FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年11月8日

本日は立冬、やや寒いですが、晴れて気持ちのよい絶好の観察日和に恵まれました。ビジターさん8名に参加いただき、パークボランティア12名、合計20名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「晩秋を楽しむ」です。晩秋の果実や花々、紅葉、落ち葉などを観察します。

ガマズミ ガマズミ科
ガマズミ2 VC191108
ビジターセンター入り口付近や自然学習路ではガマズミが赤い果実を沢山つけています。
ガマズミの由来は諸説ありますが、山の神からの授かり物として「神の実」と呼ばれたことが語源とされる説があります。マタギは獲物を求めて一日中雪山を歩き回りますが、山中で食べるものがなくなるとガマズミを探し出して口にし、身体を休めました。そのほか鎌の柄や輪かんじきの材料や加工食品、染料などに広く利用されています。

マツムシソウ スイカズラ科
マツムシソウ VC191108
ビジターセンターから道路を渡った右側にマツムシソウの花が咲いています。果実(種)もついています。 マツムシソウは2年草です。今年落とした種が来年(1年目に)発芽して葉のまま冬を越し、その次の年(2年目)に花が咲きます。

こちらは1年目の葉(ロゼット)です。
マツムシソウのロゼット VC191108

センブリ リンドウ科
センブリ VC191108
子どもの広場ススキ草原の端でセンブリが見頃です。2cmほどの小さな花ですが、上品で高貴さが感じられる花です。日が照ると花が開き、日が陰ると花は閉じます。

ウリハダカエデ ムクロジ科
ウリハダカエデ1 VC191108
自然学習路のウリハダカエデが、今ちょうど紅葉真っ盛りです。葉に光があたってとても美しいです。

ウリカエデ ムクロジ科
ウリカエデの葉 VC191108
ウリカエデのまだら模様の葉を観察しました。葉脈のところは緑色が残り、葉脈から離れたところは黄色に紅葉し始めています。葉を落とす前に、光合成した糖分やタンパク質・ミネラルなどを幹の方へ回収している段階と思われます。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ VC191108
ツルリンドウが赤い果実をつけていました。毎年この果実を見ると冬が近づいて来たと感じます。

リンドウ リンドウ科
リンドウVC191108
リンドウも今が見頃です。リンドウもセンブリと同じように苦い健胃消化薬です。これらに含まれる苦味成分が舌の味覚神経を刺激して唾液や胃液の分泌を促し消化を助けます。

アキノキリンソウ キク科
アキノキリンソウ VC191108
白百合台園地ではアキノキリンソウが咲いています。黄色の花がよく目立ちます。

リュウノウギク
リュウノウギク VC191108
箱根では一番遅く咲き始める晩秋の野菊リュウノウギクも咲き始めています。

本日のトップ10
1.  ガマズミ 果実
2.  センブリ 花
3.  リンドウ 花
4.  マツムシソウ 花
5.  ウリハダカエデ 紅葉
6.  ウリカエデ 紅葉
7.  スイカズラ 果実
8.  ツルリンドウ 果実
9.  ジョウビタキ 野鳥
10. タンザワフキバッタ 昆虫

箱根PV 高橋

スポンサーサイト



湯坂路自然情報コース 2019年11月4日

大型台風が通過し、まだ道路の整備が進んでいないようなので集合場所を精進が池の駐車場へと変更しました。一号線の道路脇にはまだ流れてきた土砂などがありました。寒く無く熱くない良い観察日です。ゆっくりと鷹ノ巣山までの予定で歩きました。夏に草刈りされた影響で秋草が少なく夏以降に芽を出したシシウドなどが小型でも花を咲かせていました。

アリノトウグサ     (アリノトウグサ科アリノトウグサ属)
花を付けていた茎には花も実もなく茎だけでした。一番早くに紅葉するアリノトウグサですが早くも美しい紅葉でした。
アリノトウグサ湯坂路191104

ゼンマイ        (ゼンマイ科ゼンマイ属)
歩き始めて間もなくゼンマイの群落が見られました。こんなに沢山あったのかと気がつきました。
ゼンマイ湯坂路191104

テンナンショウの仲間  (サトイモ科テンナンショウ属)
雄から雌に転換し実を付けていました。上部の実が落ち黒いところの白い跡を目にすることはありませんでしたが、今回ははっきり見ることが出来ました。
テンナンショウの仲間湯坂路191104


トウゲシバ     (ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属)
樹林下にトウゲシバを見つけて近づくと新鮮な胞子に気が付きました。常緑の多年草です。胞子が熟すと横に裂けて黄色の胞子が出るようですから次回は横に裂けた状態を見てみたいものです。
トウゲシバ湯坂路191104

