楕円形で先が丸く、芽鱗は5~6枚です。冬芽は鮮やかな赤で光沢があります。ミズキの幹からの枝は放射状に広がり、横枝はシカの角状に分岐します。

カツラ カツラ科 カツラ属
カツラ側芽VC20201225
カツラの冬芽は、水滴形~円錐形で赤くツヤがあります。葉痕の数で枝の年齢が分かります。このカツラの短枝は4年前までの葉痕が見えます。

年数を経てイモムシのような形になったカツラの冬芽がありました。
カツラ VC20201225

トチノキ ムクロジ科 トチノキ属
トチノキ VC20201225
トチノキは8枚~14枚の芽鱗に包まれた大きな頂芽をひとつ付けます。冬芽はつやがあり、樹脂を出して粘ります。葉痕はハート形か腎形です。葉痕の中に維管束痕が5個~9個あります。

ノリウツギ アジサイ科 アジサイ属
ノリウツギ VC20201225
ノリウツギの冬芽は、特徴あるとぼけた顔や、怒った顔に見えます。顔に見えるところは葉痕です。

オオバノキハダ ミカン科 キハダ属
オオバノキハダ VC20201225
オオバノキハダの葉痕と側芽はまるでピエロの顔です。葉痕とその中の維管束痕、側芽などを合わせると、顔のように見える冬芽は他にもたくさんあります。

アトリ アトリ科
アトリ VC20201225
前回(12月11日)に引き続き、今日も花の広場でアトリが群れで木の実を食べているのを見られました。背中の白い羽がよく目立っていました。

アセビ ツツジ科 アセビ属
アセビ VC20201225
花の広場ではアセビの白い花がもう開いていました。毎年開花が早くなっていくような気がします。

本日のトップ10
1.  カツラ  冬芽
2.  リョウブ  冬芽
3.  コクサギ  冬芽
4.  トチノキ  冬芽
5.  サラサドウダン  冬芽
6.  トウゴクミツバツツジ  冬芽
7.  ミズキ  冬芽
8.  エゴノキ  冬芽
9.  アセビ  開花
10. アトリ 群れで果実採食

箱根PV  高橋
スポンサーサイト



ビジターセンター周辺自然情報 2020年12月11日

芦ノ湖には、越冬のために多くの水鳥が飛来してきています。本日のビジターセンター周辺自然情報は、パークボランティア9名が参加し、毎年冬のこの季節に実施している「芦ノ湖の水鳥たち」の観察です。風もなく、気温6℃と暖かく、絶好の観察日和です。桃源台から芦ノ湖キャンプ場、そして湖尻水門までの湖岸を巡り水鳥を観察しました。

アトリ アトリ科
アトリ VC20201211
芦ノ湖に向かう途中の花の広場では、アトリがケヤキやイロハモミジに群がり、イロハモミジの果実(種)を食べていました。

ハジロカイツブリ カイツブリ目 カイツブリ科
ハジロカイツブリ2 VC20201211
ハジロカイツブリは、芦ノ湖には冬鳥として飛来します。ハジロカイツブリは、潜水が巧みで、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。本日は、やや沖の方で潜水・浮遊している数羽を見つけました。ハジロカイツブリは、水上では黒っぽいですが、飛びたつと羽の内側に白い部分が見えるのでこの名前が付いたようです。

ホシハジロ カモ目 カモ科
ホシハジロ VC20201211
ホシハジロも冬鳥です。群れで行動することが多く、この日も数多くのホシハジロを観察できました。よく潜り、水底の貝やカニ、水草などを潜水採食します。潜水して餌を探している個体もいましたが、水上で休息している個体も見られました。

キンクロハジロ カモ目 カモ科
キンクロハジロ VC20201211
キンクロハジロも冬鳥として芦ノ湖に飛来します。ホシハジロと同じく、貝やカニ、水草などを潜水採食します。黒い顔に金色の目が印象的で、長い冠羽を後ろにたらしています。湖尻水門付近で、雄と雌が一緒に泳いでいました。

オオバン ツル目 クイナ科
オオバン VC20201211
芦ノ湖でよく見かけるのが、くちばしと額板が白いオオバンです。芦ノ湖に夏にはいないため漂鳥と考えられます。オオバンは、水面を泳いだり、潜水して水草の葉・茎・種子を食べますが、水草の茎を切って根まで食べてしまうので、湖岸の水生植物が減ってしまいます。

カンムリカイツブリ カイツブリ目 カイツブリ科
カンムリカイツブリ VC20201211
カンムリカイツブリも冬鳥です。頭に冠をかぶっているような模様が特徴です。長い時間潜水して餌を探すため、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥ですが、今回も観察することができました。魚類など動物食を潜水採食します。

