FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2019年1月11日

2019年初回のミニ観察会。今日のテーマは、芦ノ湖へ飛来するガン・カモ類の実態把握である。温暖化の影響か気温3℃。風も弱く陽射しが暖かい。ビジター9名・パークボランティア14名にVC職員1名が加わり、桃源台から芦ノ湖キャンプ場、そして湖尻水門までの湖岸を巡りガン・カモ類の状態を観察する。

湖岸からの観察風景
観察風景
芦ノ湖で観察できるガン・カモ類のなかでもマガモ、コガモ、カルガモなどの水面採餌性のカモの減少が著しいとの調査例もあり、本日の状況が気になるところである。

ヒドリガモ(カモ目カモ科)
ヒドリガモ
海岸、内湾、湖沼、河川などに冬鳥として飛来して、水辺近くの草地でよく青草を食べる。水面に浮かぶ植物を水面採餌する。この日に観察できた水面採餌性のカモは、唯一ヒドリガモ(雄1羽・雌3羽)だけで、昨年度の観察会と比較するとあまりの少なさに一抹の寂しさを感じた。

キンクロハジロ(カモ目カモ科)
キンクロハジロ-1
内湾、港、湖沼、池、河川などに冬鳥として飛来して、日中は休息し、夜間に行動することが多い。貝やカニ、水草などを潜水採餌する。この日は、潜水採餌性のカモの数も少なく、キンクロハジロは2羽確認できたが、休息している様子はなく、沖に向かってまっしぐらに泳いで行った。

ホシハジロ(カモ目カモ科)
ホシハジロ
内湾、港、湖沼、池、河川などに冬鳥として飛来して、群れで行動することが多く淡水域にもよく入る。動物質、植物質のどちらもよく食べる。貝やカニ、水草などを潜水採餌する。双眼鏡で湖を見渡して、やっと2羽が確認できた。昨年度の観察では、キンクロハジロと混群となって水面で休息する姿も見られたが、潜水採餌性のカモの減少も気になるところである。

カイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
カイツブリ
湖沼や流れの緩い河川にすみ、北日本では冬に暖地へ移動する。魚類や水生昆虫などを潜水採餌する。1羽のカイツブリが、湖岸からやっと目視で確認できる距離で、愛嬌のある姿を波に漂わせていた。人の話声や足音で気配を感じたのか、沖に向かって逃げて行った。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
カンムリカイツブリ-1
一部を除き、広い湖沼や河口、湾などに冬鳥として飛来する。魚類や水生昆虫、両生類、水草なども潜水採餌する。1羽のカンムリカイツブリを湖岸から双眼鏡で判別できる距離で見つけることができた。食事の最中だったのか頻繁に潜水を繰り返していたが、やはり沖に向かって去っていった。

オオバン(ツル目クイナ科)
オオバン
湖沼や湿原、水田などに生息してよく泳ぐ。水草や根、昆虫類の幼虫などを潜水採餌する。昭和60年に発行された「箱根の鳥」では、殆んど稀にしか見られなかったと記されているが、本日の観察では一番に数多く、湖面を見渡すと10羽程度が観察できた。

オオバンと遊覧船
オオバンと遊覧船-1
人間の気配で湖岸から沖へと去っていく水鳥の中で、唯一、湖岸近くで泳ぐ3羽オオバンの姿に愛着を感じながら湖面を見渡すと、はるか沖に2隻の遊覧船が湖面を進んでくる。人間の気配で沖に去って行った水鳥たちは、今度はどこに向かって逃げていくのか。芦ノ湖へ飛来するガン・カモ類の実態と大きな課題を知ることができたような気がする観察会であった。

ミサゴ(タカ目ミサゴ科)
ミサゴ
芦ノ湖でのガン・カモ類の観察状況は上記のとおりであったが、上空では、芦ノ湖の魚影をさがしてミサゴが旋回していた。このミサゴは、海岸や大きな湖沼、河川にすみ、急降下して魚を足でつかむという。わずかな時間であったが参加者全員が、ミサゴの飛翔に釘付けになり、真っ青な空を仰いでいた。

