FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2020年2月14日

暖冬のためか、9時半の気温が7℃と、暖かい2月の箱根です。ビジターさん7名に参加いただき、パークボランティア12名、合計19名のミニ観察会です。本日のテーマは「箱根のネズミとリスの仲間」です。観察会の前に20分ほど、箱根で生息しているネズミとリスの仲間について学びました。

箱根には、ニホンリス、ムササビ、カヤネズミなど、現在8種類の在来のネズミやリスの仲間が生息しています。その他に4種類の移入種が生息しています。VC周辺でもカヤネズミの巣が見つかったり、オオシマザクラの木の下にムササビの食痕が落ちていたり、雪の朝にはニホンリスの足跡が見つかったりしています。

箱根のネズミとリスの仲間について勉強した後は、春の兆しを見つけながら、動物たちのサインも探しながら観察会に出かけました。

シカの食痕 キヅタ ウコギ科
シカの食痕キヅタ VC200214
子供の広場にあるキヅタの木の枝にシカに食べられた痕がありました。

キヅタの果実と虫えい(虫こぶ)
キヅタ VC200214
キヅタの果実も観察しました。花柱が残っている小さいほうがキヅタの果実です。大きくふくらんで果実のように見えるのが、キヅタツボミフクレフシという虫えい(虫こぶ)です。中にはタマバエの幼虫が入っています。

ナガコガネグモの卵嚢
ナガコガネグモの卵嚢 VC200214
ススキ草原の中で、ススキにぶら下がっている小さな卵形の袋のようなものを見つけました。これはナガコガネグモの卵嚢で、ナガコガネグモが中に卵を産み、子グモが中で越冬しています。子グモは5月~6月頃に卵嚢から外へ出て来ます。

ムササビの食痕 オオシマザクラ
ムササビの食痕 VC200214
子供の広場、オオシマザクラの付近にはムササビが食べたと思われる枝が落ちていました。落ちた枝は鋭く噛み切られ、新芽はすべて食べられていました。

ヤマアカガエルの卵塊 アカガエル科
ヤマアカガエルの卵塊 VC200214
野鳥小屋の池にはヤマアカガエルが冬眠から起きて卵を産み付けていました。今年のヤマアカガエル産卵時期は記録的に早いようです。

オニシバリ ジンチョウゲ科
オニシバリ雄花 VC200214
箱根に春を告げる花、オニシバリの雄花が開花していました。ビジターセンター園地の他の場所では雌花もすでに開花しています。

ヤドリギ ビャクダン科
ヤドリギ VC200214
白百合台園地では、ヤドリギが黄色い実をつけていました。甘くて粘り気のあるこの実はレンジャク類の大好物です。
同じ木にオレンジ色に熟した実もついていました。こちらはアカミヤドリギと呼ばれます。
アカミヤドリギ VC200214

オオイヌノフグリ オオバコ科
オオイヌノフグリ VC200214
ビジターセンターすぐ近くでオオイヌノフグリがもう花を咲かせていました。花はパラポラアンテナのようなお椀型です。
春はそこまで来ています。

高原ホテルからビジターセンターへ行く道では、今日もウソとカシラダカの姿を見ることができました。ウソは相変わらずソメイヨシノの冬芽をひたすら食べていました。

本日のトップ10
1.  オニシバリ 花・蕾
2.  ヤドリギ・アカミヤドリギ 果実
3.  ヒイラギナンテン 花・蕾
4.  ウソ  野鳥 姿を観察
5.  カシラダカ  野鳥 姿を観察
6.  ヤマアカガエルの卵塊 
7.  ナガコガネグモの卵嚢
8.  ムササビの食痕 オオシマザクラの枝
9.  シカの食痕 アオキ、キヅタの枝
10. モグラ塚

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



2020年2月11日 芦ノ湖西岸自然情報

現在、芦ノ湖西岸コースは2019年台風19号災害により、白浜~湖尻水門が通行止になっているため、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門での自然情報収集となっています。
通行止区間では、3カ所で大きな路盤流出があり大変危険なため、絶対に立ち入らないで下さい。

※2020年2月22日追記
2月21日より、湖尻水門~深良水門の通行止が解除されました。
深良水門~白浜は現在も通行止となっております。



本日の自然情報収集はPV3名で行いました。気温は3℃(8時半箱根町港)、天候は快晴でした。
雪が少ない感じの富士山は雲一つ無く、くっきりと見えていました。多くのオオバンたちに見送られて出発。

