fc2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2022年9月23日

台風15号が接近中、暴風雨にならないか心配していましたが、幸いにも雨に降られずにミニ観察会を開催することができました。このような天候にもかかわらず、子供さん1名も参加され、ビジターさん8名、パークボランティア4名、合計12名の観察会となりました。
季節は初秋を迎え、ビジターセンター周辺にある様々な果実や、見頃を迎えた秋の植物・昆虫などを観察しました。

ヤブマメ マメ科 ヤブマメ属
ヤブマメ VC20220923
県保全センターへの道端に、ヤブマメが咲いていました。ヤブマメはツルマメと同じつる性の1年草です。花の先が蝶のような、淡紫色の蝶形花です。白っぽい花びらのふちは濃い紫色をしています。葉はひし形(広卵形)の3小葉です。藪の中でも、木に巻きついて成長する、強い野草の一つです。

ツルニンジン キキョウ科 ツルニンジン属
ツルニンジン VC20220923
同じ道端に、ひっそりと咲いているツルニンジンを見つけました。花は広鐘形の白緑色で、花冠の先は浅く5裂して反り返っています。 花の内側には赤紫褐色の筋や斑点が多いです。この斑点をソバカスにたとえ、「ソブ」と言う長野県木曽地方の方言から、別名ジイソブとも呼ばれています。

マツムシソウ スイカズラ科 マツムシソウ属
マツムシソウ VC20220923
県保全センターの横庭にマツムシソウが群生して見頃です。花は上を向いて咲くので、昆虫が止まりやすく、色々な虫に人気があります。アカタテハやキタテハなどが花の蜜を吸っていました。

コアオハナムグリも花の蜜を吸いに来ていました。
マツムシソウにコアオハナムグリ VC20220923

コブナグサ イネ科 コブナグサ属
コブナグサ VC20220923
別の横庭一面にコブナグサが群生していました。葉の形が鮒に似ていることから「小鮒草」と名づけられました。葉の基部は茎を抱いて、葉の縁は大きく波打っています。同じイネ科のカリヤスとともに、古くから黄色染料として使われてきました。八丈島の黄八丈はこの草から染められています。

ゴマギ ガマズミ科 ガマズミ属
ゴマギ VC20220923
自然学習路では、ゴマギが、赤い実と、熟した黒い実を、たわわに付けていました。ゴマギは、ガマズミやヤブデマリと同じガマズミ科の仲間なので、赤い実のころはそっくりですが、実をつけている茎が赤いのでゴマギとわかります。遠目からも人目を惹くような色合いです。

ウド ウコギ科 タラノキ属
ウド VC20220923
ウドが、花から実になったばかりの若い果実を付けていました。シシウドは小さい花がたくさん集まった大きなお皿のような花のつきかたですが、ウドは、球形がバラバラに配置されたような形の花のつきかたです。

モミジガサ キク科 コウモリソウ属
モミジガサ VC20220923
ビジターセンター周辺では、モミジガサの開花がいたるところで見られます。1個の頭花は、ほぼ5つの筒状花からなります。よく見ると、雌しべの先が2つに割れてくるっと巻いています。独特の香り、ほろ苦み、シャキッとした歯触りで、秋田ではシドケと呼ばれ人気ナンバーワンの山菜です。

ミツバアケビ アケビ科 アケビ属
ミツバアケビ3 VC20220923
野鳥の森で、ミツバアケビが豊かに実っていました。まさに秋の実りです。紫色に熟した実は、やがて裂開して、甘い香りを出します。

ガマズミ ガマズミ科 ガマズミ属
ガマズミ VC20220923
箱根の秋の果実といえば、やはりガマズミです。ビジターセンター入り口近くのガマズミが、雨に濡れて、それは美しく輝いていました。

本日のトップ10
1.  マツムシソウ  満開
2.  ミツバアケビ  豊かに実る果実
3.  ツルニンジン  開花
4.  コブナグサ  群生
5.  ゴマギ  たわわに実る果実
6.  サルナシ  果実
7.  シロヨメナ  満開
8.  モミジガサ 開花
9.  ヒナバッタ  飛翔
10. エナガ  群れで果実をついばみ