トップ10
1.ヒドリガモ(水辺の野鳥)
2.キンクロハジロ(水辺の野鳥)
3.ホシハジロ(水辺の野鳥)
4.カンムリカイツブリ(水辺の野鳥)
5.ミサゴ(水辺の野鳥)
6.エナガ(山野の野鳥)
7.シメ(山野の野鳥)
8.アオキ(果実)
9.ガマズミ(果実)
10.ウスタビガの繭(昆虫)

箱根PV 小川(治)・谷上
スポンサーサイト

金時山自然情報 2018年12月13日

駐車場に着くと12月とは思えないほど車が沢山ありました。今日は12月13日、そうです金時山の日でした。標高が1213Mで金時山の日ですが、正確な測定が実施され現在は1212Mとなっています。天気予報では晴れでしたが、怪しい雲が頂上を覆い被さっていました。頂上の小屋で昼食を取り、乙女峠に向かいました。乙女峠で休んで出発しようとした時、霰が落ちて登山道は白く染まりました。本日の観察で目立ったのはツチグリでした。登山道脇で沢山見ることが出来ました。今日は環境省のアクティブレンジャー、箱根ビジターセンターの職員も参加し、パークボランティア3名を含め5名で賑やかな観察会でした。

霰の落ちた登山道
急に黒い雲が空を覆い、霰が落ちてきました。
霰金時181213

雫のコケ
コケ(同定できず)の上に雫が出来ていました。霰が降って暫くしてからです。
コケ金時181213

ツチグリ   (ツチグリ科)
登山道脇で沢山見かけました。星みたいに見えるものは外皮です。玉みたいな袋の中に胞子が充満しており、袋を指でつまむと上の穴から飛散します。
ツチグリ金時181213

ヤドリギ   (ヤドリギ科)
ケヤキ、ブナ、ミズナラ等の落葉高木に寄生するが、光合成を行う半寄生植物。果実はレンジャク類がよく食べる。
ヤドリギ金時181213

フジイバラ   (バラ科)
頂上手前の分岐点付近に沢山ありました。太平洋側の山地に生え、山頂に多い。名前の由来は富士山麓に多いことから。
フジイバラ金時181213

メギ   (メギ科)
乙女峠付近で見かけました。果実は液果で真っ赤に熟す。洗眼薬にしたところからメギ(目木)。刺が多いので別名、コトリトマラズ。
メギ金時181213

ツルウメモドキ   (ニシキギ科)   
乙女峠付近で見かけました。果実はさく果、球形で黄色に熟す。熟すと3つに割れ、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔を出す。
ツルウメモドキ金時181213

ヒメノキシノブとノキシノブ   (ウラボシ科)
胞子を作る器官の集まりである「胞子のう群」は葉の中心の軸と葉縁の間に並んでついている。名前の由来は軒下などにも生え、忍のように着生することから。ヒメノキシノブは小さくて葉の先端が丸い、ノキシノブは尖っている。
ヒメノキシノブ金時181213

アブラチャン   (クスノキ科)
分岐点付近にありました。冬芽の状態です。ボクシングのファイティングポーズの様に見えます。真ん中の葉芽が頭で両側の花芽がグローブを付けた手です。クロモジの冬芽に似ているがアブラチャンの花芽は球形。
アブラチャン金時181213


コゲラ   (野鳥)
餌を探しているのか、幹を突きながら次の木に移動していました。ヤマガラ、シジュウカラと混群を形成していました。
コゲラ金時181213

本日のトップ10
1.霰が落ちた登山道
2.ツチグリ
3.ヤドリギ
4.フジイバラ
5.リョウブ
6.メギ
7.ツルウメモドキ
8.ヒメノキシノブ
9.アブラチャン
10.コゲラ

箱根PV 原田

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年12月14日

紅葉も終わり木々の葉がすっかり落ちた冬の箱根です。静寂でゆっくり自然を楽しめるこの季節も好きです。ビジターさん9名(内初めて参加の方3名)、パークボランティア14名、合計23名のミニ観察会です。
本日のテーマは「木の形(樹形)」です。この季節は葉っぱが落ちて木の形がよく見えます。今日は木の形を見比べながら樹木を中心に観察しました。

