FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年9月25日

今にも雨に変わりそうな曇り空です。気温18℃、箱根の寒さにびっくりです。本日は、パークボランティア9名で、子供の広場、ススキ草原、野鳥小屋、高原ホテルへの道で自然情報収集をおこないました。

季節は初秋を迎え、これからはいろいろな木の実が観察できます。
ウメモドキ モチノキ科 モチノキ属
ウメモドキ VC20200925
道路を横断してすぐの所で、ウメモドキの実が赤く色づき輝いています。葉の形がウメに似ていることが名の由来と言われていますが、あまり似ていません。

ニシキギ ニシキギ科
ニシキギ VC20200925
ニシキギの葉が色づき始めました。実はまだ青いですが、やがて実は裂け、ベレー帽のような果皮と朱赤の仮種皮が現れます。もうすぐ、毎年やってくる秋の箱根の風景となります。

オミナエシ スイカズラ科 オミナエシ属
オミナエシ VC20200925
ススキ草原の中では秋の七草オミナエシが凛として咲いていました。

キントキヒゴタイ キク科 トウヒレン属
キントキヒゴタイ1 VC20200925
今年もキントキヒゴタイが見られました。毎年9月の第4金曜日頃には開花します。毎年忘れずに咲く自然の力に感謝です。花柱の先端が大きく分かれているのがトウヒレンの仲間の特徴です。よく似たアザミの仲間はほとんど分かれません。

シロヨメナ キク科 シオン属
シロヨメナ VC20200925
シロヨメナは、ノコンギクとともに箱根でよく見られる野菊です。日陰に咲き、葉は3脈が目立ちます。まだ蕾でしたがキントキヒゴタイの周辺にたくさん生えていました。

アキノキリンソウ キク科 アキノキリンソウ属
アキノキリンソウ VC20200925
子供の広場ではアキノキリンソウが咲いていました。草原の中で鮮やかな黄色が良く目立ちます。春に咲くベンケイソウ科のキリンソウに似て、秋に咲くことからアキノキリンソウと名前が付けられました。

ミツバアケビ
ミツバアケビ VC20200925
今、園地のいろいろな所でミツバアケビが見事に実っています。ミツバアケビは、熟した果肉をサルなどの動物が食べ、糞として出た後にさらにアリが種子を運んで分散(被食散布)されます。

キッコウハグマ
キッコウハグマ1 VC20200925
高原ホテルへの道の林間にはキッコウハグマが蕾をつけていました。キッコウハグマも秋の到来を感じされてくれる野草の一つです。閉鎖花となることも多いですが、白い花(開放花)を咲かせます。

オオハナワラビ ハナヤスリ科 ハナワラビ属
オオハナワラビ1 VC20200925
キッコウハグマの周辺にはオオハナワラビが出ていました。オオハナワラビも箱根に秋が来たことを感じさせてくれるシダ植物です。葉は全体が五角形の形で1枚の葉のように見えます。葉には鋭い鋸歯があります。胞子葉は花茎のように伸び、秋から冬に黄熟します。

ガマズミ ガマズミ科 ガマズミ属
ガマズミ VC20200925
ビジターセンター入り口近くの庭にあるガマズミの実が、今年も赤い綺麗な実を沢山つけています。

季節はあっという間に秋に変わりつつあります。箱根の秋を、自然の素晴らしさを、思いっきり五感で感じ、満喫しましょう。

本日のトップ10
1.  キントキヒゴタイ  開花
2.  ヒメジソ  開花
3.  ハイメドハギ  開花
4.  ハナタデ  開花
5.  シロヨメナ  蕾・開花
6.  ヤマボウシ  果実
7.  ミツバアケビ  果実
8.  カケス  野鳥 さえずり
9.  ツマグロヒョウモン 昆虫
10. ムネアカオオアリ  昆虫

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



ビジターセンター周辺自然情報 2020年9月11日

箱根もまだ暑い日が続いています。本日は、パークボランティア11名とビジターセンター職員1名で、秋になり草原に目立ってきたバッタの仲間を探しながら、秋の草花、野鳥、昆虫類などの自然情報収集を行いました。