箱根PV  高橋




スポンサーサイト



【芦ノ湖西岸】 9月14日の自然情報

久しぶりに大勢で。と言ってもビジター1名、パークボランティア5名の計6名で自然情報収集をしました。出発点の箱根町港から箱根森林事務所へ付くまでに41種もの生きものを記録。まだ10分しか経過していません。駐車場にある1本の木には少なくとも7匹のミスジマイマイが幹や枝、葉に付いていました。ミスジマイマイは木登りカタツムリとも言われています。

箱根森林事務所の少し先にある広場に黄色い花と可愛らしいウリの実。初めて見ました。調べるとオキナワスズメウリ。熱帯原産で沖縄地方では自生しているそうです。ここで栽培しているようには見えませんでした。
オキナワスズメウリ ウリ科 オキナワスズメウリ属
オキナワスズメウリ

同じ広場には別の黄色い花も咲いていました。実も有ります。マメ科の花で捩じれています。ヤブツルアズキのようです。でも少しゴツイ感じ。
ヤブツルアズキ マメ科 ササゲ属
ヤブツルアズキ?1

駒形神社西側の広場でウスバキトンボの群れがユスリカの蚊柱を襲っていました。動きが早くその様子は記録できませんでした。写真には5頭(矢印)が写っています。
ウスバキトンボ トンボ科
ウスバキトンボ

駒形神社を過ぎて藪になった所にノコンギクが咲き始めていました。秋を感じます。
ノコンギク キク科 シオン属
ノコンギク1

足元には青色が鮮やかなツユクサ。花季が長~い。
ツユクサ ツユクサ科 ツユクサ属
ツユクサ

目を上げると笹の奥の方に子グモ(左)を見守る母グモ(右)がいました。クサグモです。念のため母グモを棒で突いてみました。逃げません。でも生きていました。
クサグモ タナグモ科
クサグモの母グモと子グモ

網の中心に鮮やかなクモ。イシサワオニグモです。写真に撮ってメンバーに見てもらいましたが良く分からないとのこと。シャーレに入れて確認しました。感想は「困ったおじさん顔」。
イシサワオニグモ コガネグモ科
イシサワオニグモ

あちこちの花で腹部の長いハチが吸蜜しています。キンケハラナガツチバチ。漢字で金毛腹長土蜂。生えている毛が金色で腹部が長く土に潜る蜂。土に潜って中にいるコガネムシの幼虫を針で麻酔させ卵を産みます。孵化した幼虫はコガネムシを食べて育つ。寄生蜂です。
キンケハラナガツチバチ ツチバチ科
キンケハラナガツチバチ

三ツ石が近くです。所々でツルニンジンの花が咲いています。花の中を覗くと色と形の組み合わせが見事で、万華鏡のよう。
ツルニンジン キキョウ科 ツルニンジン属
ツルニンジン

ツルニンジンの花にキイロスズメバチが潜って行きます。あっちの花こっちの花と。頭部の後ろが花粉で白い。働いています。
キイロスズメバチ スズメバチ科
キイロスズメバチ

晴天で日向は暑いけれど心地良い風が吹いて気持ちが良い。風に揺れるマツカゼソウ。匂いが強いのでシカは食べません。
マツカゼソウ ミカン科 マツカゼソウ属
マツカゼソウ

白浜が近くなってきました。ここまででも各所でゲンノショウコの花が見られましたが、この辺りはベニバナゲンノショウコが目立ちます。
ベニバナゲンノショウコ フウロソウ科 フウロソウ属
ベニバナゲンノショウコ2

白浜を望める岬で若いカケスがヤマボウシの果実を美味しそうに幾つも食べていました。
カケス カラス科 カケス属
カケス1
カケス2

白浜に出ました。ここで昼食です。砂浜ではヒメシロネガ花盛りでした。
ヒメシロネ シソ科 シロネ属
ヒメシロネ

昼食を食べ終わった時点で13時を過ぎていました。まだ行程の4分の1も超えていません。この後、ペースを上げてもビジターセンター到着は17時を過ぎてしまいそうです。この先少し行ってから来た道を戻ることにしました。ネコヤナギの枯れ枝の先にナツアカネが停まっていました。
ナツアカネ トンボ科
ナツアカネ