ヒドリガモ カモ目 カモ科
ヒドリガモ♂ VC20201211
ヒドリガモも冬鳥です。水辺近くの草地の青草を食べたり、水面に浮かぶ植物を水面採食します。ヒドリガモの雄は、頭の中央線が明るいクリーム色で、脇腹に水面に平行の白い線があります。

カワラヒワ アトリ科
カワラヒワ VC20201211
つどいの広場では、カワラヒワがミズキの木に群がっていました。

イカル アトリ科
イカル VC20201211
白百合台園地にはイカルが飛来していました。黄色く太いくちばしが目立ちます。だいぶ長い時間ヒノキの上にとまっていました。

ツルウメモドキ ニシキギ科 ツルウメモドキ属
ツルウメモドキ (3) VC20201211
園地内のいろいろな所でツルウメモドキの果実(仮種皮)が目立ちます。ビジターセンター付近では、ケヤキの高い梢までよじ登っていました。仮種皮は、ほのかな甘みと、苦味、えぐみがあり、鳥のご馳走になります。

最後に、本日観察した野鳥の種類を全員で確認しました。水鳥および山野の鳥、合計31種を観察しました。限られた観察場所ですが、これからも毎年継続して、芦ノ湖で見られる水鳥たちの種類、生態、採食行動を観察していきたいと思います。

本日のトップ10
1.  ハジロカイツブリ  潜水採食中/浮遊
2.  ホシハジロ  潜水採食/休息中
3.  オオバン  水面の水草採食中
4.  キンクロハジロ  潜水採食/休息中
5.  カンムリカイツブリ  潜水採食中/浮遊
6.  ヒドリガモ  水面の水草採食中
7.  アトリ  イロハモミジに群がる
8.  イカル  ヒノキに群がる
9.  カワラヒワ  ミズキに群がる
10. ツルウメモドキ  赤い果実が目立つ

箱根PV  高橋


ビジターセンター周辺自然情報 2020年11月27日

紅葉も終わりかけ、木々の葉がだいぶ落ちています。静寂でゆっくり箱根の自然を楽しめるのもこの季節です。本日は、パークボランティア7名が参加し、自然学習路から野鳥小屋周辺の自然情報を収集しました。

マユミ ニシキギ科 ニシキギ属
マユミ VC20201127
園地のいろいろな所でマユミの果実が見られます。果実は4つに割れて、赤い仮種皮をかぶった種子がぶら下がっています。鳥にとってはごちそうですが、人が食べると有毒と言われています。

タイアザミ キク科 アザミ属
タイアザミ VC20201127
この季節、花は少ないです。タイアザミがひっそりと咲いていました。

ネジキ ツツジ科 ネジキ属
ネジキ冬芽VC20201127
ネジキの冬芽はきれいな赤色をしています。仮頂芽は帽子のような形で、2枚の芽鱗に包まれています。コクサギ、ザイフリボクとともに三大美芽と呼ばれることもあります。

ネジキは成長すると幹がねじれてくるのが特徴でここから名前がつけられました。樹幹が縦に裂け螺旋状にねじれています。
ネジキ1

クロモジ クスノキ科 クロモジ属
クロモジ冬芽 VC20201127
クロモジはもう葉が落ちて、自然学習路のあちらこちらで冬芽が目立ちます。長い水滴形が葉芽で、2~3枚の芽鱗に包まれています。葉芽の基部に2~4個つくタマネギ形が花芽です。

サンカクヅル ブドウ科 ブドウ属
サンカクヅル紅葉 VC20201127
今年は残念ながらいつものようなサンカクヅルの見事な紅葉や、たわわに実る果実をほとんど見ることはできませんでした。しかし今日は、葉は残り少なかったですが、鮮やかな最後の紅葉を見ることができました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科 サルトリイバラ属
サルトリイバラ VC20201127
このところあまり見ることがなかったサルトリイバラの赤い果実を見つけました。赤い実は輝いて美味しく見えますが、哺乳類の大部分は赤い色を識別できません。唯一赤い色を識別出来るのはサルの仲間(人間を含む)といわれています。

ツグミ ツグミ科
ツグミ VC20201127
野鳥小屋近くのシナサワグルミの大きな木にツグミの群れが飛来して、ツルウメモドキの実を食べていました。

マヒワ アトリ科
マヒワ VC20201127
同じ木にマヒワも飛来して来て、ツグミとマヒワの大混群を見ることができました。感激です。それぞれ10羽以上はいたでしょうか。マヒワは、頭が黒くて胸が黄色いのが雄で、胸の縦縞が目立つのが雌です。