マツカゼソウ      (ミカン科マツカゼソウ属)
多年草でも冬には枯れてしまいます。この時期まだ花が美しく残っていました。葉をもむとミカン科特有の匂いがあります。
マユカゼソウ湯坂路191104

ヤマラッキョウ    (ネギ科ネギ属)
芒に埋もれるように咲いていましたが昨年よりより減ったようです。花茎の先に多数の紅紫色の花を球状の散形花序となります。
雄蕊は花被片よりも長く突き出ており葯は紫色。
ヤマラッキョウ湯坂路191104

天使のハンカチーフ  (蜘蛛の巣)
昨夜の雨で蜘蛛の巣に水滴が輝いていました。地面にそって水平に張られた巣に水滴がついている様子を「天使のノハンカチーフ」と仲間に教えていただきました。
天使のハンカチーフ湯坂路191104

サルトリイバラ    (シオデ科シオデ属)
蔓性の落葉低木です。茎は節ごとに折れ曲がり長いひげ出して近くのものに絡まる。果実は赤く熟していた。
サルトトリイバラ湯坂路191104

ナガコガネグモ   (蜘蛛の仲間)
腹部に黄色と黒の模様がある大型のクモで前回教えていただいた蜘蛛のようでした。
ナガコガネグモ湯坂路191104

ゲンノショウコ   (フウロウソウ科フウロウソウ属)
一輪の残り花がありました。乾燥して煮だして下痢止めの薬に利用され効果がすぐに出たところから「現の証拠」と言われたようです。別名のミコシグサはこの果実の形から付けられました。
ゲンノショウコ湯坂路191104


リュウノウギク    (キク科キク属)
今が盛りとリュウノウギクが咲いていました。葉の裏面は白い毛があり、頭花は茎の先に付き舌状花は白く中心部の筒状花は黄色。この花が咲くと秋の終わりを告げられたようです。
リュウノウギギク湯坂路191104

《本日のトップ10》
①リュウノウギク
②センブリ
③ツルリンドウ
④ヤマラッキョウ
⑤リンドウ
⑥ノコンギク
⑦ヤマトリカブト
⑧ホソバテンナンショウの果実
⑨フユノハナワラビ
⑩ナガコガネグモ

箱根PV  山本

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年10月11日

台風19号が接近していて暴風雨にならないか心配でしたが、幸い風がなく、雨の合間を見つけてミニ観察会を開催することができました。このような天候にもかかわらず、4名のビジターさんに参加いただき、パークボランティア7名、合計11名の観察会となりました。
本日のテーマは「クモの巣(網)その2」、巣(網)を見ればクモの種類がわかるの2回目です。

ジョロウグモ ジョロウグモ科
網は円形、切れ目あり、3層構造
ジョロウグモVC191011
ジョロウグモは秋に成熟、今の時期は自宅周辺でも多く見られます。網の上のほうに、小さな同居するオスのクモが見えます。交尾をする機会を狙っているのですが、オスはメスに食べられる可能性があるのでじっとしています。網の左半分は古くなり、網目が粗くなっています。

オオヒメグモ ヒメグモ科
網は不規則形、構造物の隅に網を作る
オオヒメグモ3 VC191011
日本で一番多く見られるクモです。建物の隅などに網を作ります。網の上の二つの大きな袋は卵を入れている袋(卵のう)です。袋の周りに、生まれたクモが沢山ついているのがわかるでしょうか。

ビジョオニグモ コガネグモ科
網は円形、切れ目あり
ビジョグモVC191011
小さな秋のクモです。樹間に網を作りますが、いつもは葉上の網袋の中に隠れています。ここから糸が網のほうに伸びていて、網に餌が引っかかったらその糸で伝わります。
こちらがクモが隠れている葉です。手前に入り口があります。
ビジョグモ網

ノコンギク キク科
ノコンギク VC191011
ノコンギクは箱根で最もよく見られる野菊です。この季節ビジターセンター周辺ではいろいろな所で見ることができます。多数の頭花は茎の上部に同じ高さに集まって咲きます。

マツムシソウ スイカズラ科
マツムシソウ VC191011
マツムシソウは、果実になりかけていますが、花もまだ残っていました。雨の中で美しく咲いています。

ガマズミ ガマズミ科
ガマズミ VC191011
ビジターセンター入り口近くの庭にあるガマズミの実が、今年も赤い綺麗な実を沢山つけています。

ケヤキ ニレ科
ケヤキ VC191011
ビジターセンターから道路を横断したところに大きなケヤキがあります。まだ紅葉し始めです。毎年この木の紅葉が楽しみです。

本日のトップ10
1.  ジョロウグモ  クモ、巣(網)
2.  オオヒメグモ  クモ、巣(網)
3.  ビジョオニグモ  クモ、巣(網)
4.  マツムシソウ  花、果実
5.  ノコンギク  花
6.  ガマズミ  果実
7.  イヌタデ  花
8.  ヤマゼリ  花
9.  カケス  野鳥
10. ヒヨドリの群れ 野鳥