白浜トイレ近くに巨大なウバユリが有りました。果実を7個も付けています。
ウバユリ ユリ科 ウバユリ属
ウバユリ実

三ツ石付近で幹の高いところから樹液が流れ出ているモミジの木がありました。クワガタムシが樹液を吸っていますが高いので種を確認できません。望遠で撮影してコクワガタと判明しました。
コクワガタ クワガタムシ科
コクワガタ

箱根町港駐車場に戻ったのは15時30分でした。距離は短かったのですが密度の濃い自然情報収集でした。

本日のトップ10
①カケス ②ツルニンジン ③コクワガタ ④ミスジマイマイ ⑤イシサワオニグモ ⑥ウスバキトンボ・ナツアカネ ⑦クサグモ ⑧キンミズヒキ・ヒメキンミズヒキ ⑨ヒメシロネ  ⑩ベニバナゲンノショウコ

鈴木

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2022年9月9日

ビジターセンター周辺は、日に日に秋らしくなってきています。薄曇りで気温22℃、風が心地よく気持ちの良い初秋の観察会です。ビジターさん12名(初めての参加者7名)に参加いただき、パークボランティア6名、VCスタッフ1名、合計19名のミニ観察会です。

本日のテーマは「クモの巣(網)その3」、巣(網)を見ればクモの種類がわかるの3回目です。巣が違えば生き方が違うのがクモです。季節が違えば見られる巣も違います。今回はどんな巣に出会えるでしょうか。ビジターさんには、水の入った小さな霧吹きスプレーをお渡しし、クモの巣にスプレーをかけて、実際のクモの網を観察していただきました。

ヒメグモ ヒメグモ科
ヒメグモ1 VC20220909

ヒメグモ VC20220909
クモそれぞれによって網の張り方が違います。ヒメグモは、下側にシート状の網、上部に不規則な網を張ります。不規則な網の中に枯葉を付けているのが特徴です。クモはその中に隠れて居て獲物が不規則な網に当たって、シート状の網に落ちたところを襲います。

ギンメッキグモ コガネグモ科
ギンメッキグモ VC20220909
ギンメッキグモは、垂直の目の細かい円形の網を張ります。多くのクモは頭部を下に向けて網に留まりますが、このクモは頭部を上に向けます。多くの円形の網は、下方の面積が広いのですが、このクモの網は上方が広いです。腹部が銀色に輝いているのでこの名前になったようです。

チュウガタシロカネグモ アシナガサラグモ科
チュウガタシロカネグモ VC20220909
チュウガタシロカネグモは、草地で水平または斜めの円形の網を張ります。

コガネヒメグモ ヒメグモ科
コガネヒメグモとその子供たち VC20220909
コガネヒメグモは、広葉樹の葉裏とその下側にある葉との間に、縦型の不規則網を張ります。下方の粘着性のある糸に触れた獲物を捕らえます。母グモは子グモに口からミルク状のものを与えます。

エリマキツチグリ ヒメツチグリ科 ヒメツチグリ属
エリマキツチグリ VC20220909
ビジターセンター駐車場横では、落ち葉の間からエリマキツチグリが出ていました。外皮がミカンの皮をむいたように割れて、中の袋状の部分を襟巻き様に囲んでいます。

ゲンノショウコ フウロソウ科 フウロソウ属
ゲンノショウコ VC20220909
ビジターセンター周辺のあちらこちらで、今、ゲンノショウコの花が咲いています。ゲンノショウコは、茎が分枝して地を這って広がります。東日本では白色、西日本では赤紫色の頻度が高いと言われています。昔から知られた薬草で、全草を陰干ししたものを、下痢止めの薬として利用します。

ハイメドハギ マメ科 ハギ属
ハイメドハギ VC20220909
子供の広場では、沢山のハイメドハギが花盛りです。茎は基部から倒れて、地面を這って広がります。草丈は10~15cm、花は葉腋に長さ6~7mmの蝶形花を数個付けます。箱根に秋の到来を感じさせる花です。

キンミズヒキ バラ科 キンミズヒキ属
キンミズヒキ VC20220909
キンミズヒキは、7月~10月頃、高さ50cmほどの茎や枝の先に、黄色の5弁花を穂状にたくさん付けます。キンミズヒキは、細長い花の枝をタデ科のミズヒキと対比させた名前です。キンミズヒキも、ダイコンソウと同じく、バラ科のひっつきむしです。