ケシキ 202002 西岸


季節柄野鳥メインの観察になりました。

ウソ、アトリ、カワラヒワといったアトリ科の冬鳥が多く見られました。
アトリ科の鳥は太く鋭い嘴が特徴です。箱根で見られるアトリ科の鳥の多くは冬鳥です。

ウソ アトリ科
天神様の御使鳥として、天満宮系の神社では扱われています。
前年の凶事をウソとして吉事にトリ変えるという鷽替え神事は有名ですね。
ウソ 202002 西岸


また、ジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミといった、ヒタキ科の冬鳥も見られました。
ルリビタキはその名の通り、オスは瑠璃色のきれいな鳥ですが、茂みの中を好むので、撮影が難しい鳥です。
幸せの青い鳥の一つです。

ルリビタキ ヒタキ科
ルリビタキ 202002 西岸


これらの鳥たちは、書籍によって、ツグミ科に分類されているものもありますが、数年前にツグミ科の多くはヒタキ科に移動しているので、どちらも間違いではありませんが、手持ちの最新の書籍を参考に、ここではヒタキ科としておきます。

夏場は木の高いところにいるので観察しやすいホオジロも日向ぼっこしているところを観察できました。

ホオジロ ホオジロ科
ホオジロ 202002 西岸


水鳥は、オオバン、キンクロハジロ、カンムリカイツブリが多く観察できました。
特にカンムリカイツブリは、先月同様に15羽ほどで群れて寝ていました。

3月1日に釣りが解禁ですので、冬鳥たち同様に来月の自然情報収集では見られるでしょうか。

植物で観察できた花は、オオイヌノフグリ、オニシバリ、ミチタネツケバナ、アセビといったところでした。

冬の花といえば、オニシバリ。先月はつぼみが固い状態でしたが、無事に開花してくれました。
小さく黄色い可憐な花が心を和ませてくれますが、毒草です。

オニシバリ ジンチョウゲ科

オニシバリ 202002 西岸


ミチタネツケバナ アブラナ科
ヨーロッパ原産の帰化植物です。

ミチタネツケバナ 202002 西岸



来月期待できそうな蕾の状態の植物は、ミツマタ、フッキソウ、ネコヤナギあたりでしょうか。

また、箱根ふれあいの森を歩いていると、道にムササビの食痕がありました。
アカガシの葉を食べた後と、枝を食い千切った痕です。

ムササビ 202002 西岸


斜めに鋭く切れているところが特徴です。

自然情報収集の終了間際に、テングチョウが飛んできて、唯一の昆虫類の観察も出来ました。
暦の上ではもう春ですから、春はすぐそこに来ていると感じました。

まだまだ霜柱も元気いっぱいでしたし、早朝の気温はマイナス3℃でしたが。

シモバシラ 202002 西岸


本日のトップ10
① オニシバリ 咲き始め
② ミチタネツケバナ 咲き始め
③ ムササビの食痕 アカガシ
④ ルリビタキ 飛翔
⑤ ウソ 飛翔
⑥ ホオジロ 歩行
⑦ カンムリカイツブリ 浮遊
⑧ キンクロハジロ 浮遊
⑨ カワラヒワ 飛翔
⑩ テングチョウ 飛翔

※3月8日追記
3月15日に予定していました、3月の自然情報収集は、新型コロナウイルス蔓延防止のため、中止となりました。
4月以降も実施の見通しはたっておりません。

※4月3日追記
4月15日に予定されていた自然情報収集は、神奈川県の外出自粛要請発表中のため、GW明けまでの活動中止となり、取りやめとなりました。

※4月7日追記
4月5日に個人的に西岸コースを歩きました。
三ツ石~白浜の土砂崩れ箇所は補強修復工事が実施されていました。
小杉の鼻~亀ヶ崎の路盤流出箇所も復旧工事が開始されていました。
タチツボスミレ、マメザクラ、、ダンコウバイ、ミツマタ、ヤマルリソウ、キブシは花盛り、エイザンスミレも1株見つけました。
ハコネシロカネソウ、キンランは株を見つけられませんでした。
季候が良かったせいか、ハイカーや釣り人が非常に多かったです。
オオバンはまだ2羽滞在していました。
日陰ではコート着ていても肌寒かったですが、陽向では暑かったです。
ビロウドツリアブも見かけ、春本番を感じました。
早く公式活動として西岸コースを歩ける日を待つしか無いのが心苦しいです。