ツルウメモドキ ニシキギ科 ツルウメモドキ属
ツルウメモドキ VC20201127
ツグミが食べていたツルウメモドキです。黄色と朱赤の対比がとても美しいです。ツルウメモドキはつる性植物で、シナサワグルミの高い梢の上までよじ登っていました。

ワタムシの仲間 カメムシ目(半翅目) アブラムシ上科
ワタムシの仲間(着地) VC20201127
体の表面に白いろう物資を身に着け、飛翔時に白い綿くずが空中に飛んでいるように見えるのでこの名前があります。ワタムシの仲間が漂いながら一時の休息のために小枝にとまり、すぐに飛翔していきました。VC周辺では毎年この時期にこのワタムシの仲間が現れ、雪のような白さで冬の到来を知らせています。

本日のトップ10
1.  ツルウメモドキ  果実
2.  サルトリイバラ  果実
3.  マユミ  果実
4.  サンカクヅル  紅葉
5.  ネジキ  冬芽
6.  クロモジ  冬芽
7.  マヒワ  野鳥小屋付近に群れ飛来
8.  ツグミ  野鳥小屋付近に群れ飛来
9.  ワタムシの仲間 小枝に休憩・飛翔
10. シカの食痕 アオキ、ツツジの先端

箱根PV  高橋


ビジターセンター周辺自然情報 2020年11月13日

ここ数日の冷え込みで箱根の紅葉が進み、山々の木々が紅葉の真っ盛りです。パークボランティア9名が参加し、花の広場、子供の広場、自然学習路の自然情報を収集しました。晴れて暖かく絶好の観察日和でした。

オオモミジ ムクロジ科 カエデ属
オオモミジ紅葉 VC20201113
どんな大変な状況でも自然は変わることなく季節は巡ってきます。今年もまたオオモミジの圧巻の紅葉を見ることができました。

イロハモミジ ムクロジ科 カエデ属
イロハモミジ VC20201113
花の広場ではイロハモミジも真っ赤に紅葉しています。

ナミテントウ テントウムシ科
ナミテントウ VC20201113
ナミテントウがイロハモミジの上で休息中でした。

ニシキギ ニシキギ科 ニシキギ属
ニシキギ VC20201113
ニシキギは、紅葉と鮮やかな朱赤の果実(仮種皮)が同時に見られます。 ニシキギの紅葉は、ビジターセンター園地に毎年やってくる晩秋の風景です。

子供の広場展望台からの外輪山です。外輪山の山肌が赤や黄色に染まり始めています。赤く紅葉する木々と黄色く黄葉する木々が混在するからこそ見られる箱根の秋の風景です。
外輪山紅葉 VC20201113

クロモジ クスノキ科 クロモジ属
クロモジ VC20201113
自然学習路では冬芽を付けたクロモジが黄色く色づいています。派手さはありませんが、澄んだ黄色でひっそりと黄葉していて、とても美しいです。

コナラ ブナ科 コナラ属
コナラ黄葉 VC20201113
コナラも黄色や赤茶色に黄葉しています。黄色の葉に緑色や褐色が混じりあい、青空の中で輝いて見えました。

シロヨメナハナフクレフシ 虫えい(虫こぶ)
シロヨメナハナフクレフシ VC20201113

シロヨメナハナフクレフシ-2 VC20201113
シロヨメナの花のすぐ傍に丸い塊が付いていました。これは、シロヨメナの花にタマバエの仲間が形成する虫えいで、不整形な塊状に肥大します。虫えいは頭状花単位で形成され、おもに花床から小花の基部が肥大癒着しているように見られました。

キタテハ チョウ目 タテハチョウ科
キタテハ VC20201113
キタテハが、ススキの葉の上で日光浴していました。キタテハは成虫で越冬します。

シカの角の研ぎ痕
シカの角研ぎ跡 VC20201113
シカの角研ぎ痕がありました。上側に研いだ木屑が残っているので、シカは下から上へと角を研いでいると思われます。

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属
ヤマボウシ VC20201113
ビジターセンター入り口近くのヤマボウシの紅葉は見頃を迎えています。

本日のトップ10
1.  オオモミジ  紅葉
2.  イロハモミジ  紅葉
3.  コナラ  黄葉
4.  ニシキギ  紅葉と果実
5.  リンドウ  花
6.  キッコウハグマ  花
7.  ツルリンドウ  果実
8.  エナガ  野鳥 飛翔
9.  キタテハ  昆虫
10. シロヨメナハナフクレフシ  虫えい