箱根PV  高橋


金時山自然情報  2019年10月10日

 秋晴れの中、いつもの三人で登りました。金時山には秋の花が良く似合います。白い色の花はウメバチソウとダイモンジソウ、紫色の花はヤマトリカブト、黄色い花はアキノキリンソウが見頃でした。頂上では富士山がくっきり見えました。欧米の登山者が増えてきています。ファミリーの登山者に聞けばドイツからとのこと。箱根の自然をじっくり味わってもらいたいものです。公時神社登山口のトイレが改修中で今まで通りにトイレ前の駐車場は使用できません。ご注意ください。

ウメバチソウ     (ユキノシタ科)
分岐点周辺で見られました。今年は沢山花が咲き、例年より見事でした。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているから。
ウメバチソウ金時191010

ダイモンジソウ   (ユキノシタ科)
金時山頂上付近で見られました。今年は例年より花が小さいですが、その分沢山咲いていました。名前の由来は花の形が「大」の字に似ているから。
ダイモンジソウ金時191010

ヤマトリカブト     (キンポウゲ科)
分岐点周辺で沢山咲いていました。関東地方の特産種です。名前の由来は花の形が雅楽に用いられる烏帽子(兜)に似ているところから。
ヤマトリカブト金時191010

セキアノアキチョウジ   (シソ科)
シカが食べたのでしょうか例年より少なく感じました。乙女峠の下りでひそかに咲いていました。名前の由来は箱根の関所の建物近くで見つかり、秋咲きで「丁字」に似た花をつけることから。
セキアノアキチョウジ金時191010

リュウノウギク    (キク科)
登山道脇で沢山見られました。他の野菊より花が大きく、葉がグローブの様な形に見えます。葉を揉むと竜脳(シュンギクのような)香りがします。
リュウノウギク金時191010

ホトトギス    (ユリ科)
分岐点周辺で咲いていました。名前の由来は鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることから。
ホトトギス金時191010

リンドウ   (リンドウ科)
分岐点周辺で咲いていました。根は古くから健康胃剤に使用されています。名前の由来は熊胆よりも苦く、竜の肝に似ることから。
リンドウ金時191010

センブリ   (リンドウ科)
長尾山周辺で咲いていました。別名は当薬、苦草。名前の由来は千回降り出しても苦味が消えないことから。
センブリ金時1910101

ナンキンナナカマド   (バラ科)
金時山周辺で赤い実をつけていました。ナナカマドとの違いは全体に小型で枝葉はまばらにつくので貧弱な感じがし、葉は丸いです。名前の由来は七度かまどに入れても燃え残るほど燃えにくいから。
ナンキンナナカマド金時191010

オトコヨウゾメ   (レンプクソウ科)
分岐点周辺で見られました。例年は多く実をつけるのですが、今年はわずかに実をつけていました。ヨウゾメはカマズミの地方名です。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたとのこと。
オトコヨウゾメ金時191010

アキアカネ  (トンボ科)
長尾山周辺で飛んでいました。初夏に羽化した成虫は山へ移動し、秋に水田に舞い戻り、産卵する。ナツアカネに似るが、胸の黒いすじが異なる。
アキアカネ金時191010

本日のトップ10
①ウメバチソウ    満開
②ダイモンジソウ    満開
③ホトトギス       満開
④リュウノウギク    満開
⑤ヤマトリカブト    満開
⑥セキアノアキチョウジ  花
⑦アキノキリンソウ     花
⑧リンドウ           花
⑨センブリ          花
⑩キントキシロヨメナ    花

箱根PV  原田育生

湯坂路自然情報コース 2019年10月7日

 午後からは雨の予報でしたが無事に降られずに歩くことが出来ました。湯坂路ではススキの穂が出そろい秋色です。すっかり草刈りされて期待していた花を見つけることが出来ませんでしたが、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、ハコネキンミズヒキの違いを見分けたり、イヌトウバナ、ヒメジソ、イヌコウジュなども観察しました。チョウや昆虫なども教えていただくことが出来ました。

シロヨメナ  (キク科 シオン属)
葉は細長く先がとがって、3本の主脈がはっきりしている。花は散房状につき舌状花は白色。防火帯の奥に遠くからでも白い群落が見られました。
シロヨメナ湯坂路191007