※4月15日追記
4月10日より5月6日までの予定で、箱根ロープウエイ、芦ノ湖の船が2社とも運休となっています。
美術館や箱根関所、森のふれあい館は休館です。
恩賜公園の建物内は8月末まで県の施設閉鎖のため利用できません。
来年は箱根ロープウエイのゴンドラ交換が予定されています。
箱根フリーパスの発売中止中です。

※5月16日追記
5月13日予定でした自然情報収集は中止となりました。

※5月20日追記
8月末まで中止となりました。


箱根PV 段

【仙石原】2020年02月08日(土)

 晴れた天気で、小鳥が多く観察できました。

 昨年(2019年)の台風で荒れていた観察路を綺麗に修復して頂きました。作業は途中ですが、2020年春には、完成すると思います。

 コースの展望台から見る大涌谷の噴煙は、先月(2020年1月)より多い気がします。

 温湯(ぬくゆ)の水温は18度、外気温は12度でした。





▼アカミヤドリギ
アカミヤドリギ





▼コブシ
コブシ





▼タチツボスミレ
タチツボスミレ





▼ミツマタ
ミツマタ





▼大涌谷の噴煙
大涌谷の噴煙





▼道路の修復
道路の修復





▼アセビ
アセビ





<参考>
本日の観察ベスト 10

1  アセビ / つぼみ
2  アカミヤドロリギ / 実
3  コブシ / つぼみ
4  タチツボスミレ / 花
5  ウスタビガ / 繭
6  ミツマタ / つぼみ
7  キセキレイ / すがた
8  ウソ / すがた
9  オニシバリ / 花
10  - / -


箱根PV 仙石原担当 T.K

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2020年1月24日

朝から曇り空で少し霧がかかっています。気温6℃と肌寒い中、ビジターさん3名に参加いただき、パークボランティア7名、合計10名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「植物の越冬(氷点下の冬を植物はどうやって乗り越えるか)」です。

厳しい自然環境を生きる植物はさまざまな工夫をして冬を越しますが、本日はその中でも、ロゼットと冬芽を中心に観察しました。
ロゼットとは、冬越し用の葉が、バラの花弁のように放射状に広がってつき、地表に密着して越冬するものをいいます。

ヒメオドリコソウ シソ科
ヒメオドリコソウ VC200124
ヒメオドリコソウはしわの多い小さな葉を低く密生させています。地表に密着することで寒風を避けて温度低下を防いでいます。

ハルジオン キク科
ハルジオン3 VC200124
ハルジオンのロゼットはビジター周辺の多くの場所で観察できます。根生葉は中心に向かって徐々に細まり柄ははっきりしていません。葉が重ならず効率よく太陽光を全面で受けることができます。

ヒメジョオン キク科
ヒメジョオン VC200124
ヒメジョオンもビジター周辺の多くの場所で観察できます。根生葉は幅広く丸く、葉のふちに浅い切れ込みがあります。
柄は急に細くなっていてスプーンのような形状です。

ミチタネツケバナ アブラナ科
ミチタネツケバナ VC200124
ミチタネツケバナは、先端の小葉が丸く、全体にきれいな形のロゼットです。花期にも緑色の根生葉がロゼット状に残ります。

スイバ タデ科
スイバ VC200124
スイバのロゼットは、緑と真っ赤の根生葉が混じってとても鮮やかです。冬の間も太陽光を受けて光合成をし、糖分を蓄えて葉が赤くなっています。

セイヨウタンポポ キク科
セイヨウタンポポ VC200124
セイヨウタンポポは、ロゼットの真ん中からもう花が咲いていました。

アセビ ツツジ科
アセビ VC200124
アセビの白い花がひっそりと開花していました。雨粒に濡れた花は可憐でとても美しいです。

ノアザミ キク科
ノアザミ VC200124
白百合台園地では、昨年6月に群生して咲いていた、ノアザミのロゼットがたくさん観察できました。ノアザミは春になるとロゼットの中心から茎をのばします。

ウソ アトリ科
ウソ VC200124
高原ホテルからビジターセンターへ向かう道で、ウソの大群がソメイヨシノの冬芽を食べていました。傍に近づいても逃げる様子もなく、ひたすら食べ続けていました。

本日のトップ10
1.  ノアザミ  ロゼット
2.  ハルジオン  ロゼット
3.  ヒメジョオン  ロゼット
4.  ダイコンソウ  ロゼット
5.  ヒメオドリコソウ  ロゼット
6.  コクサギ  冬芽
7.  ムラサキシキブ  冬芽
8.  ヒサカキ  冬芽
9.  ウソ  野鳥
10. ジョウビタキ  野鳥