イロハモミジ (カエデ科)
ビジターセンター駐車場のイロハモミジです。小枝が多いです。ここは日当たりが良いので樹形はドーム形になっています。森の中では横広がりの傘型になっていることが多いです。
イロハモミジ VC191214

ミズキ (ミズキ科)
ミズキは枝が水平に出ます。お日様に当たりたい木なので、枝は重ならないように360度の方向に出ます。枝には鳥が止まりやすく、実も上に向かって立ちます。
ミズキ VC181214

カツラ (カツラ科)
カツラは幹がまっすぐのび、枝の角度が鋭角で、整った円錐形になります。寒いところの樹木はまっすぐ縦に伸びることが多く、ポプラ、白樺も同じような樹形です。
カツラ VC181214

ネムノキ (マメ科)
ネムノキは枝を横に張り出して、いっぱい日に当たろうとします。葉がつくとドーム形の樹形になります。
ネムノキ VC181214

アセビ (ツツジ科)
アセビはこんもりとしています。葉は枝先に集まります。もう来年の紅い蕾がついています。
アセビ VC181214

リョウブ (リョウブ科)
リョウブが株立ちになっています。樹皮がまだらに剥がれるのが特徴です。剥がれた樹皮が地面に落ちていました。
リョウブ1 VC181214

リョウブ2 VC181214

オオハナワラビ (ハナヤスリ科)
オオハナワラビがあちらこちらで観察できました。葉は全体が五角形の形で、葉には鋸歯があり鋭く尖ります。
オオハナワラビ VC181214

フユノハナワラビ (ハナヤスリ科)
フユノハナワラビは鋸歯がオオハナワラビよりも粗いのが特徴です。
フユノハナワラビ VC181214

同じ落葉樹でもいろいろな形があります。また常緑樹の形も木によっていろいろです。いつもの植物観察とは違い、いろいろな樹形を学んだ観察会でした。

本日のトップ10
1.  ケヤキ  樹木
2.  ヒノキ  樹木
3.  ネムノキ  樹木
4.  カツラ  樹木
5.  アセビ  樹木
6.  ヤブツバキ  樹木
7.  オオハナワラビ  シダ類
8.  トラツグミ  野鳥
9.  ツグミ  野鳥
10.  アカハラ  野鳥 

箱根PV  高橋

湯坂路自然情報コース 2018年12月3日

 この時期、箱根の紅葉が綺麗でしたが小雨が降ったりやんだりの日になりました。湯坂路の防火帯が綺麗に草刈りされてススキが大地を覆いわずかな足元の根生葉を隠してしまっています。まだ、何か残り花が観察できるかと期待していましたのでがっかりでした。そこで、珍しいシダの前葉体をしっかり観察することにしました。

ツルリンドウ  ツルリンドウ科  ツルリンドウ属
「 蔓竜胆」はつる性のリンドウを意味しています。湯坂路ではよく見かけますが果実の時期のほうが花より目立ちます。まだ花殻が残っていて果実には長い柄が見られます。
ツルリンドウ湯坂路181203

シダの前葉体からの小さな芽
シダの名前はまだわからないほど小さい芽が出ています。 野外でこの様な姿に出会うとはラッキーなことです。この場所では沢山見られました。
シダ前葉体湯坂路181203

キランソウ  シソ科  キランソウ属     別名:ジゴクノカマノフタ
小さな花がこの時期に咲いていました。多年草で茎は四角ばっています。道端に這って生えています。花は舌形で葉腋に輪状に咲きますが今回は一輪のみです。
キランソウ湯坂路181203

ウメノキゴケ  ウメノキゴケ科  ウメノキゴケ属
亜硫酸ガスに弱いため大気汚染の指標と言われています。大気の綺麗なところに見られます。
ウメノキゴケ湯坂路181203

マツゲゴケ  ウメノキゴケ科  ウメノキゴケ属
よく見るとまつげのような毛が見えます。
マツゲゴケ湯坂路181203

コアジサイ(黄葉)  アジサイ科  アジサイ属
以前はユキノシタ科だったのがアジサイ科に変更になりました。葉の黄葉が美しい時に出会うことが出来ました。
コアジサイ湯坂路181203