ヤマトリカブト  (キンポウゲ科 トリカブト属)
茎は曲がり葉が互生に付き掌状に3~5深裂している。花柄に曲がった毛があり、青紫色の兜状の萼片を含む萼が5枚でその中に中に2枚の花弁がある。名前は山に生え花の形が雅楽に用いられる烏帽子に似ているところから付けられた。日本固有種。
ヤマトリカブト湯坂路191007

サラシナショウマ   (キンポウゲ科 サラシナショウマ属)
山地に生える多年草。根生葉は3回3出複葉。花は白色で短い柄があり穂状に咲く。花弁は細く短く雄しべは糸状。湯坂路のコースではこの仲間のイヌショウマが見られますが花に柄がない。
サラシナショウマ湯坂路191007

アキノキリンソウ  (キク科 アキノキリンソウ属)
多年草。葉は互生して柄には翼があります。花は黄色で総状または散房状の花序を出し多数の頭花を付ける。頭花は小さいのですが舌状花と筒状花です。草刈りから免れて咲いていました。
アキノキリンソウ湯坂路191007

キントキヒゴタイ  (キク科 トウヒレン属)
湯坂路ではキントキヒゴタイ、キクアザミ、ミヤコアザミが観察できましが例年は沢山見られるキントキヒゴタイも少なく、今年は探してようやく数本見つけました。金時山にちなみつけられた名前の多年草。総苞は鐘形で総苞片は反り返る。
キントキヒゴタイ191007

アズマヤマアザミ  (キク科  アザミ属)
タイアザミは沢山見られましたがアズマヤマアザミは少なかったです。林縁に見られる多年草。柄のない頭花は葉腋に3~5個がまとまって付いています。総苞片は反り返らない。
アズマヤマアザミ191007

イヌトウバナ   (シソ科  トウバナ属)
林縁などの生える多年草。今回は花盛りでした。イヌコウジュやヒメジソなど同じ仲間をゆっくり観察しました。茎は対生し葉は30~50cmほどです。花は茎の上部や葉腋に付けます。萼に開出した長毛がある。学名には小さな花の意味が付けられています。
イヌトウバナ湯坂路191007

チカラシバ   (イネ科  チカラシバ属)
林縁に見られる多年草。総状花序は黒い棘毛に覆われて直立しています。小穂は棘毛のまま散布されます。以前、千条の滝近くの草原で緑色の棘毛のミドリチカラシバを見たことがあります。
チカラシバ湯坂路191007

ノガリヤス  (イネ科  ノガリヤス属)
湯坂路ではノガリヤスとヒメノガリヤスが観察できます。別名はサイトウガヤ。染料として利用されるカリヤスに似て野に生えるところから付けられた名前。葉は長さ30~60cmほどで線形、途中から葉が裏返っています。花序は長さ20~50cmの円錐状。
ノガリヤス湯坂路191007

フユノハナワラビの仲間  (ハナヤスリ科  ハナワラビ属)
昨年は見られなかったフユノハナワラビですが今年はウスイハナワラのようなものなど観察できました。冬緑性のシダ。栄養葉と胞子葉が地際から分かれて出ます。この仲間では以前、オオハナワラビやハナワラビ、アカハナワラビ、アカネハナワラビなどを観察していますが最近は少ない。
フユノハナワラビ湯坂路191007

ヤマハッカ   (シゾ科  ヤマハッカ属)
林縁などに見られる多年草。葉の柄には翼があります。茎は木質化した地下茎から出ている。シソ科は茎が四角。枝先に細長い花穂を出して青紫色の小さな唇形です。
ヤマハッカ湯坂路191007

ノコンギク   (キク科  シオン属)
一号線の縁石に並んで咲いておりこの植物の逞しさを感じます。葉裏に短毛が生えておりざらつきます。頭花を散房状につける。舌状花は白~白紫色。名前のノコンギクは野に咲く紫色の菊の意味のようです。
ノコンギク湯坂路191007

マルバフジバカマ  (キク科  フジバカマ属)
明治時代に箱根で発見されたと言われています。北米原産の帰化植物です。湯坂路に向かう道路わきには真っ白な花が盛りでした。参加者の集合場所周辺にも沢山見られ、湯坂路入り口周近くにも沢山咲いていて繁殖力に脅威を感じます。
マルバフジバカマ湯坂路191007


《本日ののトップ10》
①シロヨメナ
②ヤマトリカブト
③ハコネキミズヒキ
④キントキヒゴタイ
⑤アキノキリンソウ
⑥シラヤマギク
⑦センチコガネ
⑧イヌトウバナ
⑨ハナワラビ類
⑩サラシナショウマ

箱根PV  山本