シロヨメナ キク科 シオン属
シロヨメナ VC20220909
シロヨメナも咲き始めました。箱根では、ノコンギクに次いでよく見られる野菊です。ノコンギクが日当たりの良い所に咲くのに対して、シロヨメナは日陰に咲きます。花は、黄色の小さな花が集まった筒状花と、それを取り巻く白色の舌状花が8枚~13枚つきます。葉は3脈が目立ちます。

ウリハダカエデ ムクロジ科 カエデ属
ウリハダカエデ VC20220909
花の広場のウリハダカエデは、果実をつけて所々紅葉した姿が静寂で美しく、まさに箱根の秋が始まる風景です。

ガマズミ ガマズミ科 ガマズミ属
ガマズミ VC20220909
ビジターセンター入り口近くの庭にあるガマズミの実は、今年もまた赤い果実を沢山つけています。これも箱根の秋の風景です。

季節はあっという間に秋に変わりつつあります。この自然の素晴らしさを、思いっきり五感で感じましょう。

本日のトップ10
1.  ヒメグモ 巣内の枯葉に隠れていた
2.  コガネヒメグモ  子グモが葉裏に群れていた
3.  チュウガタシロカネグモ  巣中央にいた
4.  ギンメッキグモ 巣中央で頭部を上に向けていた
5.  ツルボ  子供の広場で咲き始め
6.  ゲンノショウコ  各所で花盛り
7.  ハイメドハギ  子供の広場で花盛り
8.  ミズタマソウ  結実したばかり
9.  エリマキツチグリ  成熟
10. ヒメギス  子供の広場草地でジャンプ

箱根PV  高橋


2022年9月5日湯坂道情報

今日はPV3名で湯坂路を歩きました。2,3日前の天気予報では雨なので中止も考えられましたが、一転青空の広がる天気となりました。湯の花別荘地入口から一号線沿いの道では、シロヨメナ、ノコンギク、キンミズヒキなど、秋の花が咲き始めていました。期待して湯坂路に入ると、ススキの草原が広がっているだけで、ほとんど花が見当たりません。花の種類は多かったものの、数は非常に少なく、彩りの乏しい遊歩道でした。タイアザミの頭はシカに齧られ、つぼみだけが目立ちます。ワレモコウは鷹ノ巣山山頂にわずか一本、オミナエシは見当たらず、サワヒヨドリは小さいものが数本という有様でした。
鷹ノ巣山ではクマの糞が確認されています。千条の滝への下り道では、猛毒のカエンタケが出始めていました。これからの季節はスズメバチも要注意です。
アマチャヅル ウリ科アマチャヅル属
20220905湯坂路アマチャヅル1
一号線沿いの歩道の柵にアマチャヅルが絡みついています。黄緑色の小さな花を咲かせていました。生の葉を噛むとかすかな甘みがあるので、アジサイ科のアマチャになぞらえてアマチャヅルです。つる性の多年草で雌雄異株。秋には黒緑色の実をつけます。

キンミズヒキ バラ科キンミズヒキ属
20220905湯坂路キンミズヒキ2
一号線沿いの道や湯坂路に咲いていましたが、以前に比べ極端に数が少なかったです。
細長い花序をタデ科のミズヒキにたとえたもので、花は黄色く小さいのですがよく目立ちます。実にはとげがあり、動物などについて種が運ばれます。

ツユクサとアブ ツユクサ科ツユクサ属
20220905湯坂路ツユクサとアブ
ツユクサが各所に青い花を咲かせていました。そのツユクサにまんまと騙されたアブが、花粉の出ない仮雄しべにかじりついていました。前に突き出た雄しべにたくさんの花粉がついています。

アリノトウグサ アリノトウグサ科アリノトウグサ属
20220905湯坂路アリノトウグサ3
鷹ノ巣山へ登る途中の草原に咲いていました。小さな花をアリに、草全体を塔にたとえてアリノトウグサです。よく見ると小さい雌雄別の花を咲かせています。雄しべが先に、雌しべが後に熟しますが、花は次々咲くので両方見られます。秋には草紅葉となって美しいです。

マルバダケブキ キク科メタカラコウ属
20220905湯坂路マルバダケブキ
鷹ノ巣山を過ぎたあたりにマルバダケブキが咲いていました。フキに似た大きな葉をつけ、高さ0.8~1.2メートルになった先に大きな黄色の花を咲かせます。シカは食べないので、背丈が伸びても残っています。