箱根PV  高橋



2020年1月15日芦ノ湖西岸自然情報

2020年最初の芦ノ湖西岸コース自然情報収集。
未明までは雨模様だった今日の箱根。標高の高いところは薄ら白くなっていました。
箱根町港9時のスタート時の天候は晴れ。気温は2℃です。

芦ノ湖西岸コースは、2019年台風19号災害により、数箇所路盤流出があるため、湖尻水門~白浜ネット上では通行止になっています。
よって自然情報は、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門で行っております。
危険ですので通行止エリアには立ち入らないようお願いします。

参加PVは2名、多くの鳥たちに見送られて出発しました。
一番印象的だったのが、至近距離で見られたアオサギです。お気に入りの場所なのか、鳥には珍しく、案内看板が設置してありました。

アオサギ サギ科
202001西岸あおさぎ


スタートするとカワセミが目の前を通過。新年早々、幸せの青い鳥と出会えました。

季節柄、植物の観察は少ないため、普段より早いペースで進みました。

果実として観察できたものでは、ノイバラとサルトリイバラが多く印象的に残りました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科
2018年度版神奈川県植物誌でユリ科からサルトリイバラ科に変更されました。
希にトゲの無いものがありますが、そちらは、トゲナシサルトリイバラという別の植物になります。

202001西岸サルトリイバラ


冬の花の代名詞、オニシバリはまだつぼみが堅い状態です。

オニシバリ ジンチョウゲ科
枝を曲げても折れないので、鬼も縛れるということで、この名の由来になりました。
夏に葉を落とすので、別名「ナツボウズ」。
雌雄異株で雄株の方が先に花が咲きます。
おにしばり 202001西岸


目立った植物は、コケ類の、オオカサゴケとヒノキゴケ。

オオカサゴケは日に当たりキレイでした。

オオカサゴケ ハリガネゴケ科
きれいに見えるので園芸用でも販売されています。
私の地元川崎市でも街路樹の根元にあったりします。

202001西岸」おおかさごけ


ヒノキゴケ ヒノキゴケ科
こちらも園芸用で販売されているようです。

2020 1 ヒノキゴケ 西岸


白浜付近まで来ると、カンムリカイツブリの群れが寝ており、漂流していました。
今回の水鳥の観察で一番印象的でした。

カンムリカイツブリ カイツブリ科
202001カンムリカイツブリ西岸


また、ネコヤナギの一部が何者かにより食べられていました。
その足下には犯人の足跡が残されていました。

202001西岸


白浜のネコヤナギは早春の楽しみですので、これ以上食べられないことを祈るばかりです。

犯人はもちろん、「シカ」です。

白浜からの駒ヶ岳。
薄ら白くなっています。
202001コマガタケ西岸



午後はVC周辺でもありますが、西岸コースの一部にもなっている桃源台~湖尻水門の観察。

先月も確認している、アセビの開花とジョウビタキ、シロハラ、ウソの観察が収穫でした。
ツグミを確認できなかったのが残念でした。

ジョウビタキ ヒタキ科
書籍によってはツグミ科に分類されているものもありますが、ツグミ科の多くはヒタキ科に変更されているので、どちらも間違いではありません。
ツグミがヒタキ科に分類されている書籍もあります。

今回は正面からの画像ですが、ジョウビタキは両翼にある白い♡マークがチャームポイントでもあり、特徴です。
「ヒィ、ヒィ」と常に鳴くので、その名の由来になりました。

2020 1 ジョウビタキ 西岸

ウソ♂ アトリ科
アトリ科の鳥は嘴が特徴的です。
ウソ♂は首筋が赤いところが特徴です。

ウソ 202001西岸


亜種のアカウソは首筋から胸に掛けて赤くなっているのが特徴で、見分けるポイントです。

アカウソ 202001西岸



全体を通して、トビが非常に多く観察できました。

トビ タカ科
202001西岸」とび

薄ら白い、箱根の熊さん。
202001西岸クマさん


本日のトップ10
① カンムリカイツブリ
② アオサギ
③ カワセミ
④ ヒノキゴケ
⑤ オオカサゴケ
⑥ サルトリイバラ
⑦ ネコヤナギとシカの食痕と足跡
⑧ ウソ
⑨ トビ
⑩ ジョウビタキ

箱根PV 段