バライチゴ(果実)  バラ科 キイチゴ属   別名:ミヤマイチゴ
葉がバラに似ていることから付けられた名前。林中に赤い果実を見つけた仲間が教えてくれました。 花は夏に4cmほどの大きさで白く上向きに咲いていました。
バライチゴ湯坂路181203

クロモジ(黄葉)  クスノキ科  クロモジ属
灰褐色でなめらかな樹皮には丸く小さな皮目が見られます。少し大きな木には花芽と冬芽見られますが小さな木で冬芽が見られました。樹林下ではクロモジの小さな木が沢山見られました。
クロモジ湯坂路181203

イヌシダ  コバノイシカグマ科  コバノイシカグマ属
崖の岩の間に生えていました。全体に淡褐色の長い毛が見られます。夏緑性のシダでこの時期胞子葉はすでに枯れていましたが栄養葉は残っていました。
イヌシダ湯坂路181203

キッコウハグマ  キク科  モミジハグマ属
11月の湯坂路ではキッコウハグマの花時期にピッタリで感激の日になりました。12月はすっかり果実となり風に旅立つばかりの様子でした。
キッコウハグマ湯坂路181203

タラノキ  ウコギ科  タラノキ属
棘の多い樹皮は灰褐色をして葉がなくても良くわかります。棘の多いこの樹を鹿が食べたような跡が見られました。雌雄同株です。
タラノキ湯坂路181203

ヒメノキシノブ  ウラボシ科  ノキシノブ属
山地に見られる常緑性のシダ。いろいろな樹木や崖などに着生しています。葉身の先は丸く葉柄がほとんどない小型のシダです。ノキシノブも観察できる湯坂路では圧倒的にヒメノキシノブのほうが多く見られます。
ヒメノキシノブ湯坂路181203

ヘクソカズラ  アカネ科  ヤイトバナ属   別名;ヤイトバナ 、サオトメバナ
林縁などに生えるつる性の多年草。蔓は右巻きで葉が対生していますがこの時期には葉は残っていませんでした。黄褐色に熟した果実が見られました。果実をつぶしてしもやけの薬にしました。
ヘクソカズラ湯坂路181203

鹿の足跡
少しぬかるんだところに鹿の足跡がしっかり残っていました。以前、歩いているすぐ近くに大きな雄鹿がいて驚いたことがありました。
シカの足跡湯坂路181203

湯坂路の草刈りのされた防火帯
防火帯湯坂路181203

本日のトップ10
1、ツルリンドウ(果実)
2、ヘビノネゴザ(黄葉)
3、鹿に食べられたようなタラノキの木肌
4、シダの前葉体
5、キランソウ(花)
6、ウメノキゴケ(地衣類)
7、マツゲゴケ(地衣類)
8、コアジサイ(黄葉)
9、バライチゴ(果実)
10、クロモジ(黄葉)

箱根PV 山本

【仙石原】2018年12月08日(土)の情報

 パークボランティア8人での観察です。

 ツルリンドウの実が鈴なりに実っており、観察者を楽しませてくれました。

 日当たりのよいところでは、季節外れのスミレが咲いていました。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は8度でした。



▼ツルリンドウ。
IMG_20181208_仙石原ツルリンドウ (960x1280)



▼クサギ。
IMG_20181208_仙石原クサギ (960x1280)



▼オニシバリ。
IMG_20181208_仙石原オニシバリ (960x1280)



▼フユノハナワラビ。
IMG_20181208_仙石原フユノハナワラビ (955x1280)



▼ツボスミレ。
IMG_20181208_仙石原ツボスミレ (959x1280)



▼タチツボスミレ。
IMG_20181208_仙石_タチツボスミレ (960x1280)



▼キッコウハグマ。先月(2018年11月)に続き、今月も観察できました。
IMG_20181208_仙石原キッコウハグマ (960x1280)




<参考>
本日の観察ベスト 10
1 ツルリンドウ/実
2 クサギ/実
3 ツルウメモドキ/実
4 ツルマサキ/実
5 フユノハナワラビ/胞子葉
6 ミツマタ/つぼみ
7 オニシバリ/つぼみ
8 フジ/実
9 コブシ/つぼみ
10 サルトリイバラ/実



<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S


FC2Ad