クサグモの保育網
20220905湯坂路クモの卵のう4
鷹ノ巣山への登りでハコネハナヒリノキにきれいな白いものがついているのを見つけました。クウサグモの保育網で、卵のうや子グモを守るために張る網です。中をよく見ると、親グモがコンペイトウのような形の卵のうを抱えていました。

ススキ イネ科ススキ属
20220905湯坂路ススキ2
鷹ノ巣山への登り道ではススキの草原が広がっていました。風に揺れるススキの草原は箱根のあちらこちらで見られ、秋を感じさせる風景です。花が咲いて雄しべが出た様子はとてもきれいです。

シカの足跡
20220905湯坂路シカの足跡
シカの足跡が各所で見られます。ぬかるみにしっかりと二つの爪痕を残していました。多くの草花や木の芽を食べているようで、昨年に比べて花がとても少ないです。

ヤマアカガエル アカガエル科
20220905湯坂路ヤマアカガエル2
雨の多い日が続いているせいか、各所でヤマアカガエルに出会いました。地面によく同化して、目を凝らさないと気づきませんが、近づくと驚くほどのジャンプ力で飛び去って行きました。

クマの糞?
20220905湯坂路クマの糞?1
鷹ノ巣山付近ではクマの糞が確認されています。これもクマの糞かと思われます。木の実の種や皮をたくさん含んだ大きな糞でした。

クマ注意の看板
20220905湯坂路クマ注意看板
鷹ノ巣山山頂には、クマ注意の看板がありました。クマに気をつけながら、上手な距離を保ってお互い悲劇にならないように共存していければと思います。

シラヤマギク キク科シオン属
20220905湯坂路シラヤマギク1
千条の滝近くにシラヤマギクが咲いていました。秋を代表する野菊です。高さ1~1.5メートルになる多年草で、頭花は1.8~2.4センチ。舌状花の数は少ないです。茎は茶褐色に色づくものが多いです。

カエンタケ ボタンタケ科
20220905湯坂路カエンタケ1 (2)20220905湯坂路カエンタケ注意看板 (2)
今年も千条の滝への下り道でカエンタケが出ていました。キノコの仲間ですが、燃える炎のような形をしていて赤くよく目立ちます。ナラ枯れあとに出てくることが多く、最近箱根で多く見られます。猛烈な毒をもつので決して触れないように千条の滝付近には注意の看板がありました。

本日のトップテン
1. ヤマアカガエル ジャンプ力がすごい
2. ヤマホトトギス 咲き始め
3. クモの卵のう 卵のうを膜で覆っていた
4. ヒナバッタ 草の上で休んでいた
5. ウスバキトンボ 鷹ノ巣山で飛び回っていた
6. オオマルハナバチ 石の上で休んでいた
7. シラヤマギク 満開
8. マルバダケブキ 開花
9. ツリガネニンジン 咲き始め
10. キンミズヒキ 満開

箱根PV篠崎
続きを読む

【仙石原】2022年09月10日(土)

 パークボランティア6名で2か月ぶりの自然観察を行いました。

 枯れた木の幹の周囲に2㎝程度のカエンタケが複数生えていて、赤く目立っていました。

 湖尻新橋近くでは、動物の頭の骨や体の骨が綺麗に残っていました。

 コース途中の温湯(ぬくゆ)の水温は22度でした(気温25度)。



▼カエンタケ
P1350140.jpg



▼オオバウマノスズクサ
IMG_20220910_141928_2.jpg



▼ツルニンジン
P1350156.jpg



▼ツリガネニンジン
P1350128.jpg



▼ツリフネソウ
P1350108.jpg



▼ヤマホトトギス
P1350187.jpg



▼小型の動物の頭の骨
P1350197.jpg



<参考>
本日の観察ベスト 10

1 ツリガネニンジン/満開
2 ヤマホトトギス/咲き始め
3 カエンタケ/大きさ2㎝程度
4 オオバウマノスズクサ/実
5 クズ/満開
6 シンテッポウユリ/満開
7 キンミズヒキ/満開
8 ワレモコウ/咲き始め
9 マツカゼソウ/満開
10 トンボソウ/咲き終わり

箱根PV 仙石原担当 M.S