子供の広場では、お目当てのバッタの仲間を確認し、捕まえたバッタを図鑑の検索表を使って種の特定をしました。本日は、イナゴモドキ、ササキリ、ツユムシ、クサヒバリなど計7種を見つけることが出来ました。

イナゴモドキ バッタ科
イナゴモドキ VC20200911
一見するとイナゴですが、前足の付け根に突起がないことで、バッタ類と同定できます。ビジターセンターに、バッタ類、キリギリス類、コオロギ類の見分け方の資料を掲示してあります。興味のある方はご覧ください。

ササキリ キリギリス科
ササキリ説明 VC20200911

ササキリVC200911
ササキリは保護色で草に隠れて見つけにくいです。キリギリスとコオロギの仲間は、バッタ類に比べて触覚が長いです。

マルバハギ マメ科 ハギ属
マルバハギ VC20200911
子供の広場ではマルバハギが咲き始めました。秋の七草のひとつ「萩の花」です。

ハイメドハギ マメ科 ハギ属
ハイメドハギ VC20200911
同じく「萩の花」ハイメドハギも咲いています。そのほか、オミナエシ、ススキ、サワヒヨドリなどの秋の七草をススキ草原で見つけてください。

オオシオカラトンボ トンボ科
オオシオカラトンボ1 VC20200911

オオシオカラトンボ 2 VC20200911
野鳥の森の池では、オオシオカラトンボの雌が水面に腹端を打ち付けながら産卵し、雄がそのすぐ上でホバリングをしてガードする様子を観察しました。

ヤブヤンマ ヤンマ科
ヤブヤンマ VC20200911
野鳥の森の池周辺で巡回飛行するヤブヤンマを捕獲して、青色の複眼や胸の横の太い黒色の模様などを観察しました。

タムラソウ キク科 タムラソウ属
タムラソウ VC20200911
箱根レイクホテル付近の花の広場では、タムラソウが満開でした。トラマルハナバチやイチモンジセセリが蜜を求めて飛来していました。

モミジガサ キク科 コウモリソウ属
モミジガサ VC20200911
ビジターセンター周辺では、モミジガサの開花がいたるところで見られます。1個の頭花は、ほぼ5つの筒状花からなり、1本の雌しべの先が2つに割れてくるっと巻いています。

ヤマボウシ
ヤマボウシ VC20200911
ヤマボウシの実が赤みを帯びてきました。生きものたちは秋へと装いを変えようとしています。

本日のトップ10
1.  モミジガサ  開花
2.  ツリガネニンジン  開花
3.  タムラソウ  開花
4.  ミズヒキ  開花
5.  ツリフネソウ 開花
6.  オナガグモ
7.  ヤブヤンマ
8.  イナゴモドキ
9.  オオシオカラトンボ 雌の産卵と雄のガード飛翔
10. イカル

箱根PV 高橋

ビジターセンター周辺自然情報 2020年8月28日

連日猛暑が続いています。本日は、小雨の中、パークボランティア11名が、2つのグループに分かれて、県事務所周辺、レイクホテル周辺、桃源台駅付近、花の広場の自然情報を収集しました。

ミズヒキ タデ科 イヌタデ属
ミズヒキ1 VC20200828
ミズヒキがビジターセンター周辺のいろいろな所で咲いています。存在感はないですが、夏の終わりから晩秋にかけて長く咲き続けます。花が終わっても花被は果実を包んで色を残しています。

キンミズヒキ バラ科 キンミズヒキ属
キンミズヒキ VC20200828
黄色の花のキンミズヒキも咲いていました。キンミズヒキはバラ科の植物で、タデ科のミズヒキとは別物です。

ミズタマソウ アカバナ科 ミズタマソウ属
ミズタマソウ VC20200828
ミズタマソウは果実の表面に白い毛が密集しています。小雨の中、濡れた果実が水玉のように輝いていました。園地のいろいろな場所で見ることができました。