箱根PV  高橋


ビジターセンター周辺自然情報 2020年10月23日

本日は、朝から雨が強くなったり弱くなったり、雨の中の自然観察でした。パークボランティア9名が参加し、神奈川県事務所付近、子供の広場、自然学習路、花の広場の自然情報を収集しました。

本日は、ハナタデとイヌタデ、フユノハナワラビとオオハナワラビなど、似たものの比較観察や、吾亦紅や亀甲白熊など普段カタカナで表記している花々について漢字表記による名前の由来などを勉強しながら歩きました。

シロバナイナモリソウ アカネ科 イナモリソウ属
シロバナイナモリソウ実 VC20201023
花期の長いシロバナイナモリソウもいよいよ実になりかけていました。萼が良く目立ちます。

ナギナタコウジュ シソ科 ナギナタコウジュ属
ナギナタコウジュ VC20201023
県事務所道路側にナギナタコウジュが咲き始めました。花は花穂の片側へ向いて付き、反対側には苞が並んで付きます。
名前のコウジュ(香薷)は中国の薬草の名前です。わずかに香りがしますが、好き嫌いのある香りです。

リンドウ リンドウ科 リンドウ属
リンドウ VC20201023
雨の中、ほとんどのリンドウは花は閉じていましたが、数輪だけ開いている花がありました。上に向いて咲く花は雨が降ると花は閉じます。リンドウは、ビジターセンター周辺のいろいろな所で今見頃です。

センブリ リンドウ科 センブリ属
センブリ VC20201023
センブリも上を向いて咲く花なので閉じていました。センブリは発芽した芽がそのまま越冬し翌年の秋に花をつける2年草です。2cmほどの小さな花ですが上品で高貴さが感じられる花です。

キッコウハグマ
キッコウハグマ VC20201023
キッコウハグマは閉鎖花となることが多いです。今年初めて、県事務所道路側で白い花(開放花)を観察することができました。キッコウハグマは漢字表記では「亀甲白熊」です。「亀甲(きっこう)」は葉が五角形なので亀の甲羅に見立て、「白熊(はぐま)」とは、ヤクの尾の毛でつくった、兜や槍の白い飾りや僧が使う払子(ほっす)に使われる飾りのことを言います。

アキノキリンソウ キク科 アキノキリンソウ属
アキノキリンソウ VC202021023
雨の中、園地のいろいろな場所でアキノキリンソウの鮮やかな黄色が目立って咲いていました。

アキノキリンソウミフクレフシ 虫えい(虫こぶ) 
アキノキリンソウミフクレフシ VC20201023
アキノキリンソウに虫えいが形成されていました。この虫えいは、アキノキリンソウミフクレフシと言い、アキノキリンソウの花床や小花の基部が肥大癒着して緑色の球形に形成されたものです。虫えい上部の小突起群は、筒状花などの花被片の名残といわれています。何とも美しく不思議な形状です。

リュウノウギク キク科 キク属
リュウノウギク VC20201023
リュウノウギクは、箱根では一番遅く咲き始める晩秋の野菊です。白い花が霜にあたり、だんだんと紅みを帯びてきます。葉がグローブのような形に見えます。

ニシキギ ニシキギ科 ニシキギ属
ニシキギ実 VC20201023
ニシキギは、実が裂けて、果実の上のベレー帽のような果皮と、鮮やかな朱赤の仮種皮が見頃で美しいです。ビジターセンター園地に毎年やってくる秋の箱根の風景です。

フユノハナワラビ
フユノハナワラビ VC20201023
フユノハナワラビが落ち葉の中からあちらこちらで出ていました。フユノハナワラビは葉が丸めで鋸歯が粗いのが特徴です。

オオハナワラビ
オオハナワラビ VC20201023
花の広場にはオオハナワラビも出ていました。オオハナワラビは、葉の全体が五角形の形で、鋸歯が鋭く尖るのでフユノハナワラビと見分けられます。

ケヤキ ニレ科 ケヤキ属
ケヤキ紅葉 VC20201023
ビジターセンターから道路を横断したところに大きなケヤキがあります。今年もケヤキの紅葉が始まりました。毎年この木の紅葉を楽しみにしています。アブラチャンやクロモジも紅葉が始まり、そろそろ箱根も本格的な紅葉の季節を迎えます。

本日のトップ10
1.  センブリ  花
2.  リンドウ  花
3.  キッコウハグマ  花
4.  アキノキリンソウ  花
5.  ナギナタコウジュ  花
6.  マツムシソウ  花
7.  ハナワラビ (フユノハナワラビ、オオハナワラビ)
8.  ニシキギ  果実
9.  ケヤキ  紅葉
10. アキノキリンソウミフクレフシ  虫えい

箱根PV 高橋