FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖西岸自然情報収集 6月12日


いつもの8期生3名での自然情報収集となりました。
箱根町港8時45分出発です。
6月だというのに気温11℃の寒さのためか、野鳥はあまり元気がありませんでしたが、
ガビチョウとソウシチョウは元気いっぱい。
3人で植物名を調べているときは、心のリモコンで音量を下げさせていただきました。


ソウシチョウはキブシの実を食べていました。
ソウシチョウ2019西岸
西岸コースではよく見かける野鳥です。
中国から持ち込まれた日本原産の鳥ではありません。
チメドリ科の特定外来生物ですので、飼育・運搬・別の場所への放鳥は禁止されています。

主な花としては、ユキノシタ、コゴメウツギ、ニシキウツギ(終わり気味)、ガマズミ、ドクダミ、ハンショウヅル、ホソバテンナンショウ、ムラサギゴケ、ケキツネノボタン、コアジサイ、ヤマウコギ、マユミ、ニガナ、ミミナグサ、サワフタギ、ヤマボウシ、ウワバミソウ、ナルコユリ、キショウブ、フランスギク、フタリシズカ、ミツバウツギ、ランヨウアオイ、サワギク、オオバウマノスズクサ(ジャコウアゲハの卵付き)、ナワシロイチゴ、ヤマトウバナ、ヤマツツジ、ハコネシロカネソウ、マルバウツギ、ツルアジサイ、コナスビ、ヨツバムグラ、サルナシ、フタバアオイ、ウツギ、ツルアジサイ・・・

天候のためか、花を閉じているものが多く、判別に時間を要しました。
西岸コースのメインである、ハコネシロカネソウはお休み中で残念でした。

元気いっぱいなのは、コアジサイ。
西岸コース全般に見られました。
ヤマアジサイはまだ蕾、クサアジサイはようやくお目覚めです。

昆虫は多種に及び・・・

ジャコウアゲハは高木のエゴノキに群れていたのが印象的でした。
オオバウマノスズクサに卵が今年はかなり多く見かけました。
切られないといいのですが・・・


あとはいつもは木にぶら下がっているような感じのノキシノブが、雨の影響か、葉が起き上がっていたことを発見。
画像は先端が丸いので、ヒメノキシノブになります。
因みに先っぽが尖っているものは普通のノキシノブです。

ヒメノキシノブ西岸6月


簡単な本持参で調べながら行きましたので、キャンプ村着は16時50分でした。

今回のお土産は、ウグイスの卵入りの落下巣でした。
自然落下物のお土産は西岸名物になりつつあります。



ウグイス落下巣卵西岸
ウグイス落下巣西岸

トップ10
① ジャコウアゲハ アゲハチョウ科・・・オオバウマノスズクサを食草として体内に毒を蓄え、鳥などに襲われないようにしています。

ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハタマゴ西岸
② モミジイチゴ バラ科・・・木イチゴとして子供の頃はよく食べていた方は多くいらっしゃると思います。

モミジイチゴ西岸2019年6月

③ コアジサイ アジサイ科
2018年版県植物誌から従来のユキノシタ科から科が変更されました。

コアジサイ西岸

④ ニシキウツギ スイカズラ科・・・花の色が白から赤に変わり、花を落とします。

ニシキウツギ西岸6月
ニシキウツギ西岸6月

⑤ ユキノシタ ユキノシタ科

ユキノシタ西岸2019年6月

⑥ アオハムシダマシ

アオハムシダマシ西岸

⑦ タンナサワフタギ ハイノキ科

タンナサワフタギ2019年6月

⑧ ニホンベニコメツキ
ベニボタル西岸

⑨ ノイバラ バラ科

ノイバラ西岸6月

⑩ ヘビイチゴ バラ科・・・コース全般に果実が見られました。
ヘビイチゴ西岸



箱根PV段
スポンサーサイト

芦ノ湖西岸自然情報収集5月12日

5月の芦ノ湖西岸コースは、飛び入りメンバー1名+メンバー2名の計3名。
残念ながら富士山は雲の中でした。

西岸コースの目玉である、ハコネシロカネソウはまさに花盛り。
hakonesirokanesou


カヤランも開花。

ヤマルリソウとタチツボスミレはまだ元気いっぱい。
タニギキョウ、ランヨウアオイ、フタバアオイは花盛りでした。
他にはホウチャクソウ、ホソバテンナンショウ花盛り。

目玉的にはそのようなところでしょうか。



8:55箱根港発16:00キャンプ村着


今回のトップ10
①ハコネシロカネソウ
②ヤマルリソウ
③タニギキョウ
④サルトリイバラ
⑤ランヨウアオイ
⑥カヤラン
⑦ホウチャクソウ
⑧フタバアオイ
⑨タチツボスミレ
⑩ゴヨウアケビ


【芦ノ湖西岸】4月17日自然情報収集

今回は3名での自然情報収集となりました。
気温は8度とやや肌寒く、日差しもなかったので、上着が必須でした。

8:50箱根町港、富士山はくっきりと見えていました。
箱根町港2019.4.西岸
オオバン2019.04.西岸

オオバンよ、まだいたのか・・・
ツバメはもう来ているのにいつまで居座っているんだい?

そんなこと思いながら出発。
前半はタチツボスミレ街道、中盤はナガバノスミレサイシン街道、後半はまたタチツボスミレ街道でした。
ところどころにエイザンスミレ、ヤマルリソウ、オカトラノオ、トウゴクサバノオ、木の花はキブシ、クロモジ、アブラチャン、マメザクラといったあたりが花盛りでした。カントウミヤマカタバミは日が出ていないためか、花が閉じていました。


水場の近くでは、ヨゴレネコノメ、ハナネコノメ、チャルメルソウ。
今回もニホンリスの落下巣を発見回収。

ハコネシロカネソウは2輪ほど咲きかけていました。
ハコネシロカネソウ西岸2019.04.


鳥の方は、ガビチョウ、ソウシチョウ、カケス、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、ミソサザイの囀り、
姿は、トビ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、アオサギ、ダイサギ、コジュケイ、ホオジロ、キジバト、ツグミでしょうか。

スミレの季節ですので、その他見られたものは、歯の裏が紫のフモトスミレ、マルバスミレでした。

先月と変わって花盛りで、春の訪れを感じた自然情報収集でした。


トップ10
①ナガバノスミレサイシン・・・スミレ科
ナガバノスミレサイシン西岸2019.04.

②エイザンスミレ・・・スミレ科
エイザンスミレ2019.04.西岸
③ヤマルリソウ
④チャルメルソウ
⑤エンレイソウ・・・シュロソウ科
エンレイソウ
⑥ハナネコノメ
⑦ツルカノソウ
⑧アブラチャン・・・クスノキ科
アブラチャン2019.04.西岸
⑨ミツマタ・・・ジンチョウゲ科
ミツマタ201904西岸

⑩ビロードツリアブ

箱根PV段

FC2Ad