ツチアケビ ラン科 ツチアケビ属
ツチアケビ VC20200828
これまで観察したことがない場所にツチアケビの果実が出ていました。毎年同じ場所に出ることが多いですが、このように新しい場所で遭遇することもあります。

マツムシソウ スイカズラ科 マツムシソウ属
マツムシソウ VC20200828
県事務所の横庭に今年はマツムシソウが群生しています。花は上を向いて咲きます。昆虫が止まりやすいので色々な虫に人気があります。ヒメアカタテハとイチモンジセセリが花の蜜を吸っていました。

フクロツチガキ ヒメツチグリ科 ヒメツチグリ属
フクロツチガキ VC20200828
ビジターセンター駐車場近くの林内の落ち葉上に生えていました。不思議な形です。名前のとおり柿の実のヘタに似た形をしています。ツチグリはよく見ますが、フクロツチガキは初めてでした。

ユウガギク キク科 シオン属
ユウガギク VC20200828
園地では野菊が咲き始めました。ユウガギクは、夏の初めから咲き始め、9月頃まで咲きます。下部の葉が羽状に切れ込むのが特徴です。花をつける枝は横に広がって出ます。名前の由来とされる柚の香りは殆どしません。

シラヤマギク キク科 シオン属
シラヤマギク VC20200828
シラヤマギクも静かに咲き始めました。シラヤマギクは、花びらがまばらで、上にかたまって咲きます。下の葉には翼がある長柄があって、スペード型であることが特徴です。

ツリフネソウ ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
ツリフネソウ VC20200828
レークホテル周辺でツリフネソウが群生していました。花は横を向いて咲きます。蜜は花の奥にあるので、ハナバチがこじ開けて潜り込み吸蜜します。今日はハナバチの仲間を見ることができませんでした。雨がやまないのでハナバチの仲間は、どこかで休憩しているのでしょうか。

ツリガネニンジン キキョウ科 ツリガネニンジン属
ツリガネニンジン VC20200828
桃源台駅付近でツリガネニンジンが咲き始めていました。根を朝鮮人参に、花の形を釣鐘にたとえて、この名がつきました。花は下を向いています。沢山の花をつり下げてハナバチやチョウの訪れを待っています。器用な脚を持つハナバチはこの花にとって最も効率よく花粉を運んでくれる相手です。

いつのまにか季節は秋の気配がただよい、園地では秋の花が咲き始めています。季節はあっという間に変わります。次の観察会は秋の花でいっぱいかもしれません。

本日のトップ10
1.  マツムシソウ  花盛り
2.  ツリガネニンジン  花盛り
3.  ツリフネソウ  花 咲き始め
4.  ミズタマソウ  花 咲き終わり
5.  ユウガギク  花 咲き始め
6.  ミズヒキ  花盛り
7.  イチモンジセセリ  マツムシソウ周辺飛翔
8.  ヒメアカタテハ  マツムシソウ周辺飛翔
9.  ヤブキリ  葉の上で休息
10. フクロツチグリ  成熟途中

箱根PV  高橋

ビジターセンター周辺自然情報 2020年8月14日

午前9時半の気温が29℃、今年の箱根は本当に暑いです。パークボランティア7名で、花の広場~子供の広場~自然学習路の自然情報を収集しました。

コバギボウシ クサスギカズラ科 ギボウシ属
コバギボウシ VC20200814
ビジターセンター園地のあちらこちらでコバギボウシが咲き始めています。花弁の内側に濃紫色の脈があるのが特徴です。

アキノタムラソウ シソ科 アキギリ属
アキノタムラソウ VC22020814
アキノタムラソウも出始めました。シソ科の茎は四角形で、茎の上部に長い花穂をのばし、青紫色の花を輪生状につけます。

ツルボ クサスギカズラ科 ツルボ属
ツルボ VC20200814
ツルボも咲き始めました。この花が咲くと箱根に秋の気配を感じます。球根の皮を剥ぐと、つるりとした坊主に見え、ツルツル坊主からツルボになったとも言われています。

シシウドにつくられた蟻道
アリとアブラムシ VC20200814
花の広場のシシウドの茎に土のようなものが盛られて付着していました。この塊は、「蟻道」といいアリの通路のことをいいます。

シシウドネフタオアブラムシとトビイロケアリ VC20200814
細かく観察すると、アリが砂粒やごみでつくった蟻道を利用して行き交っていました。アリたちは甘露を排出するアブラムシを含めて餌場として独占し、甘露を独り占めします。その結果、アリはアブラムシの天敵もよせつけずアブラムシの排出物もかたづけてくれるため、アリとアブラムシは相利共生の関係にあります。

ヤブラン クサスギカズラ科 ヤブラン属
ヤブラン VC20200814
花の広場でヤブランが開花していました。やがて花が終わると、胚珠が膨らんで子房の壁を破り、果実のように見える黒い種子が現れます。

クサギ シソ科 クサギ属
クサギ VC20200814
自然学習路付近ではクサギが満開でした。

クサギの花にホシホウジャクが来て蜜を吸おうとホバリングしていました。
クサギ雄期とホシホウジャク VC20200814
クサギは性転換する花です。雄性期は花粉がチョウやガに付きやすい様に雄しべが前に突き出ています。雄生期の状態で、ホシホウジャクが筒の中にある蜜を吸おうとして、雄しべに体か当たって花粉がつきます。

クサギ雌期とホシホウジャク VC20200814
翌日になると、雌しべが突き出て受粉しやすいような雌性期になります。雌性期の状態でホシホウジャクが筒の中にある蜜を吸おうとすると、体が雌しべに当たり、体に花粉がついていれば受粉します。

ゴマギ ガマズミ科 ガマズミ属
ゴマギ VC20200814
自然学習路のゴマギが鮮やかな赤色の果実をつけていました。

トンボソウ ラン科 ツレサギソウ属
トンボソウ VC20200814
トンボソウが自然学習路で咲いていました。最近ビジターセンタ園地でよく見かけるようになりました。名前の由来は花の様子がトンボに似ていることからといわれています。

コボタンヅル キンポウゲ科 センニンソウ属
コボタンヅル VC20200814
コボタンヅルがビジターセンタ園地のあちらこちらで咲き始めました。他の植物の間を抜け、おおいかぶさり、四方に伸びていきます。このような植物群を「マント群落」といいます。

クリの木のナラ枯れ
自然学習路クリの木のナラ枯れ現象 VC20200814
自然学習路のクリの木がナラ枯れしていました。

クリの幹で確認されたカシノナガキクイムシの穿入孔です。
クリの幹に見られるカシノナガキクイムシの穿入孔 VC20200814
ナラ枯れは、カシノナガキクイムシが媒介するナラ菌によって引き起こされ、菌が大量繁殖することで樹木は2~3年で一斉に枯死してしまう病気です。箱根でも外輪山などでもナラ枯れが見られ、何らかの対策はされているようですが、とても深刻な状況です。

本日のトップ10
1.  コバギボウシ  開花
2.  ツルボ  開花
3.  トンボソウ  開花
4.  ゴマギ  果実
5.  クサギ  開花
6.  コボタンヅル  開花
7.  オミナエシ  開花
8.  ツクツクボウシ 鳴き声
9.  ツノアオカメムシ  ウリハダカエデの葉の上
10. ホシホウジャク  クサギの花にホバリング

箱根PV 高橋


ビジターセンター周辺自然情報 2020年7月24日

長い梅雨はまだ空ける様子もありません。曇り空、気温21℃と涼しい箱根ビジターセンター園地です。本日は、パークボランティア7名とビジターセンター職員1名で、環境省事務所付近から、子供の広場、野鳥の森を歩き、自然情報を収集しました。

シロバナイナモリソウ アカネ科 イナモリソウ属
シロバナイナモリソウVC20200724
シロバナイナモリソウの白い花がまだ開花していました。春から初夏までと花の期間が長いです。花冠の長さが約1cmと小さな清楚な花です。地域によっては絶滅危惧種Aに指定されていますが、箱根ではいろいろな場所で見ることができます。

オトギリソウ オトギリソウ科 オトギリソウ属
オトギリソウVC20200724
漢字名は「弟切草」、兄が秘密にしていた鷹の傷薬を、弟が勝手に他人に漏らしたため、激怒した兄に切り殺されたという伝説に由来します。葉は披針形で対生、茎を抱きます。花弁は5 枚、黄色で、辺縁に黒点、内部に黒線があります

コマツナギ マメ科 コマツナギ属
コマツナギ VC20200724
草本のように見えますが木の仲間です。ハギに似た花を咲かせます。名前のコマツナギ(駒繋)は、茎が丈夫で、土中での根の張りも強く、引き抜くのも難しいので、駒(馬)をつなぐことも出来るという説があります。

ツルアジサイ アジサイ科 ツルアジサイ属
ツルアジサイ1 VC20200724
ツルアジサイは実になりかけていました。ツルアジサイとイワガラミは共に幹から多数の根を出して木や岩を這い上り、葉も対生で良く似ています。ツルアジサイの飾り花の萼片は花弁状で4個、イワガラミはハート形(ラケット形)で1個であることで識別できます。

ガクアジサイ アジサイ科 アジサイ属
ガクアジサイ VC202020724
梅雨空の景色でその美しさが映える花の一つにアジサイがあります。ガクアジサイは日本原種の種です。ガクアジサイは装飾花が額縁のように花序の外周に一列に並んでいるので「額紫陽花」。額縁に囲まれた絵の部分には、雄しべと雌しべをもつ小さな両性花がぎっしり集まっているのが見えます。

タマアジサイ アジサイ科 アジサイ属
タマアジサイ VC20200724
タマアジサイの開花が始まりました。アジサイの仲間ではもっとも花期が遅く、箱根では10月頃まで花が見られます。花には蜜はなく、花粉を食べにヨツスジハナカミキリ、マルハナバチ等の昆虫が集ります。

シシウド セリ科 シシウド属
シシウド VC20200724
シシウドの花が咲き始めました。シシウドは数年かかって花を咲かせ、種子を結んで一生を終えます。小さい花がたくさん集まって大きなお皿のようになり、良く目立つので、ハナカミキリやハナムグリの仲間などたくさんの虫が群がってきます。

ホオジロ スズメ目 ホオジロ科
ホオジロ VC20200724
子どもの広場では、ホオジロが大きなヒノキの頂きで胸を張った姿勢で、さえずりをしていました。

ヒメキマダラセセリ チョウ目 セセリチョウ科
ヒメキマダラセセリVC20200724724
野鳥の森で、ヒメキマダラセセリを見つけました。食草はイネ科植物で、幼虫で冬を越し、春に蛹になって成虫になります。箱根では5~8月に成虫が見られます。

ニホントカゲ トカゲ亜目 トカゲ科
ニホントカゲ VC20200724
ニホントカゲが、自然学習路入り口の板敷きの上に、体を温めていました。幼体は、黒色に明瞭な縦筋模様があり、尾は青色をしています。

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属
ヤマボウシ VC20200724
ヤマボウシは青い果実となり、葉より上に飛び出ていました。やがて赤く熟して動物や野鳥の腹を満たすことでしょう。

本日のトップ10
1.  オトギリソウ  開花
2.  コバギボウシ  開花
3.  ガクアジサイ  開花
4.  シロバナイナモリソウ  開花
5.  ノリウツギ  開花
6.  ヤマボウシ  果実
7.  コマツナギ  開花
8.  ホオジロ  木の頂きでさえずり
9.  エナガ  枝から枝に飛び回り
10. ヒメキマダラセセリ  葉の上で休息

箱根PV  高橋